転職活動のノウハウ

営業でインセンティブなしはきつい?歩合なしのメリットとデメリット

営業 インセンティブなし

(営業でインセンティブなしはきつい?メリットとデメリット)

営業職の求人募集で「月給+インセンティブ」というような表記を見かけたことはないでしょうか。

インセンティブとは、簡単にいうと手当(ボーナス)のことです。

自分の営業成績によってボーナスの金額が決まる制度のことをいいます。

営業マンというと「成果をあげたらそれだけボーナスがもらえる」というイメージがありますよね。

しかし、実際にはインセンティブなしで働いてる営業マンもたくさんいます。

普通に考えると頑張ったら頑張った分だけ給料アップするインセンティブありの方が良いような気がします。

しかし、それがそうとばかりはいい切れないのです。

以下では、営業職でインセンティブなしで働くメリットとデメリットについて解説いたします。

転職活動中の方はぜひ参考にしてみてください。

インセンティブなし営業のメリット・デメリット

インセンティブなし営業のメリットとしては、「売り上げ以外の点も評価基準にしてもらえる」という点が挙げられます。

なので、まじめに毎日の業務をこなし、担当のお客さんとの信頼関係維持が目標となるような働き方をしたい人は、インセンティブなし営業に向いているでしょう。

営業マンというとガツガツしているイメージがあるかもしれませんが、こんなふうに落ち着いた環境で働きたいと考えている営業マン志望者は意外に多いのです。

ルート営業はインセンティブなしとなっていることが多い

いわゆる「ルート営業」の募集では、インセンティブなしの求人となっていることが多いです。

Sponsored Links

ルート営業の営業マンは、自分が担当するお客様が決まっています。

新規開拓は基本的にする必要がなく、決まったお客さんとの信頼関係の維持がミッションになります。

ルート営業のデメリット

このように、決まったお客さんを相手に比較的落ち着いて働けるのがルート営業の良いところなのですが、デメリットもあります。

それは、実際に受け持つエリアやお客様によって達成できる売り上げや忙しさが違うという点です。

例えば、同じ会社の営業マンでも、たくさん発注をしてくれるお客さんを持っている人はどんどん成績をあげられるけれど、担当するお客さんが難しいと成績をあげられない…という状況が生じることがあります。

なので、ルート営業は会社側からしても「この営業マンは優秀なのかそうでないのかわからない」といように評価が難しい職種になりがちです。

営業マン側としても、インセンティブなしとなると、やはりモチベーションを維持するのが難しいという状態になるケースが多いです。

ルート営業は「売り上げ以外の指標」でも評価してもらえる

そこで、ルート営業の場合には、成績を評価する基準として、「売り上げ以外の指標」を導入していることが多いです。

単純に売り上げだけを見るのではなく、前年同月比や予算の達成率、業務効率の良さなどから総合的に判断して仕事が割り振られる仕組みとなっているケースが多いのです。

これによって、インセンティブなしのルート営業でも、担当するエリアやお客様の大小に関わらずモチベーションを高められるような仕組みになっています。

インセンティブなし営業は落ち着いた環境で働ける

インセンティブが設定されている営業の職場は、営業マンどうしの競争意識が激しく、それゆえに人間関係がぎすぎすしてしまっているケースが多いです。

営業マン自身の生活についても、不安定になってしまうことも少なくありません。

「先月はたくさん売り上げたので給料も多かったけど、今月は成績が悪かったので一気に給料が減った…」

といったように、毎月受け取るお給料の金額が激しく上下する環境では、落ち着いて生活の計画を立てることも難しくなってしまいます。

独身の方ならまだしも、家族を養っている方にはこれはかなり大きな問題と言えます。

Sponsored Links

「営業がやりたい!でも収入の不安定さが気になる…。」という方は、インセンティブなしの営業を選択肢に入れてみてください。

>>インセンティブなし営業の年収を見てみる

あなたはインセンティブあり向き?それともインセンティブなし向き?

