Sponsored Links

転職活動のコツ

大企業から転職は有利?フツーの人でも年収1000万稼げる安定環境を捨ててもOKなら決断もアリ

大企業から転職 有利

(大企業からの転職は職歴面では圧倒的に有利。やりがい重視で転職するならありです)

大企業から中小企業・ベンチャー企業への転職を希望する人は、今も昔も少なくありません。

↓大企業に勤務している人が転職を検討するきっかけとしては、以下のようなことが多いでしょう。

  • 高年収とはいえ出世コースとそうでない人とでは格差がある評価システム。
  • タテ割り型の人間関係に疲れた。
  • 年功序列で決まる役職と無能な上司にうんざり。
  • とにかく何をやるにも時間がかかる。社内での調整が大変。
  • そして常につきまとう「自分のやりたい仕事はこれじゃない」感…。

以下では、

  • 大企業から転職するメリットやデメリット、
  • 大手経験者は中小企業やベンチャーで有利に転職できるのか?

といったことについて具体的に説明します。

マイナビエージェント

ホワイト求人探すならここ!

マイナビエージェントは転職大手のマイナビが運営する転職サイトです。
鉄板の大手サイトなので、転職活動が初めての人も使いやすいですよ。
20代未経験で年収400万円〜の求人や、
実務経験者限定の高年収800万円〜、
在宅勤務OKのリモートワーク求人、
将来の幹部候補として入社できる求人など、好条件な求人が多数あります。

大企業からの転職は有利?

大企業から転職 有利

(大企業経験者は職歴面では圧倒的に有利。具体的に言えば書類選考に落ちることがほぼありません=面接に爆速で進めます)

大企業経験者というのははっきりいってこれまでの人生で「勝者」としていきてきた人がほとんどです。

採用を行う企業(中小企業やベンチャー)側も「大手に採用されるぐらいだから優秀なはず」という評価をしてくれるのが普通ですから、有利になる部分も大きいです。

具体的には、大企業経験者は書類選考にものすごく強いです。

中途採用の転職は面接で9割以上の結果が決まりますから、面接にまで進めるかどうかが転職の成功率に大きく影響するのは間違いありません。

面接で突っ込まれる可能性が高い点としては、「大企業と中小・ベンチャーでの仕事の違い」を、あなたがちゃんと理解しているかどうか?でしょう。

↓次の項目で具体的に説明します。

中小企業・ベンチャー企業の最大の特徴

大企業から転職 有利

(中小企業・ベンチャー企業の特徴は人手不足と予算不足)

中小企業やベンチャー企業の特徴は、とにかく予算と人手が足りないことです。

必然的に自分で手を動かす部分が大きくなります。

やや抽象的な言い方になりますが、「現場感覚」が強い人であるかどうかが評価のポイントになるでしょう。

もちろん、長期的な目線で見れば企業として安定的な成長をしていくためには、仕組み化が重要であり、抽象度の高い仕事をこなせる人が必要です。

(長い目で見れば、どんな人が仕事をしても同じクオリティの商品を生み出せる仕組みを作ることが重要です)

しかし、中小企業やベンチャーではとにかく「目の前の仕事」をスピーディにさばく能力が求められます。

↓具体的にいえばこういうことですね。

  • 得意先のこのキーマンを動かさないと商品が売れない!となったときに「ちょっと営業かけてきます」と気軽に動けるか。
  • めんどくさい事務処理作業が出てきたときに、「じゃとりあえず今回は俺がやるわ」と気軽に動けるか。

「なんだこんなことかよ?」と思われるかもしれません。

しかし、大企業と中小ベンチャーでは仕事の仕方に大きな差があることを知っておきましょう。

中小ベンチャーの採用担当者側も、あなたがこうした点をちゃんと理解した上で転職を求めているのか?は気になるポイントだからです。

こうした「大手企業と中小企業の仕事の進め方の違い」を知った上で、相手が求めていることをちゃんと面接でアピールできれば、

もともと職歴その他でアドバンテージがある大企業経験者は有利な条件で転職成功できる可能性が高いでしょう。

大企業の中の人にはイメージしにくい大手企業勤務の強み

大企業から転職 有利

(年収や福利厚生で圧倒的に有利なのはやはり大手企業)

