転職の体験談

不動産賃貸営業はきつい?年収は?準大手転職者が語る仕事のコツ

不動産賃貸営業

(不動産賃貸の営業マンはつらい?激務?転職体験談をお聞きしました)

今回は、不動産賃貸業界で営業マンとして働かれている男性の方にお仕事の体験談をお聞きしました。

従業員200名程度の「準大手」とされる会社で営業マンをされています。

↓以下のように、実際に仕事を体験されている方でないと言えない内容をたくさん語ってもらうことができました。

  • 不動産賃貸営業の仕事はきつい?激務?
  • この仕事でやりがいや楽しいと感じる場面はどんなとき?
  • 日常的にどんなお客さんとどんなやりとりをしている?
  • 年収はどのぐらい?残業代やボーナスは?
  • この仕事に向いている人はどんな人?
  • この仕事に転職するためにどんなふうに転職活動したか?

これから未経験で不動産賃貸営業の仕事に転職することを目指している方には非常に参考になる体験談になっていると思いますので、ぜひ参考にしてみてください。

この記事の目次

不動産賃貸の営業はきつい?私が体験した仕事内容

体験談をお聞きした方のデータ

  • 性別:男性
  • 名前:東優斗
  • 働いた年齢:19歳~28歳(9年間・現在も在職中)
  • 雇用契約の種類:正社員
  • 会社の規模:従業員200名程度の準大手企業
  • 年収:年収500万円(業績に応じてボーナス有り)

不動産賃貸の営業は、賃貸アパートに済みたい方向けに「このお部屋はどうですか?」という形で提案する仕事です。

「家賃はいくら・間取りは1LDK」など、お客様の要望をお聞きして、条件に合致した物件を紹介してご案内に行くという仕事が基本になります。

基本的に飛び込みの営業などはなく、お店に部屋を探しに来られたお客様の対応をします。

お客様は最初から「部屋を借りよう」という気持ちでこられていますから、無理にゴリ押しの営業をしなくても良いのがこの仕事の良いところですね。

お客様の為に提案をし、お客様のベストな部屋を見つけるために、なぜ引っ越したいのか、なぜ家賃が○万円までなのか、なぜこの間取りなのかなどをくわしくヒアリングするのが仕事のコツです。

不動産賃貸営業はどんなお客さんとかかわるお仕事ですか?

お客様の層は20代~50代と年齢層は幅広いです。

1月~3月の時期は新社会人と大学入学前の学生の方が非常に多くなりますね。

1月~3月の時期を不動産賃貸業では【繁忙期】と呼んでいます。

この時期は一年間でもっとも忙しい時期になります。

実際に働かれている会社の規模や従業員数についてくわしく教えてください

私が働いている会社は従業員200名程度、業界内では準大手企業という位置付けの会社です。

ただ、従業員200名といっても、1つの店舗は5人ほどで運営していますから、店舗内のメンバーとは非常に親しくなります。

不動産賃貸業では、支店で営業マンとして働いている人の年齢層は20代~30代が多いですね。40代~50代の営業スタッフはほとんどいません。

若い元気のあるスタッフが営業で活躍できる仕事なので、業界未経験の方でも正社員採用はとても力を入れている印象です。

20代〜30代の方であれば、まったくの未経験者でも積極的に転職にチャレンジすれば普通に正社員採用されると思います。

働く時間や残業・休日出勤の有無についてくわしく教えてください

朝9時~夜19時が定時となっており、休憩は1時間好きな時に勝手にとるという感じで働いています。

ただし、残業は普通にありますね。これは不動産業界の営業マンの宿命なので受け入れざるを得ないです。

だいたい月に60時間ぐらいの残業はあると思っておいた方が良いと思います。

また、残業代は1ヶ月固定なので、いくら残業しても金額は変わりません。

どうして残業時間が発生するのでしょうか?

なぜ残業が起きるかというと、朝・昼・夕方とお客様のアポが入っていることが多いからです。

1人のお客がお部屋を決めて手続きする時間を考えると、1人につき3~4時間はかかります。

1日に3来店あると、お客様との時間だけで1日が終わってしまいます。

なので契約処理はどうしても夜の時間にやることになりますから、残業時間が発生してしまうんです。

また、休日出勤もせざるを得ないケースもあります。会社は休日出勤はするなといいますが、仕事量的に出勤せざるを得ない状態は発生します。

ありがちなのが過去に契約していただいたお客様から電話がかかってくるケースです(これは本来は私たちの仕事ではなく、管理会社の仕事なので、断ろうと思えば断れると思います)

夜中にお客様から会社携帯に電話がかかってきて、水が漏れたから何とかしてくれ、鍵を無くしたけどどうしたらいいのかという電話も何度かかかってきたことがあります。

お客様に会社携帯の番号を教えるのはやめた方が良いですね。

この仕事の働き方や年収に不満はありますか?

