Sponsored Links

転職活動のコツ

営業職のメリットとデメリット。保険・不動産・広告代理店で働いてわかったこと

営業職 メリット デメリット

(営業職のメリットとデメリットを解説)

  • 営業職はメリットも大きい分、デメリットも大きいイメージがある…。
  • 他の職種よりも収入が多いといわれるけど、実際のところは?
  • 営業マンとして年収1000万円を超えることはできる?
  • 自分は営業職に向いている?どういう性格の人が向いてる?

↑これから営業職として働くことを検討している方の中には、こういった不安や疑問をお持ちの方は多いでしょう。

私は営業職として保険会社・不動産会社・広告代理店で働いてきました。

正直に言って、営業職という仕事にはメリットもあればデメリットもあります。

性格的に向いている人と向いていない人がいるのも事実です。

性格的に向いていない人が営業マンになるとはっきりいって悲惨なことになります。

私の同僚や先輩、後輩にもうつ病になってしまって退職を余儀なくされる人がたくさんいました。

以下では、営業という仕事の具体的なメリットとデメリットについて、私の実体験に基づいて解説します。

ぜひ参考にしてみてください。

マイナビエージェント

ホワイト求人探すならここ!

マイナビエージェントは転職大手のマイナビが運営する転職サイトです。
鉄板の大手サイトなので、転職活動が初めての人も使いやすいですよ。
20代未経験で年収400万円〜の求人や、
実務経験者限定の高年収800万円〜、
在宅勤務OKのリモートワーク求人、
将来の幹部候補として入社できる求人など、好条件な求人が多数あります。

営業職のメリット3つ

営業職のメリットは、細かく挙げるとたくさんあります。

(異性との出会いが多いとか、仕事中さぼっててもバレないとか…)

↓そういった情報はよくある口コミサイトなどをみてもらうとして、ここではもっとも重要と思われる3つのメリットを挙げます。

営業職のメリット3つ

  1. 成果を出せば年収1000万円も夢じゃない
  2. 仕事のやり方は自分で自由に決められる部分が多い
  3. 仕事を通して高いコミュニケーションスキルが身につく

結論から言えば、収入をたくさん得たい人や自分のペースで仕事をしたい人は営業職に向いていると言えます。

それぞれのメリットの内容について、順番にみていきましょう。

メリット①:成果を出せば年収1000万円も夢じゃない

営業職の仕事は「目標の達成率に応じてボーナスが決まる」という給与体系になっている企業が多いです。

なので必然的に、他の職種(人事や経理など)と比較して収入が多いです。

特に、金融や不動産、自動車といった業界では売り上げに応じて報酬が発生する会社が多いですね。

私が経験した中では広告代理店なんかも営業職の給料が高いです。

※営業マンの収入が高い業界の特徴についてはこちらで説明しています

これらの業界でトップセールスレベルになると、年収2000万円を超える人もいたりします。

年収1000万円プレーヤーなら、大手企業の30代営業マンなら「さして珍しく無いレベル」です。

役職的には課長職ぐらいで年収1000万円に届く人が多いですね。

中小企業だとこういうレベルの人はあまりいませんから、この辺りは大手の強みと言えます。

年収1000万円を超えるにはどういう企業で働けばいい?

営業職がもうかると言っても、「どの会社・業界で働くか」によって収入にはかなりの差があります。

会社規模で言えば中小企業より大手企業の方が基本的に条件が良いです。

ただし、歩合で給料のほとんどが決まるような会社の場合は、中小企業であっても高い給料を得られることがあります。

「どの業界を選ぶか?」も重要です。ここを間違えると営業職でも安月給の人はたくさんいます。

例えば、金融業界で営業職の仕事をしている人の中には、年収1000万円の人は珍しくありません。

どのような給与体系なら1,000万円になるのでしょうか?

私が実際に経験した、保険会社の営業職の例で確認してみましょう。

保険会社の営業職の給与は一般的に、基本給+報酬という給与体系になっています。

基本給は経験や能力、役職の有無で決まります。

この辺りは他の職種とそんなに変わりません。事務職などと違うのはプラスされる報酬の額です。

プラスアルファの報酬の内容に着目せよ

報酬の額はもらえる期間は、保険の種類や会社の違いによって異なりますが、保険は他の物販と違い毎月、あるいは毎年掛け金が発生するものが多くなります。

そのため、一度契約すると継続して報酬が発生する、という印税的な収入になります。

契約件数分、報酬が積み重なっていくことになりますので、たくさん契約すると年収1000万円というのも夢ではないのです。

営業職の収入が高くなりやすい業界とは?