自分にはどんな働き方が向いているのかよくわからない…」という方もいらっしゃるでしょう。

営業という職種につくことは決めていても、インセンティブありとインセンティブなしのどちらを選ぶべきか迷っている方もいらっしゃるでしょう。

入社の後になってから「自分にはやっぱりインセンティブあり営業は向いていないのかも…」となると悲惨ですから、

できれば転職活動を始める前に自分の適性を見極めておきたいところですね。

↓自分の職業適性をくわしく知りたい方は、リクナビネクストの「WEB適職診断」を利用してみるのもおすすめです。

>>リクナビNEXTのWEB適職診断はこちら(無料)

「人とじっくりつきあう親密性重視」「一度決めたらとことんつきつめる継続力タイプ」など、18種類のタイプからあなたの働き方タイプを知ることができます。

↓WEB完結で無料で利用できますので、自己分析に活用してみてください。

同じ会社でも職種によって給与体系が異なることもある

また、1つ会社内でも「インセンティブありの営業」と「インセンティブなしの営業」の両方の職種があるケースもあります。

例えば、生命保険会社の営業マンなんかはこういう採用の仕方をしているケースが多いです。

入社後に「インセンティブなし→インセンティブあり」に部署変更できることもあります。

まずはインセンティブなしで入社し、仕事に慣れて最低限の営業成績があげられるようになってから、インセンティブありに切り替えてもらうという働き方も考えられるでしょう。

このあたりはその人の性格により、向き不向きがあります。

利益やより良い成績を残すことに働くことのやりがいを見出す人もいますし、お客様とのコミュニケーション・リレーションが楽しくて営業をしている人もいます。

自分の性格や生活環境によって、インセンティブがあった方がいいのかどうかを見定めましょう。

自分の実力を発揮できる道を選んでいくのが、理想だと思います。

営業インセンティブの具体的な内容はどんなもの?

インセンティブは通常、給与にプラスして支給されます。

ここで注意が必要なのは、基本給とは全くの別物という点です。

一般的に、賞与は基本給に付随して金額が決まりますので、給与の総支給額が高くても、基本給が低ければ当然賞与の金額も低くなります。

営業職では、賞与よりも月給の方が金額が高いという現象も、度々見られます。

また、インセンティブは必ずしもお金ではないという点も、注意が必要です。

「成績優秀者に向けたご褒美旅行」や、「商品券による支給」もインセンティブに当たります。

「商品券によるインセンティブ」は実は税金対策上おいしい

商品券と聞いてがっかりされる方もいるかもしれませんが、実は所得税対策として多くの企業が行っていることで、私自身商品券のインセンティブを何度か貰っていますが、悪い気はしません。

なぜかというと、給与として金銭で受け取ってしまうと、翌年の所得税も上がってしまうからです。

たまたま前年度に営業の成績が良くて、基本給+10万円(インセンティブ)の給与を貰っていても、その年の営業成績が悪いと給与が下がる上に、所得税も多く引かれてしまいます。

こういった事態を防ぐために、インセンティブを商品券で支給し、各々で換金してもらう、といった手法を使う会社もあるということです。

募集要項の欄に「月給+インセンティブ」という表記があれば、ほとんどが金銭としてのインセンティブを指すと思いますが、心配な方は一度確認しておきましょう。

仕事や人間関係がしんどいブラック企業で働きたくない人へ

(ブラック企業でつらい働き方をしたくない人へ)

 

いま働いている人もこれから働く人も、ブラック企業で働きたくないなら、

情報リサーチはしっかり行うようにしてください。

具体的には、

  • いま世の中にはどういう仕事があるのか?
  • どういう仕事が年収が高いのか?
  • 今の自分にはどういう選択肢があるのか?

