転職活動のノウハウ

営業職で「楽な業界」は?おすすめ5つと求人票の見分け方

営業職 楽な業界

(営業職で「楽な業界」は?おすすめ業界を5つ紹介します)

  • 年収の高い営業職になりたいけど、ノルマがきつい営業はやりたくない…。
  • ルート営業より新規開拓の営業のほうがやっぱりきつい?
  • 営業でも楽な業界の特徴って?
  • 求人票をみるとに楽な営業職を見分けるポイントは?

営業職というと、「給料は高いけど仕事はきつい」というイメージがある人が多いでしょう。

しかし、ひと口に営業職とはいっても、実際の仕事内容はいろいろです。

特に、営業という仕事は業界ごとに働き方がかなり違うのが特徴です。

中には営業職でも仕事が楽な業界もあるのです。

以下では、営業職でも仕事が楽な業界の見分け方や具体例をお教えしますので、ぜひ参考にしてみてください。

営業職でも楽な業界の具体例(おすすめ5つ)

営業職でも楽な業界の具体例5つ

  1. 食品メーカー
  2. 電力会社営業
  3. ガス会社営業
  4. 科学系素材メ−カー
  5. 自動車メーカー

上の5つの業界の特徴は、「自分の会社の商品販売を、別の会社に委託していること」です。

つまり、商品のメインターゲットへの営業は、子会社や販売代理店などに委託しているビジネスモデルなのです。

例えば、食品メーカーであれば、スーパーやコンビニチェーンなどに商品を売らなくてはなりません。

しかし、その実際の営業を行うのは食品系の商社なのです。

なので、「食品メーカーに所属する営業職」になれば、基本的には顔なじみの商社側の営業職とのやりとりのみが基本になります。

自動車メーカーも基本的に食品メーカーと仕組みは同じです。

自動車メーカーも自社で作った自動車を売らないといけませんが、実際に顧客と接点を持つのはディーラー(販売代理店)です。

Sponsored Links

自動車メーカーの営業マンは、自身が担当している販売代理店の売上管理だったり、販売戦略立案などの業務が中心となります。

営業職というと、「新規顧客を獲得するために悪戦苦闘する…」というイメージをお持ちかもしれませんが、そういった営業活動が少ない(必要ない)業種もあるのです。

営業職でもノルマに追われない楽な業界を探しているなら、上の5つの業界を狙ってみてください。

営業職で楽な業界はどこ?避けるべき求人の見分け方

上記の「営業職が楽な業界」に該当する場合にも、

実際に入社する会社によっては「きつい営業」となってしまう可能性もあるので注意してください。

例えば、上で「楽な業界」の1つとして挙げた食品メーカーであっても、ヒット商品などがない食品メーカーは自社営業マンに新規開拓をさせているケースがあります。

また、優れた技術を持っていない科学系素材メーカーの営業になった場合、骨の折れる辛い営業が待っているかもしれません。

「きつい営業」は求人票を見るとある程度わかる

一般的なイメージとしては「楽な業界の営業職」であったとしても、実際に会社に入ってみたらまったくそんなことはなかった…。なんて事態は絶対に避けたいですよね。

そんな方は、ぜひ実際に転職サイトに登録されている「求人票」の内容が、後で見る「きつい営業の特徴」に当てはまっていないかチェックするようにしてください。

きつい営業の会社の求人票にはいくつか特徴があります。

それをあらかじめ知っておくだけで、ずいぶん違いますよ。

以下では、「きつい営業」の会社に入社してしまわないようにするために、求人票の見分け方を紹介します。

年間休日が「年間〜日」というように数字で記載されている

例えば、「土日祝休み」という条件になっている求人票があったとします。

この会社では年間休日は124日程度となりますので、かなり楽な業界と言えます。

Sponsored Links

一方で、年間休日が「105日」のように数字で記載がある場合もあります。

この場合、お盆や年末年始のような世間が休みとなる時期に仕事しなければならない可能性があります。

「営業手当」に注意!