年収は男性女性・年齢に関係なく「固定給500万円+ボーナス」なので、比較的高い方だと思います。

賃貸の営業とよく比較されるのが売買仲介の営業ですが、売買仲介と比べると年収はかなり見劣りします。

不動産売買仲介の営業などは年収1000万円を超える人も普通にいますから夢がありますよね。

ただ、私がやっている賃貸営業と違って、売買仲介はものすごくハードな仕事です。

仕事に人生のすべてをささげるぐらいの人じゃないと務まらないんじゃないでしょうか。

特に女性の場合、売買の仲介営業は枕営業を求められるなど危険なこともありますから、正直あまりおすすめしません。

一方で、賃貸の営業はゴリゴリの飛び込み営業でもなく、転職もしやすくまったりと働けるのが良いところです。

女性の営業も普通にいます。危険な思いをするようなことはまずないですね。

未経験の20代でこれだけの年収を稼げる仕事はなかなかないので、おすすめですよ。

この仕事で楽しい・やりがいを感じる瞬間はどんなときですか?

この仕事の最大の魅力はお客様から「あなたで良かった」と言ってもらえるところです。

私は残業が多く、休日も少ないため何度も仕事を辞めようと思った時期がありました。

ですが、お客様から「あなたが担当で本当に良かった!」と言ってもらえることで、まだ仕事を続けられていると実感しています。

不動産賃貸業は知識がなくてもお客様からありがとうと言っていただけて、営業成績も上げることができる業界です。

今目の前にいるお客様に一生懸命になれば、お客様に一生懸命さが伝わり、あなたでよかったと必ず言っていただけます。

まじめにお客様の対応をすれば確実に成約するという珍しい営業職

営業の仕事って「がんばったらがんばっただけ」というふうにはなかなかいかないのが普通ですよね。

ですが、不動産賃貸営業の仕事は最初から「部屋を借りる」という気持ちでお客様がお店に来られるので、一生懸命きちんと対応すればちゃんと成約します。

また、コミュニケーション能力の高い人は、雑談も交えながらお部屋探しの話ができますので、お客様との距離が縮まり、そのお客様から紹介をもらえたりもするんです。

例えばどんな成功体験がありますか?具体的なエピソードがあれば教えてください

例えばこんなことがありました。

現在住まれている賃貸物件で、騒音に悩まされているお客様がご来店された時の話です。

入社してまもない私は、物件知識も無い中で一生懸命その人のために物件を探しましたが、結局良いお部屋はみつかりませんでした。

しかし数日後、他の不動産屋さんで見た物件をあなたで契約したいけどできますか?と再度ご来店してもらえたのです。

私は何もしていないのに、他の不動産で見た物件を契約したいと言われ一瞬どういうことが分からなかったです(笑)

