Sponsored Links

転職活動のノウハウ

会社をずる休みして罪悪感を感じるぐらいなら、さっさと仕事は変えてしまっていい

会社 ずる休み 罪悪感

(会社をずる休みしてしまったことに罪悪感…。辛い現実を変えるにはどうしたらいい?)

会社をずる休みしてしまい、罪悪感を感じながら1日過ごす…。

せっかくの何もしないでいい休日のはずなのに、最悪な気分ですよね。

今日1日は休めたとしても、また翌日には嫌な1日が始まる…と思うと、絶望的な気分になってしまうものです。

(しかも、前の日に休んでいる分、その次の日はさらに会社に行きづらく感じる)

そんなあなたにぜひ知っておいていただきたいことがあります。

それは、「20代で経験する仕事(つまり今のあなたの仕事)は、その後30代〜40代になった後のあなたのキャリアに決定的な影響を与える」ことです。

あなたが今20代だったとして、毎日ズル休みしたいほど仕事に嫌悪感を感じる日々を過ごしながら30代になってしまったとしたら、取り返しのつかない状況になってしまう可能性があります。

Sponsored Links

あなたの同期や同級生が、あなたをはるかに追い越していく…

↓想像してみてください。

10年後のあなたの姿?

  • あなたの同期(一緒に今の会社に入社した人たちや、学生時代の同級生など)は、30代になって役職付きになり収入もアップして頑張っている。
  • しかし、あなたはいつまでもヒラの社員。なんとなく社内でも浮いていて「あの人は仕事ができない」というレッテルを貼られている。
  • しかも、収入は彼らに比べて半分ぐらいしかない(彼らが年収700万円のときに、あなたは年収350万円)という状況になってしまったら…。
  • 家族からも冷たい目で見られ、家にいてもいごこちが悪いので会社に行く(しかし会社でもまた冷たい扱いを受ける…)

いかがでしょうか。これは単なる想像ではありません。

こういう状況で仕事をしている30代〜40代の人は、社会に少なくないのです。

(というか、社会の半数以上の人たちはこういう状況で苦しみながら仕事をしています)

あなたのまわりにも、毎日死んだような目で仕事をしている人や、通勤電車に揺られている人をたくさん見かけることでしょう。

あなたはこんな悲惨な状況になってしまうことは絶対に避けたいですよね。

あなたの今から10年後の姿

会社 ずる休み 罪悪感

(あなたは、今から10年後も今と同じ仕事をしていたいですか?)

あなたは、彼らとは違って、今から10年後には以下のような状態で仕事をしていたいと思いませんか?

あなたの10年後の姿?

  • 会社の幹部社員・エースとして、上司にも期待されながらバリバリ仕事をしている
  • 年収はついに1000万円を超えた。毎月100万円以上の収入があなたの銀行口座に入ってきている
  • 後輩社員やあなたの部下には尊敬のまなざしで見られている
  • 第一線で活躍するビジネスパーソンとして、雑誌など取り上げられる
  • 家族(あなたの奥さんや夫、子供)はあなたを一家の大黒柱として頼りにしている

なんだか怪しい広告みたいになってしまいました(笑)

こんなの自分にはとても無理…。と思いますか?

いえいえ、これはまったく夢物語ではありません。

30代で年収1000万円を超えているビジネスマンは今どき珍しいことではありませんよ。

今はとても信じられないかもしれませんが、こうした働き方はあなたにも十分にかなえられる希望なのです。

それではどうしたらいいのか?

今から10年後に、こうした将来を実現するためには、今すぐに行動を起こすことが大切です。

(毎朝「会社行きたくねー」なんていいながら仕事に行く状態でいてはいけません)

20代は「どこにでも未経験から転職できる黄金期」転職エージェントを活用して適職を見つけるべし

会社 ずる休み 罪悪感

(20代はどんな職種にも未経験から転職できる「黄金期」です。30代になるとこうはいきません)

20代という特別な時期は、どこの会社であっても未経験から挑戦できる「黄金期」です。

なぜ未経験でも採用されるかというと、企業側も「20代の人なら、社内で一から教育していくことが可能」という気持ちで採用活動を行うからです。

しかも、すでに最低限の社会人としての教育は完了しているとみなされますから、新卒の就活ではとても挑戦できなかったような大手企業にも挑戦できますよ。

もちろん、これからどんどん伸びてきているベンチャー企業で、若いうちから経営幹部として活躍するという選択肢もあります。

(ベンチャーでは20代〜30代前半でも経営幹部の役員になるケースはざらです)

