転職活動のノウハウ

仕事ができない・辛い入社1年目の方へ。視点を少し変えると活路を見出せますよ【転職も視野に入れよう】

仕事できない 辛い 1年目

(職場で「あいつは仕事ができない」といわれて辛い入社1年目の方へ。原因はひょっとしたら「仕事があなたにあっていないこと」かもしれません→問題点を知れば解決策も見つけられます)

職場で「仕事できない」という評価を受けたり、レッテルを貼られたりすることは本当に辛いことですよね。

新入社員1年目の人の中には、現在の仕事が本当に辛い…と感じてしまっている人も多いのではないでしょうか。

(特に今までの学生人生をまじめにやり遂げてきた人ほどこの傾向はあると思います)

アドラー心理学によると、人間は「誰かの役に立てている」と感じているときに幸福感を感じる仕組みになっているそうです。

誰かの役にたつどころか、誰かの足を引っ張ってしまう…。

↑こういう辛い状況に、生まれて初めて直面したという1年目の人も少なくないでしょう。

そのショックに耐えられず、仕事を辞めたい・辛いと感じてしまうのはむしろ自然なことです。

私は人事の仕事をこれまでやってきましたが、

「給料泥棒」とののしられたり、窓際族にされたり…といった状態になって、退職という選択肢を選ぶ人をたくさんみてきました。



しかし、もし今あなたがこうした状況にいたとしても、それは決してあなたのせいではありません。

というのも、人間には必ず「向き不向き」というものがあるからです。

自分の向いていない仕事では、本来のあなたの力を発揮することは困難なのです。

本当はただ「自分に向いていない仕事をたまたま選んでしまっただけ」なのに、

「自分は仕事ができない人間なんだ…」と感じてしまう1年目の方がとても多いのは不幸なことです。

以下では、現在「仕事ができない。辛い…」と感じている入社1年目の方向けに、

具体的にどのような行動をとればいいのか?について解説いたします。

ぜひ参考にしてみてください。

入社1年目の人で仕事ができないのは「仕事内容がそもそもあっていないから」の可能性大

仕事できない 辛い 1年目

(人にはそれぞれ向き不向きがあります。向いていない仕事ではあなたの最高のパフォーマンスを出すのは難しいのです)

この記事を読んでいるあなたはきっととても真面目な方でしょう(私は、そういう方にむけて記事を書いています)

↓なのでこのように考えてしまう人もいらっしゃるかもしれません。

  • 「ミスをしたのは自分のせいだし…」
  • 「仕事に向いてないとは言ってもお給料はもらっているのだから…」
  • 「社会人になったのだから、言い訳をすべきではない」

しかし、そんなあなたにあえてお伝えすると、仕事には「向き不向き」というものが確実に存在します。

同じ金額のお給料をもらえる仕事でも、

  • 営業職のようにコミュニケーション能力が必要な仕事
  • マーケティングのようにデータ分析能力が求められる仕事
  • 経理職のように緻密(ちみつ)な作業が求められる仕事仕事

などなど、さまざまなものがあります。

それぞれの仕事で、「評価されるポイント」は当然ながら全く違いますから、あなたが所属する会社を変えただけで、

仕事の楽しさが全く違った、評価のされ方がまったく違うものになった(つまり褒められるようになった)

というケースは普通にあるのです。

きっと今のあなたは、自分の能力に対して自信を失っている状態だと思います。

しかし、そういう状況にいつまでも甘んじていても状況は変わりません。

入社1年目のタイミングで「ひょっとしたら自分にはこの仕事はあっていないのかも…」

と気付けることは、むしろラッキーとも言えるのです。

仕事ができない、辛い…とお悩みの入社1年目のあなたは、ぜひ別の仕事に目を向けることも検討してみてください。

入社1年目で「仕事ができない…辛い」と悩んでいた相談者の実体験談

仕事できない 辛い 1年目

(実際に入社1年目で「仕事ができない人」という辛いレッテルを貼られ、転職によって克服した人の体験談を紹介します)

