Sponsored Links

転職活動のノウハウ

グッドポイント診断(無料)をやってみたらオカンより自分のことわかってくれてて衝撃だった件

グッドポイント診断 やってみた
    • 自分に向いている仕事ってなんなんだろう?
    • なんとなく今の会社に就職したけど力をいかせているんだろうか?
    • もっと自分に向いている仕事があるのかも?

こういう疑問を感じながら働いている人ってけっこう多いんじゃないでしょうか。

そんな方におすすめなのが、リクナビNEXTのグッドポイント診断です。

↓無料で受けられるWEB適職診断で、簡単な質問に答えるだけで18種類の適性から自分の強み5個を教えてくれます。

グッドポイント診断 やってみた

私も実際にやってみて「いやまじであたってるやん…。」と感じたので結果をシェアしたいと思います。

おかんより俺のことわかってくれてるやんと感じた次第)

転職のために自己PRなどをつくるのに苦戦している人は役に立つと思いますよ。

↓無料でできてけっこう面白いので、ぜひやってみてくださいね。

\ あなたの強みは?5つの適性/

今すぐWEB適職診断を受けてみる(無料)

Sponsored Links

グッドポイント診断のやり方

グッドポイント診断 やってみた

(グッドポイント診断は無料で受けられるWEB適職診断です)

特に難しいこともなくお金もかからないので実際にやってみてもらうのが早いのですが、

一応私がやってみたときの手順を画面キャプしておいたのを載せておきますね。

グッドポイント診断 やってみた

(↑メールアドレスを入れて「同意して仮登録メールを送信」を押します。gmailでも普通にできました)

↓※以下、手順画像が続きます。必要な方だけどうぞ。

適職診断の進め方(画像キャプ)

ここをクリックで開きます

グッドポイント診断 やってみた

(↑登録したメールをチェックせよといわれますので、メールボックスにいきましょう)

グッドポイント診断 やってみた

(↑リクナビNEXTからメールが来ています)

グッドポイント診断 やってみた

(↑メール文面内のリンクをクリックするとリクナビNEXTのサイトに戻ります)

グッドポイント診断 やってみた

(↑名前を決めるようにいわれます。住所とかは必須項目ではないので入力しないで大丈夫ですよ)

グッドポイント診断 やってみた

(↑規約を確認して「上記に同意して確認画面へ」をクリック)

グッドポイント診断 やってみた

(↑会員情報の確認をして画面下の「次へ」をクリック)

グッドポイント診断 やってみた

(↑ここからいよいよグッドポイント診断スタートです!)

グッドポイント診断 やってみた

(↑後は順番に回答していくだけです。1回選択すると戻れないので注意しましょう)

適職診断の結果はこんな感じ

↓私の診断結果は以下の5つだそうです。

私の診断結果「5つの強み」

  • 冷静沈着
  • 親密性
  • 独創性
  • 慎重性
  • 悠然

↓「親密性」についてこのあたりはちょっとドキッとするぐらい当たってますね。

内面についても話せる深い信頼関係を築くことを望んでおり、交際範囲を大きく広げることにはあまり興味がありません。
相手との距離感が重要と考えるあなたは、知り合って間がない相手に対してまずは適度な距離を置いて接し、互いにとって心地よい距離を探りながら丁寧に信頼関係を構築していきます。

他の4つについてもズバズバと言い当ててくるので、かなりびっくりしました。

ひょっとしたら下手な心理カウンセラーより役立つんじゃないでしょうか。

自分で自分のことって「なんとなく」でしかわかりませんよね。

これを明確な言葉で言語化してくれるのは新鮮でした。

面接や応募書類で「自分の長所」「自己PR」を伝えるのに苦労している方は、使ってみる価値ありだと思いますよ。

↓適職診断はこちらから今すぐ受けられます。

>>今すぐ適職診断を受けてみる(無料)

適職診断後にはスカウトメールも受け取れる

適職診断を受けた後には、企業側からあなたに対して「スカウトメール」が来ることがあります。

↓こんな感じでオファーが来ます。

グッドポイント診断 やってみた

(適職診断後には企業側からスカウトメールが来ることがあります)

