Sponsored Links

転職活動のノウハウ

営業職で「楽な業界」は?おすすめ5つと求人票の見分け方

営業職 楽な業界

(営業職で「楽な業界」は?おすすめ業界を5つ紹介します)

  • 年収の高い営業職になりたいけど、ノルマがきつい営業はやりたくない…。
  • ルート営業より新規開拓の営業のほうがやっぱりきつい?
  • 営業でも楽な業界の特徴って?
  • 求人票をみるとに楽な営業職を見分けるポイントは?

営業職というと、「給料は高いけど仕事はきつい」というイメージがある人が多いでしょう。

しかし、ひと口に営業職とはいっても、実際の仕事内容はいろいろです。

特に、営業という仕事は業界ごとに働き方がかなり違うのが特徴です。

中には営業職でも仕事が楽な業界もあるのです。

以下では、営業職でも仕事が楽な業界の見分け方や具体例をお教えしますので、ぜひ参考にしてみてください。

Sponsored Links

営業職でも楽な業界の具体例(おすすめ5つ)

営業職でも楽な業界の具体例5つ

  1. 食品メーカー
  2. 電力会社営業
  3. ガス会社営業
  4. 科学系素材メ−カー
  5. 自動車メーカー

上の5つの業界の特徴は、「自分の会社の商品販売を、別の会社に委託していること」です。

つまり、商品のメインターゲットへの営業は、子会社や販売代理店などに委託しているビジネスモデルなのです。

例えば、食品メーカーであれば、スーパーやコンビニチェーンなどに商品を売らなくてはなりません。

しかし、その実際の営業を行うのは食品系の商社なのです。

なので、「食品メーカーに所属する営業職」になれば、基本的には顔なじみの商社側の営業職とのやりとりのみが基本になります。

自動車メーカーも基本的に食品メーカーと仕組みは同じです。

自動車メーカーも自社で作った自動車を売らないといけませんが、実際に顧客と接点を持つのはディーラー(販売代理店)です。

自動車メーカーの営業マンは、自身が担当している販売代理店の売上管理だったり、販売戦略立案などの業務が中心となります。

営業職というと、「新規顧客を獲得するために悪戦苦闘する…」というイメージをお持ちかもしれませんが、そういった営業活動が少ない(必要ない)業種もあるのです。

営業職でもノルマに追われない楽な業界を探しているなら、上の5つの業界を狙ってみてください。

営業職で楽な業界はどこ?避けるべき求人の見分け方

上記の「営業職が楽な業界」に該当する場合にも、

実際に入社する会社によっては「きつい営業」となってしまう可能性もあるので注意してください。

例えば、上で「楽な業界」の1つとして挙げた食品メーカーであっても、ヒット商品などがない食品メーカーは自社営業マンに新規開拓をさせているケースがあります。

また、優れた技術を持っていない科学系素材メーカーの営業になった場合、骨の折れる辛い営業が待っているかもしれません。

「きつい営業」は求人票を見るとある程度わかる

一般的なイメージとしては「楽な業界の営業職」であったとしても、実際に会社に入ってみたらまったくそんなことはなかった…。なんて事態は絶対に避けたいですよね。

そんな方は、ぜひ実際に転職サイトに登録されている「求人票」の内容が、後で見る「きつい営業の特徴」に当てはまっていないかチェックするようにしてください。

きつい営業の会社の求人票にはいくつか特徴があります。

それをあらかじめ知っておくだけで、ずいぶん違いますよ。

以下では、「きつい営業」の会社に入社してしまわないようにするために、求人票の見分け方を紹介します。

年間休日が「年間〜日」というように数字で記載されている

例えば、「土日祝休み」という条件になっている求人票があったとします。

この会社では年間休日は124日程度となりますので、かなり楽な業界と言えます。

一方で、年間休日が「105日」のように数字で記載がある場合もあります。

この場合、お盆や年末年始のような世間が休みとなる時期に仕事しなければならない可能性があります。

「営業手当」に注意!

営業手当という名目で予め一定の残業時間を手当として支給する会社は実態として、日常的に残業が発生することを予想することが可能です。

更に、不動産・証券会社などでは、固定給与に対しても、業績連動給を設定している事があります。

こうした会社では、自分に課せられた売上のノルマをクリアすれば、給料が高い常態で維持されます。

一方で、ノルマがクリア出来ないと、業績連動給が削られてしまい、給与が極端に少なくなってしまう仕組みになっているのです。

その結果、日々のノルマに追われる事になり、営業が辛くなってしまいます。

「未経験者可」は楽?

「未経験者可」「未経験者が活躍できる職場です」などの記載があると、なんとなく「楽な業界なのかな?」と思ってしまいますよね。

しかし、実はこれは要注意です。「未経験者可」の記載がある求人は、辛い営業の黄色信号といってもいいでしょう。

その理由としては、未経験者可で求人を出している会社というのは、言い換えれば「未経験でもOKという条件にしないと、人が集まって来ない会社」だからです。

未経験者可にしている会社というのは、人が入ってきてもすぐにやめていくために常に人を集めていないといけないか、求人の応募対象者を広げないと応募が来ない会社である可能性があります。

「ルート営業」は楽?

「ルート営業」は担当顧客がすでにあるという点では、飛び込み営業と比較すると楽な業種といえます。

ただし、「ルート営業=楽な営業」とはいえるかというと、決してそうではありません。

ルート営業でも担当する顧客があまりに多い場合もあるからです。

また、営業が顧客のクレーム対応をする会社もあります。こういった会社ではクレームの激しい顧客の担当になると地獄です。

顧客のコントロールが出来ないと、残業が長くなるリスクもあります。

「残業が少ない」は楽?

