Sponsored Links

転職活動のノウハウ

会社をずる休みして罪悪感を感じるぐらいなら、さっさと仕事は変えてしまっていい

会社 ずる休み 罪悪感

(会社をずる休みしてしまったことに罪悪感…。辛い現実を変えるにはどうしたらいい?)

会社をずる休みしてしまい、罪悪感を感じながら1日過ごす…。

せっかくの何もしないでいい休日のはずなのに、最悪な気分ですよね。

今日1日は休めたとしても、また翌日には嫌な1日が始まる…と思うと、絶望的な気分になってしまうものです。

(しかも、前の日に休んでいる分、その次の日はさらに会社に行きづらく感じる)

そんなあなたにぜひ知っておいていただきたいことがあります。

それは、「20代で経験する仕事(つまり今のあなたの仕事)は、その後30代〜40代になった後のあなたのキャリアに決定的な影響を与える」ことです。

あなたが今20代だったとして、毎日ズル休みしたいほど仕事に嫌悪感を感じる日々を過ごしながら30代になってしまったとしたら、取り返しのつかない状況になってしまう可能性があります。

あなたの同期や同級生が、あなたをはるかに追い越していく…

↓想像してみてください。

10年後のあなたの姿?

  • あなたの同期(一緒に今の会社に入社した人たちや、学生時代の同級生など)は、30代になって役職付きになり収入もアップして頑張っている。
  • しかし、あなたはいつまでもヒラの社員。なんとなく社内でも浮いていて「あの人は仕事ができない」というレッテルを貼られている。
  • しかも、収入は彼らに比べて半分ぐらいしかない(彼らが年収700万円のときに、あなたは年収350万円)という状況になってしまったら…。
  • 家族からも冷たい目で見られ、家にいてもいごこちが悪いので会社に行く(しかし会社でもまた冷たい扱いを受ける…)

いかがでしょうか。これは単なる想像ではありません。

こういう状況で仕事をしている30代〜40代の人は、社会に少なくないのです。

(というか、社会の半数以上の人たちはこういう状況で苦しみながら仕事をしています)

あなたのまわりにも、毎日死んだような目で仕事をしている人や、通勤電車に揺られている人をたくさん見かけることでしょう。

あなたはこんな悲惨な状況になってしまうことは絶対に避けたいですよね。

あなたの今から10年後の姿

会社 ずる休み 罪悪感

(あなたは、今から10年後も今と同じ仕事をしていたいですか?)

あなたは、彼らとは違って、今から10年後には以下のような状態で仕事をしていたいと思いませんか?

あなたの10年後の姿?

  • 会社の幹部社員・エースとして、上司にも期待されながらバリバリ仕事をしている
  • 年収はついに1000万円を超えた。毎月100万円以上の収入があなたの銀行口座に入ってきている
  • 後輩社員やあなたの部下には尊敬のまなざしで見られている
  • 第一線で活躍するビジネスパーソンとして、雑誌など取り上げられる
  • 家族(あなたの奥さんや夫、子供)はあなたを一家の大黒柱として頼りにしている

なんだか怪しい広告みたいになってしまいました(笑)

次のページへ >




Sponsored Links

-転職活動のノウハウ

Copyright© 転職と副業のサザンクロス , 2020 All Rights Reserved.