Sponsored Links

仕事の悩み

営業だけど運転が怖い…。ペーパードライバーに営業職は無理?

営業 運転 怖い

(営業だけど運転が怖い…はやっぱりダメ?)

営業職という職種は、お客さんのところを訪問して話をするのが仕事です。

お客さんや上司などを車に乗せて、運転手としての役割をすることも頻繁にあります。

そのため、多くのケースではただ運転免許持っているというだけでは足りません。

ペーパードライバーでなく、しっかりとした運転スキルが必要になります。

免許の種類も、ATとMTがありますが、営業車がMTしかないという場合もあります(今ではかなり少数ですが)

これから運転免許を取る方なら、MTの免許をとって運転にもなれておくのが望ましいです。

Sponsored Links

運転が怖い営業マンもいきなり車を運転して得意先にいくの?

入社後、いきなり一人で得意先に行くことは考えにくいです。

上司の横について仕事を教わり、仕事の引継ぎをしていくことが多いですね。

その間、上司に隣に乗ってもらい、少しずつ運転に慣れていくのが理想だと思います。

運転に不安がある場合、会社側に伝えておくことも重要です。

あらかじめ運転の不安を伝えていれば、会社側が業務内容について配慮してくれることも十分考えられます。

(例えば、電車営業が可能な得意先を担当させてもらうなど)

ただし、こうした「特別扱い」は基本的に新人時代でないと認めてもらえないのが実際のところです。

営業マンとしてやっていく以上、いつかは自力でペーパードライバーを卒業する必要があるでしょう。

ペーパードライバーを最短で克服するには?

ペーパードライバーをを克服するためには、出勤前や休日に自家用車で運転の練習をするのが理想です。

しかし、自家用車がなく、家族・友人にも車の所有者がいない人もいるでしょう。

そうした方は「ペーパードライバー講習」を受けるのもおすすめです。

ペーパードライバー講習は、もよりの自動車学校等で受けることが可能です。

自動車学校以外にも、出張型講習と言って、あなたの自宅に講師に来てもらう形の講習もありますよ。

(この場合はあなたが車を持っていることが前提になりますが)

1回2時間程度の講習で、1万円〜1万5000円ほどが費用の相場です。

受講期間はあなたの習熟度に合わせてオーダーメイドで決めるかたちをとっているところが多いですね。

なんだかんだ言って、プロの方に教えてもらうのがもっとも早いです。

運転の練習ができない状況にある方は、一度検討されてみてはいかがでしょうか。

運転研修を行なっている営業職の職場もある

会社によっては(特に運転が多い会社)入社後に運転研修の場を設けてくれる会社もあります。

私も営業マンもやっているのですが、私の職場では普通車に加えて中型車にも乗ることがあります。

入社後しばらくは助手席で上司のフォローをし、なんとなく感覚を掴んでくる一ヵ月後に運転研修がありました。

自動車学校を貸しきって、丸一日、運転の実技と座学を行ってもらいました。

その研修が終わるまでは営業車の運転は禁止と言われていました。

今現在、仕事中の事故は、場合によっては大問題に発展します。

事故は会社の看板に傷を付ける恐れがあるため、十分に対策をしてくれる会社も多くあるようです。

ペーパードライバー向けの教育制度がない会社の場合は…

もし、こうした教育制度があなたの会社にないとしたら、営業以外の仕事を選択する必要があるかもしれません。

車の運転は自分自身の命だけでなく、他人の命も危険に晒す可能性があります。

おおげさに感じるかもしれませんが、これは真剣に考えておくべき問題です。

次の項目では、ペーパードライバーで営業の仕事についている方にぜひ知っておいていただきたい項目(事故を起こした場合の対処など)について解説します。

↓ぜひ読んでみてください。

営業車(会社の車)で事故を起こしたらどうなる?

ペーパードライバーが不安を感じながら運転し、仕事をしていくというのは非常に危険です。

もし、営業中に事故を発生させてしまった場合には、即座に警察に連絡しなくてはなりません(けが人がいる場合には、救急車も呼びます)

ほとんどの会社が、保険に入っていますので、営業車や被害を出してしまった得意先の備品等も、全額を自分で負担することはありません。

ただし、まずは警察を通して事故の処理をしないと、保険の手続きもできません。

(保険を使わなくてもいい程被害が小さければ、警察を呼ぶ必要もなく、会社と得意先の示談で修理費のみ払って終了、というケースもあります)

警察に連絡をした後に、自分の会社にも連絡を入れて指示を仰ぎましょう。

もし営業先に向かう途中で事故を起こしてしまったのなら、営業先のお客さんにも連絡を入れます。

なお、上司から何か直接指示があった場合にはその通りにしてください。

営業車に乗っているときに違反をしてしまったらどうなる?