「残業が少ない」会社の営業は、一般的に楽であることが多いです。

ただし、「残業扱いにならない業務」がたくさんある会社でないか?は事前に調べておく必要があります。

例えば、顧客との間のゴルフコンペなどがあったとしても、それを「プライベートの交友関係」とみなされてしまい、会社が出勤として認めていないケースもあります。

お客さんとの関係を心底楽しめるタイプの人ならいいですが、通常は仕事とプライベートがごちゃごちゃになることは非常に辛いです。

今すぐは転職する気もない」という方も、以下の2つはできるだけ早いタイミングでやっておきましょう(いずれも無料です)

  1. WEB適職診断
    心理テストに順番に答えていくだけで、あなたの「強み」といえる5つの適性を知ることができます。テスト後にはあなたの適性にあった求人をニュースメールの形で届けてくれます。
  2. 年収査定アプリ
    こちらは「あなたが本来なら稼げているはずの年収」を知るのに使えます。200万人以上の年収データから、あなたの適正年収を算出します。

転職活動は「精神的に元気なうちに始めておくこと」が鉄則です。

なぜなら、ストレスがたまりすぎると人間はどんどん環境を変えるための行動がとりにくくなるからです。

気になる求人情報をストックしておくだけでも、過労で倒れる前に次の手を打つことができるようになりますよ。

経団連の会長が「終身雇用はもう無理」と堂々と宣言してしまう時代です。

ひとつの職場に人生のすべてをかけるのは、はっきり言って危険すぎます。

選択肢を常にたくさん持っておくことが、これからの時代は必須になるのは間違いありません。

\ あなたの強みを診断!/

適職診断スタート

※無料です

「営業職が楽な業界」に転職するもっとも簡単な方法

営業職でも楽な業界に入ることを目指している方におすすめなのが、

転職エージェントを使って転職活動を行うことです。

転職活動を行うときにもっとも大変なのが、「応募する求人候補のしぼりこみ」です。

転職サイトには数十万件の求人が登録されていますから、たくさんの選択肢がある一方で、「どれを選んで良いのかわからない」という状況になりがちです。

このような場合に、転職エージェントにあなたの希望条件を細かく伝えておけば、エージェントはプロの目で「あなたに合った求人はこの3つです」というように、求人候補をしぼりこんでくれるのです。

「営業職で、仕事が楽な業界の求人で探してください」と伝えればOK

「営業職として働きたいけど、比較的仕事が楽な業界に入りたい」と考えているなら、そのニーズを素直にエージェントに伝えてしまえば問題ありません。

エージェントは自社が独自で持っている非公開求人の中からも求人をピックアップしてくれますので、きっとあなたの希望条件に合う求人を見つけてくれます。

なお、転職エージェントは完全無料で使うことができます。エージェント会社にお金を払うのは採用活動を行う企業側だけだからです。

エージェントは転職サイトに無料登録することで担当についてもらえますよ。

(転職サイトに登録すると、エージェント側からメールで連絡が入ります)

「求人応募する前」に企業カルチャーや職場環境を知る方法

(ベストマッチの企業に出会うには…?)

なんとなくこういう仕事をしたい」というイメージがあっても、実際に応募する求人を選ぶとなると、

何を基準に選べばいいかわからない…」となってしまう人は多いのではないでしょうか。

転職に成功するためには、求人選びでミスマッチが生じないようにすることがもっとも大切です。

  • 求人票の年収条件がよくても、実は残業時間が多いだけのブラック企業だった…。
  • 人事として採用されたのに、実際には「営業を5年間経験してから人事に配属」というルールになっていた。
  • なんとなく良さそうな企業だと思ったのに、実際に入社してみると超体育会系の職場でついていけない…。

↑自力で情報収集するだけでは、こういった事態がどうしても起きがちですので、注意してください。

転職エージェントを活用しよう

(ミスマッチを避けるには、転職エージェントを活用しましょう)

ミスマッチを避けるためには、転職エージェントを活用するのがおすすめです。

転職エージェントは企業側の採用担当者と直接やりとりしていますので、

企業のカルチャーや職場環境、採用後の待遇について応募前に教えてもらうことができますよ。

↓また、「採用側が求めている人物像」や、「重要視している経験」など、

求人票には掲載されていない隠れた採用ニーズについてもエージェントは教えてくれます。

  • この企業は、こういう能力を重要視しているので、志望動機にはこの文言をいれましょう。
  • この採用担当者はこういう好みがあります。なので、面接でこの質問が来たら、こう答えると良いです。

といったように、転職エージェントはあなたの採用確率を高めるために具体的なアドバイスをしてくれますよ。

転職エージェントは完全無料で使うことができます(エージェントにお金を払っているのは採用活動を行っている企業側です)

最短で好条件の転職を成功させたい方は、以下で紹介するような転職エージェントを活用するようにしましょう。

※なお、リクナビNEXTのオファーメールを使えば、企業側からのオファーを待つかたちで転職活動をすることも可能です。

↑「まだ転職するかどうかはっきりとは決めていない」という方はこちらも活用してみてください。

おすすめの転職エージェント(無料)

リクルートエージェント

(リクルートエージェントは業界最大手の転職エージェントです)

パソナキャリア

(パソナキャリアには、誰もが名前を聞いたことがある超大手企業が多く求人登録しています)

マイナビエージェント

(マイナビエージェントは、20代の方の転職支援に定評があります)

就職Shop

(就職Shopは、第二新卒やフリーターの支援を専門にしているエージェント会社です)

 

Sponsored Links

-転職活動のノウハウ

Copyright© 現役の転職エージェントがこっそり教える転職活動の進め方 , 2020 All Rights Reserved.