転職の体験談

不動産賃貸営業はきつい?年収は?準大手転職者が語る仕事のコツ

※このページは 3 分で読めます。

不動産賃貸営業

(不動産賃貸の営業マンはつらい?激務?転職体験談をお聞きしました)

今回は、不動産賃貸業界で営業マンとして働かれている男性の方にお仕事の体験談をお聞きしました。

従業員200名程度の「準大手」とされる会社で営業マンをされています。

↓以下のように、実際に仕事を体験されている方でないと言えない内容をたくさん語ってもらうことができました。

  • 不動産賃貸営業の仕事はきつい?激務?
  • この仕事でやりがいや楽しいと感じる場面はどんなとき?
  • 日常的にどんなお客さんとどんなやりとりをしている?
  • 年収はどのぐらい?残業代やボーナスは?
  • この仕事に向いている人はどんな人?
  • この仕事に転職するためにどんなふうに転職活動したか?

これから未経験で不動産賃貸営業の仕事に転職することを目指している方には非常に参考になる体験談になっていると思いますので、ぜひ参考にしてみてください。

不動産賃貸の営業はきつい?私が体験した仕事内容

体験談をお聞きした方のデータ

  • 性別:男性
  • 名前:東優斗
  • 働いた年齢:19歳~28歳(9年間・現在も在職中)
  • 雇用契約の種類:正社員
  • 会社の規模:従業員200名程度の準大手企業
  • 年収:年収500万円(業績に応じてボーナス有り)

不動産賃貸の営業は、賃貸アパートに済みたい方向けに「このお部屋はどうですか?」という形で提案する仕事です。

「家賃はいくら・間取りは1LDK」など、お客様の要望をお聞きして、条件に合致した物件を紹介してご案内に行くという仕事が基本になります。

基本的に飛び込みの営業などはなく、お店に部屋を探しに来られたお客様の対応をします。

お客様は最初から「部屋を借りよう」という気持ちでこられていますから、無理にゴリ押しの営業をしなくても良いのがこの仕事の良いところですね。

お客様の為に提案をし、お客様のベストな部屋を見つけるために、なぜ引っ越したいのか、なぜ家賃が○万円までなのか、なぜこの間取りなのかなどをくわしくヒアリングするのが仕事のコツです。

不動産賃貸営業はどんなお客さんとかかわるお仕事ですか?

お客様の層は20代~50代と年齢層は幅広いです。

1月~3月の時期は新社会人と大学入学前の学生の方が非常に多くなりますね。

次のページへ >

まだムダで苦しいだけの仕事に人生の大切な時間を使うのですか?

  • 大嫌いな上司・先輩・同僚…。
  • 時間のムダで何のメリットもない社内のコミュニケーション…。
  • 不当に安い給料でこき使われる。
  • ゴマすりが上手なだけで、ろくに働いていないくても評価される人たち。

↑いつまで、こんな「ムダで苦しいだけの会社」で働き続けますか?

あなたを正当に評価してくれる、楽しみながら仕事ができるホワイトな会社は世の中にたくさんあります。

多くの人が「情報を制限されている」というたった1つのことが原因で、理想の会社に出会えていないのです。

ぜひこちらのサイトに無料登録して、情報をゲットしてみてください。

↓お金が発生することなんてことは最初から最後までいっさいありません。完全無料です。変な連絡もいっさい来ません。あなたのリスクはゼロです。

  • 「今とまったく同じ仕事内容」なのに、年収が100万円多くなったら?
  • この仕事こそが自分の仕事」と胸をはって言える仕事に出会えたら?
  • 職場の人たちが大好き。本当の仲間」と思える環境で働けたら?

早い者勝ちです。明日にはなくなっているかもしれません。

-転職の体験談
-

Copyright© 転職と副業のサザンクロス , 2020 All Rights Reserved.