Sponsored Links

転職活動のノウハウ

入社2年目なのに仕事できない…という方は転職も検討すべき。奴隷のように搾取される生活を定年まで続けたいですか?

入社2年目 仕事できない

(入社2年目なのに仕事ができない・つらい…という人は仕事の適性を疑うべきです)

  • 今の会社も2年目に突入したけど、会社からは「仕事ができない」という評価を受けている。
  • 毎日上司や先輩にびくびくしながら過ごす毎日が苦痛。
  • 自分よりもどうやら後輩新人の方が期待されている。
  • 今の仕事が向いていない気がしているけど、入社2年目で転職すると今後のキャリアに傷がつくかも…。

↑現在入社2年目の方の中には、こうしたばくぜんとした不安や不満を感じている方も少なくないでしょう。

職場の人たちから「仕事ができない」というレッテルを貼られてしまうのは本当に辛いですよね。

いっそ転職して別の仕事に取り組んだ方が道が開けるかも…と思っていても、

  • 「石の上にも三年」
  • 「入社してすぐに辞めると、雇ってくれる会社がなくなる」

と、まわりからアドバイスされ、仕方なく仕事を続けているという方もおられるかもしれませんね。

日本は戦後ずっと終身雇用・年功序列でやってきた国ですから、親の世代がこうしたアドバイスをしてくるのは仕方がない部分もあります。

さらに、人間は本能的に変化を恐れるようにプログラミングされています。

原始時代には、

  • 「同じ群れの中にいる人たちと違う行動をとること」
  • 「今までやってきたことと違う行動をとること」

↑これらはイコール死を意味したのです。

群れから外れたら、外敵に一人では対処できませんし、食料が見つからなくなってすぐに餓死してしまうからです。

こうした判断の仕方は、現代人も原始時代人も同じです。

人間は急激に変化しましたので、原始時代から脳のシステムは基本的に進化していないというわけですね。

ですから、たとえ30年以上も前にとっくに終わっている社会システムに基づくアドバイス(年功序列や終身雇用)であっても、

あなたが受け入れてしまうのは無理もないことなのです。

↓しかし、21世紀の世界に生きるあなたは、次のことをぜひ知っておいてください。

あなたが絶対に知っておくべきこと

あなたが所属する会社の経営者にとって、

あなたのように「つらいけどがまん…」という形で働いてくれる「まじめな若い人」は、

まるで奴隷や操り人形のように都合の良い存在だということを…。

あなたが根拠のない不安と恐怖に勝手にとりつかれてくれているおかげで、

まったく割りに合わないような激安の給料であってもあなたをこき使って酷使することができるからです。

↓例えばあなたは、毎日こんな風に考えて萎縮しながら生きていませんか?

  • 入社2年目になって、自分はこの仕事はできない・向いていないことに気づいている。
  • でも、怖いから反抗することはやめておこう…。
  • 頑張ってがまんさえしていれば最低限の給料はもらえるのだから…。
  • どうせ転職なんてできるわけがない。
  • 正社員として安定した給料がもらえるだけまし…。
  • 30代になればちょっとぐらいは給料も上がるはず。最低限の生活ができて家族を養ってさえ行ければ自分はつらくてもいい。

はっきりいいましょう。

↑上のようなことを考えながら生きている人たち(つまり今のあなた)は、

この社会の中でもっとも不当にも損をしている人たちです。

あなたは今きっと20代の方ですよね?

運良く20代(できれば20代前半)のうちに行動を起こすことができれば良いですが、

もしあなたが、今のまま30代に突入してしまったとしたら悲惨です。

30代になると結婚・出産・住宅ローン…と、生活の負担がどんどん増えてきます。

こうなるとさらに仕事を変えることは難しくなっていくのです。

さらに、20代の転職と30代の転職とでは、会社側から求められるものが全く違います。

20代であれば、極端に言えばやる気と体力さえ評価してもらえば、どんな大手企業であっても採用される可能性があります。

(学生時代の就活でうまくいかなかった人も、第二新卒としての転職活動なら、大手企業でも採用される可能性があります)

しかし、30代で転職…となると、あなたは管理職やリーダーとしての実務経験があるか?が問われることになります。

入社2年目だけど仕事ができない・向いてない…とお悩みのあなたは、今後今の職場で力を発揮できそうですか?