  • なんとなく一緒に働いている人たちが好き
  • 扱っている商品に愛着を感じる
  • 毎日やらないといけない仕事でも苦痛までは感じない

↑もしあなたが、入社1年目の段階でこのように感じられているなら、

その仕事はあなたにとって適性のある(合っている)仕事の可能性が高いです。

ぜひ今の環境を生かして頑張ってみてください。

↓その一方で、入社1年目の段階で、すでに以下のように感じている人たちもいらっしゃるでしょう。

こんな風に感じるあなたは要注意

  • 一緒に働いている人たちが生理的に嫌い
  • 自分の会社が売っている商品にまったく興味がない・調べたくもない
  • 仕事内容に苦痛を感じる。なんのためにやっているのかわからず、月曜の朝に体調を崩すこともある

↑かなり極端に書きましたが、これに近い状態になっているあなたは、現在の仕事があっていない可能性が極めて高いでしょう。

実は上の状況(赤色の方)は、

以前に私が転職支援に関わった入社1年目の方が、転職前にアンケートシートに書いてくれた内容そのままなのです。

(本人に許可をもらった上で掲載しています)

この人が相談に来た時は、見た目にも明らかなほど仕事に悩み、疲れ切っていて辛そうな状態でした。

しかし、この人に「仕事には向き不向きが必ずあること」を知ってもらい、「本当に自分に合っている仕事はなんなのか?」をもとに転職活動をしてもらったところ、

↓現在では、

  • 大好きなこの仕事で、絶対に成果を出す!
  • 世の中をあっ!と言わせるようなすごいサービスを生み出す!
  • 自分にやりたい仕事をやらせてくれる会社に貢献したい!

こんな風に考えながら毎日仕事をしているようです。

表情は生き生きしていて、まるで別人のようにエネルギーに溢れている姿に変わりました。

転職前の状態と比較したら、ものすごい変化ですよね。

あなたも、現在の「愛せない仕事」から、「愛せる仕事」で毎日精力的に頑張っている状況をイメージしてみてください。

入社1年目で「愛せない」と感じてしまっている仕事は、結局のところどこまでいっても好きになることはできませんし、人に抜きん出た成果を生み出すことはできません。

愛情のない家庭で育てられた子供が、将来的にはその家によりつかなくなるのと同じです。

新卒の就活で「自分に向いている仕事」なんて自分ではわからない

仕事できない 辛い 1年目

(新卒の就活で「自分に合った仕事」が見つかる可能性は限りなくゼロに近いです=転職によってじょじょに自分に合う仕事を見つけていく、という視点が重要です)

この記事を読んでいる人の中には、

学生時代の就活では「とにかく大手に入ってまわりを見返したい」という気持ちでやっていたという人もいらっしゃると思います。

その結果として希望の会社に入社できたけど、1年目ですでに理想と現実の違いに気づいた…という人も多いでしょう。

Sponsored Links

曲がりなりにも社会人として仕事を経験したあなたなら、

学生の時とはまた違った目線で現在の仕事内容や職場環境を見られるようになっていることは間違いありません。

そんなあなたにあえてお伝えしますが、

まだ社会人経験がゼロの学生時代の自己分析や企業分析で、「自分に合った仕事」を見つけるなんてことはほぼ不可能です。

社会人経験豊富な人たちで合っても、自分に合った仕事を探すのに苦労しているのですから、

まだ頭の中のイメージでしか「仕事」というものを考えられない学生が、本当に自分に合った仕事なんて自力で見つけられるはずがないのです。

それにもかかわらず、学生時代の判断に基づいて会社に入社し、30代直前になってからミスマッチだったことに気づく。

そのときにはすでに転職市場は「30代に求められる厳しいハードル」であなたを評価するので、未経験職種への転職は非常に厳しくなっている…。

↑30代直前になって自分の状況に気づき、

こういう辛い状態で転職活動をせざるを得なくなってしまう人があまりにも多いのが実情であることをぜひ理解してください。

あなたは20代前半という非常に早いタイミングで「仕事にはミスマッチが生じる可能性がある」という事実に気づくことができました。

あなたは今は辛い状況であったとても、長期的なキャリア構築という視野に立つと、非常に有利な状況であることに気づいてください。

あなたにミスマッチな仕事では、まわりの同期にもどんどん差をつけられてしまう

仕事できない 辛い 1年目

(自分に合っていない仕事で苦しみながら働き、周りのライバルにも敗北する…。なんて状況はあなたも絶対に避けたいはずです)