転職に恐怖感を感じる方へ

新卒で入社した会社でずっと働いているという人にとって、「転職」という選択肢はとても遠いもののように感じているかもしれません。

しかし、統計によると「2人に1人は転職を経験したことがある」というデータがはっきりと出ています。

>>社会人の52.5%が、実は転職経験あり

上のデータによると、実際に転職するかどうかに限らず、全体の約70%の人は「入社3年目〜7年目の間に、転職を考えたことがある」と答えています。

注目していただきたいことは、上の「転職を検討した約70%」の人たちのうち、実際に行動を起こしたのは52.5%だけだとうことです。

残りの約17.5%(70%−52.5%=17.5%です)の人たちは、「転職したいなあ」と思いながらも、ぼんやりと過ごして30代に突入してしまったということですね。

あなたはこうした人たち(ぼんやりした17.5%の人たち)の仲間入りをしたいですか?

…絶対に嫌ですよね。

現時点からあなたが「成功組」にすべりこむためには、今すぐ転職活動を始めることが重要です。

※「転職活動はめんどくさい…」という方へ。

読者様

毎日、家に帰ってきたらもうヘトヘトです…。

自宅のパソコンに電源をつける元気すらない。

転職活動とかほんとに無理なんですけど。

転職活動は「求人を探したり、電話で面接のアポ取りをしたり…」となかなか大変ですよね。

でも、転職活動は下手をすると「その後のあなたの人生を決める重要な活動」になりますから、いいかげんなかたちで進めてしまうことは避けないといけません。

管理人

読者様

そりゃまあわかってます。自分の人生ですから。

でも現実問題として、今の日常が忙しすぎて、転職活動なんてやってる余裕がないんですよ…。

わかります。私も20代の頃はずっとブラック企業で働いていたので。

「転職活動は負担やストレスが大きすぎる」と感じている方は、転職エージェント(無料)を活用しましょう。

転職エージェントはあなたの代わりに、あなたにマッチした求人を探してきて、採用担当者との面接までセッティングしてくれます。

管理人

エージェントとのやりとりは基本的に全部メールでできるので、そんなにめんどくさいことはないですよ(面接も義務ではありません。普通に断ってOK)

企業の人事採用担当者との面接日程の調整や、年収交渉といった面倒なことは、エージェントがすべて無料で代行してくれます。

\ 20代の方におすすめの転職エージェント!/

おすすめの転職エージェントはこちら!

Sponsored Links

転職エージェントって本当に無料?なぜ無料?

読者様

そりゃ緊張する企業側との電話のやりとりとか、年収交渉とか、めんどくさいことを代わりにやってくれるなら助かりますよ。

でも、こういうのってお金かかったりするじゃないですか?

給料が低いのがつらくて転職したいのに、転職活動そのものにお金がかかってしまうなら、本末転倒もいいところなんですけど。

ご心配なく。私たち労働者側は、転職エージェントを最初から最後まで無料で使えます。

転職エージェントにお金を払っているのは採用活動を行っている企業側だけなので、

私たち労働者側は、最初から最後まで転職エージェントを無料で使うことができるんです。

管理人

転職エージェントを使うデメリットは?

読者様

求人を探してきてくれて、面接のアポ取りもやってくれて、年収交渉もしてくれる…。

ほんとにこれで無料ですか?…逆に怪しいです。

転職エージェントを使って転職活動することに、何かデメリットとかないんでしょうか?

そうですね。転職エージェントを使って転職活動することのデメリットをあえて挙げるとすると、

初回の相談で転職エージェントと面談(20分ぐらい)をしないといけないことぐらいでしょうか。

アカの他人に仕事のことを相談するなんて、なんだか緊張しますよね。

ただ、この面談というのは、エージェント側とあなたのキャリアプランについてイメージのすり合わせをする上でとても大切な手続きなんです。

管理人

エージェントとの初回の面談をしっかりやっておくかどうかによって、転職活動の成功・失敗が決まるといっても過言ではないぐらいです。

ここだけはしっかりやっておけば、あとはエージェントがあなたの希望に沿った求人を探してきてくれて、企業側の面接までセッティングしてくれます。

今どき「転職活動のために履歴書を手書きで書いて、緊張しながら電話して…」なんて誰もやってませんよ。

面接のアポイントや、年収交渉といった面倒なことは、転職エージェントが全部無料で代わりにやってくれます。

管理人

これから転職活動を始める人は、転職エージェントを活用しよう

(転職活動を始めるなら無料で使える転職エージェントを活用しましょう)

