転職活動のノウハウ

入社2年目なのに仕事できない…という方は転職も検討すべき。奴隷のように搾取される生活を定年まで続けたいですか?

更新日:

入社2年目 仕事できない

(入社2年目なのに仕事ができない・つらい…という人は仕事の適性を疑うべきです)

  • 今の会社も2年目に突入したけど、会社からは「仕事ができない」という評価を受けている。
  • 毎日上司や先輩にびくびくしながら過ごす毎日が苦痛。
  • 自分よりもどうやら後輩新人の方が期待されている。
  • 今の仕事が向いていない気がしているけど、入社2年目で転職すると今後のキャリアに傷がつくかも…。

↑現在入社2年目の方の中には、こうしたばくぜんとした不安や不満を感じている方も少なくないでしょう。

職場の人たちから「仕事ができない」というレッテルを貼られてしまうのは本当に辛いですよね。

いっそ転職して別の仕事に取り組んだ方が道が開けるかも…と思っていても、

  • 「石の上にも三年」
  • 「入社してすぐに辞めると、雇ってくれる会社がなくなる」

と、まわりからアドバイスされ、仕方なく仕事を続けているという方もおられるかもしれませんね。

日本は戦後ずっと終身雇用・年功序列でやってきた国ですから、親の世代がこうしたアドバイスをしてくるのは仕方がない部分もあります。

さらに、人間は本能的に変化を恐れるようにプログラミングされています。

原始時代には、

  • 「同じ群れの中にいる人たちと違う行動をとること」
  • 「今までやってきたことと違う行動をとること」

↑これらはイコール死を意味したのです。

群れから外れたら、外敵に一人では対処できませんし、食料が見つからなくなってすぐに餓死してしまうからです。

こうした判断の仕方は、現代人も原始時代人も同じです。

人間は急激に変化しましたので、原始時代から脳のシステムは基本的に進化していないというわけですね。

ですから、たとえ30年以上も前にとっくに終わっている社会システムに基づくアドバイス(年功序列や終身雇用)であっても、

あなたが受け入れてしまうのは無理もないことなのです。

↓しかし、21世紀の世界に生きるあなたは、次のことをぜひ知っておいてください。

あなたが絶対に知っておくべきこと

あなたが所属する会社の経営者にとって、

あなたのように「つらいけどがまん…」という形で働いてくれる「まじめな若い人」は、

まるで奴隷や操り人形のように都合の良い存在だということを…。

あなたが根拠のない不安と恐怖に勝手にとりつかれてくれているおかげで、

まったく割りに合わないような激安の給料であってもあなたをこき使って酷使することができるからです。

↓例えばあなたは、毎日こんな風に考えて萎縮しながら生きていませんか?

  • 入社2年目になって、自分はこの仕事はできない・向いていないことに気づいている。
  • でも、怖いから反抗することはやめておこう…。
  • 頑張ってがまんさえしていれば最低限の給料はもらえるのだから…。
  • どうせ転職なんてできるわけがない。
  • 正社員として安定した給料がもらえるだけまし…。
  • 30代になればちょっとぐらいは給料も上がるはず。最低限の生活ができて家族を養ってさえ行ければ自分はつらくてもいい。

はっきりいいましょう。

↑上のようなことを考えながら生きている人たち(つまり今のあなた)は、

この社会の中でもっとも不当にも損をしている人たちです。

あなたは今きっと20代の方ですよね?

運良く20代(できれば20代前半)のうちに行動を起こすことができれば良いですが、

もしあなたが、今のまま30代に突入してしまったとしたら悲惨です。

30代になると結婚・出産・住宅ローン…と、生活の負担がどんどん増えてきます。

こうなるとさらに仕事を変えることは難しくなっていくのです。

さらに、20代の転職と30代の転職とでは、会社側から求められるものが全く違います。

20代であれば、極端に言えばやる気と体力さえ評価してもらえば、どんな大手企業であっても採用される可能性があります。

(学生時代の就活でうまくいかなかった人も、第二新卒としての転職活動なら、大手企業でも採用される可能性があります)

しかし、30代で転職…となると、あなたは管理職やリーダーとしての実務経験があるか?が問われることになります。

入社2年目だけど仕事ができない・向いてない…とお悩みのあなたは、今後今の職場で力を発揮できそうですか?

他の同期やライバルを押しのけて、彼らをまとめる立場の管理職やリーダーになっている自身がありますか?

