仕事の悩み

営業だけど運転が怖い…。ペーパードライバーに営業職は無理?

営業 運転 怖い

(営業だけど運転が怖い…はやっぱりダメ?)

営業職という職種は、お客さんのところを訪問して話をするのが仕事です。

お客さんや上司などを車に乗せて、運転手としての役割をすることも頻繁にあります。

そのため、多くのケースではただ運転免許持っているというだけでは足りません。

ペーパードライバーでなく、しっかりとした運転スキルが必要になります。

免許の種類も、ATとMTがありますが、営業車がMTしかないという場合もあります(今ではかなり少数ですが)

これから運転免許を取る方なら、MTの免許をとって運転にもなれておくのが望ましいです。

運転が怖い営業マンもいきなり車を運転して得意先にいくの?

入社後、いきなり一人で得意先に行くことは考えにくいです。

上司の横について仕事を教わり、仕事の引継ぎをしていくことが多いですね。

その間、上司に隣に乗ってもらい、少しずつ運転に慣れていくのが理想だと思います。

運転に不安がある場合、会社側に伝えておくことも重要です。

あらかじめ運転の不安を伝えていれば、会社側が業務内容について配慮してくれることも十分考えられます。

(例えば、電車営業が可能な得意先を担当させてもらうなど)

ただし、こうした「特別扱い」は基本的に新人時代でないと認めてもらえないのが実際のところです。

営業マンとしてやっていく以上、いつかは自力でペーパードライバーを卒業する必要があるでしょう。

ペーパードライバーを最短で克服するには?

ペーパードライバーをを克服するためには、出勤前や休日に自家用車で運転の練習をするのが理想です。

しかし、自家用車がなく、家族・友人にも車の所有者がいない人もいるでしょう。

そうした方は「ペーパードライバー講習」を受けるのもおすすめです。

ペーパードライバー講習は、もよりの自動車学校等で受けることが可能です。

自動車学校以外にも、出張型講習と言って、あなたの自宅に講師に来てもらう形の講習もありますよ。

(この場合はあなたが車を持っていることが前提になりますが)

1回2時間程度の講習で、1万円〜1万5000円ほどが費用の相場です。

受講期間はあなたの習熟度に合わせてオーダーメイドで決めるかたちをとっているところが多いですね。

なんだかんだ言って、プロの方に教えてもらうのがもっとも早いです。

運転の練習ができない状況にある方は、一度検討されてみてはいかがでしょうか。

運転研修を行なっている営業職の職場もある

会社によっては(特に運転が多い会社)入社後に運転研修の場を設けてくれる会社もあります。

私も営業マンもやっているのですが、私の職場では普通車に加えて中型車にも乗ることがあります。

入社後しばらくは助手席で上司のフォローをし、なんとなく感覚を掴んでくる一ヵ月後に運転研修がありました。

自動車学校を貸しきって、丸一日、運転の実技と座学を行ってもらいました。

その研修が終わるまでは営業車の運転は禁止と言われていました。

今現在、仕事中の事故は、場合によっては大問題に発展します。

事故は会社の看板に傷を付ける恐れがあるため、十分に対策をしてくれる会社も多くあるようです。

ペーパードライバー向けの教育制度がない会社の場合は…

もし、こうした教育制度があなたの会社にないとしたら、営業以外の仕事を選択する必要があるかもしれません。

車の運転は自分自身の命だけでなく、他人の命も危険に晒す可能性があります。

おおげさに感じるかもしれませんが、これは真剣に考えておくべき問題です。

次の項目では、ペーパードライバーで営業の仕事についている方にぜひ知っておいていただきたい項目(事故を起こした場合の対処など)について解説します。

↓ぜひ読んでみてください。

営業車(会社の車)で事故を起こしたらどうなる?