よくあるお悩み

  • 転職活動なんて何から始めていいのかよくわからない。
  • 学生時代以来、求職活動なんてもう何年もやっていない…。
  • 転職サイトはちょこちょこ見ているけど、どの求人もなんだか同じに見える。
  • 「うちは家族的な社風です!」とか、どうせ嘘だろ…って思ってしまう。
  • とにかく給料が安すぎ。こんなんで生活していくなんて無理なんだけど…。

↑こんな悩みをお持ちの方は、転職エージェントを使うことも検討して見てください。

転職エージェントというのは、あなたの代わりに、あなたの職歴に最適な求人を探してきてくれるサービスです(無料で使えます)

WEBやSNSを使い慣れている20代〜30代前半の方の多くは、転職活動をエージェントを使って行うようになっていますよ。

管理人

他人に転職の相談するなんて緊張する…」という方もいらっしゃるかもしれませんが、

エージェントとのやりとりは基本的に「サイト経由+メール」なので、実際に顔を合わせる機会はそれほど多くありません。

管理人

↓転職エージェントは、あなたの代わりに以下のようなことをやってくれます。

エージェントがやってくれること

  • あなたの職歴や実務経験から見て、最適な求人(少しでも年収が高く、内定が出る可能性の高い求人)をプロの目で見て選別してくれます。
  • あなたの代わりに、採用活動を行う企業側と年収の交渉をしてくれます。
  • 企業の人事担当者との面接日程の調整などのめんどうなスケジュール調整を全部やってくれます。
  • 書類審査のための応募書類の添削をしてくれます。
  • 面接の事前対策をしてくれます(面接に同席してくれるエージェントもいます)

特に、現在も在職中の方は、終業後に転職活動をするというのはストレスがとても大きいですよね。

仕事でヘトヘトになって帰ってきて、そこからパソコンを立ち上げて、ハローワークや転職サイトの情報を探して…なんて、やる気になれないのが当たり前です。

めんどくさいことは転職活動のプロであるエージェントに丸投げして、もっと大切なことに集中しましょう(本当に自分がやりたい仕事はなんなのか?など)

転職エージェントにお金を払っているのは、人を採用したい企業側だけなので、私たち求職者は最初から最後まで完全無料で使うことができますよ。

管理人

当サイト管理人おすすめの転職エージェント

(おすすめの転職エージェント会社を紹介します)

↓転職エージェント会社は、それぞれの会社で扱っている求人に特徴があります。

  • 20代の人向けの求人が得意なエージェント会社
  • 営業マン向けの求人が得意なエージェント会社
  • 税理士や会計士など専門職の求人が得意なエージェント会社

…といった具合ですね。

重要なことは、あなた自身の状況に合わせて最適なエージェント会社を使い分けることです。

どこも無料で使えますので、「1社だけを使う!」というのではなく、

最低でも2社〜3社に登録しておいて、「自分と相性の良いところを使っていく(できれば使い倒す)」という使い方がおすすめです。

当サイトの管理人が実際に使ってみて「こういう人にはここがおすすめ!」といえる転職エージェント会社を紹介します。

管理人

マイナビエージェント(20代の方におすすめ)

(マイナビエージェントは、20代の方におすすめの転職エージェントです)

大手企業〜ベンチャーまで!未経験者OKの求人多数あり

マイナビエージェントは、20代の方におすすめの転職エージェント会社です(無料)
三井住友銀行や農林中央金庫などの「ザ・大手企業」という会社から、最先端のITベンチャーまで、幅広く優良企業の求人があります。
未経験20代の方でも年収550万円など、好条件で働ける求人を見つけることができますよ。

就職Shop(フリーター脱出したい人におすすめ)

就職Shopはリクルートが運営する最大手の第二新卒専門エージェントです)

フリーター・ニート脱出したい方におすすめ!書類選考なし求人多数あり

就職Shopは、フリーター・ニートの方の転職支援に特化しているエージェントです(無料)
最大の特徴は「書類選考なしで面接に進める求人が多数登録されていることです。学歴や職歴に自信がない方も安心して使えますよ。
若手向けの求人は「紹介される仕事は営業だけ…」ということが多いですよね。
就職Shopは転職大手のリクルートが運営していますので、経理や財務、人事などの事務系職種もたくさん紹介してもらえます。

Sponsored Links

-転職活動のノウハウ

Copyright© 現役の転職エージェントがこっそり教える転職活動の進め方 , 2020 All Rights Reserved.