他の同期やライバルを押しのけて、彼らをまとめる立場の管理職やリーダーになっている自身がありますか?

…今後、何らかの才能が開花すればいいですが、1年間も働いたのであれば、今の仕事が向いているか、向いていないかはだいたいわかるはずです。

20代のうちに、あなたが今の会社でリーダーとしての実務経験を積めそうにないのであれば、

今すぐ転職活動をし、あなたの力を発揮できる会社に移るのが賢明です。

このままじゃさすがにやばい…と今の時点で気づけたあなたはラッキーです。

今すぐ具体的な行動を起こす準備を始めましょう。

…と、ここまできびしいことを書いてきましたが、

↓それでもあなたが以下のように判断されるのであれば、私は止めません。

  • 「転職なんて何からやっていいのかよくわからない。不安なことはやめておこう」
  • 「転職なんて成功する気がしない。今の職場で耐えている方がとりあえずは安心…」
  • 「何をやっていいのかよくわからないから、とりあえず今は保留」
  • 「毎日の仕事が忙しいから転職活動する時間なんてない」
  • 「転職なんてやっぱり危険。やめておこう…」

人間はいいわけを考える天才です。

いいわけをして行動しない人は、どんな状況であっても現状維持以外の行動をとることはできません。

あなたの人生はあなたのものですから、誰も責任をとってくれませんし代わりに行動はしてくれることはありません。

冒頭で原始人の話をしましたが、人間は変化というのを過度に恐れるようにプログラミングされていますので、

あなたが原始人と同じように、安心だけど居心地の悪い群れの中に戻っていくというのであれば、私はその決断を尊重します。

↓それとも、あなたには以下のような気持ちで、変化を受け入れる気持ちがありますか?

  • つらい、苦しい生活は1秒たりとも我慢しない。今すぐ人生を変えるために行動を起こす。
  • 決然と行動を起こし、奴隷のようにつながれていた首の鎖を断ち切る。
  • 理想の仕事を選択し、応援しあえる仲間に囲まれて一生懸命働き、その結果として高い年収を得る!
  • 自分の人生の主導権を取り戻す!
  • 自分を奴隷扱いした会社を捨て、本当にあなたを認めてくれる会社を見つけるための具体的な行動をとる。

↑あなたにもしこうした気持ちが少しでもあるのなら、

以下ではあなたが転職活動を成功させるための具体的なポイントをお教えします。

繰り返しになりますが、変化を受け入れる気持ちがない、奴隷でも構わないという方はここから先を読んでも意味がありません。

行動したくない人は、今すぐパソコンやスマホ画面の「戻る」を押してこの画面は閉じてしまってください。



…よろしいでしょうか?

