転職活動のノウハウ

大企業から転職は有利?フツーの人でも年収1000万稼げる安定環境を捨ててもOKなら決断もアリ

更新日:

大企業から転職 有利

(大企業からの転職は職歴面では圧倒的に有利。やりがい重視で転職するならありです)

大企業から中小企業・ベンチャー企業への転職を希望する人は、今も昔も少なくありません。

↓大企業に勤務している人が転職を検討するきっかけとしては、以下のようなことが多いでしょう。

  • 高年収とはいえ出世コースとそうでない人とでは格差がある評価システム。
  • タテ割り型の人間関係に疲れた。
  • 年功序列で決まる役職と無能な上司にうんざり。
  • とにかく何をやるにも時間がかかる。社内での調整が大変。
  • そして常につきまとう「自分のやりたい仕事はこれじゃない」感…。

以下では、

  • 大企業から転職するメリットやデメリット、
  • 大手経験者は中小企業やベンチャーで有利に転職できるのか?

といったことについて具体的に説明します。

大企業からの転職は有利?

大企業から転職 有利

(大企業経験者は職歴面では圧倒的に有利。具体的に言えば書類選考に落ちることがほぼありません=面接に爆速で進めます)

大企業経験者というのははっきりいってこれまでの人生で「勝者」としていきてきた人がほとんどです。

採用を行う企業(中小企業やベンチャー)側も「大手に採用されるぐらいだから優秀なはず」という評価をしてくれるのが普通ですから、有利になる部分も大きいです。

具体的には、大企業経験者は書類選考にものすごく強いです。

中途採用の転職は面接で9割以上の結果が決まりますから、面接にまで進めるかどうかが転職の成功率に大きく影響するのは間違いありません。

面接で突っ込まれる可能性が高い点としては、「大企業と中小・ベンチャーでの仕事の違い」を、あなたがちゃんと理解しているかどうか?でしょう。

↓次の項目で具体的に説明します。

中小企業・ベンチャー企業の最大の特徴

大企業から転職 有利

(中小企業・ベンチャー企業の特徴は人手不足と予算不足)

中小企業やベンチャー企業の特徴は、とにかく予算と人手が足りないことです。

必然的に自分で手を動かす部分が大きくなります。

やや抽象的な言い方になりますが、「現場感覚」が強い人であるかどうかが評価のポイントになるでしょう。

もちろん、長期的な目線で見れば企業として安定的な成長をしていくためには、仕組み化が重要であり、抽象度の高い仕事をこなせる人が必要です。

(長い目で見れば、どんな人が仕事をしても同じクオリティの商品を生み出せる仕組みを作ることが重要です)

しかし、中小企業やベンチャーではとにかく「目の前の仕事」をスピーディにさばく能力が求められます。

↓具体的にいえばこういうことですね。

  • 得意先のこのキーマンを動かさないと商品が売れない!となったときに「ちょっと営業かけてきます」と気軽に動けるか。
  • めんどくさい事務処理作業が出てきたときに、「じゃとりあえず今回は俺がやるわ」と気軽に動けるか。

「なんだこんなことかよ?」と思われるかもしれません。

しかし、大企業と中小ベンチャーでは仕事の仕方に大きな差があることを知っておきましょう。

中小ベンチャーの採用担当者側も、あなたがこうした点をちゃんと理解した上で転職を求めているのか?は気になるポイントだからです。

こうした「大手企業と中小企業の仕事の進め方の違い」を知った上で、相手が求めていることをちゃんと面接でアピールできれば、

もともと職歴その他でアドバンテージがある大企業経験者は有利な条件で転職成功できる可能性が高いでしょう。

大企業の中の人にはイメージしにくい大手企業勤務の強み

大企業から転職 有利

(年収や福利厚生で圧倒的に有利なのはやはり大手企業)

新卒からずーっと1つの会社(大手)に勤めているという人にはなかなかイメージがつきにくいかもしれません。

大企業勤めの人は、福利厚生や年収の面で圧倒的に優遇されています。

例えば、20代前半のうちは実務能力なんて誰でも大した差はありませんよね。

しかし、中小企業づとめの人が年収300万円スタートのところ、大手企業は400万円スタートというのは普通です。

また、30代以降の年収にも明らかな差があります。

厚生労働省の「賃金構造基本統計調査」というややこしい名前の統計デーがあるのですが、

↓それによると大手企業勤務者の平均賃金と、中小企業勤務者の平均賃金には以下のような違いがあります(30歳〜34歳男性の数値)

