Sponsored Links

転職エージェントの使い方

ハローワークと転職サイトで同じ求人…。どちらで応募すべき?

「ハローワークと転職サイトとで、同じ会社の求人が出ている時は、どちらから応募したらいい?」

この記事では、ハローワークと転職サイト(転職エージェント)のどちらを使って転職活動すべきか?を解説します。

結論から言うと、転職サイトを優先で求人応募するのがおすすめですよ。

それぞれのメリット・デメリットを具体的に解説していきますので、参考にしてみてください。

Sponsored Links

ハローワークから応募するメリット・デメリット

ハローワーク 転職サイト 同じ求人

(ハローワークと転職サイトで同じ求人があったら、どちらから応募すべき?)

複数の求人媒体から同じ求人がでていたらどこから応募すればいいのか迷いどころとなります。

ハローワーク利用のメリットでデメリットを記載していきます。

ハローワークのメリット

これは離職者としてのメリットですが公的サービスを受けることができる点は非常に魅力的です。

ハローワークが主催している面接対策セミナーや就職相談等を一部無料で受けることもできます。

また、地場の求人が非常に多いです。

地元に根付いた企業で働きたい方にはハローワーク利用をお勧めします。

ハローワークのデメリット

デメリットとして挙げるのは「無料」で求人を掲載できる点です。

公的機関なのである程度の精査も入るのですが、求人内容と実際の待遇に差があった…というのは実はよくある話なのです。

お金が発生していないからこそざっくりとした部分が多いといことですね。

なので、ハローワークを使う場合には、求人内容を自分でしっかり吟味する必要があります。

また公的機関であるハローワークには連日たくさんの求職者が押し寄せます。

窓口は常に人が足りていない状態ですので、転職支援はあくまで補助という認識を持つ必要があります。

よくも悪くも自分でしっかりと行動していかなければなりません。

転職サイト(転職エージェント)経由で応募するメリット・デメリット

ハローワーク 転職サイト 同じ求人

(転職サイトを使うメリット・デメリットは?)

一方で、転職エージェントから応募するのにはどのようなメリットでメリットがあるでしょうか。

メリット

人材採用担当者は、エージェント経由の人材を優先的に採ることが多いです。

仮に同じような経歴の人材がハローワークとエージェントで同時に選考が進んだ場合、エージェント経由の人材を取る傾向があるということですね。

企業側にとって「エージェント経由で応募してきた人」は安心感がある

採用担当者にとって安心感があることがエージェントを利用する最大のメリットです。

採用した場合、基本的に定年まで働くことや、活躍してくれることを見越して採用します。

企業からすると将来も分からないような人材を終身雇用するといういわば大博打なのです。

「企業側は紹介料としてお金が発生するのだから、お金がかからないハローワークのほうが安上がりなのではないか」こういう疑問が湧いてくるかとおもいます。

しかし、逆を言うと企業側は「高額なお金を支払っているのだからまともな人材を紹介してくれるだろう」と、エージェント側に信頼を寄せてもいるのです。

デメリット

デメリットについてですが、転職エージェントはある程度の規模の会社が登録していることが多いです。

資本金1000万円以下のような零細企業だと高額な手数料が逆にネックになりますので求人が出ていないです。

自分の求めている会社像に応じて利用媒体を選んでください。

今すぐは転職する気もない」という方も、以下の2つはできるだけ早いタイミングでやっておきましょう(いずれも無料です)

  1. WEB適職診断
    心理テストに順番に答えていくだけで、あなたの「強み」といえる5つの適性を知ることができます。テスト後にはあなたの適性にあった求人をニュースメールの形で届けてくれます。
  2. 年収査定アプリ
    こちらは「あなたが本来なら稼げているはずの年収」を知るのに使えます。200万人以上の年収データから、あなたの適正年収を算出します。

転職活動は「精神的に元気なうちに始めておくこと」が鉄則です。

なぜなら、ストレスがたまりすぎると人間はどんどん環境を変えるための行動がとりにくくなるからです。

気になる求人情報をストックしておくだけでも、過労で倒れる前に次の手を打つことができるようになりますよ。

経団連の会長が「終身雇用はもう無理」と堂々と宣言してしまう時代です。

ひとつの職場に人生のすべてをかけるのは、はっきり言って危険すぎます。

選択肢を常にたくさん持っておくことが、これからの時代は必須になるのは間違いありません。

\ あなたの強みを診断!/

適職診断スタート

※無料です

確実に採用を決めるなら転職エージェントを使うのがおすすめ!

