Sponsored Links

転職活動のノウハウ

入社2年目なのに仕事できない…という方は転職も検討すべき。奴隷のように搾取される生活を定年まで続けたいですか?

入社2年目 仕事できない

(入社2年目なのに仕事ができない・つらい…という人は仕事の適性を疑うべきです)

  • 今の会社も2年目に突入したけど、会社からは「仕事ができない」という評価を受けている。
  • 毎日上司や先輩にびくびくしながら過ごす毎日が苦痛。
  • 自分よりもどうやら後輩新人の方が期待されている。
  • 今の仕事が向いていない気がしているけど、入社2年目で転職すると今後のキャリアに傷がつくかも…。

↑現在入社2年目の方の中には、こうしたばくぜんとした不安や不満を感じている方も少なくないでしょう。

職場の人たちから「仕事ができない」というレッテルを貼られてしまうのは本当に辛いですよね。

いっそ転職して別の仕事に取り組んだ方が道が開けるかも…と思っていても、

  • 「石の上にも三年」
  • 「入社してすぐに辞めると、雇ってくれる会社がなくなる」

と、まわりからアドバイスされ、仕方なく仕事を続けているという方もおられるかもしれませんね。

日本は戦後ずっと終身雇用・年功序列でやってきた国ですから、親の世代がこうしたアドバイスをしてくるのは仕方がない部分もあります。

さらに、人間は本能的に変化を恐れるようにプログラミングされています。

原始時代には、

  • 「同じ群れの中にいる人たちと違う行動をとること」
  • 「今までやってきたことと違う行動をとること」

↑これらはイコール死を意味したのです。

群れから外れたら、外敵に一人では対処できませんし、食料が見つからなくなってすぐに餓死してしまうからです。

こうした判断の仕方は、現代人も原始時代人も同じです。

人間は急激に変化しましたので、原始時代から脳のシステムは基本的に進化していないというわけですね。

ですから、たとえ30年以上も前にとっくに終わっている社会システムに基づくアドバイス(年功序列や終身雇用)であっても、

あなたが受け入れてしまうのは無理もないことなのです。

↓しかし、21世紀の世界に生きるあなたは、次のことをぜひ知っておいてください。

あなたが絶対に知っておくべきこと

あなたが所属する会社の経営者にとって、

あなたのように「つらいけどがまん…」という形で働いてくれる「まじめな若い人」は、

まるで奴隷や操り人形のように都合の良い存在だということを…。

あなたが根拠のない不安と恐怖に勝手にとりつかれてくれているおかげで、

まったく割りに合わないような激安の給料であってもあなたをこき使って酷使することができるからです。

↓例えばあなたは、毎日こんな風に考えて萎縮しながら生きていませんか?

  • 入社2年目になって、自分はこの仕事はできない・向いていないことに気づいている。
  • でも、怖いから反抗することはやめておこう…。
  • 頑張ってがまんさえしていれば最低限の給料はもらえるのだから…。
  • どうせ転職なんてできるわけがない。
  • 正社員として安定した給料がもらえるだけまし…。
  • 30代になればちょっとぐらいは給料も上がるはず。最低限の生活ができて家族を養ってさえ行ければ自分はつらくてもいい。

はっきりいいましょう。

↑上のようなことを考えながら生きている人たち(つまり今のあなた)は、

この社会の中でもっとも不当にも損をしている人たちです。

あなたは今きっと20代の方ですよね?

次のページへ >




Sponsored Links

-転職活動のノウハウ

Copyright© 転職と副業のサザンクロス , 2020 All Rights Reserved.