おめでとうございます。

ここまで失礼な書き方をされて、まだ根気強くこの記事を読んでくれるあなたはきっと大丈夫です。

失礼な書き方をしてしまい、申し訳ありませんでした。

ここからの内容は、いい加減な気持ちの人には読んで欲しくなかったので、そうした人たちを選別するためにもあえて失礼な書き方をしていたのです。

ほとんどの人が、上のようにきびしい現実を突きつけられた瞬間、

思考と行動を停止して今までのぬくぬくとした環境に戻っていってしまいます。

大多数の人がそうした原始人と同じ行動をとる中、あなたはあえて新しい一歩を踏み出しました。

あなたはきっと転職活動を成功させ、理想の職場に出会い、高い年収を得ることができるようになるでしょう。

Sponsored Links

※「転職活動はめんどくさい…」という方へ。

読者様

毎日、家に帰ってきたらもうヘトヘトです…。

自宅のパソコンに電源をつける元気すらない。

転職活動とかほんとに無理なんですけど。

転職活動は「求人を探したり、電話で面接のアポ取りをしたり…」となかなか大変ですよね。

でも、転職活動は下手をすると「その後のあなたの人生を決める重要な活動」になりますから、いいかげんなかたちで進めてしまうことは避けないといけません。

管理人

読者様

そりゃまあわかってます。自分の人生ですから。

でも現実問題として、今の日常が忙しすぎて、転職活動なんてやってる余裕がないんですよ…。

わかります。私も20代の頃はずっとブラック企業で働いていたので。

「転職活動は負担やストレスが大きすぎる」と感じている方は、転職エージェント(無料)を活用しましょう。

転職エージェントはあなたの代わりに、あなたにマッチした求人を探してきて、採用担当者との面接までセッティングしてくれます。

管理人

エージェントとのやりとりは基本的に全部メールでできるので、そんなにめんどくさいことはないですよ(面接も義務ではありません。普通に断ってOK)

企業の人事採用担当者との面接日程の調整や、年収交渉といった面倒なことは、エージェントがすべて無料で代行してくれます。

\ 20代の方におすすめの転職エージェント!/

おすすめの転職エージェントはこちら!

転職エージェントって本当に無料?なぜ無料?

読者様

そりゃ緊張する企業側との電話のやりとりとか、年収交渉とか、めんどくさいことを代わりにやってくれるなら助かりますよ。

でも、こういうのってお金かかったりするじゃないですか?

給料が低いのがつらくて転職したいのに、転職活動そのものにお金がかかってしまうなら、本末転倒もいいところなんですけど。

ご心配なく。私たち労働者側は、転職エージェントを最初から最後まで無料で使えます。

転職エージェントにお金を払っているのは採用活動を行っている企業側だけなので、

私たち労働者側は、最初から最後まで転職エージェントを無料で使うことができるんです。

管理人

転職エージェントを使うデメリットは?

読者様

求人を探してきてくれて、面接のアポ取りもやってくれて、年収交渉もしてくれる…。

ほんとにこれで無料ですか?…逆に怪しいです。

転職エージェントを使って転職活動することに、何かデメリットとかないんでしょうか?

そうですね。転職エージェントを使って転職活動することのデメリットをあえて挙げるとすると、

初回の相談で転職エージェントと面談(20分ぐらい)をしないといけないことぐらいでしょうか。

アカの他人に仕事のことを相談するなんて、なんだか緊張しますよね。

ただ、この面談というのは、エージェント側とあなたのキャリアプランについてイメージのすり合わせをする上でとても大切な手続きなんです。

管理人

エージェントとの初回の面談をしっかりやっておくかどうかによって、転職活動の成功・失敗が決まるといっても過言ではないぐらいです。

ここだけはしっかりやっておけば、あとはエージェントがあなたの希望に沿った求人を探してきてくれて、企業側の面接までセッティングしてくれます。

今どき「転職活動のために履歴書を手書きで書いて、緊張しながら電話して…」なんて誰もやってませんよ。

面接のアポイントや、年収交渉といった面倒なことは、転職エージェントが全部無料で代わりにやってくれます。

管理人

Sponsored Links

これから転職活動を始める人は、転職エージェントを活用しよう

(転職活動を始めるなら無料で使える転職エージェントを活用しましょう)

よくあるお悩み

  • 転職活動なんて何から始めていいのかよくわからない。
  • 学生時代以来、求職活動なんてもう何年もやっていない…。
  • 転職サイトはちょこちょこ見ているけど、どの求人もなんだか同じに見える。
  • 「うちは家族的な社風です!」とか、どうせ嘘だろ…って思ってしまう。
  • とにかく給料が安すぎ。こんなんで生活していくなんて無理なんだけど…。