繰り返しになりますが、営業職の収入はどの業界に属するかによってかなり違います。

収入をたくさん得たいのであれば、転職活動時の業界選びにはこだわらなくてはなりません。

↓具体的には、以下のような特徴がある業界では、営業職の収入は高くなる傾向があります。

営業職の収入が高い業界の特徴

  1. 「かたちのないサービス」を売っている業界
  2. 「1人の顧客に対して継続的な販売」を行う業界
  3. 「商品の単価が高い」業界
  4. 「お金持ちを相手にしている」業界

例えば、金融広告代理店コンサルなどはかたちのないサービスです。

なぜかたちのないサービスの方が営業マンの収入が高いかというと、ものを仕入れて売るより、かたちの無いサービスを売る方が粗利が高いからです。

例えば、コンサルでは何か形のあるものを仕入れて売るわけではありません。

こういう業種では、サービスを生み出すためのコストは人件費だけなのです。

必然的に会社が人件費に回せるお金が多くなりますから、営業職の給料も高くなるというわけです。

不動産自動車(特に高級外車メーカー)の営業職も給料が高いです。これは商品の単価が高く、1人のお客さんが何度も買ってくれて、しかもお金持ち相手の仕事だからです。

実際にどういう業種の営業が給料が高いのかは、転職サイトでいろいろ検索してみると自然とわかってくるかと思います。

>>業界最大手の転職エージェントはこちら

メリット②:仕事のやり方は自分で自由に決められる部分が多い(ただし、成果を出している人に限る)