営業手当という名目で予め一定の残業時間を手当として支給する会社は実態として、日常的に残業が発生することを予想することが可能です。

更に、不動産・証券会社などでは、固定給与に対しても、業績連動給を設定している事があります。

こうした会社では、自分に課せられた売上のノルマをクリアすれば、給料が高い常態で維持されます。

一方で、ノルマがクリア出来ないと、業績連動給が削られてしまい、給与が極端に少なくなってしまう仕組みになっているのです。

その結果、日々のノルマに追われる事になり、営業が辛くなってしまいます。

「未経験者可」は楽?

「未経験者可」「未経験者が活躍できる職場です」などの記載があると、なんとなく「楽な業界なのかな?」と思ってしまいますよね。

しかし、実はこれは要注意です。「未経験者可」の記載がある求人は、辛い営業の黄色信号といってもいいでしょう。

その理由としては、未経験者可で求人を出している会社というのは、言い換えれば「未経験でもOKという条件にしないと、人が集まって来ない会社」だからです。

未経験者可にしている会社というのは、人が入ってきてもすぐにやめていくために常に人を集めていないといけないか、求人の応募対象者を広げないと応募が来ない会社である可能性があります。

「ルート営業」は楽?

「ルート営業」は担当顧客がすでにあるという点では、飛び込み営業と比較すると楽な業種といえます。

ただし、「ルート営業=楽な営業」とはいえるかというと、決してそうではありません。

ルート営業でも担当する顧客があまりに多い場合もあるからです。

また、営業が顧客のクレーム対応をする会社もあります。こういった会社ではクレームの激しい顧客の担当になると地獄です。

顧客のコントロールが出来ないと、残業が長くなるリスクもあります。

「残業が少ない」は楽?

「残業が少ない」会社の営業は、一般的に楽であることが多いです。

ただし、「残業扱いにならない業務」がたくさんある会社でないか?は事前に調べておく必要があります。

例えば、顧客との間のゴルフコンペなどがあったとしても、それを「プライベートの交友関係」とみなされてしまい、会社が出勤として認めていないケースもあります。

お客さんとの関係を心底楽しめるタイプの人ならいいですが、通常は仕事とプライベートがごちゃごちゃになることは非常に辛いです。

「営業職が楽な業界」に転職するもっとも簡単な方法

営業職でも楽な業界に入ることを目指している方におすすめなのが、

転職エージェントを使って転職活動を行うことです。

転職活動を行うときにもっとも大変なのが、「応募する求人候補のしぼりこみ」です。

転職サイトには数十万件の求人が登録されていますから、たくさんの選択肢がある一方で、「どれを選んで良いのかわからない」という状況になりがちです。

このような場合に、転職エージェントにあなたの希望条件を細かく伝えておけば、エージェントはプロの目で「あなたに合った求人はこの3つです」というように、求人候補をしぼりこんでくれるのです。

「営業職で、仕事が楽な業界の求人で探してください」と伝えればOK

「営業職として働きたいけど、比較的仕事が楽な業界に入りたい」と考えているなら、

そのニーズを素直にエージェントに伝えてしまえば問題ありません。

エージェントは自社が独自で持っている非公開求人の中からも求人をピックアップしてくれますので、

きっとあなたの希望条件に合う求人を見つけてくれます。

仕事や人間関係がしんどいブラック企業で働きたくない人へ

(ブラック企業でつらい働き方をしたくない人へ)

 

いま働いている人もこれから働く人も、ブラック企業で働きたくないなら、

情報リサーチはしっかり行うようにしてください。

具体的には、

  • いま世の中にはどういう仕事があるのか?
  • どういう仕事が年収が高いのか?
  • 今の自分にはどういう選択肢があるのか?