新卒からずーっと1つの会社(大手)に勤めているという人にはなかなかイメージがつきにくいかもしれません。

大企業勤めの人は、福利厚生や年収の面で圧倒的に優遇されています。

例えば、20代前半のうちは実務能力なんて誰でも大した差はありませんよね。

しかし、中小企業づとめの人が年収300万円スタートのところ、大手企業は400万円スタートというのは普通です。

また、30代以降の年収にも明らかな差があります。

厚生労働省の「賃金構造基本統計調査」というややこしい名前の統計デーがあるのですが、

↓それによると大手企業勤務者の平均賃金と、中小企業勤務者の平均賃金には以下のような違いがあります(30歳〜34歳男性の数値)

平均月収の差:30〜34歳男性

  • 小企業:平均月収26万5400円
  • 中企業:平均月収27万4000円
  • 大企業:平均月収31万8400円

出所:厚生労働省 平成29年賃金構造基本統計調査の概況

なお、あくまでも平均なので、もっと稼ぐ人もいればもっと少ない人もいるでしょう。統計というのはそういうものですのでご了承ください。

新卒で大企業に入れなかった人たちが、「のどから手が出るほどほしい…!」と考えているのが大企業の福利厚生であり年収あり社会的信用なのです。

アラサーのお見合いパーティで男女問わずモテまくる大手サラリーマン

大企業から転職 有利

(大企業サラリーマン・OLはとにかくモテる:男女問わず)

この辺りの差を実感したい人は、試しに金融機関で借金してみてください(半分冗談ですが笑)

アラサー中心のお見合いパーティとかでもいいです。

大企業づとめであれば住宅ローンも簡単に通りますし、クレジットカードもばんばん発行できます。

大手企業勤務のサラリーマンと結ばれたい人は多分あなたが考えているよりもずっと多いでしょう(男女問わず)

大企業に勤める最大のメリットはこうした社会的な信頼であり、安定感なのです。

もちろん遠慮することはありません。使えるものはどんどん使いましょう。

学生時代からずっと頑張ってきて大手に入ったあなたにはその権利があります。

でも求めているのはそれじゃないんだよな…という人も

大企業から転職 有利

(あなたが「仕事に本心から求めるもの」はなんですか?)

ただ、長年大企業で勤めている人の中には、

「大手企業に勤めていることがいろんな面で有利なのはわかっている。でも自分が求めているのはそういうことじゃない…」

という人も多いでしょう。

↓例えば、仕事において以下のような願望をかかえてモヤモヤしている…とい人は少なくないでしょう。

  • 経営レベルでの意思決定に関わってみたい。
  • 顧客が社会からの直接的なフィードバックを得たい。
  • 多少給料がさがってもいいから、自分のパフォーマンスに従って報酬を得てみたい。
  • 自分が本当に優秀な人間なのか試してみたい。
  • 一度限りの人生、安定だけで終わるなんてうんざり…。

こうした願望は、大手企業の中にいる限りはなかなか実現するのが難しいのが現実です。

また、「大企業ならではの会社の嫌な部分」にうんざりしている…という人もいるかもしれません。

↓例えば、以下のようなことです。

大企業ならではの弊害もある

  • 明らかにあなたよりも無能なのに、あなたよりも高い役職と収入を持っている人たち。
  • まともな社会人としてのモラルなどかなぐり捨てた血みどろの出世競争。
  • 出世コースに乗れた人間とそうでない人間の社内格差。
  • 無意味な派閥争いと、とにかく空気を読むことが絶対のタテ割りの組織構造。
  • 絶対に不要なことはみんな分かっているのになぜか生き残っている無駄な習慣や慣習。

こうした大企業ならではの弊害に疲れてしまった人の中には、新たな活路を求めて中小企業・ベンチャー企業への転職を希望する人も少なくありません。

大企業から中小企業・ベンチャー企業への転職

大企業から転職 有利

(中小ベンチャーの仕事は裁量権がとにかく大きい)