繰り返しになりますが、ミスマッチな仕事では、あなたの本来の力を発揮することはできません。

もちろん、あなたの同期の中にはたまたま自分にマッチする仕事を見つけることができたラッキーな人もいるでしょう。

そういうたまたまラッキーな人たちと、ミスマッチな仕事についてしまったあなたとでは、

成果に差が出てくることはやむを得ないことです。

重要なことは、あなたが能力的に無能なのではなく、ただ単に仕事内容がミスマッチであるにすぎない可能性があることです。

ミスマッチな仕事では、どれだけ一生懸命メモをとろうが、先輩に気に入られようとしようが、すべてが逆効果になってしまいます。

そうなると、あなたはどんどんやる気を失っていき、まわりからは「あいつは仕事ができない」というレッテルを貼られ、さらにやる気を失う…。

という、負のループにがんじがらめにされてしまうことも考えられるのです。

こういった辛い状況からは少しでも早く抜け出すためのアクションを始めなくてはなりません。

転職でやりがいを感じられる・全力投球できる仕事を見つけよう

仕事できない 辛い 1年目

(「本当の転職活動」で自分に合った仕事を見つけましょう。転職のタイミングは早ければ早いほど有利です)

↓まじめなあなたは、次のように感じているかもしれません。

「仕事ができないという評価を受けてしまったから転職なんて、なんだか逃げているようで嫌だ…」

しかし、そもそも転職というものは「逃げ」とか「攻め」とかいった価値観で判断すべきものではありません。

転職はあなたの人生を豊かにするためにやるべきものですから、他の人と比べたり、一般常識にとらわれて決断すべきものではないのです。

石の上にも三年とか、仕事を短期間でやめると根気がないと思われる…なんて古い価値観は、

あなたの親の世代だからこそ通用した古い常識にすぎません。

今の若者が置かれている状況は、あなたの親の世代の人たちが若い時よりもはるかに厳しい状況です。

あえて言いましょう。

あなたの親世代の人たちは、終身雇用や年功序列といった「ぬるいルール」で生きてきた人たちなのです。

(当時はネットやSNSすらない時代です。パソコンが使えなくても仕事ができましたし、AIなんて言葉すら存在していませんでした)

さらにいうと、現在はアベノミクスによる景気拡大が続いており、企業側も人手不足の状態になっています。

(景気が良くなると企業の仕事が増える→現在の人員だけでは仕事が回らなくなる→採用を増やす企業が増えている、という状況です)

人事担当者の転職者への評価も変わってきている

仕事できない 辛い 1年目

(採用担当者側の転職者への評価もずいぶん変わってきています)

これはあなたにとっては有利に働く話ですが、

良くも悪くも社会が欧米的になっていますから、転職についても柔軟に考える人事担当者も非常に増えていますね。

(欧米では30歳になる前に5回以上転職するのはごく普通のことです)

20代の人の転職であっても、「前の職種はどうしても合わなかったのだな」という形で受け取ってもらえる可能性は高いと言えるでしょう。

もちろん、やみくもに3回・4回・5回…と転職を短期間に繰り返していては評価は下がってしまいますが、

「新卒で入社した会社で理想の仕事を見つけられる人、1回や2回の転職で自分にぴったりの仕事を見つけられる人」

というのは、ものすごく運の良い人だけであることは、採用担当者もよく理解しています。

ほとんどの人は、「この仕事なら自分に合っているかも」と思いながら転職したものの、やっぱり合わなくて転職、

何回かこれを繰り返し、やっと自分の居場所を見つける…というのが普通なのです。

そして、自分に合った仕事を見つけることができれば、そこから逆転していくことは全く難しいことではありません。

自分にあった仕事なら、高いパフォーマンスを維持しながら精力的に働くことができるからです。

もし今あなたが、「入社1年目だけどすでに仕事が辛い、仕事ができないという評価をまわりからされてしまっている…」

という状況なら、思い切って転職という選択肢を検討してみてください。

無料で使える転職サイトにメールアドレスを登録して最新の求人を見てみたり、

転職エージェントに客観的な視点からのアドバイスを求めるというだけでも、新しい人生の選択肢を見つけることができ、精神的にも楽になりますよ。

入社1年目・20代前半という恵まれた環境を活用してください

仕事できない 辛い 1年目

(「まだ20代」という恵まれた状況を生かして転職を成功させましょう)

