未分類

カラスの行水の意味とは?何分ぐらいのこと?使い方や反対語を例文で解説!

投稿日:

カラスの行水

お風呂につかってすぐ出ることを「カラスの行水」と呼びます。

言葉の意味を知っていても、以下のような疑問をお持ちの方もおられるかもしれません。

  • 「何分ぐらいならカラスの行水ということになるの?」
  • 「なんでカラス?鳥が水浴びなんて本当にするの?」
  • 「どういうニュアンスで使うことば?使い方の例文は?」

この記事では、カラスの行水という言葉の意味や由来について、具体例を使ってわかりやすく解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。

Sponsored Links

カラスの行水の意味とは?

冒頭でも見たように、「カラスの行水」とは入浴時間が短いことのたとえです。

入浴時間が短いので「よく体を洗わずに出てくる」といったよくないイメージで使われることも多いです。

行水とは最近はあまり行われることはないですがタライにお湯や水を張り、その中で体を洗うことをいいます。

でもなぜカラスなのでしょうか?これから説明していきます。

Sponsored Links

カラスの行水の由来や語源

「カラス」とついていますから、もちろん「カラス」が関係しています。

みなさんカラスといえばどのようなイメージを持っているでしょうか?

ほとんどの人が、生ゴミを漁ったりと汚い印象を持っているのではないでしょうか。

しかしカラスは実は綺麗好きな鳥で毎日のように水浴びをして羽や体を綺麗にしています。

カラスが水浴びをしている姿を見たことがある人も多いと思いますが、1回の時間は非常に短いです。

このようにカラスが水浴びをする姿から使われるようになった言葉がカラスの行水です。

Sponsored Links

何分ぐらいならカラスの行水?

「カラスの行水」とはどのぐらいの時間でお風呂に入ることを言うのでしょうか?

正式に何分と決まっているわけではありませんが5分~10分ぐらいだそうです。

短いですね、温泉旅行に行ってもこれではもったいないですね。

ちなみに本当のカラスの水浴びは1分~2分だそうです。

Sponsored Links

スズメの行水とは?

「カラスの行水」に似た「スズメの行水」という言葉がありますが、これは間違った使い方で正式にはスズメの行水といった言葉はありません。

スズメの水浴びはカラスよりも短くて、わずか数秒!こういったことから間違って使われているのかもしれません。

「鳥の行水」は間違い!カラスの行水の漢字に注意しよう

「カラスの行水」は漢字で書くと「烏の行水」となります。

「烏(カラス)」という漢字は「鳥(トリ)」と非常に似ていますよね。

1画少ないだけなので、書き間違い・読み間違いのないように気をつけないといけません。

身近なところでは「烏龍茶(ウーロンチャ)」の「烏(ウー)」の字です。

葉っぱが黒くて鳥の羽に似ているところから名付けられたそうですよ。

Sponsored Links

鴉と烏の違いは?

「カラス」という漢字は「烏」のほかにも「鴉」がありますよね。

両者の違いは何なのでしょう?

これは漢字の成り立ちに違いがあります。

「烏」は「鳥」から1画少なくなっていますが、これが目を表しています。

カラスは黒いから目を区別することが難しいので「鳥」から1画を除いて「烏」となったそうです。

では「鴉」はどうでしょうか?

こちらの「鴉」には「牙(きば・が)」という字がありますが、これはカラスの鳴き声を表しています。

カラスの鳴き声の「カーカー」「ガーガー」を漢字で表現すると「牙」となるそうです。

意味はまったく同じですのでどちらの漢字を使用しても問題ありません。

Sponsored Links

カラスの行水の使い方を例文で理解しよう

カラスの行水の意味・由来は述べてきましたが、ではどのような場面で使うのでしょうか?

あまり使う機会がない言葉なので使い方が分からない人も多いと思います。

ここでは、いくつか例文を上げて紹介します。

Sponsored Links

カラスの行水の例文

「カラスの行水」という言葉の使い方:例文


  • 「父はいつもカラスの行水で、お風呂に入ったと思ったらすぐに出てくる」
  • 「今年の夏は水不足で毎日カラスの行水だった」
  • 「息子は風呂嫌いでいつもカラスの行水だが、体は洗っているのだろうか?」

こういった感じに使います。

これらに共通しているのがあまりいい意味では使われないということです。

親しい間柄であれば問題ありませんが、そうでない相手には気を付けましょう。

無用なトラブルを招きかねませんよ。

Sponsored Links

カラスの行水の類似語・反対語・英語表現

カラスの行水の類似語・反対語にはどのような言葉があるのでしょうか?

また英語表現はあるのでしょうか?

これらを紹介します。

カラスの行水の類義語は「ひと風呂」

「じゃあ、ひと風呂浴びてくるか」という言い方で使われる言葉で意味は「さっとお風呂に入る」という意味になります。

ただし、ただお風呂に入るという意味で使われることもありこの場合は時間は関係なく入浴時間が長い場合もあります。

Sponsored Links

カラスの行水の反対語は入浴時間が長いこと

カラスの行水の反対語は入浴時間が長いことを表す言葉になりますが具体的には次のような言葉があります。

腰抜け風呂(こしぬけぶろ)

入浴時間が長いのをののしっていう言葉で、腰が抜けて立ち上がれないほど長風呂をするという意味になります。

垢も身の内(あかもみのうち)

こちらも入浴時間が長いのを冷やかす言葉で、垢も体の一部なので長風呂をして無理に落とすことはないということからきています。

Sponsored Links

カラスの行水を英語で言うと?

カラスは英語では「crow」ですが「crow's bath」では意味は通じません。

「カラスの行水」は日本語の例えなので、カラスや他の動物を使った同じ意味をあらわす言葉は英語にはないからですね。

ではどのように言えば伝わるのでしょうか?

早いを表す「quick」を使って表現するのがいいでしょう。

例文としては以下のようになります。

  • Your bath is always a quick bath
  • 「君のお風呂は、いつもカラスの行水だね」
  • He have a quick dip in bath
  • 「彼のお風呂はまるでカラスの行水だ」

Sponsored Links

まとめ

今回は、カラスの行水という言葉について意味や使い方を解説いたしました。

「カラスの行水」や「腰抜け風呂」という言葉の通り、入浴時間というのは短くても長くても悪いイメージを持たれる風習がありますね。

カラスの行水はネガティブな言葉になるので、目上の人につかったり、間違った使い方をしたりしないように気をつけましょう。

Sponsored Links

-未分類

Copyright© 豆知識ファクトリー , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.