私自身、大企業と中小企業(ベンチャー企業)の両方で人事の仕事を経験したことがあります。

その中でもっとも実感したことは「仕事の裁量権の大きさの違い」です。

要するに自分のやりたいように仕事ができるということですね。

大手企業で人事をやっていた時は、新人採用業務なども大人数で取り組む一大プロジェクトのようなかたちでした。

当時は社員1人の権限は吹いて飛ぶようなもので、何をやるにしても上長の決済が必要で息苦しい限りでした。

一方で、ベンチャーに転職した後に経験した新人採用業務では、採用から新人研修、OJTまですべて自分で考え、しかも実行するのは自分…という形でした。

仕事はきつかったですが、やりがいは圧倒的に中小ベンチャーでの業務の方が大きかったですね。

中小ベンチャーで働く醍醐味

大企業から転職 有利

(大企業から中小ベンチャーに転職するメリット・デメリットを正しく把握して決断しよう)

良くも悪くも、いち社員である自分の行動が経営に直結し、影響を与えるのがベンチャーに参加する醍醐味と言えるでしょう。

(例えていうなら、「毎日が文化祭前夜」のような感じです)

また、収入面でも大手と中小ベンチャーは全く違います。

固定給が高いのは断然大手ですが、ベンチャーでは「会社がもうかったらみんなで分ける」式の柔軟なボーナス制度を導入している企業も少なくありません。

(中小ではこうやって魅力をアピールし、足りない人でをカバーしている部分が少なからずあるのです)

↓まとめると、中小企業・ベンチャーではこうした魅力的なメリットがあります。

中小ベンチャーの魅力

  • 広い裁量を認められて働ける。
  • 自分の能力を試せる。
  • 刺激あふれる環境で働ける。
  • 自分が貢献した分だけ報酬を得られる仕組みで働ける。

一方で、大手企業に比べると年収や福利厚生、会社の安定性で劣るというデメリットがあります。

こうしたメリット・デメリットを踏まえた上で、それでも大手企業に勤め続けるのに苦痛を感じる…という方は、大手から中小ベンチャーへの転職を検討してみると良いでしょう。

大手経験者は職歴で圧倒的に有利ですから、最初から管理職待遇で入社できるケースも少なくありませんよ。

大手をドロップアウトして、中小ベンチャーで活躍したい!という気持ちが強い人は、今すぐ転職活動を始めましょう。

【損失がでかすぎ】向いてない仕事で人生を浪費するな

(合わない仕事で人生を浪費するのは損失がでかすぎます)

  • この仕事、自分には向いてないと感じる…。
  • やりがいをまったく感じない。毎日何も楽しくない。
  • 職場の人たちがぜんぜん好きになれない…。

↑こんなふうにモヤモヤしながら働いている方、

きっと多いのではないでしょうか。

そんな方にぜひ知っておいていただきたいことがあります。

それは「自分に合ってない仕事や職場で、人生の貴重な時間を浪費するのは、本当にもったいない」ということです。

20代で年齢的にうちはまだいいかもしれません。

何ごとも経験だから…。

でがまんできる人もいるでしょう。

管理人

でも、これがこの先30年以上ずっと続く…と考えた場合どうでしょうか。

例えば、いま25歳の人なら定年が65歳として、

あと40年(…!)は仕事人生は続きます。

つまり、仕事って人生のほとんどの時間をかけてやっていくものなんですよね。

どうせならやりがいを感じられる仕事の方がいいと思います。

自分に向いていない仕事で、

毎日苦痛を感じながら生きていくなんて、

いったいなんのために生まれてきたんだ…。

って感じても不思議はありません。

(むしろ自然な感情でしょう)

ですが、残念ながらほとんどの人が

「みんながまんしてるんだから…」

で自分も我慢してしまうのが現実です。

>>ならどうしたらいい?自分に向いてる仕事を見つける方法

どんな仕事でも「向いてる/向いてない」が絶対にある

(営業職も事務職も「向き不向き」が必ずあります)

 