あなたは入社1年目という非常に早いタイミングで転職という「別の選択肢」があることを知りました。

1度きりの人生を、負のサイクルにとらわれたまま終わらせてしまわないためにも、

「自分に合った仕事を選ぶ」ということをぜひ選択肢に入れてみてください。

20代前半のあなたなら、第二新卒として転職活動を行うことができますから、

人がうらやむような大手ホワイト企業や、人気の職種であっても未経験から採用される可能性は普通にあります。

あなたは今、新卒時の就活よりもライバルの数が圧倒的に減っていますから、

あなたの希望の仕事に就ける可能性は圧倒的に高くなっている状況なのです。

これが20代後半・30代に突入した状態になると状況は非常に厳しくなりますから、決断は早いに越したことはありません。

(成功者の共通点は、常に行動が早いことです)

転職活動については、行動を起こすのが早ければ早いほど有利だということをぜひ理解しておいてくださいね。

仕事つまらない・給料安い…。今の職場でこれ以上働き続けたくない人へ

(あわない仕事・人間関係のストレスでつらい働き方をしている人へ)

  • 給料がぜんぜん上がらない…。もう2年以上働いてるのに。
  • 人間関係のストレスが限界。上司も先輩も大嫌いな人ばかり…。
  • 1ミリも興味ない仕事だけど、生活のためにしかたなく働いている…。

↑こんな感じで働いている人ってきっと多いのではないでしょうか。

仕事って人生のほとんどの時間を使ってやっていくことですから、

ストレスの多い環境だとほんと地獄ですよね。

ほとんどの人にとって今の仕事がベストの選択肢じゃないのが普通です。

学生時代になんとなく就活やって、

なんとなく安定してそうな会社に入って、

なんとなく年齢を重ねていく人がほとんどなんですよね。

ただ、こんな感じで30代後半になってくると、状況はもっと悪くなります。

「35歳転職限界説」とかいいますが、

転職って年齢が高くなるほど実務経験を求められるようになりますから、

難易度がどんどん高くなってしまうんですね。

そうしているうちに家族ができ、家を買うために住宅ローンを組んで…。

で、どんどん身動きが取れなくなっていくのが現実です。

少しでも年齢が若いうちに転職活動を始めるのが有利

(営業から経理、総務からマーケティングなど「職種を変える転職」は年齢制限があります)

 

今いる環境にどうしても限界を感じているなら、

少しでも年齢が若いうちに転職活動を始めましょう。

特に、職種を変えるキャリアチェンジ転職の場合は年齢をかさねるほど不利になります。

(営業から経理、総務からマーケティングなど)

今の仕事とまったく違う職種に行きたいなら、

どんなに遅くとも20代後半、できれば20代前半までに転職しておく必要があります。

業種業界にもよりますが、ここを逃すと未経験職種での採用は非常に難しくなるのが一般的ですね。

  • 今の仕事はぜんぜん好きになれない…
  • この業界でずっと働きたくない…

↑と感じている人は、

早めにアクションを起こす必要があります。

管理人

まずは「自分にはどんな選択肢があるのか?」のリサーチから始めよう

(まずは「自分の学歴・職歴でどのぐらいの求人を狙えるのか?」のリサーチから始めましょう)

 

とはいえ、いきなり転職活動なんてハードルが高く感じてしまいますよね。

生活費を稼がないといけないから、今すぐ転職は難しい…。

↑という人もきっと多いはずです。

転職って重要な決断になりますので慎重になるのは当然ですよね。

いきなり転職活動なんて無理…と感じる方は、

まずは「世の中にどんな仕事があるのか?」

「自分の学歴・職歴だとどんな仕事に転職できる可能性があるのか?」

のリサーチから始めてみるのがおすすめです。

具体的には、無料で使える転職サイトでいろんな求人情報を見てみましょう。

転職サイトは今すぐ転職する気がない人も気軽に使うことができますよ。

マイナビエージェント

高年収な優良求人が絶対見つかる!(無料転職サイト)