お客様に私の一生懸命さが伝わっており、私で契約したいという気持ちになったと言っていただけたみたいです。

こういうときの嬉しさは本当に格別で、「この仕事をしていてよかった」と思える瞬間です。

この仕事で「ここがつらい・しんどい」という点を教えてください

Sponsored Links

この仕事で「つらい・しんどい」と感じる瞬間は、以下の2つの場面です。

この仕事がつらい・しんどい瞬間

  1. 休みがなかなかとれないとき
  2. お客さんからのクレームを受けたとき

以下、順番に解説します。

①休みがなかなかとれないとき

実際に働く会社によっても違いますが、私の会社はなかなか休みがとりにくいです。

繁忙期は残業も多いので、プライベートの時間がほとんどないのが実情です。

1月〜3月の繁忙期は休日の趣味に時間を使ったり、買い物に行ったりなどはなかなかできないため、ストレスがたまる人もいるかもしれません。

家族のいる先輩は、家族サービスもできないため、よく奥さんとケンカをしているとも言っていました。

お金は結構たまるのに、使う時間がなかなかとれないという感じですね。

ただ、支店勤務を卒業して本社に移動したり、管理職になったりすると働き方はまた変わります。

この仕事は「20代〜30代前半の若いうちは支店営業マン、その後に出世して支店長や本社勤務」というかたちでキャリアが上がっていきます。

若いうちは支店勤務で仕事に全力投球して、管理職になってからおいしい思いをするという感じです。

②お客さんからのクレームを受けたとき

不動産賃貸業はお客様からクレームを受けることもときどきあります。

特に「言った。言わない」のクレームが多いです。金銭を請求してくるようなケースもありますね。

ただ、これは多くのケースで契約内容に従って処理すれば問題なしのことが多いです。

日頃から一つ一つの仕事をきっちりやっておかないと後からクレームをたくさん受ける羽目になりますから、注意が必要です。

営業成績をあげるために無理にゴリ押しすると後になってクレームとなって返ってくることもありますね。

メモを残しておく、誰から聞いたのかなどをしっかりと日頃から明記しておくのがトラブルを避けるコツです。

不動産賃貸営業の仕事でよくある退職理由はどんなものですか?

一番多い退職理由は「残業時間が多い」です。仕事を成果を出せない人ほどこの不満が多いです。

特に新入社員などは、こんなに働かなくてはいけないの?残業代も固定なのに?という声が多いですね。

中には数か月で辞めていく人もいます。

これは当然と言えば当然の不満です。さすがに入社したての新入社員ではなかなか成果をあげられませんから、その間は固定給の給料になるからです。

やっぱり営業マンは成果を上げてなんぼです。自分で成果をあげてボーナスをもらわないとやりがいは感じられませんね。

仕事がうまくまわってきて、残業があってもかなり高い給料がもらえるようになれば、不満はかなり解消されるかと思いますよ。

もちろん、数年以上働いていても、なかなか成果をあげられない人はいます。仕事がうまくいっていない人ほど「給料が少ない」と言って辞める人も多かった印象です。

不動産賃貸営業の仕事に向いている人はどんな人だと思いますか?

この仕事に向いている人は、何よりも一生懸命まじめに仕事に取り組める人だと思います。

先にも説明しましたが、この仕事はお客様が最初から「部屋を借りよう」という気持ちで来店されますから、ゴリ押しの営業をする必要はありません。

また、コミュニケーション能力も大切ですが、これは単にノリが良ければいいというわけでもありません。

静かで寡黙な雰囲気な人でも成果を出す人はたくさんいます。

営業マンに求められるコミュニケーション能力は、場を盛り上げることではなくて相手の本当のニーズをちょっとした会話の中からくみとることだと思います。

不動産知識や宅建資格はあるにこしたことはありませんが、必須ではありません。

未経験の20代前半でも、入社数か月でトップ営業マンになる人もいます。

職場も全体的に若くて活気があるので、若い人にはおすすめですね。

また、「自分の頑張った分の給料が欲しい!」という方も、自分の頑張りが直接ボーナスに反映されますので、向いていると言えます。

不動産賃貸営業の仕事はどこでどうやって見つけましたか?

不動産賃貸営業

(不動産賃貸営業マンに転職するにはどうしたらいい?)

私は以前飲食店に勤務していたのですが、あまり将来性を感じなかったので転職活動を始めました。

私は転職活動が苦手で、無職の期間は作りたくなかったこともあって、転職サイトを使いました。

転職サイトに希望条件を入れたら、その日のうちにはおすすめ求人のメールが来たので、思ったよりたくさん求人があるんだなと感じたのを覚えています。

いろいろな職種があったので迷いましたが、「給料が高くて、仕事はこつこつタイプが向いている」ということで紹介されていた不動産賃貸の営業が気になったのでサイト経由で応募しました。

そこから初めて担当の転職エージェントさんから連絡が来ました(求人に応募する前は求人紹介のメールが来るだけでした)

面接はどんな感じでしたか?

