Sponsored Links

転職活動のノウハウ

営業でインセンティブなしはきつい?歩合なしのメリットとデメリット

※このページは 5 分で読めます。

営業 インセンティブなし

(営業でインセンティブなしはきつい?メリットとデメリット)

営業職の求人募集で「月給+インセンティブ」というような表記を見かけたことはないでしょうか。

インセンティブとは、簡単にいうと手当(ボーナス)のことです。

自分の営業成績によってボーナスの金額が決まる制度のことをいいます。

営業マンというと「成果をあげたらそれだけボーナスがもらえる」というイメージがありますよね。

しかし、実際にはインセンティブなしで働いてる営業マンもたくさんいます。

普通に考えると頑張ったら頑張った分だけ給料アップするインセンティブありの方が良いような気がします。

しかし、それがそうとばかりはいい切れないのです。

以下では、営業職でインセンティブなしで働くメリットとデメリットについて解説いたします。

転職活動中の方はぜひ参考にしてみてください。

インセンティブなし営業のメリット・デメリット

インセンティブなし営業のメリットとしては、「売り上げ以外の点も評価基準にしてもらえる」という点が挙げられます。

なので、まじめに毎日の業務をこなし、担当のお客さんとの信頼関係維持が目標となるような働き方をしたい人は、インセンティブなし営業に向いているでしょう。

営業マンというとガツガツしているイメージがあるかもしれませんが、こんなふうに落ち着いた環境で働きたいと考えている営業マン志望者は意外に多いのです。

ルート営業はインセンティブなしとなっていることが多い

いわゆる「ルート営業」の募集では、インセンティブなしの求人となっていることが多いです。

ルート営業の営業マンは、自分が担当するお客様が決まっています。

新規開拓は基本的にする必要がなく、決まったお客さんとの信頼関係の維持がミッションになります。

ルート営業のデメリット

このように、決まったお客さんを相手に比較的落ち着いて働けるのがルート営業の良いところなのですが、デメリットもあります。

それは、実際に受け持つエリアやお客様によって達成できる売り上げや忙しさが違うという点です。

例えば、同じ会社の営業マンでも、たくさん発注をしてくれるお客さんを持っている人はどんどん成績をあげられるけれど、担当するお客さんが難しいと成績をあげられない…という状況が生じることがあります。

なので、ルート営業は会社側からしても「この営業マンは優秀なのかそうでないのかわからない」といように評価が難しい職種になりがちです。

営業マン側としても、インセンティブなしとなると、やはりモチベーションを維持するのが難しいという状態になるケースが多いです。

ルート営業は「売り上げ以外の指標」でも評価してもらえる

そこで、ルート営業の場合には、成績を評価する基準として、「売り上げ以外の指標」を導入していることが多いです。

単純に売り上げだけを見るのではなく、前年同月比や予算の達成率、業務効率の良さなどから総合的に判断して仕事が割り振られる仕組みとなっているケースが多いのです。

これによって、インセンティブなしのルート営業でも、担当するエリアやお客様の大小に関わらずモチベーションを高められるような仕組みになっています。

インセンティブなし営業は落ち着いた環境で働ける

インセンティブが設定されている営業の職場は、営業マンどうしの競争意識が激しく、それゆえに人間関係がぎすぎすしてしまっているケースが多いです。

営業マン自身の生活についても、不安定になってしまうことも少なくありません。

「先月はたくさん売り上げたので給料も多かったけど、今月は成績が悪かったので一気に給料が減った…」

といったように、毎月受け取るお給料の金額が激しく上下する環境では、落ち着いて生活の計画を立てることも難しくなってしまいます。

独身の方ならまだしも、家族を養っている方にはこれはかなり大きな問題と言えます。

「営業がやりたい!でも収入の不安定さが気になる…。」という方は、インセンティブなしの営業を選択肢に入れてみてください。

>>インセンティブなし営業の年収を見てみる

あなたはインセンティブあり向き?それともインセンティブなし向き?

自分にはどんな働き方が向いているのかよくわからない…」という方もいらっしゃるでしょう。

営業という職種につくことは決めていても、インセンティブありとインセンティブなしのどちらを選ぶべきか迷っている方もいらっしゃるでしょう。

入社の後になってから「自分にはやっぱりインセンティブあり営業は向いていないのかも…」となると悲惨ですから、

できれば転職活動を始める前に自分の適性を見極めておきたいところですね。

↓自分の職業適性をくわしく知りたい方は、リクナビネクストの「WEB適職診断」を利用してみるのもおすすめです。

>>リクナビNEXTのWEB適職診断はこちら(無料)

「人とじっくりつきあう親密性重視」「一度決めたらとことんつきつめる継続力タイプ」など、18種類のタイプからあなたの働き方タイプを知ることができます。

↓WEB完結で無料で利用できますので、自己分析に活用してみてください。

同じ会社でも職種によって給与体系が異なることもある

また、1つ会社内でも「インセンティブありの営業」と「インセンティブなしの営業」の両方の職種があるケースもあります。

次のページへ >




Sponsored Links

-転職活動のノウハウ

Copyright© 転職と副業のサザンクロス , 2020 All Rights Reserved.