…今後、何らかの才能が開花すればいいですが、1年間も働いたのであれば、今の仕事が向いているか、向いていないかはだいたいわかるはずです。

20代のうちに、あなたが今の会社でリーダーとしての実務経験を積めそうにないのであれば、

今すぐ転職活動をし、あなたの力を発揮できる会社に移るのが賢明です。

このままじゃさすがにやばい…と今の時点で気づけたあなたはラッキーです。

今すぐ具体的な行動を起こす準備を始めましょう。

…と、ここまできびしいことを書いてきましたが、

↓それでもあなたが以下のように判断されるのであれば、私は止めません。

  • 「転職なんて何からやっていいのかよくわからない。不安なことはやめておこう」
  • 「転職なんて成功する気がしない。今の職場で耐えている方がとりあえずは安心…」
  • 「何をやっていいのかよくわからないから、とりあえず今は保留」
  • 「毎日の仕事が忙しいから転職活動する時間なんてない」
  • 「転職なんてやっぱり危険。やめておこう…」

人間はいいわけを考える天才です。

いいわけをして行動しない人は、どんな状況であっても現状維持以外の行動をとることはできません。

あなたの人生はあなたのものですから、誰も責任をとってくれませんし代わりに行動はしてくれることはありません。

冒頭で原始人の話をしましたが、人間は変化というのを過度に恐れるようにプログラミングされていますので、

あなたが原始人と同じように、安心だけど居心地の悪い群れの中に戻っていくというのであれば、私はその決断を尊重します。

↓それとも、あなたには以下のような気持ちで、変化を受け入れる気持ちがありますか?

  • つらい、苦しい生活は1秒たりとも我慢しない。今すぐ人生を変えるために行動を起こす。
  • 決然と行動を起こし、奴隷のようにつながれていた首の鎖を断ち切る。
  • 理想の仕事を選択し、応援しあえる仲間に囲まれて一生懸命働き、その結果として高い年収を得る!
  • 自分の人生の主導権を取り戻す!
  • 自分を奴隷扱いした会社を捨て、本当にあなたを認めてくれる会社を見つけるための具体的な行動をとる。

↑あなたにもしこうした気持ちが少しでもあるのなら、

以下ではあなたが転職活動を成功させるための具体的なポイントをお教えします。

繰り返しになりますが、変化を受け入れる気持ちがない、奴隷でも構わないという方はここから先を読んでも意味がありません。

行動したくない人は、今すぐパソコンやスマホ画面の「戻る」を押してこの画面は閉じてしまってください。



…よろしいでしょうか?

おめでとうございます。

ここまで失礼な書き方をされて、まだ根気強くこの記事を読んでくれるあなたはきっと大丈夫です。

失礼な書き方をしてしまい、申し訳ありませんでした。

ここからの内容は、いい加減な気持ちの人には読んで欲しくなかったので、そうした人たちを選別するためにもあえて失礼な書き方をしていたのです。

ほとんどの人が、上のようにきびしい現実を突きつけられた瞬間、

思考と行動を停止して今までのぬくぬくとした環境に戻っていってしまいます。

大多数の人がそうした原始人と同じ行動をとる中、あなたはあえて新しい一歩を踏み出しました。

あなたはきっと転職活動を成功させ、理想の職場に出会い、高い年収を得ることができるようになるでしょう。

あなたにはここから先の内容を読む資格があります。

↓それでは、以下では20代の方が転職を成功させるための具体的な方法をお教えします。

転職活動って何から始めたらいいの?

なんとなく今の職場は自分が求めているのと違う気がする…。

でも転職活動って何から始めていいのかわからないし、リスクは負いたくない。

転職するかどうかはまだ決めていない段階の場合、何から始めたらいい?

↑こんな悩みをお持ちの方は、転職先に関する情報収集から始めてみるのがおすすめです。

具体的には何をしたらいいのか?というと、まずは無料で使える転職サイトに登録して、いろんな会社の年収や仕事内容を見てみるのが良いですよ。

↓※転職サイトとはこういうサイトのことです(無料で使えます)

【リクルートエージェント】

今や全体の8割以上の人が「転職サイトで情報収集して、良いと思った求人が見つかったら応募する」という形で転職活動をするようになっています。

もちろん、情報収集のための登録だけでも問題ありませんので、「今すぐは転職活動する気はないけど、なんとなくよその会社の情報も知っておきたい」という段階の方も使うことができますよ。

↓転職サイトに無料登録すると、以下のような情報を知ることができるようになります。

転職サイトに登録してわかること

  • あなたと同じ職種の仕事をしている人が、どのぐらいの年収を稼いでいるのか。
  • あなたの年齢と経験職種だと、どういう求人が採用可能性が高いのか。
  • 転職で内定可能性を高めるためには、どういうポイントを押さえて転職活動をすればいいのか。

転職サイトにメールアドレスを登録しておくと、あなたにマッチした求人が毎日メールニュースのような形で届きます。

よその会社の年収や仕事内容を詳しく知ることができますので、情報としてストックしておきましょう。いざ転職!となったときのために、あらかじめ選択肢を持っておくことが大切です。

もし「これは本当にいいかも」と思える求人が出てきたら、くわしく話を聞いてみることもできます。あなたの側から連絡を希望しない限り、めんどうな連絡が来ることもないので安心ですよ。

↓転職サイトは無料で使えますので、ぜひ活用しましょう。

転職エージェント 使い方

フリーメールアドレスで登録OK!

リクルートエージェント公式サイト

※1分で登録完了できます




Sponsored Links

-転職活動のノウハウ

Copyright© 転職のサザンクロス , 2019 All Rights Reserved.