Sponsored Links

転職の体験談

公務員から転職は後悔する?30代で税理士法人に入社した男性の体験談

※このページは 4 分で読めます。

公務員から転職 後悔

(公務員から転職すると後悔する?国家公務員を4年・地方公務員を4年経験した後に民間企業に転職した30代男性に体験談をお聞きしました)

  • 公務員から一般企業に転職したら後悔する?
  • 給料や福利厚生は公務員と比較してどう?

安定性に魅力を感じて公務員になったものの、仕事がマンネリを感じてしまっている…という方は少なくないでしょう。

公務員から民間企業に転職する人は年々増加している印象があります。

今回は、国家公務員として4年、市役所で4年働いた後に30代で税理士法人に転職した男性に体験談をお聞きしました。

公務員からの転職を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

公務員から転職して後悔してる?30代で税理士法人に入社した私の体験談

体験談をお聞きした方のデータ

  • お名前  :武田透
  • 現在の年齢:34歳
  • 職務経歴 :20代は国家公務員・地方公務員として働き、30代になって民間企業(税理士法人)に転職しました
  • 雇用契約 :正社員
  • 年収   :約400万円
  • 会社の規模:従業員30名(税理士法人としては中規模)

私は大学卒業後に国家公務員として4年間、許認可業務に携わりました。

その後、市役所に転職して4年ほど勤務しました。

市役所時代は施設運営が主な業務でしたが、議会対策や予算編成など幅広い業務に携わりました。

その後30代になった後に税理士事務所(税理士法人)に転職し、現在もそこで働いています。

今の職場は従業員30名程度ですが、税理士業界は個人事業の事務所も多いため、中堅程度の規模です。

社長も40代と比較的若いことから、年齢層は20~40代が大半で、男女比も1:1にほぼ近いです。

公務員時代と転職後の年収や福利厚生の違いは?

公務員からの転職を考える場合、転職後に給料や福利厚生がどのように変化するのか?は一番気になるポイントだと思います。

以下では、トータルで8年間勤めた公務員時代と比べて、現在の給料や福利厚生がどのように変化したか説明します。

年収は一時的にダウン

公務員から他業界に転職する場合、特別なスキルや公務員の経験が直結する業界以外では100%に近い割合で年収は下がると思います。

転職先の企業としても、即戦力というよりは、ポテンシャルを評価しての採用が多いため、新卒の年収プラスα程度に落ち着く場合が多いと思います。

私の場合も、転職前は450万円ほどの年収でしたが、転職後は100万円ほどダウンしました。

公務員時代は残業代を含めると30万円弱手取りでありましたが、現在は22万円程度でしょうか。

ボーナスも手取りで50万円ほどありましたが、現在は半分程度の22万円前後です。

ただし、私は年収ダウンは一時的なものだと思っていますので、後悔はありません。

これについては後で詳しく説明します。

公務員から民間に転職した時に年収を下げないようにするためには

↓転職後に年収が下がることをなるべく避けたい場合は、以下のようなことが必要になると思います。

  • 転職前に資格取得やスキルアップを行う
  • 転職期間に余裕を持ち、条件のいい会社を探す

ただし、税理士事務所で働く人の場合、税理士としての実務経験を積みながら税理士試験に合格し、独立して自分の事務所を持つ人がとても多いです。

だいたい5年〜10年ほど実務経験を積み、独立していく人が多いですね。

次のページへ >




Sponsored Links

-転職の体験談
-

Copyright© 転職と副業のサザンクロス , 2020 All Rights Reserved.