Sponsored Links

転職の体験談

作業療法士で子供と関わる仕事ってどう?発達障害リハビリで働く女性の体験談

作業療法士 子供と関わる

(作業療法士で子供と関わる仕事ってどう?発達障害児のリハビリで働く女性に転職体験談をお聞きしました)

作業療法士の仕事を探している人の中には、「子供と関わる仕事がしたい」と考えている方も多いのではないでしょうか。

今回は、発達障害児童のリハビリがある病院で、作業療法士として4年間働いた経験を持つ女性にお仕事の体験談をお聞きしました。

仕事のやりがいや年収、退職理由などもくわしくお聞きしましたので、ぜひ参考にしてみてください。

作業療法士で子供と関わる仕事ってどう?私が経験した仕事内容

体験談をお聞きした方のデータ

  • お名前  :高塚有希乃
  • 現在の年齢:29歳
  • 在職期間 :約4年間
  • 雇用契約 :正社員
  • 年収   :380万円(月給25万円+ボーナス)
  • 会社の規模:従業員420名の病院

私は、発達障害児童の外来がある病院で4年間働いた経験があります。

従業員は420名ほどの職場で、私が所属していたリハビリ部門には、理学療法士や言語聴覚士を含めて16名が在籍していました。

年齢層は20代〜30代が多く、男女の比率は半々です。

人の入れ替わりはそれほど多くなく、約4年間の私の在職期間で退職したのは2名だけでした。

仕事内容は具体的にどんなものでしたか?

私が担当した業務は障害のある子供(0歳〜18歳)のリハビリです。

身体機能や認知機能、行動面の課題解決に向けて、遊びを通してアプローチします。

近年はメディアなどでも発達障害が取り上げられる機会が増え、認知度が上がっている背景もあり、社会のニーズに応えられる仕事だと感じていました。

お給料に不満はありましたか?

当時の年収は約380万円でした。

月給は25万円(手取りで20万円ほど)で、ボーナスは年間で月給3ヶ月分です。

私が勤めていた職場では、毎年人事考課制度によって昇給がありました。

年2回、ボーナスも支給されるため、特に不満はありませんでした。

残業もほぼなく、毎日定時に退勤できていたことからも、納得のいく給料だったと思います。

ただ、子供が相手となる領域なので、一緒に体を動かす機会が多いです。

体力に自信がない人にとってはハードに感じるかもしれません。

作業療法士として子供と関わる職場に転職するにはどうすれば良いですか?

子供と関わる職場への作業療法士としての転職となると、人気職種のためハードルが高いと感じる方も多いかもしれません。

しかし、実際にはそれほどではないと思います。

志望動機の書き方などについては市販の転職関連本などを読むとくわしく説明されていますから、そちらを参考にされると良いと思います(ネットの志望動機例文をマネすると、採用担当者にばれます)

以下では「①どこで求人を探すか?」と、「②求人に応募した後の選考対策はどうしたらいいか?」の2つについてお話しします。

①どこで求人を探すか?

作業療法士の求人情報は、作業療法士専門の転職サイトで探すのがおすすめです。

次のページへ >




Sponsored Links

-転職の体験談
-

Copyright© 転職と副業のサザンクロス , 2020 All Rights Reserved.