Sponsored Links

仕事の悩み

営業だけど運転が怖い…。ペーパードライバーに営業職は無理?

※このページは 3 分で読めます。

営業 運転 怖い

(営業だけど運転が怖い…はやっぱりダメ?)

営業職という職種は、お客さんのところを訪問して話をするのが仕事です。

お客さんや上司などを車に乗せて、運転手としての役割をすることも頻繁にあります。

そのため、多くのケースではただ運転免許持っているというだけでは足りません。

ペーパードライバーでなく、しっかりとした運転スキルが必要になります。

免許の種類も、ATとMTがありますが、営業車がMTしかないという場合もあります(今ではかなり少数ですが)

これから運転免許を取る方なら、MTの免許をとって運転にもなれておくのが望ましいです。

運転が怖い営業マンもいきなり車を運転して得意先にいくの?

入社後、いきなり一人で得意先に行くことは考えにくいです。

上司の横について仕事を教わり、仕事の引継ぎをしていくことが多いですね。

その間、上司に隣に乗ってもらい、少しずつ運転に慣れていくのが理想だと思います。

運転に不安がある場合、会社側に伝えておくことも重要です。

あらかじめ運転の不安を伝えていれば、会社側が業務内容について配慮してくれることも十分考えられます。

(例えば、電車営業が可能な得意先を担当させてもらうなど)

ただし、こうした「特別扱い」は基本的に新人時代でないと認めてもらえないのが実際のところです。

営業マンとしてやっていく以上、いつかは自力でペーパードライバーを卒業する必要があるでしょう。

ペーパードライバーを最短で克服するには?

ペーパードライバーをを克服するためには、出勤前や休日に自家用車で運転の練習をするのが理想です。

しかし、自家用車がなく、家族・友人にも車の所有者がいない人もいるでしょう。

そうした方は「ペーパードライバー講習」を受けるのもおすすめです。

ペーパードライバー講習は、もよりの自動車学校等で受けることが可能です。

自動車学校以外にも、出張型講習と言って、あなたの自宅に講師に来てもらう形の講習もありますよ。

(この場合はあなたが車を持っていることが前提になりますが)

1回2時間程度の講習で、1万円〜1万5000円ほどが費用の相場です。

受講期間はあなたの習熟度に合わせてオーダーメイドで決めるかたちをとっているところが多いですね。

なんだかんだ言って、プロの方に教えてもらうのがもっとも早いです。

運転の練習ができない状況にある方は、一度検討されてみてはいかがでしょうか。

運転研修を行なっている営業職の職場もある

会社によっては(特に運転が多い会社)入社後に運転研修の場を設けてくれる会社もあります。

次のページへ >




Sponsored Links

-仕事の悩み

Copyright© 転職と副業のサザンクロス , 2020 All Rights Reserved.