について、常に情報アンテナを張っておくことが大切です。

↓情報リサーチには以下のような転職サイトを使うと便利です。

無料で使えるサイトなので、活用してみてください。

管理人

リクルートエージェント

リクルートエージェント

最大手の転職サイト!25万件以上の求人あり

リクルートエージェントは業界最大手の転職エージェント会社で、25万件以上もの求人が登録されています。
未経験者OKの大手企業の求人から、
実務経験者だけが応募できる高年収な求人まで、たくさんの求人があります。
きっとあなたの希望にあった会社を見つけることができますよ。

↑転職サイトで無料アカウントを作って、

年収や職種などの希望条件を入力しておくと、マッチする最新求人が出るたびにメールで通知してもらえます。

(企業側からのオファーメール例)

↑こんな感じで企業側から

オファーメールが来たりもします。

管理人

普段からこういう転職サイトの情報を見る習慣をつけておくと、

「今の仕事がもしどうしても嫌になったら、別の仕事もある」という選択肢を持つことができます。

こういういい意味での「逃げ道」を作っておくと精神的安定につながります。

(会社の上司や先輩からどやされても「なんかせまい世界でえらそうにしてるなー」ぐらいに流せるようになりますよ)

いま失業中の人も、自分で探していたらまず気づけなかったような

意外な仕事の紹介が来たりするので、自分の可能性に気づけますよ。

まずは無料アカウントを作って、いろいろ求人検索してみましょう。

世の中には本当にいろんな仕事があるんだな…って驚かれると思いますよ。

転職の方向性が見えてきたらエージェントとの面談も使ってみよう

(転職意思が固まってきたらエージェントとの面談も検討しましょう)

 

転職サイトで日常的に情報リサーチして、ある程度転職活動の方向性が見えてきたら、

転職エージェントと無料面談してアドバイスを受けてみるのもおすすめです(無料で使えます)

転職エージェントは、実際に企業をまわって情報を集めていますので、

↓以下のように転職サイトを見ているだけではなかなかわからない情報を教えてくれます。

  • 企業の社風や職場の実際の雰囲気
  • 配属される予定の部署の男女比率や年齢構成
  • 残業時間の具体的な数字(月ごと・日ごとの時間数)
  • 過去3年間のボーナス支給額の実績値など

↑こういう情報を求人に応募する前に教えてもらえるのが大きいです。

転職サイトで見ていたら良さそうだったので面接を受けてみたけど、

実際に会社を訪問してみたらなんかちがった…ってよくありますが、

こういう時間のロスを省くことができるようになりますよ。

転職エージェントは無料で相談できますので、

ぜひ活用しましょう。

管理人

もっとも、いきなり転職エージェントと面談するのはハードルが高い…と感じる人も多いでしょう。

なので、まずは転職サイトで無料アカウントを作っておき、

いろんな求人を見てみることから始めるのがいいと思います。

なにごともまずはしっかり情報収集することから始めるのが大切です。

企業との年収交渉を自分でやってはいけない理由

(年収交渉は自分でやるよりエージェントに代行してもらう方がうまくいきます)

 

他にも、転職エージェントは企業側とあなたの間に入って、あなたが採用されやすくなるようにいろいろ調整してくれます。

(面接アポイントの調整や応募書類の添削・面接対策など)

年収交渉なんかも代わりにやってくれますので、

ちょっとでも良い条件で入社したい人はエージェントを活用しましょう。

こういうのって自分で交渉するのはとても難しいですからね。

さらにいうと、入社時にあんまり熱心に年収交渉を自力でやってしまうと、

金にがめつい人というイメージを持たれてしまう可能性もあります。

転職先の社風にもよりますが、これは基本的にマイナス評価にしかなりませんので避けておくのが無難ですね。

転職エージェントが完全無料で使える理由

なお、転職エージェントはすべて無料で使えます。

転職エージェントって企業側が支払う紹介手数料で運営されていますので、私たち求職者側は無料で使うことができるんです。

1円でもお金を請求されることはありませんので、

安心して使うことができますよ。

管理人

↓まずは無料アカウントを作って求人検索から始めてみてください。

(リクルートエージェントは最大手の転職エージェント会社です)

\ 高年収の求人多数あり!/

無料登録して求人を見てみる

※ メールアドレスがない人はこちら(GoogleのgmailYahooメール)から無料で作れます。




Sponsored Links

-転職活動のノウハウ

Copyright© 転職と副業のサザンクロス , 2021 All Rights Reserved.