ペーパードライバーが不安を感じながら運転し、仕事をしていくというのは非常に危険です。

もし、営業中に事故を発生させてしまった場合には、即座に警察に連絡しなくてはなりません(けが人がいる場合には、救急車も呼びます)

ほとんどの会社が、保険に入っていますので、営業車や被害を出してしまった得意先の備品等も、全額を自分で負担することはありません。

ただし、まずは警察を通して事故の処理をしないと、保険の手続きもできません。

Sponsored Links

(保険を使わなくてもいい程被害が小さければ、警察を呼ぶ必要もなく、会社と得意先の示談で修理費のみ払って終了、というケースもあります)

警察に連絡をした後に、自分の会社にも連絡を入れて指示を仰ぎましょう。

もし営業先に向かう途中で事故を起こしてしまったのなら、営業先のお客さんにも連絡を入れます。

なお、上司から何か直接指示があった場合にはその通りにしてください。

営業車に乗っているときに違反をしてしまったらどうなる?

事故ではなく、違反の場合はどう対処すべきでしょうか(駐車禁止違反や速度違反など)

この場合、罰則金を自分で払う必要がある場合と、会社から負担してもらえる場合があります。

信号無視や一旦停止違反、最近取り締まりが厳しくなった「ながら運転」など、自分の不注意が原因で警察に捕まった場合は、自分で罰則金を払わなければなりません。

特に営業職は運転中でもお構いなしで得意先から電話がかかってきますので、注意が必要です。

罰金は会社が負担してくれることはないの?

罰則金を会社に負担してもらえるケースは、ごくまれですがあります。

中型車以上の大きさの車は、停めたくてもサイズが合う駐車場がない場合があります。

特に駅周辺は、コインパーキングばかりなので、やむを得ず路肩に駐車して得意先に向かうことがあります。

そして仕事を終え、車に戻ると駐車違反の紙が貼られていた、という話はよくあります。

そういった場合、罰則金は会社に負担してもらえると思いますが、違反点数は自分の持ち点数から引かれますので、注意が必要です。

そういった事態を防ぐため、助手席に座って駐車違反の対策をするためのアルバイトを雇う会社もあります。

違反で免許停止になった場合クビになってしまうことはある?

営業職で違反を重ねて免停になった場合、即クビになるということはありません。

どの会社にも事務職はありますから、再び運転できるようになるまで別の仕事をすることになると思います。

しかしながら自分の出世や給与などに関わりますので、事故や違反は重く受け止めなくてはなりません。

せっかく営業の成績が良くても、事故や違反が足を引っ張ることも考えられるからです。

ペーパードライバーであることは、営業マンにとって決定的に不利なことといわざるをえません。

車で移動中は得意先からの電話も取らないようにしよう

事故を起こしてしまったときには、どんなに急いでいても事故の対処が最優先です。

急いでいても安全な場所に車を停めましょう。

もし得意先からの電話に出られなかった場合は折り返せばいいだけの話です。

「運転中でしたので電話に出られませんでした。車を停めましたので、折り返させて頂きました。」

このようにひとこと挨拶を加えるだけで、人によっては好印象を受けることもあるでしょう。

「営業で車が運転できない」はやっぱりダメ?