「自分で仕事のやり方を決めて、自由に動ける」そんな仕事ができるのも営業職の魅力です。

事務職だと一日オフィスにいてパソコンに向かって仕事、というスタイルがほとんどですね。

しかし、営業職の場合は外回りが中心の仕事になりますので、一日オフィスにいるということはあまりありません。

またアポイントや契約などの具体的な営業活動は一営業マンに任されています。

「今日は顧客訪問、明日はオフィスで事務作業」といった活動を、自分で計画することができます。

「売り上げさえあげれば何をしてもいい」は誤解

このように書くと、「売り上げさえ上がっていれば何をしても良い」と思われるかもしれませんが、実はそうではありません。

サラリーマンである以上は会社のルールに従う必要がありますし、経験を積んだら後輩の指導などもやらなくてはならなくなります。

しかし、同僚や友人との約束があるから、その時間までに仕事を終わらせて早く上がる、といったことができるのが営業職の仕事の魅力でもあります。

そういった時間の使い方をするには、いかに計画的に仕事ができているか、ということが重要になってきます。

「計画的に自由な時間を作ることができる」というのは、営業職の大きなメリットと言えるでしょう。

メリット③:仕事を通して高いコミュニケーションスキルが身につく

営業をしていると契約をしてもらえるように促したり、契約をした後もサポートをしたりしなければいけません。

契約に結び付けたり、契約後もきちんとサポートできたりするようになるには、お客様の細かな変化や本当に言いたいことなどに気が付かなければいけません。

そのような仕事を通して営業職の人は自然に人の話を聞いたり、細かな点に気が付いたりする感覚が必要とされています。

そのようなコミュニケーションスキルというのは、事務職や他の職種でも身につけることはできます。

しかし、他の職種では営業職のように他人に物を売りませんし、クレームがあった場合に対応することはあまりありません。

営業職は他の職種より、人の気持ちを察したり、細かな点に目が届いたりするような繊細な能力が必要となってきます。

このような感覚を毎日使って仕事をしている営業職の人は、自然に高いコミュニケーションスキルが身についていると言ってもいいでしょう。

営業職のデメリット3つ

営業職のデメリットについてもみておきましょう。

↓ネックになりやすいこととしては、以下の3つが挙げられます。

営業職のデメリット3つ

  • 仕事の仕方によっては時間が足りない
  • 売り上げがあがらないと給与が少ない
  • 能動的な行動ができないと難しい仕事

デメリット①:仕事の仕方によっては時間が足りない

営業の仕事をしていると「毎日くたくたになるまで外回りをして、体力が持たない」

あるいは「他の職種と違って休みがない」といったイメージがある方もいるかもしれませんね。

そこまではなくても実際に営業職の仕事だと、日によっては帰りが遅くなったり、売り上げがあがらないと休日出勤をしたりすることもあります。

営業職のメリットの一つに「自由に時間が使える」というものがありました。

これは逆にいえば、「仕事の仕方がまずいと時間が足りなくなる」ということでもあります。

計画的にアポイントが入ったり、契約が取れたりすればいいでしょう。

しかし、アポイントや契約は相手の都合もありますので、全てが思い通りにいくわけではありません。

今月の予定が来週や来月になってしまうと、「せっかく見込んでいた契約も月をまたいでしまう」ということになりかねません。

そのような場合は、新しく契約になるような案件を作らなければ、今月の目標が達成できなくなってしまいます。

また、顧客からクレームが入り、長時間クレーム処理に時間を取られたりして、新規の営業活動が止まったりすることがあります。

そんなことが月末近くに起きようものなら、徹夜まではなくても、契約になるような案件が出てくるまで残業することもあります。

場合によっては休日出勤をしないといけなかったりすることもあります。

そのようなことにならないためには、できるだけ余裕を持って計画を立てたり、仕事を先取りしたりしていく行動が重要になってきます。

デメリット②:売り上げがあがらないと給与が少ない

金融業界の営業でも売り上げがあがらないと給与が少ない、ということもありますので注意が必要です。

例えば数ヵ月契約が上がらない時はまさにそうです。

報酬の仕組みによっては契約件数や契約金額に応じて報酬額が上がる会社もあります。

そのような会社では契約してしばらくは報酬額が少なかったりします。その場合は給与が基本給だけということになり、他の職種の人より収入が少ないということもあり得ます。

また、継続して契約ができていたのに、大きな契約がキャンセルになったり、急に大口の取引が終了したりした場合なども収入が減る可能性があります。

給与を減らさないためには、営業活動を計画的にするだけでなく、顧客管理もしっかりして、そのようなことがあっても落ち着いて対応できるようにしておくことが大切です。

デメリット③:能動的な行動ができないと難しい仕事

営業職の仕事は上司からの指示を待っているだけでは、売り上げを上げることはできません。

また、多少落ち込むようなことがあっても、そのたびに業務が止まっていてはやっていけない職種だと言えます。

例えば、何回もお客様と交渉を重ねてきたのに結果的に契約にならない、ということは頻繁にあることです。

その度に落ち込んで仕事が手につかなくなっているようでは、とても収入アップどころではありません。

また、時には大口の契約がクレームになりキャンセル、ということもあります。

大口だとさすがに落ち込みはしますが、ずっと落ち込むことでどうにかなるような仕事ではありません。

営業職はそういったリスクも想定して、状況に関わらず前に進んでいく強い気持ちが必要とされる職種です。

常に能動的な行動ができないと難しい仕事だと言えるでしょう。

【損失がでかすぎ】向いてない仕事で人生を浪費するな

(合わない仕事で人生を浪費するのは損失がでかすぎます)

  • この仕事、自分には向いてないと感じる…。
  • やりがいをまったく感じない。毎日何も楽しくない。
  • 職場の人たちがぜんぜん好きになれない…。

↑こんなふうにモヤモヤしながら働いている方、

きっと多いのではないでしょうか。

そんな方にぜひ知っておいていただきたいことがあります。

それは「自分に合ってない仕事や職場で、人生の貴重な時間を浪費するのは、本当にもったいない」ということです。

20代で年齢的にうちはまだいいかもしれません。

何ごとも経験だから…。

でがまんできる人もいるでしょう。

管理人

でも、これがこの先30年以上ずっと続く…と考えた場合どうでしょうか。

例えば、いま25歳の人なら定年が65歳として、

あと40年(…!)は仕事人生は続きます。

つまり、仕事って人生のほとんどの時間をかけてやっていくものなんですよね。

どうせならやりがいを感じられる仕事の方がいいと思います。

自分に向いていない仕事で、

毎日苦痛を感じながら生きていくなんて、

いったいなんのために生まれてきたんだ…。

って感じても不思議はありません。

(むしろ自然な感情でしょう)

ですが、残念ながらほとんどの人が

「みんながまんしてるんだから…」

で自分も我慢してしまうのが現実です。

>>ならどうしたらいい?自分に向いてる仕事を見つける方法

どんな仕事でも「向いてる/向いてない」が絶対にある

(営業職も事務職も「向き不向き」が必ずあります)