事故ではなく、違反の場合はどう対処すべきでしょうか(駐車禁止違反や速度違反など)

この場合、罰則金を自分で払う必要がある場合と、会社から負担してもらえる場合があります。

信号無視や一旦停止違反、最近取り締まりが厳しくなった「ながら運転」など、自分の不注意が原因で警察に捕まった場合は、自分で罰則金を払わなければなりません。

特に営業職は運転中でもお構いなしで得意先から電話がかかってきますので、注意が必要です。

罰金は会社が負担してくれることはないの?

罰則金を会社に負担してもらえるケースは、ごくまれですがあります。

中型車以上の大きさの車は、停めたくてもサイズが合う駐車場がない場合があります。

特に駅周辺は、コインパーキングばかりなので、やむを得ず路肩に駐車して得意先に向かうことがあります。

そして仕事を終え、車に戻ると駐車違反の紙が貼られていた、という話はよくあります。

そういった場合、罰則金は会社に負担してもらえると思いますが、違反点数は自分の持ち点数から引かれますので、注意が必要です。

そういった事態を防ぐため、助手席に座って駐車違反の対策をするためのアルバイトを雇う会社もあります。

違反で免許停止になった場合クビになってしまうことはある?

営業職で違反を重ねて免停になった場合、即クビになるということはありません。

どの会社にも事務職はありますから、再び運転できるようになるまで別の仕事をすることになると思います。

しかしながら自分の出世や給与などに関わりますので、事故や違反は重く受け止めなくてはなりません。

せっかく営業の成績が良くても、事故や違反が足を引っ張ることも考えられるからです。

ペーパードライバーであることは、営業マンにとって決定的に不利なことといわざるをえません。

車で移動中は得意先からの電話も取らないようにしよう

事故を起こしてしまったときには、どんなに急いでいても事故の対処が最優先です。

急いでいても安全な場所に車を停めましょう。

もし得意先からの電話に出られなかった場合は折り返せばいいだけの話です。

「運転中でしたので電話に出られませんでした。車を停めましたので、折り返させて頂きました。」

このようにひとこと挨拶を加えるだけで、人によっては好印象を受けることもあるでしょう。

今すぐは転職する気もない」という方も、以下の2つはできるだけ早いタイミングでやっておきましょう(いずれも無料です)

  1. WEB適職診断
    心理テストに順番に答えていくだけで、あなたの「強み」といえる5つの適性を知ることができます。テスト後にはあなたの適性にあった求人をニュースメールの形で届けてくれます。
  2. 年収査定アプリ
    こちらは「あなたが本来なら稼げているはずの年収」を知るのに使えます。200万人以上の年収データから、あなたの適正年収を算出します。

転職活動は「精神的に元気なうちに始めておくこと」が鉄則です。

なぜなら、ストレスがたまりすぎると人間はどんどん環境を変えるための行動がとりにくくなるからです。

気になる求人情報をストックしておくだけでも、過労で倒れる前に次の手を打つことができるようになりますよ。

経団連の会長が「終身雇用はもう無理」と堂々と宣言してしまう時代です。

ひとつの職場に人生のすべてをかけるのは、はっきり言って危険すぎます。

選択肢を常にたくさん持っておくことが、これからの時代は必須になるのは間違いありません。

\ あなたの強みを診断!/

適職診断スタート

※無料です

「営業で車が運転できない」はやっぱりダメ?

