転職エージェントの使い方

ハローワークと転職サイトで同じ求人…。どちらで応募すべき?

「ハローワークと転職サイトとで、同じ会社の求人が出ている時は、どちらから応募したらいい?」

この記事では、ハローワークと転職サイト(転職エージェント)のどちらを使って転職活動すべきか?を解説します。

結論から言うと、転職サイトを優先で求人応募するのがおすすめですよ。

それぞれのメリット・デメリットを具体的に解説していきますので、参考にしてみてください。

おすすめの転職サイト

  • リクルートエージェント
    転職業界最大手の会社です。ありとあらゆる種類の仕事があるので、迷ったらここを使えばOK。
  • MSジャパン
    経理や人事など「営業以外の仕事」の求人を専門で扱っている転職サイトです。
    営業は嫌だ!という人はここを使いましょう。
  • マイナビエージェント
    20代向けの求人が豊富です。未経験から挑戦できる仕事がたくさん登録されていますので、これからキャリアスタートという方はここを使いましょう。

ハローワークから応募するメリット・デメリット

ハローワーク 転職サイト 同じ求人

(ハローワークと転職サイトで同じ求人があったら、どちらから応募すべき?)

複数の求人媒体から同じ求人がでていたらどこから応募すればいいのか迷いどころとなります。

ハローワーク利用のメリットでデメリットを記載していきます。

ハローワークのメリット

これは離職者としてのメリットですが公的サービスを受けることができる点は非常に魅力的です。

ハローワークが主催している面接対策セミナーや就職相談等を一部無料で受けることもできます。

また、地場の求人が非常に多いです。

地元に根付いた企業で働きたい方にはハローワーク利用をお勧めします。

ハローワークのデメリット

デメリットとして挙げるのは「無料」で求人を掲載できる点です。

公的機関なのである程度の精査も入るのですが、求人内容と実際の待遇に差があった…というのは実はよくある話なのです。

お金が発生していないからこそざっくりとした部分が多いといことですね。

なので、ハローワークを使う場合には、求人内容を自分でしっかり吟味する必要があります。

また公的機関であるハローワークには連日たくさんの求職者が押し寄せます。

窓口は常に人が足りていない状態ですので、転職支援はあくまで補助という認識を持つ必要があります。

よくも悪くも自分でしっかりと行動していかなければなりません。

転職サイト(転職エージェント)経由で応募するメリット・デメリット

ハローワーク 転職サイト 同じ求人

(転職サイトを使うメリット・デメリットは?)

一方で、転職エージェントから応募するのにはどのようなメリットでメリットがあるでしょうか。

メリット

人材採用担当者は、エージェント経由の人材を優先的に採ることが多いです。

仮に同じような経歴の人材がハローワークとエージェントで同時に選考が進んだ場合、エージェント経由の人材を取る傾向があるということですね。

企業側にとって「エージェント経由で応募してきた人」は安心感がある

採用担当者にとって安心感があることがエージェントを利用する最大のメリットです。

採用した場合、基本的に定年まで働くことや、活躍してくれることを見越して採用します。

企業からすると将来も分からないような人材を終身雇用するといういわば大博打なのです。

「企業側は紹介料としてお金が発生するのだから、お金がかからないハローワークのほうが安上がりなのではないか」こういう疑問が湧いてくるかとおもいます。

しかし、逆を言うと企業側は「高額なお金を支払っているのだからまともな人材を紹介してくれるだろう」と、エージェント側に信頼を寄せてもいるのです。

デメリット

デメリットについてですが、転職エージェントはある程度の規模の会社が登録していることが多いです。

資本金1000万円以下のような零細企業だと高額な手数料が逆にネックになりますので求人が出ていないです。

自分の求めている会社像に応じて利用媒体を選んでください。

Sponsored Links

確実に採用を決めるなら転職エージェントを使うのがおすすめ!