 

これはすべての種類の仕事についていえることですが、

仕事って向いてる/向いてないが絶対にあります。

例えば営業マンの仕事。

ものすごくまじめに頑張ってるけど、

なぜか成果が出ない人っているんですね。

その一方で、毎日テキトーに仕事してても、

キャラや見た目の良さでポンポン成果を出してしまう人っています。

事務職でもこれは共通です。

毎日、一生懸命やってるのになぜか職場で嫌われたり、

足を引っ張られたりする人がいる一方で、

どんなにミスをしてもなぜか許されちゃうみたいな人っていますよね。

>>ならどうしたらいい?自分に向いてる仕事を見つける方法

私も新卒入社した会社で営業配属だったのですが、

ダメダメでした。

本当に嫌で嫌でしょうがなくて、

毎日やめたい…と感じながら働いてましたね。

↑当然ながらこんな働き方で成果なんて出ません。

私がモタモタしているうちに、

楽しみながら仕事をしていた

同期たちにはどんどん差をつけられました。

管理人

同期入社の連中はどんどん成果を出し、

役職付きになって昇給していくのに、

自分だけずっとヒラ社員の安月給…。

まわりからも「あいつは仕事ができない」と見下され、

自分でもそんな自分がどんどん嫌いになっていく…。

↑これめっちゃつらいです。

その後どうしても耐えられなくなって

事務系の仕事に転職をしたのですが、

こちらは自分に合っていたのか、

割とすぐに成果を出すことができました。

営業マン時代は完全に「無能」あつかいされていた自分が信じられないぐらい、

すんなりと仕事内容を覚えられたんですね。

仕事には「向き不向き」があるのを痛感した瞬間でした。

仕事がちゃんとできると、職場内での人間関係もスムーズになります。

一緒に働く人たちも「あいつは役に立つ」と認めてくれますから、

仲間として受け入れてもらえるんですね。

「向いてない仕事でがんばる」のは損失が大きすぎる

(どんな仕事にも向き不向きがあります)

 

「好きこそものの上手なれ」ってことわざがありますが、

仕事に関してはこれほんと真理だと思います。

本当はもっと力を発揮できる仕事があるのに、

たまたま自分に合わない仕事を選んでしまったばっかりに、

苦しい思いをして働いている…。

↑こういう損してる人が多すぎます。

仕事なんて実際に現場に出てみるまでは

向いてる/向いてないなんてわからないので、しかたないんですけどね。

逆に言えば、いまうまくいっていない人にも必ず

「これならやれる」って思える仕事はあります。

管理人

ただし、まったく未経験の仕事に転職するのって、

年齢が高くなるほど難しくなるのにも注意です。

今の仕事が合ってないと感じている人は、少しでも早く対策をとりましょう。

自分に向いてる仕事を見つける方法(ハロワは使うな)

(自分に合った仕事を見つける方法とは?)

 

どうすれば自分に合った仕事を見つけられるのか?ですが、

まずは情報収集から始めましょう。

  • いま現在、世の中にはどんな仕事があるのか?
  • 自分の性格で向いている仕事ってどういうものなのか?
  • どういう仕事をしている人が給料高いのか?
  • どういう業種にニーズが集まっているのか?
  • どういう業界が今後も伸びていくのか?

↑こういったことについての現状把握から始めることがたいせつです。

具体的には無料の転職サイトを使って、

現在募集されている求人をチェックしてみましょう。

(↑無料アカウントのみで、求人検索で年収を見られます)

管理人

なお、求人はハロワとかでも一応は探すことができますが、

正直ブラック求人が多いので避けた方が良いですね。

ハロワって政府が「本当に本当に仕事がなくてどうしようもない状態の失業者」向けに提供しているサービスです。

はっきりいって生活保護と同じレベルの最低限のサービスなので、

最後の手段ぐらいに考えておきましょう。

普通に高校や大学出てて、

普通にネット使える環境の人は転職サイトを使いましょう。

転職サイトは無料サイトなので、お金がかかることはありません。

自分の年齢・職歴に合った転職サイトを使うのが重要(じゃないと門前払いを食らう)

(20代は「20代にあった転職サービス」を使うのが大切)

 