面接日程の調整などは担当のエージェントさんが全部やってくれたので、私自身は特に何もしていません。

面接の日程も決まり、いざ面接に行くと5人の役員が並んでおり、一気に緊張したのを覚えています。

面接時間はだいたい1時間程で、即採用の決定をしてもらったのはびっくりましたね。

最初から好印象で面接をしてもらえたのは、私の担当の転職エージェントさんが事前にプッシュしてくれていたのが理由だったようです(年収交渉もしてくれました)

私みたいに自分で自分を売り込むのが苦手な人は無理せずエージェント経由で応募した方が良いかもしれません。

その日から支店の見学をさせてもらい、仕事の雰囲気などを見て勉強させてもらいました。

今思えば、「人手不足ですぐに人材が欲しいから即採用したのでは」とも思いますね。

この仕事は基本的にいつも人手不足なので、ちょっとでも早く働きたい、お金を稼ぎたいという人もおすすめです。

転職活動をしている時間は当然お金は入ってきませんから、転職活動期間は少しでも短いにこしたことはないと思います。

これから未経験で不動産賃貸営業に転職したい人向けにアドバイスをお願いします

不動産賃貸の営業は、まじめにコツコツと頑張れる人には非常にやりがいのある仕事です。

コミュニケーション能力・精神力・営業力が身に付き、自分の成長にも繋がる仕事だと言えます。

お客様からのクレームも多いですが、逆にお客様からの「ありがとう」も非常に多いやりがいのある仕事です。

ただし、この業界は残業や休日出勤には注意しておいた方が良いです。

私はなんとなく入社してしまいましたが、不動産会社は基本的にいつも人手不足なので、会社の選択肢はたくさんあります。

休みはあるのか、給料体制はどうなのかといった情報は、事前にしっかりと確認しておいてください。

こういう情報は転職エージェントさんに確認すれば気軽に教えてくれますから、実際に求人に応募する前に情報収集はしっかりやっておくべきだと思いますね。

不動産賃貸業界は若い力を欲しています。女性も活躍できる業界です。

未経験でもやる気があればトップ営業マンにもなれる世界ですから、ぜひ挑戦してみてください。

仕事つまらない・給料安い…。今の職場でこれ以上働き続けたくない人へ

(あわない仕事・人間関係のストレスでつらい働き方をしている人へ)

  • 給料がぜんぜん上がらない…。もう2年以上働いてるのに。
  • 人間関係のストレスが限界。上司も先輩も大嫌いな人ばかり…。
  • 1ミリも興味ない仕事だけど、生活のためにしかたなく働いている…。

↑こんな感じで働いている人ってきっと多いのではないでしょうか。

仕事って人生のほとんどの時間を使ってやっていくことですから、

ストレスの多い環境だとほんと地獄ですよね。

ほとんどの人にとって今の仕事がベストの選択肢じゃないのが普通です。

学生時代になんとなく就活やって、

なんとなく安定してそうな会社に入って、

なんとなく年齢を重ねていく人がほとんどなんですよね。

ただ、こんな感じで30代後半になってくると、状況はもっと悪くなります。

「35歳転職限界説」とかいいますが、

転職って年齢が高くなるほど実務経験を求められるようになりますから、

難易度がどんどん高くなってしまうんですね。

そうしているうちに家族ができ、家を買うために住宅ローンを組んで…。

で、どんどん身動きが取れなくなっていくのが現実です。

少しでも年齢が若いうちに転職活動を始めるのが有利

(営業から経理、総務からマーケティングなど「職種を変える転職」は年齢制限があります)

 

今いる環境にどうしても限界を感じているなら、

少しでも年齢が若いうちに転職活動を始めましょう。

特に、職種を変えるキャリアチェンジ転職の場合は年齢をかさねるほど不利になります。

(営業から経理、総務からマーケティングなど)

今の仕事とまったく違う職種に行きたいなら、

どんなに遅くとも20代後半、できれば20代前半までに転職しておく必要があります。

業種業界にもよりますが、ここを逃すと未経験職種での採用は非常に難しくなるのが一般的ですね。

  • 今の仕事はぜんぜん好きになれない…
  • この業界でずっと働きたくない…

↑と感じている人は、

早めにアクションを起こす必要があります。

管理人

まずは「自分にはどんな選択肢があるのか?」のリサーチから始めよう

(まずは「自分の学歴・職歴でどのぐらいの求人を狙えるのか?」のリサーチから始めましょう)

 

とはいえ、いきなり転職活動なんてハードルが高く感じてしまいますよね。

生活費を稼がないといけないから、今すぐ転職は難しい…。

↑という人もきっと多いはずです。

転職って重要な決断になりますので慎重になるのは当然ですよね。

いきなり転職活動なんて無理…と感じる方は、

まずは「世の中にどんな仕事があるのか?」

「自分の学歴・職歴だとどんな仕事に転職できる可能性があるのか?」

のリサーチから始めてみるのがおすすめです。

具体的には、無料で使える転職サイトでいろんな求人情報を見てみましょう。

転職サイトは今すぐ転職する気がない人も気軽に使うことができますよ。

マイナビエージェント

高年収な優良求人が絶対見つかる!(無料転職サイト)