マイナビエージェントは個人的に最もおすすめな転職サイトです。
未経験から高年収を目指せる求人から、
実務経験者限定のクローズド求人まで、
好条件なホワイト求人をたくさん見つけることができますよ。
無料で使える鉄板の大手転職サイトなので、転職活動が初めてな人も安心です。

今すぐは転職活動する気がない人も、

転職サイトへの無料登録だけは早めにやっておきましょう。

仕事のストレスが限界になってくると、

転職サイトに登録するという行動すらやる気がなくなってしまうからです。

転職サイトで無料アカウントを作っておくと、

あなたにマッチする求人が出てくるたびにメール自動通知してもらうえます。

気になった求人をブックマークしておくだけでも、

いざとなったら転職もあるという選択肢を持つことができるんですね。

今の職場で限界が来たときに、

転職という対抗策を打つことが可能になります。

いい意味での「逃げ道」を確保しておくことが大切です。

管理人

転職サイトは完全無料で使うことができます。

いつでも利用をやめられますし、

変な連絡が来ることもないのでリスクはゼロです。

今すぐは転職できない人も、転職サイトを活用して情報収集から始めましょう。

>>転職サイトに登録して自分の適正年収を見てみる(無料)

転職成功するのに「特別優秀」である必要はない

(ごく普通の人でも転職で成功することは可能です)

  • 特別優秀なひとにぎりの人だけが高年収になれる。
  • コミュ力が高くてルックスも良く人脈もないと人生負け組。
  • 一流大学を出てないと出世なんてできない…。

↑こんなふうに考えている人って多いと思いますが、実はこれまったくの誤解です。

私は転職支援の仕事をしてるので、

年収700万円〜1000万円の人たちとたくさん会いますが、

彼らは特別優秀な人ばかりではありません。

もちろん、中には弁護士や会計士みたいに

特別優秀な人もいますけどね。

でも、営業マンや経理マンなど

ごく普通の仕事でも高年収の人たちもたくさんいます。

管理人

問題は「ごくフツーの人が、なぜ理想的な働き方ができるようになったのか?」ですが、

これは日頃から自分がどういう環境で働ける可能性があるのか?

の情報リサーチをしっかりやっているからなんです。

具体的には、転職サイトでいま世の中でどういう仕事が求められてるのか?(年収高いのか?)

の情報リサーチをしっかりやっておくのが大切です。

転職サイトは今すぐ転職する気がなくても使えますよ。

情報リサーチといえば新聞をまずイメージしますよね。

ですが、ニュースにくわしくなって年収上がった人を私は見たことがないです。

お金と時間を消費して新聞を読むぐらいなら、

転職サイトを見るようにした方がよっぽど年収アップにつながりますよ。

実際、年収高い人って今すぐ転職する予定はなくても

転職サイトに登録だけはしています。

管理人

転職サイトで希望条件を入力しておくと、マッチする求人が自動的に情報として入ってくるので情報感度が高くなるんですよね。

最新の求人情報につねにアンテナを貼っておいて、

チャンスがめぐってきたらすぐに行動を起こせるようにしておくのが大切です。

転職サイトを使った情報リサーチのやり方

(個人的におすすめの転職サイトはマイナビエージェントです)

\ 高年収な求人多数あり!/

無料登録して求人を見てみる

転職サイトに無料登録すると、

↓こんな感じで最新の求人情報にいつでもアクセスできるようになります。

管理人

(実際の求人例1)

(実際の求人例2)

>>転職サイトに登録して実際の求人を見てみる(無料)

↑実際の求人情報を見てみるとわかりますが、

年収の高い仕事であっても、

特別な能力って求められていないことに気づくと思います。

サラリーマンの年収って、所属先の会社がもうかっているかどうか?でほぼ決まるからです。

逆にいうと、所属先の会社がもうかっていないと、

あなたがどんなに優秀な人であっても大したお給料を稼ぐことはできません。

これは優秀な人ほど見逃しがちな重要ポイントですね。

もうかっている会社は転職サイトに好条件で求人をバンバン出しています。

こういう情報を常日頃からリサーチしておくことがとても大切ですよ。




Sponsored Links

-転職活動のノウハウ

Copyright© 転職と副業のサザンクロス , 2022 All Rights Reserved.