転職サイトを使う場合には、1つだけ注意点があります。

それは、自分の年齢や職歴に合った転職サイトを使うことです。

転職サイトっていろんな種類があって、

↓こんな感じでそれぞれ利用者層が違うんですね。

  • 30代〜40代のベテラン向け求人をメインであつかう転職サイト
  • 20代若手向けの求人だけをあつかう転職サイト
  • 金融業界の求人だけを専門であつかう転職サイト
  • 経理職の求人だけを専門であつかう転職サイト
  • 薬剤師や看護師など特定の資格を持つ人向けの転職サイト

例えば、20代若手の人が30代〜40代のベテラン向けの転職サイトとか使っても、

まず応募できる求人なんて出てこないです。

自分に合っていない転職サービスで仕事を探してしまうと、

マッチする求人件数0件…みたいな状態になってしまうので注意してください。

(いわゆる「門前払い」です。これってまじで絶望的な気分になります)

20代若手層の人は、

20代若手向け・未経験者OK求人がメインの転職支援サービス

↓を使いましょう。

管理人

(マイナビエージェントは20代の若手向け求人が充実している無料転職サイトです)

\ 未経験OK!20代向け求人多数あり/

無料登録のページを見る

無料アカウント登録で求人検索機能を使えます。

(年収や残業時間などのくわしい情報を指定して検索できます)

転職支援サービスは、

自分の状況に合ったところを使う。

(20代は20代向け、未経験者は未経験むけのところ)

↑これは転職活動のコツというか鉄則です。

ネット使い慣れている人でも、

意外に見落としがちなポイントなので注意してください。

自分にマッチする求人は「探す場所」さえまちがえなければ、

誰でもちゃんと見つけることができますよ。

転職サービスは誰でも無料で使えます。

まだ転職するかどうかはっきり決めていない人も、

とりあえず無料アカウントは作っておきましょう。

管理人

無料アカウントを作っておくと、

自分にマッチする求人が出た時に最速で通知してもらえたり、

「こんな職種もありかも?」的な情報メールが定期的に受け取れます。

自分ではまず思いつかないような

意外な仕事の選択肢を知れたりしますよ。

未経験の職種に挑戦する場合、

はば広い選択肢の中から仕事を選ぶのが大切ですからね。

 

世の中で不況で「若い人は仕事なんてどこにもない…」とかとんでもないウソです

(探す場所さえ間違えなければ、仕事なんてたくさん見つかります)

世の中で不況とか言ってても、

実際には転職サイト内でものすごくたくさんの仕事が出回ってます。

こんなにたくさんの選択肢があるのか…!

とびっくりすると思いますよ。

日本の若年失業率はたったの3.7%です(世界平均は13.6%)

仕事は探す場所さえまちがえなければ山ほどあるんです。

あと、学生時代の就活ってある程度は選択肢がしぼられてましたよね。

(ある程度の大手企業に行こうと思ったら営業マンしかない…など)

でも、いったん社会人になった後の転職活動って、

選択肢がものすごく多いんです。

人事やマーケティングといった人気職種も、

未経験OKの求人がたくさんありますし、

最初から「将来の幹部候補」などのかたちで募集されている求人も多いですよ。

いざというときの選択肢を確保しておくのが重要

(いざとなったときの選択肢を準備しておくのが大切です)

転職支援サイトで無料アカウントを作ったら、

自分の年齢や職歴・希望年収などを入力しておきましょう。

条件にマッチする求人を定期的にメールで配信してもらうことができます。

自力で探していたらまず気づけなかった選択肢にも気づけますよ。

↑日常的に送られてくる求人メールをチェックしておいて、

気になったものを情報としてストックしておくのがコツです。

これやっておくと、

「今の仕事がどうしても辛くなったら転職もある」

という選択肢を持てるのが大きいです。

疲労とストレスで倒れる前に転職という対策を打てます。

今すぐは転職できない人も、

転職サイトへの無料登録はやっておいた方が良いです。

仕事のストレスや疲労が限界まで来ると、

無料登録すらやる気力がなくなります。

管理人

転職サイトは誰でも無料で使うことができます。

↓20代若手層の人がマッチする求人を見つけやすい転職サイトはこちらです。

(マイナビエージェントは20代の若手向け求人が充実している無料転職サイトです)

\ 未経験OK!20代向け求人多数あり/

無料登録のページを見てみる




Sponsored Links

-転職活動のコツ

Copyright© 転職と副業のサザンクロス , 2023 All Rights Reserved.