転職活動においてエージェント利用は必ずしてもらいたいです。

誰しもが転職活動の経験が浅いのでプロの視点から見てもらわないと誤った選択をしてしまったり、手順が分からなかったりと効率が悪いです。

よく聞くのが人見知りでエージェントの人と話すのが嫌だとか、自分ひとりでなんとかしたいという方がいます。

まそういった方こそ利用をお勧めします。

転職はコミュニケーション能力で決まるといっても過言ではありません。

また、「コミュニケーション能力=よくしゃべる陽気者」ではなく、「相手の求めている内容を理解し、適切な返答を行う」ことが求められます。

エージェントでは面接対策をしっかりしてくれますので、選考通過率が大きく変わります。

「求人応募する前」に企業カルチャーや職場環境を知る方法

(ベストマッチの企業に出会うには…?)

なんとなくこういう仕事をしたい」というイメージがあっても、実際に応募する求人を選ぶとなると、

何を基準に選べばいいかわからない…」となってしまう人は多いのではないでしょうか。

転職に成功するためには、求人選びでミスマッチが生じないようにすることがもっとも大切です。

  • 求人票の年収条件がよくても、実は残業時間が多いだけのブラック企業だった…。
  • 人事として採用されたのに、実際には「営業を5年間経験してから人事に配属」というルールになっていた。
  • なんとなく良さそうな企業だと思ったのに、実際に入社してみると超体育会系の職場でついていけない…。

↑自力で情報収集するだけでは、こういった事態がどうしても起きがちですので、注意してください。

転職エージェントを活用しよう

(ミスマッチを避けるには、転職エージェントを活用しましょう)

ミスマッチを避けるためには、転職エージェントを活用するのがおすすめです。

転職エージェントは企業側の採用担当者と直接やりとりしていますので、

企業のカルチャーや職場環境、採用後の待遇について応募前に教えてもらうことができますよ。

↓また、「採用側が求めている人物像」や、「重要視している経験」など、

求人票には掲載されていない隠れた採用ニーズについてもエージェントは教えてくれます。

  • この企業は、こういう能力を重要視しているので、志望動機にはこの文言をいれましょう。
  • この採用担当者はこういう好みがあります。なので、面接でこの質問が来たら、こう答えると良いです。

といったように、転職エージェントはあなたの採用確率を高めるために具体的なアドバイスをしてくれますよ。

転職エージェントは完全無料で使うことができます(エージェントにお金を払っているのは採用活動を行っている企業側です)

最短で好条件の転職を成功させたい方は、以下で紹介するような転職エージェントを活用するようにしましょう。

※なお、リクナビNEXTのオファーメールを使えば、企業側からのオファーを待つかたちで転職活動をすることも可能です。

↑「まだ転職するかどうかはっきりとは決めていない」という方はこちらも活用してみてください。

おすすめの転職エージェント(無料)

リクルートエージェント

(リクルートエージェントは業界最大手の転職エージェントです)

パソナキャリア

(パソナキャリアには、誰もが名前を聞いたことがある超大手企業が多く求人登録しています)

マイナビエージェント

(マイナビエージェントは、20代の方の転職支援に定評があります)

就職Shop

(就職Shopは、第二新卒やフリーターの支援を専門にしているエージェント会社です)

 

Sponsored Links

-転職エージェントの使い方

Copyright© 現役の転職エージェントがこっそり教える転職活動の進め方 , 2020 All Rights Reserved.