について、常に情報アンテナを張っておくことが大切です。

↓情報リサーチには以下のような転職サイトを使うと便利です。

無料で使えるサイトなので、活用してみてください。

管理人

リクルートエージェント

リクルートエージェント

最大手の転職サイト!25万件以上の求人あり

リクルートエージェントは業界最大手の転職エージェント会社で、25万件以上もの求人が登録されています。
未経験者OKの大手企業の求人から、
実務経験者だけが応募できる高年収な求人まで、たくさんの求人があります。
きっとあなたの希望にあった会社を見つけることができますよ。

↑転職サイトで無料アカウントを作って、

年収や職種などの希望条件を入力しておくと、マッチする最新求人が出るたびにメールで通知してもらえます。

(企業側からのオファーメール例)

↑こんな感じで企業側から

オファーメールが来たりもします。

管理人

普段からこういう転職サイトの情報を見る習慣をつけておくと、

「今の仕事がもしどうしても嫌になったら、別の仕事もある」という選択肢を持つことができます。

こういういい意味での「逃げ道」を作っておくと精神的安定につながります。

(会社の上司や先輩からどやされても「なんかせまい世界でえらそうにしてるなー」ぐらいに流せるようになりますよ)

いま失業中の人も、自分で探していたらまず気づけなかったような

意外な仕事の紹介が来たりするので、自分の可能性に気づけますよ。

まずは無料アカウントを作って、いろいろ求人検索してみましょう。

世の中には本当にいろんな仕事があるんだな…って驚かれると思いますよ。

転職の方向性が見えてきたらエージェントとの面談も使ってみよう

(転職意思が固まってきたらエージェントとの面談も検討しましょう)

 

転職サイトで日常的に情報リサーチして、ある程度転職活動の方向性が見えてきたら、

転職エージェントと無料面談してアドバイスを受けてみるのもおすすめです(無料で使えます)

転職エージェントは、実際に企業をまわって情報を集めていますので、

↓以下のように転職サイトを見ているだけではなかなかわからない情報を教えてくれます。

  • 企業の社風や職場の実際の雰囲気
  • 配属される予定の部署の男女比率や年齢構成
  • 残業時間の具体的な数字(月ごと・日ごとの時間数)
  • 過去3年間のボーナス支給額の実績値など

↑こういう情報を求人に応募する前に教えてもらえるのが大きいです。

転職サイトで見ていたら良さそうだったので面接を受けてみたけど、

実際に会社を訪問してみたらなんかちがった…ってよくありますが、

こういう時間のロスを省くことができるようになりますよ。

転職エージェントは無料で相談できますので、

ぜひ活用しましょう。

管理人

もっとも、いきなり転職エージェントと面談するのはハードルが高い…と感じる人も多いでしょう。

なので、まずは転職サイトで無料アカウントを作っておき、

いろんな求人を見てみることから始めるのがいいと思います。

なにごともまずはしっかり情報収集することから始めるのが大切です。

企業との年収交渉を自分でやってはいけない理由

(年収交渉は自分でやるよりエージェントに代行してもらう方がうまくいきます)

 

他にも、転職エージェントは企業側とあなたの間に入って、あなたが採用されやすくなるようにいろいろ調整してくれます。

(面接アポイントの調整や応募書類の添削・面接対策など)

年収交渉なんかも代わりにやってくれますので、

ちょっとでも良い条件で入社したい人はエージェントを活用しましょう。

こういうのって自分で交渉するのはとても難しいですからね。

さらにいうと、入社時にあんまり熱心に年収交渉を自力でやってしまうと、

金にがめつい人というイメージを持たれてしまう可能性もあります。

転職先の社風にもよりますが、これは基本的にマイナス評価にしかなりませんので避けておくのが無難ですね。

転職エージェントが完全無料で使える理由

なお、転職エージェントはすべて無料で使えます。

転職エージェントって企業側が支払う紹介手数料で運営されていますので、私たち求職者側は無料で使うことができるんです。

1円でもお金を請求されることはありませんので、

安心して使うことができますよ。

管理人

↓まずは無料アカウントを作って求人検索から始めてみてください。

(リクルートエージェントは最大手の転職エージェント会社です)

\ 高年収の求人多数あり!/

無料登録して求人を見てみる

※ メールアドレスがない人はこちら(GoogleのgmailYahooメール)から無料で作れます。




Sponsored Links

-転職活動のノウハウ

Copyright© 転職と副業のサザンクロス , 2021 All Rights Reserved.