「ペーパードライバーで、運転の不安を抱えながら営業をしていく」ということは、なかなかきびしいのが実情だと思います。

もともと運転のセンスのある人であれば、最初はペーパードライバーでも仕事で車に乗っているうちにすっかりなれてしまったということもあるでしょう。

しかし、中にはどうしても運転が得意でない人もいます。

運転そのものに恐怖感を持つタイプの人は、長期間車に乗っていても、まったくうまくならないケースはあるのです。

「どうしても車の運転が怖い…」という人は、営業以外の仕事も検討してみて

やや極端に感じるかもしれませんが、どうしても運転が不安という方は、営業職以外の仕事につくことも検討すべきだと思います。

特に地方の営業職の場合、車の運転ができないことは文字通り「致命的」です。

物損事故(ガードレールに車をぶつけたなど)なら不幸中の幸いといえます。

しかし、もし事故が人身事故であった場合、最悪のケースでは人の命を奪ってしまうこともありえます。

こうなるといくら謝っても責任を取ることができません。あなたの人生にかかわる問題です。

会社としても裁判で億を越える金額の損害賠償の義務を負うこともあります。

このような事故を起こした後に、今まで通り会社にい続けることは実際には難しいでしょう。ましてやその会社内での出世など見込めません。

運転が苦手な人が営業として車を運転させるということは、非常にリスキーなことなのです。

運転ができないためにビジネスマンとしての評価が下がるのはあまりにももったいない

運転中の事故が原因で得意先とのアポに遅れ、チャンスを逃すような事があれば、あなたのビジネスマンとしての評価やキャリアにも関わります。

いくらあなたのコミュニケーションスキルが抜群であったとしても、「運転ができない」というたった一つの原因で昇進や出世ができなくなることは考えられるのです。

これはものすごくもったいないことです。

営業職以外にも、あなたの能力を活かす職業はきっとあります。

どうしても車の運転が怖い・ペーパードライバーからいつまで経っても卒業できない…という方は、営業職以外の仕事も選択肢に入れてみてください。

仕事つまらない・給料安い…。今の職場でこれ以上働き続けたくない人へ

(あわない仕事・人間関係のストレスでつらい働き方をしている人へ)

  • 給料がぜんぜん上がらない…。もう2年以上働いてるのに。
  • 人間関係のストレスが限界。上司も先輩も大嫌いな人ばかり…。
  • 1ミリも興味ない仕事だけど、生活のためにしかたなく働いている…。

↑こんな感じで働いている人ってきっと多いのではないでしょうか。

仕事って人生のほとんどの時間を使ってやっていくことですから、

ストレスの多い環境だとほんと地獄ですよね。

ほとんどの人にとって今の仕事がベストの選択肢じゃないのが普通です。

学生時代になんとなく就活やって、

なんとなく安定してそうな会社に入って、

なんとなく年齢を重ねていく人がほとんどなんですよね。

ただ、こんな感じで30代後半になってくると、状況はもっと悪くなります。

「35歳転職限界説」とかいいますが、

転職って年齢が高くなるほど実務経験を求められるようになりますから、

難易度がどんどん高くなってしまうんですね。

そうしているうちに家族ができ、家を買うために住宅ローンを組んで…。

で、どんどん身動きが取れなくなっていくのが現実です。

少しでも年齢が若いうちに転職活動を始めるのが有利

(営業から経理、総務からマーケティングなど「職種を変える転職」は年齢制限があります)

 

今いる環境にどうしても限界を感じているなら、

少しでも年齢が若いうちに転職活動を始めましょう。

特に、職種を変えるキャリアチェンジ転職の場合は年齢をかさねるほど不利になります。

(営業から経理、総務からマーケティングなど)

今の仕事とまったく違う職種に行きたいなら、

どんなに遅くとも20代後半、できれば20代前半までに転職しておく必要があります。

業種業界にもよりますが、ここを逃すと未経験職種での採用は非常に難しくなるのが一般的ですね。

  • 今の仕事はぜんぜん好きになれない…
  • この業界でずっと働きたくない…

↑と感じている人は、

早めにアクションを起こす必要があります。

管理人

まずは「自分にはどんな選択肢があるのか?」のリサーチから始めよう

(まずは「自分の学歴・職歴でどのぐらいの求人を狙えるのか?」のリサーチから始めましょう)

 

とはいえ、いきなり転職活動なんてハードルが高く感じてしまいますよね。

生活費を稼がないといけないから、今すぐ転職は難しい…。

↑という人もきっと多いはずです。

転職って重要な決断になりますので慎重になるのは当然ですよね。

いきなり転職活動なんて無理…と感じる方は、

まずは「世の中にどんな仕事があるのか?」

「自分の学歴・職歴だとどんな仕事に転職できる可能性があるのか?」

のリサーチから始めてみるのがおすすめです。

具体的には、無料で使える転職サイトでいろんな求人情報を見てみましょう。

転職サイトは今すぐ転職する気がない人も気軽に使うことができますよ。

マイナビエージェント

高年収な優良求人が絶対見つかる!(無料転職サイト)

マイナビエージェントは個人的に最もおすすめな転職サイトです。
未経験から高年収を目指せる求人から、
実務経験者限定のクローズド求人まで、
好条件なホワイト求人をたくさん見つけることができますよ。
無料で使える鉄板の大手転職サイトなので、転職活動が初めてな人も安心です。