テレビCMなどでよく見かける有名企業からも面談申し込みが来たりしますよ。

ある企業の人事担当者の方に聞いたことがあるのですが、

人気企業というのは、ハローワークなどに求人を出してしまうと応募が殺到してしまうみたいです。

これを避けるためにリクナビなどの転職サイトに登録している人限定でオファーを投げかけているという背景があるようですね。

これを逆にいうと、「有名企業・人気企業の求人は転職サイト登録者でないと、求人を出していることすら気づけないケースがある」ということでもあります。

隠れた優良企業からも連絡がくることも

また、名前を聞いたことがなくても、業績を伸ばしている優良企業というのはたくさんあるものです。

そういった企業の情報を、こちらからアクションを起こさなくてもリアルタイムで知ることができるのはいいですね。

  • 「今の職場は合っていないと感じている」
  • 「大手の企業でスケールの大きい仕事をしてみたい」
  • 「もっと年収をあげたい」

↑今、こうした気持ちが強い人は、リクナビNEXTの無料適職診断を利用しつつ、企業側から送られてくるスカウトをチェックしていくと良いでしょう。

もちろん、適職診断はあくまでも「自分を知るための参考情報」に過ぎません。

重要なことはあなた自身の希望する進路に向けて一歩踏み出すことです。

診断を受けるだけで行動をやめてしまっては意味がないので、注意してくださいね。

グッドポイント診断 やってみた

「求人応募する前」に企業カルチャーや職場環境を知る方法

(ベストマッチの企業に出会うには…?)

なんとなくこういう仕事をしたい」というイメージがあっても、実際に応募する求人を選ぶとなると、

何を基準に選べばいいかわからない…」となってしまう人は多いのではないでしょうか。

転職に成功するためには、求人選びでミスマッチが生じないようにすることがもっとも大切です。

  • 求人票の年収条件がよくても、実は残業時間が多いだけのブラック企業だった…。
  • 人事として採用されたのに、実際には「営業を5年間経験してから人事に配属」というルールになっていた。
  • なんとなく良さそうな企業だと思ったのに、実際に入社してみると超体育会系の職場でついていけない…。

↑自力で情報収集するだけでは、こういった事態がどうしても起きがちですので、注意してください。

今すぐは転職する気もない」という方も、以下の2つはできるだけ早いタイミングでやっておきましょう(いずれも無料です)

  1. WEB適職診断
    心理テストに順番に答えていくだけで、あなたの「強み」といえる5つの適性を知ることができます。テスト後にはあなたの適性にあった求人をニュースメールの形で届けてくれます。
  2. 年収査定アプリ
    こちらは「あなたが本来なら稼げているはずの年収」を知るのに使えます。200万人以上の年収データから、あなたの適正年収を算出します。

転職活動は「精神的に元気なうちに始めておくこと」が鉄則です。

なぜなら、ストレスがたまりすぎると人間はどんどん環境を変えるための行動がとりにくくなるからです。

気になる求人情報をストックしておくだけでも、過労で倒れる前に次の手を打つことができるようになりますよ。

経団連の会長が「終身雇用はもう無理」と堂々と宣言してしまう時代です。

ひとつの職場に人生のすべてをかけるのは、はっきり言って危険すぎます。

選択肢を常にたくさん持っておくことが、これからの時代は必須になるのは間違いありません。

\ あなたの強みを診断!/

適職診断スタート

※無料です

転職エージェントを活用しよう

(ミスマッチを避けるには、転職エージェントを活用しましょう)

ミスマッチを避けるためには、転職エージェントを活用するのがおすすめです。

転職エージェントは企業側の採用担当者と直接やりとりしていますので、

企業のカルチャーや職場環境、採用後の待遇について応募前に教えてもらうことができますよ。

↓また、「採用側が求めている人物像」や、「重要視している経験」など、

求人票には掲載されていない隠れた採用ニーズについてもエージェントは教えてくれます。

  • この企業は、こういう能力を重要視しているので、志望動機にはこの文言をいれましょう。
  • この採用担当者はこういう好みがあります。なので、面接でこの質問が来たら、こう答えると良いです。

といったように、転職エージェントはあなたの採用確率を高めるために具体的なアドバイスをしてくれますよ。

転職エージェントは完全無料で使うことができます(エージェントにお金を払っているのは採用活動を行っている企業側です)

最短で好条件の転職を成功させたい方は、以下で紹介するような転職エージェントを活用するようにしましょう。

※なお、リクナビNEXTのオファーメールを使えば、企業側からのオファーを待つかたちで転職活動をすることも可能です。

↑「まだ転職するかどうかはっきりとは決めていない」という方はこちらも活用してみてください。

おすすめの転職エージェント(無料)

リクルートエージェント

(リクルートエージェントは業界最大手の転職エージェントです)

パソナキャリア

(パソナキャリアには、誰もが名前を聞いたことがある超大手企業が多く求人登録しています)

マイナビエージェント

(マイナビエージェントは、20代の方の転職支援に定評があります)

就職Shop

(就職Shopは、第二新卒やフリーターの支援を専門にしているエージェント会社です)

 

Sponsored Links

-転職活動のノウハウ

Copyright© 現役の転職エージェントがこっそり教える転職活動の進め方 , 2020 All Rights Reserved.