転職活動においてエージェント利用は必ずしてもらいたいです。

誰しもが転職活動の経験が浅いのでプロの視点から見てもらわないと誤った選択をしてしまったり、手順が分からなかったりと効率が悪いです。

よく聞くのが人見知りでエージェントの人と話すのが嫌だとか、自分ひとりでなんとかしたいという方がいます。

まそういった方こそ利用をお勧めします。

転職はコミュニケーション能力で決まるといっても過言ではありません。

また、「コミュニケーション能力=よくしゃべる陽気者」ではなく、「相手の求めている内容を理解し、適切な返答を行う」ことが求められます。

エージェントでは面接対策をしっかりしてくれますので、選考通過率が大きく変わります。

転職エージェントの選び方

転職エージェントの選び方!」みたいなサイトってたくさんありますけど、はっきりいって、どこもそんなに大差はないです。

どこも無料で使えるんで、実際使ってみて合わなかったらサヨナラ、という使い方でいいと思いますよ。

↓1つだけ気をつけておくとしたら、

  1. 大手型
    「うちは大手なんで、とにかく何でもそろってます」というエージェント会社
  2. 職種特化型
    「うちはこの業種・業界の求人なら自信があります」というエージェント会社

という2種類の会社があるという点でしょうか。

ここでは仮に、1.を「大手型」、2.を「職種特化型」と呼んでおきます。

↓この2つの使い分け型は以下の通り。

2種類の転職エージェントの使い分け方

まだ希望する職種(営業?経理?人事?総務?)が決まっていない人は、

1.大手型」で「とにかく可能性のある求人を全部出してください」と依頼しましょう。

おおまかな希望年収だけ伝えておけば、「ここなら採用される可能性あるよ」という感じで候補を出してきてくれます。

そこからよさげな求人を見つけていけばOKです。

希望職種がすでに決まっている人(俺は経理マンになる、俺は営業マンになる、俺は人事マンになる、など)は、

2.の「職種特化型」のところを使いましょう。

エージェント自身がその業種紹介に特化して仕事をしてますので、求人の質がやはり高いです。

おすすめの転職エージェント会社

↓一応、いくつかおすすめのところを紹介しておきますね。

  • リクルートエージェント(1.の大手型)
    転職業界最大手の会社です。ありとあらゆる種類の仕事があるので、迷ったらここだけ使えばOK。
  • MSジャパン(2.の職種特化型)
    経理や人事など、管理部門の職種(かんたんにいえば営業以外の仕事)の求人を専門で扱ってます。
    営業はもう嫌だ!という人はここを使いましょう。
  • マイナビ金融(2.の職種特化型)
    銀行や信用金庫など、金融業界で働いている人におすすめのエージェント会社です。未経験者向けの求人はないですが、金融業界経験者は高年収求人多数あり。
  • アクシスコンサルティング(2.の職種特化型)
    コンサルティング業界特化型のエージェント会社です。
    コンサル業界は採用のしかたが独特なので、必ず専門エージェントを使いましょう。

転職エージェントを使うメリット

↓転職エージェントを使って転職活動することには、以下のようなメリットがあります。

  • 完全無料で使える
  • 非公開求人をチェックできる。情報リサーチの精度が圧倒的に上がる
  • 履歴書や志望動機の添削を無料でやってもらえる
  • 面接対策をしてもらえる
  • 自分に合っている仕事がなんなのか?をプロの目で客観的にアドバイスしてもらえる
  • 面接の日程調整など、めんどうな手続きをすべて代わりにやってくれる
  • 年収交渉を代わりにやってくれる

特に、年収交渉を代わりにやってくれるのは大きいですね。

エージェントを使うか使わないかによって、年収で100万円以上の差がつくこともありますので、今よりも年収アップしたい人は必ず使うようにしましょう。

(最大手はリクルートエージェントです。迷ったらここ使えば問題なしです)

\ 年収アップ!優良求人多数あり/

募集中の求人を見てみる!

-転職エージェントの使い方

Copyright© 転職と副業のサザンクロス , 2020 All Rights Reserved.