これはすべての種類の仕事についていえることですが、

仕事って向いてる/向いてないが絶対にあります。

例えば営業マンの仕事。

ものすごくまじめに頑張ってるけど、

なぜか成果が出ない人っているんですね。

その一方で、毎日テキトーに仕事してても、

キャラや見た目の良さでポンポン成果を出してしまう人っています。

事務職でもこれは共通です。

毎日、一生懸命やってるのになぜか職場で嫌われたり、

足を引っ張られたりする人がいる一方で、

どんなにミスをしてもなぜか許されちゃうみたいな人っていますよね。

>>ならどうしたらいい?自分に向いてる仕事を見つける方法

私も新卒入社した会社で営業配属だったのですが、

ダメダメでした。

本当に嫌で嫌でしょうがなくて、

毎日やめたい…と感じながら働いてましたね。

↑当然ながらこんな働き方で成果なんて出ません。

私がモタモタしているうちに、

楽しみながら仕事をしていた

同期たちにはどんどん差をつけられました。

管理人

同期入社の連中はどんどん成果を出し、

役職付きになって昇給していくのに、

自分だけずっとヒラ社員の安月給…。

まわりからも「あいつは仕事ができない」と見下され、

自分でもそんな自分がどんどん嫌いになっていく…。

↑これめっちゃつらいです。

その後どうしても耐えられなくなって

事務系の仕事に転職をしたのですが、

こちらは自分に合っていたのか、

割とすぐに成果を出すことができました。

営業マン時代は完全に「無能」あつかいされていた自分が信じられないぐらい、

すんなりと仕事内容を覚えられたんですね。

仕事には「向き不向き」があるのを痛感した瞬間でした。

仕事がちゃんとできると、職場内での人間関係もスムーズになります。

一緒に働く人たちも「あいつは役に立つ」と認めてくれますから、

仲間として受け入れてもらえるんですね。

「向いてない仕事でがんばる」のは損失が大きすぎる

(どんな仕事にも向き不向きがあります)

 

「好きこそものの上手なれ」ってことわざがありますが、

仕事に関してはこれほんと真理だと思います。

本当はもっと力を発揮できる仕事があるのに、

たまたま自分に合わない仕事を選んでしまったばっかりに、

苦しい思いをして働いている…。

↑こういう損してる人が多すぎます。

仕事なんて実際に現場に出てみるまでは

向いてる/向いてないなんてわからないので、しかたないんですけどね。

逆に言えば、いまうまくいっていない人にも必ず

「これならやれる」って思える仕事はあります。

管理人

ただし、まったく未経験の仕事に転職するのって、

年齢が高くなるほど難しくなるのにも注意です。

今の仕事が合ってないと感じている人は、少しでも早く対策をとりましょう。

自分に向いてる仕事を見つける方法(ハロワは使うな)

(自分に合った仕事を見つける方法とは?)

 

どうすれば自分に合った仕事を見つけられるのか?ですが、

まずは情報収集から始めましょう。

  • いま現在、世の中にはどんな仕事があるのか?
  • 自分の性格で向いている仕事ってどういうものなのか?
  • どういう仕事をしている人が給料高いのか?
  • どういう業種にニーズが集まっているのか?
  • どういう業界が今後も伸びていくのか?

↑こういったことについての現状把握から始めることがたいせつです。

具体的には無料の転職サイトを使って、

現在募集されている求人をチェックしてみましょう。

(↑無料アカウントのみで、求人検索で年収を見られます)

管理人

なお、求人はハロワとかでも一応は探すことができますが、

正直ブラック求人が多いので避けた方が良いですね。

ハロワって政府が「本当に本当に仕事がなくてどうしようもない状態の失業者」向けに提供しているサービスです。

はっきりいって生活保護と同じレベルの最低限のサービスなので、

最後の手段ぐらいに考えておきましょう。

普通に高校や大学出てて、

普通にネット使える環境の人は転職サイトを使いましょう。

転職サイトは無料サイトなので、お金がかかることはありません。

自分の年齢・職歴に合った転職サイトを使うのが重要(じゃないと門前払いを食らう)

(20代は「20代にあった転職サービス」を使うのが大切)

 

転職サイトを使う場合には、1つだけ注意点があります。

それは、自分の年齢や職歴に合った転職サイトを使うことです。

転職サイトっていろんな種類があって、

↓こんな感じでそれぞれ利用者層が違うんですね。

  • 30代〜40代のベテラン向け求人をメインであつかう転職サイト
  • 20代若手向けの求人だけをあつかう転職サイト
  • 金融業界の求人だけを専門であつかう転職サイト
  • 経理職の求人だけを専門であつかう転職サイト
  • 薬剤師や看護師など特定の資格を持つ人向けの転職サイト

