Sponsored Links

転職活動のノウハウ

営業職で「楽な業界」は?おすすめ5つと求人票の見分け方

※このページは 2 分で読めます。

営業職 楽な業界

(営業職で「楽な業界」は?おすすめ業界を5つ紹介します)

  • 年収の高い営業職になりたいけど、ノルマがきつい営業はやりたくない…。
  • ルート営業より新規開拓の営業のほうがやっぱりきつい?
  • 営業でも楽な業界の特徴って?
  • 求人票をみるとに楽な営業職を見分けるポイントは?

営業職というと、「給料は高いけど仕事はきつい」というイメージがある人が多いでしょう。

しかし、ひと口に営業職とはいっても、実際の仕事内容はいろいろです。

特に、営業という仕事は業界ごとに働き方がかなり違うのが特徴です。

中には営業職でも仕事が楽な業界もあるのです。

以下では、営業職でも仕事が楽な業界の見分け方や具体例をお教えしますので、ぜひ参考にしてみてください。

営業職でも楽な業界の具体例(おすすめ5つ)

営業職でも楽な業界の具体例5つ

  1. 食品メーカー
  2. 電力会社営業
  3. ガス会社営業
  4. 科学系素材メ−カー
  5. 自動車メーカー

上の5つの業界の特徴は、「自分の会社の商品販売を、別の会社に委託していること」です。

つまり、商品のメインターゲットへの営業は、子会社や販売代理店などに委託しているビジネスモデルなのです。

例えば、食品メーカーであれば、スーパーやコンビニチェーンなどに商品を売らなくてはなりません。

しかし、その実際の営業を行うのは食品系の商社なのです。

なので、「食品メーカーに所属する営業職」になれば、基本的には顔なじみの商社側の営業職とのやりとりのみが基本になります。

自動車メーカーも基本的に食品メーカーと仕組みは同じです。

自動車メーカーも自社で作った自動車を売らないといけませんが、実際に顧客と接点を持つのはディーラー(販売代理店)です。

次のページへ >




Sponsored Links

-転職活動のノウハウ

Copyright© 転職と副業のサザンクロス , 2020 All Rights Reserved.