今すぐは転職活動する気がない人も、

転職サイトへの無料登録だけは早めにやっておきましょう。

仕事のストレスが限界になってくると、

転職サイトに登録するという行動すらやる気がなくなってしまうからです。

転職サイトで無料アカウントを作っておくと、

あなたにマッチする求人が出てくるたびにメール自動通知してもらうえます。

気になった求人をブックマークしておくだけでも、

いざとなったら転職もあるという選択肢を持つことができるんですね。

今の職場で限界が来たときに、

転職という対抗策を打つことが可能になります。

いい意味での「逃げ道」を確保しておくことが大切です。

管理人

転職サイトは完全無料で使うことができます。

いつでも利用をやめられますし、

変な連絡が来ることもないのでリスクはゼロです。

今すぐは転職できない人も、転職サイトを活用して情報収集から始めましょう。

>>転職サイトに登録して自分の適正年収を見てみる(無料)

転職成功するのに「特別優秀」である必要はない

(ごく普通の人でも転職で成功することは可能です)

  • 特別優秀なひとにぎりの人だけが高年収になれる。
  • コミュ力が高くてルックスも良く人脈もないと人生負け組。
  • 一流大学を出てないと出世なんてできない…。

↑こんなふうに考えている人って多いと思いますが、実はこれまったくの誤解です。

私は転職支援の仕事をしてるので、

年収700万円〜1000万円の人たちとたくさん会いますが、

彼らは特別優秀な人ばかりではありません。

もちろん、中には弁護士や会計士みたいに

特別優秀な人もいますけどね。

でも、営業マンや経理マンなど

ごく普通の仕事でも高年収の人たちもたくさんいます。

管理人

問題は「ごくフツーの人が、なぜ理想的な働き方ができるようになったのか?」ですが、

これは日頃から自分がどういう環境で働ける可能性があるのか?

の情報リサーチをしっかりやっているからなんです。

具体的には、転職サイトでいま世の中でどういう仕事が求められてるのか?(年収高いのか?)

の情報リサーチをしっかりやっておくのが大切です。

転職サイトは今すぐ転職する気がなくても使えますよ。

情報リサーチといえば新聞をまずイメージしますよね。

ですが、ニュースにくわしくなって年収上がった人を私は見たことがないです。

お金と時間を消費して新聞を読むぐらいなら、

転職サイトを見るようにした方がよっぽど年収アップにつながりますよ。

実際、年収高い人って今すぐ転職する予定はなくても

転職サイトに登録だけはしています。

管理人

転職サイトで希望条件を入力しておくと、マッチする求人が自動的に情報として入ってくるので情報感度が高くなるんですよね。

最新の求人情報につねにアンテナを貼っておいて、

チャンスがめぐってきたらすぐに行動を起こせるようにしておくのが大切です。

転職サイトを使った情報リサーチのやり方

(個人的におすすめの転職サイトはマイナビエージェントです)

\ 高年収な求人多数あり!/

無料登録して求人を見てみる

転職サイトに無料登録すると、

↓こんな感じで最新の求人情報にいつでもアクセスできるようになります。

管理人

(実際の求人例1)

(実際の求人例2)

>>転職サイトに登録して実際の求人を見てみる(無料)

↑実際の求人情報を見てみるとわかりますが、

年収の高い仕事であっても、

特別な能力って求められていないことに気づくと思います。

サラリーマンの年収って、所属先の会社がもうかっているかどうか?でほぼ決まるからです。

逆にいうと、所属先の会社がもうかっていないと、

あなたがどんなに優秀な人であっても大したお給料を稼ぐことはできません。

これは優秀な人ほど見逃しがちな重要ポイントですね。

もうかっている会社は転職サイトに好条件で求人をバンバン出しています。

こういう情報を常日頃からリサーチしておくことがとても大切ですよ。




Sponsored Links

-仕事の悩み

Copyright© 転職と副業のサザンクロス , 2022 All Rights Reserved.