例えば、20代若手の人が30代〜40代のベテラン向けの転職サイトとか使っても、

まず応募できる求人なんて出てこないです。

自分に合っていない転職サービスで仕事を探してしまうと、

マッチする求人件数0件…みたいな状態になってしまうので注意してください。

(いわゆる「門前払い」です。これってまじで絶望的な気分になります)

20代若手層の人は、

20代若手向け・未経験者OK求人がメインの転職支援サービス

↓を使いましょう。

管理人

(マイナビエージェントは20代の若手向け求人が充実している無料転職サイトです)

\ 未経験OK!20代向け求人多数あり/

無料登録のページを見る

無料アカウント登録で求人検索機能を使えます。

(年収や残業時間などのくわしい情報を指定して検索できます)

転職支援サービスは、

自分の状況に合ったところを使う。

(20代は20代向け、未経験者は未経験むけのところ)

↑これは転職活動のコツというか鉄則です。

ネット使い慣れている人でも、

意外に見落としがちなポイントなので注意してください。

自分にマッチする求人は「探す場所」さえまちがえなければ、

誰でもちゃんと見つけることができますよ。

転職サービスは誰でも無料で使えます。

まだ転職するかどうかはっきり決めていない人も、

とりあえず無料アカウントは作っておきましょう。

管理人

無料アカウントを作っておくと、

自分にマッチする求人が出た時に最速で通知してもらえたり、

「こんな職種もありかも?」的な情報メールが定期的に受け取れます。

自分ではまず思いつかないような

意外な仕事の選択肢を知れたりしますよ。

未経験の職種に挑戦する場合、

はば広い選択肢の中から仕事を選ぶのが大切ですからね。

 

世の中で不況で「若い人は仕事なんてどこにもない…」とかとんでもないウソです

(探す場所さえ間違えなければ、仕事なんてたくさん見つかります)

世の中で不況とか言ってても、

実際には転職サイト内でものすごくたくさんの仕事が出回ってます。

こんなにたくさんの選択肢があるのか…!

とびっくりすると思いますよ。

日本の若年失業率はたったの3.7%です(世界平均は13.6%)

仕事は探す場所さえまちがえなければ山ほどあるんです。

あと、学生時代の就活ってある程度は選択肢がしぼられてましたよね。

(ある程度の大手企業に行こうと思ったら営業マンしかない…など)

でも、いったん社会人になった後の転職活動って、

選択肢がものすごく多いんです。

人事やマーケティングといった人気職種も、

未経験OKの求人がたくさんありますし、

最初から「将来の幹部候補」などのかたちで募集されている求人も多いですよ。

いざというときの選択肢を確保しておくのが重要

(いざとなったときの選択肢を準備しておくのが大切です)

転職支援サイトで無料アカウントを作ったら、

自分の年齢や職歴・希望年収などを入力しておきましょう。

条件にマッチする求人を定期的にメールで配信してもらうことができます。

自力で探していたらまず気づけなかった選択肢にも気づけますよ。

↑日常的に送られてくる求人メールをチェックしておいて、

気になったものを情報としてストックしておくのがコツです。

これやっておくと、

「今の仕事がどうしても辛くなったら転職もある」

という選択肢を持てるのが大きいです。

疲労とストレスで倒れる前に転職という対策を打てます。

今すぐは転職できない人も、

転職サイトへの無料登録はやっておいた方が良いです。

仕事のストレスや疲労が限界まで来ると、

無料登録すらやる気力がなくなります。

管理人

転職サイトは誰でも無料で使うことができます。

↓20代若手層の人がマッチする求人を見つけやすい転職サイトはこちらです。

(マイナビエージェントは20代の若手向け求人が充実している無料転職サイトです)

\ 未経験OK!20代向け求人多数あり/

無料登録のページを見てみる




Sponsored Links

-転職活動のコツ

Copyright© 転職と副業のサザンクロス , 2023 All Rights Reserved.