マイナビエージェントは個人的に最もおすすめな転職サイトです。
未経験から高年収を目指せる求人から、
実務経験者限定のクローズド求人まで、
好条件なホワイト求人をたくさん見つけることができますよ。
無料で使える鉄板の大手転職サイトなので、転職活動が初めてな人も安心です。

今すぐは転職活動する気がない人も、

転職サイトへの無料登録だけは早めにやっておきましょう。

仕事のストレスが限界になってくると、

転職サイトに登録するという行動すらやる気がなくなってしまうからです。

転職サイトで無料アカウントを作っておくと、

あなたにマッチする求人が出てくるたびにメール自動通知してもらうえます。

気になった求人をブックマークしておくだけでも、

いざとなったら転職もあるという選択肢を持つことができるんですね。

今の職場で限界が来たときに、

転職という対抗策を打つことが可能になります。

いい意味での「逃げ道」を確保しておくことが大切です。

管理人

転職サイトは完全無料で使うことができます。

いつでも利用をやめられますし、

変な連絡が来ることもないのでリスクはゼロです。

今すぐは転職できない人も、転職サイトを活用して情報収集から始めましょう。

>>転職サイトに登録して自分の適正年収を見てみる(無料)

転職成功するのに「特別優秀」である必要はない

(ごく普通の人でも転職で成功することは可能です)

  • 特別優秀なひとにぎりの人だけが高年収になれる。
  • コミュ力が高くてルックスも良く人脈もないと人生負け組。
  • 一流大学を出てないと出世なんてできない…。

↑こんなふうに考えている人って多いと思いますが、実はこれまったくの誤解です。

私は転職支援の仕事をしてるので、

年収700万円〜1000万円の人たちとたくさん会いますが、

彼らは特別優秀な人ばかりではありません。

もちろん、中には弁護士や会計士みたいに

特別優秀な人もいますけどね。

でも、営業マンや経理マンなど

ごく普通の仕事でも高年収の人たちもたくさんいます。

管理人

問題は「ごくフツーの人が、なぜ理想的な働き方ができるようになったのか?」ですが、

これは日頃から自分がどういう環境で働ける可能性があるのか?

の情報リサーチをしっかりやっているからなんです。

具体的には、転職サイトでいま世の中でどういう仕事が求められてるのか?(年収高いのか?)

の情報リサーチをしっかりやっておくのが大切です。

転職サイトは今すぐ転職する気がなくても使えますよ。

情報リサーチといえば新聞をまずイメージしますよね。

ですが、ニュースにくわしくなって年収上がった人を私は見たことがないです。

お金と時間を消費して新聞を読むぐらいなら、

転職サイトを見るようにした方がよっぽど年収アップにつながりますよ。

実際、年収高い人って今すぐ転職する予定はなくても

転職サイトに登録だけはしています。

管理人

転職サイトで希望条件を入力しておくと、マッチする求人が自動的に情報として入ってくるので情報感度が高くなるんですよね。

最新の求人情報につねにアンテナを貼っておいて、

チャンスがめぐってきたらすぐに行動を起こせるようにしておくのが大切です。

転職サイトを使った情報リサーチのやり方

(個人的におすすめの転職サイトはマイナビエージェントです)

\ 高年収な求人多数あり!/

無料登録して求人を見てみる

転職サイトに無料登録すると、

↓こんな感じで最新の求人情報にいつでもアクセスできるようになります。

管理人

(実際の求人例1)

(実際の求人例2)

>>転職サイトに登録して実際の求人を見てみる(無料)

↑実際の求人情報を見てみるとわかりますが、

年収の高い仕事であっても、

特別な能力って求められていないことに気づくと思います。

サラリーマンの年収って、所属先の会社がもうかっているかどうか?でほぼ決まるからです。

逆にいうと、所属先の会社がもうかっていないと、

あなたがどんなに優秀な人であっても大したお給料を稼ぐことはできません。

これは優秀な人ほど見逃しがちな重要ポイントですね。

もうかっている会社は転職サイトに好条件で求人をバンバン出しています。

こういう情報を常日頃からリサーチしておくことがとても大切ですよ。




Sponsored Links

-転職の体験談
-

Copyright© 転職と副業のサザンクロス , 2022 All Rights Reserved.