↑こんな悩みをお持ちの方は、転職エージェントを使うことも検討して見てください。

転職エージェントというのは、あなたの代わりに、あなたの職歴に最適な求人を探してきてくれるサービスです(無料で使えます)

WEBやSNSを使い慣れている20代〜30代前半の方の多くは、転職活動をエージェントを使って行うようになっていますよ。

管理人

他人に転職の相談するなんて緊張する…」という方もいらっしゃるかもしれませんが、

エージェントとのやりとりは基本的に「サイト経由+メール」なので、実際に顔を合わせる機会はそれほど多くありません。

管理人

↓転職エージェントは、あなたの代わりに以下のようなことをやってくれます。

エージェントがやってくれること

  • あなたの職歴や実務経験から見て、最適な求人(少しでも年収が高く、内定が出る可能性の高い求人)をプロの目で見て選別してくれます。
  • あなたの代わりに、採用活動を行う企業側と年収の交渉をしてくれます。
  • 企業の人事担当者との面接日程の調整などのめんどうなスケジュール調整を全部やってくれます。
  • 書類審査のための応募書類の添削をしてくれます。
  • 面接の事前対策をしてくれます(面接に同席してくれるエージェントもいます)

特に、現在も在職中の方は、終業後に転職活動をするというのはストレスがとても大きいですよね。

仕事でヘトヘトになって帰ってきて、そこからパソコンを立ち上げて、ハローワークや転職サイトの情報を探して…なんて、やる気になれないのが当たり前です。

めんどくさいことは転職活動のプロであるエージェントに丸投げして、もっと大切なことに集中しましょう(本当に自分がやりたい仕事はなんなのか?など)

転職エージェントにお金を払っているのは、人を採用したい企業側だけなので、私たち求職者は最初から最後まで完全無料で使うことができますよ。

管理人

当サイト管理人おすすめの転職エージェント

(おすすめの転職エージェント会社を紹介します)

↓転職エージェント会社は、それぞれの会社で扱っている求人に特徴があります。

  • 20代の人向けの求人が得意なエージェント会社
  • 営業マン向けの求人が得意なエージェント会社
  • 税理士や会計士など専門職の求人が得意なエージェント会社

…といった具合ですね。

重要なことは、あなた自身の状況に合わせて最適なエージェント会社を使い分けることです。

どこも無料で使えますので、「1社だけを使う!」というのではなく、

最低でも2社〜3社に登録しておいて、「自分と相性の良いところを使っていく(できれば使い倒す)」という使い方がおすすめです。

当サイトの管理人が実際に使ってみて「こういう人にはここがおすすめ!」といえる転職エージェント会社を紹介します。

管理人

マイナビエージェント(20代の方におすすめ)

(マイナビエージェントは、20代の方におすすめの転職エージェントです)

大手企業〜ベンチャーまで!未経験者OKの求人多数あり

マイナビエージェントは、20代の方におすすめの転職エージェント会社です(無料)
三井住友銀行や農林中央金庫などの「ザ・大手企業」という会社から、最先端のITベンチャーまで、幅広く優良企業の求人があります。
未経験20代の方でも年収550万円など、好条件で働ける求人を見つけることができますよ。

就職Shop(フリーター脱出したい人におすすめ)

就職Shopはリクルートが運営する最大手の第二新卒専門エージェントです)

フリーター・ニート脱出したい方におすすめ!書類選考なし求人多数あり

就職Shopは、フリーター・ニートの方の転職支援に特化しているエージェントです(無料)
最大の特徴は「書類選考なしで面接に進める求人が多数登録されていることです。学歴や職歴に自信がない方も安心して使えますよ。
若手向けの求人は「紹介される仕事は営業だけ…」ということが多いですよね。
就職Shopは転職大手のリクルートが運営していますので、経理や財務、人事などの事務系職種もたくさん紹介してもらえます。

Sponsored Links

-転職活動のノウハウ

Copyright© 現役の転職エージェントがこっそり教える転職活動の進め方 , 2020 All Rights Reserved.