「ペーパードライバーで、運転の不安を抱えながら営業をしていく」ということは、なかなかきびしいのが実情だと思います。

もともと運転のセンスのある人であれば、最初はペーパードライバーでも仕事で車に乗っているうちにすっかりなれてしまったということもあるでしょう。

しかし、中にはどうしても運転が得意でない人もいます。

運転そのものに恐怖感を持つタイプの人は、長期間車に乗っていても、まったくうまくならないケースはあるのです。

「どうしても車の運転が怖い…」という人は、営業以外の仕事も検討してみて

やや極端に感じるかもしれませんが、どうしても運転が不安という方は、営業職以外の仕事につくことも検討すべきだと思います。

特に地方の営業職の場合、車の運転ができないことは文字通り「致命的」です。

物損事故(ガードレールに車をぶつけたなど)なら不幸中の幸いといえます。

しかし、もし事故が人身事故であった場合、最悪のケースでは人の命を奪ってしまうこともありえます。

こうなるといくら謝っても責任を取ることができません。あなたの人生にかかわる問題です。

会社としても裁判で億を越える金額の損害賠償の義務を負うこともあります。

このような事故を起こした後に、今まで通り会社にい続けることは実際には難しいでしょう。ましてやその会社内での出世など見込めません。

運転が苦手な人が営業として車を運転させるということは、非常にリスキーなことなのです。

運転ができないためにビジネスマンとしての評価が下がるのはあまりにももったいない

運転中の事故が原因で得意先とのアポに遅れ、チャンスを逃すような事があれば、あなたのビジネスマンとしての評価やキャリアにも関わります。

いくらあなたのコミュニケーションスキルが抜群であったとしても、「運転ができない」というたった一つの原因で昇進や出世ができなくなることは考えられるのです。

これはものすごくもったいないことです。

営業職以外にも、あなたの能力を活かす職業はきっとあります。

どうしても車の運転が怖い・ペーパードライバーからいつまで経っても卒業できない…という方は、営業職以外の仕事も選択肢に入れてみてください。

「求人応募する前」に企業カルチャーや職場環境を知る方法

(ベストマッチの企業に出会うには…?)

なんとなくこういう仕事をしたい」というイメージがあっても、実際に応募する求人を選ぶとなると、

何を基準に選べばいいかわからない…」となってしまう人は多いのではないでしょうか。

転職に成功するためには、求人選びでミスマッチが生じないようにすることがもっとも大切です。

  • 求人票の年収条件がよくても、実は残業時間が多いだけのブラック企業だった…。
  • 人事として採用されたのに、実際には「営業を5年間経験してから人事に配属」というルールになっていた。
  • なんとなく良さそうな企業だと思ったのに、実際に入社してみると超体育会系の職場でついていけない…。

↑自力で情報収集するだけでは、こういった事態がどうしても起きがちですので、注意してください。

転職エージェントを活用しよう

(ミスマッチを避けるには、転職エージェントを活用しましょう)

ミスマッチを避けるためには、転職エージェントを活用するのがおすすめです。

転職エージェントは企業側の採用担当者と直接やりとりしていますので、

企業のカルチャーや職場環境、採用後の待遇について応募前に教えてもらうことができますよ。

↓また、「採用側が求めている人物像」や、「重要視している経験」など、

求人票には掲載されていない隠れた採用ニーズについてもエージェントは教えてくれます。

  • この企業は、こういう能力を重要視しているので、志望動機にはこの文言をいれましょう。
  • この採用担当者はこういう好みがあります。なので、面接でこの質問が来たら、こう答えると良いです。

といったように、転職エージェントはあなたの採用確率を高めるために具体的なアドバイスをしてくれますよ。

転職エージェントは完全無料で使うことができます(エージェントにお金を払っているのは採用活動を行っている企業側です)

最短で好条件の転職を成功させたい方は、以下で紹介するような転職エージェントを活用するようにしましょう。

※なお、リクナビNEXTのオファーメールを使えば、企業側からのオファーを待つかたちで転職活動をすることも可能です。

↑「まだ転職するかどうかはっきりとは決めていない」という方はこちらも活用してみてください。

おすすめの転職エージェント(無料)

リクルートエージェント

(リクルートエージェントは業界最大手の転職エージェントです)

パソナキャリア

(パソナキャリアには、誰もが名前を聞いたことがある超大手企業が多く求人登録しています)

マイナビエージェント

(マイナビエージェントは、20代の方の転職支援に定評があります)

就職Shop

(就職Shopは、第二新卒やフリーターの支援を専門にしているエージェント会社です)

 

Sponsored Links

-仕事の悩み

Copyright© 現役の転職エージェントがこっそり教える転職活動の進め方 , 2020 All Rights Reserved.