平均月収の差:30〜34歳男性

  • 小企業:平均月収26万5400円
  • 中企業:平均月収27万4000円
  • 大企業:平均月収31万8400円

出所:厚生労働省 平成29年賃金構造基本統計調査の概況

なお、あくまでも平均なので、もっと稼ぐ人もいればもっと少ない人もいるでしょう。統計というのはそういうものですのでご了承ください。

新卒で大企業に入れなかった人たちが、「のどから手が出るほどほしい…!」と考えているのが大企業の福利厚生であり年収あり社会的信用なのです。

アラサーのお見合いパーティで男女問わずモテまくる大手サラリーマン

大企業から転職 有利

(大企業サラリーマン・OLはとにかくモテる:男女問わず)

この辺りの差を実感したい人は、試しに金融機関で借金してみてください(半分冗談ですが笑)

アラサー中心のお見合いパーティとかでもいいです。

大企業づとめであれば住宅ローンも簡単に通りますし、クレジットカードもばんばん発行できます。

大手企業勤務のサラリーマンと結ばれたい人は多分あなたが考えているよりもずっと多いでしょう(男女問わず)

大企業に勤める最大のメリットはこうした社会的な信頼であり、安定感なのです。

もちろん遠慮することはありません。使えるものはどんどん使いましょう。

学生時代からずっと頑張ってきて大手に入ったあなたにはその権利があります。

でも求めているのはそれじゃないんだよな…という人も

大企業から転職 有利

(あなたが「仕事に本心から求めるもの」はなんですか?)

ただ、長年大企業で勤めている人の中には、

「大手企業に勤めていることがいろんな面で有利なのはわかっている。でも自分が求めているのはそういうことじゃない…」

という人も多いでしょう。

↓例えば、仕事において以下のような願望をかかえてモヤモヤしている…とい人は少なくないでしょう。

  • 経営レベルでの意思決定に関わってみたい。
  • 顧客が社会からの直接的なフィードバックを得たい。
  • 多少給料がさがってもいいから、自分のパフォーマンスに従って報酬を得てみたい。
  • 自分が本当に優秀な人間なのか試してみたい。
  • 一度限りの人生、安定だけで終わるなんてうんざり…。

こうした願望は、大手企業の中にいる限りはなかなか実現するのが難しいのが現実です。

また、「大企業ならではの会社の嫌な部分」にうんざりしている…という人もいるかもしれません。

↓例えば、以下のようなことです。

大企業ならではの弊害もある

  • 明らかにあなたよりも無能なのに、あなたよりも高い役職と収入を持っている人たち。
  • まともな社会人としてのモラルなどかなぐり捨てた血みどろの出世競争。
  • 出世コースに乗れた人間とそうでない人間の社内格差。
  • 無意味な派閥争いと、とにかく空気を読むことが絶対のタテ割りの組織構造。
  • 絶対に不要なことはみんな分かっているのになぜか生き残っている無駄な習慣や慣習。

こうした大企業ならではの弊害に疲れてしまった人の中には、新たな活路を求めて中小企業・ベンチャー企業への転職を希望する人も少なくありません。

大企業から中小企業・ベンチャー企業への転職

大企業から転職 有利

(中小ベンチャーの仕事は裁量権がとにかく大きい)

私自身、大企業と中小企業(ベンチャー企業)の両方で人事の仕事を経験したことがあります。

その中でもっとも実感したことは「仕事の裁量権の大きさの違い」です。

要するに自分のやりたいように仕事ができるということですね。

大手企業で人事をやっていた時は、新人採用業務なども大人数で取り組む一大プロジェクトのようなかたちでした。

当時は社員1人の権限は吹いて飛ぶようなもので、何をやるにしても上長の決済が必要で息苦しい限りでした。

一方で、ベンチャーに転職した後に経験した新人採用業務では、採用から新人研修、OJTまですべて自分で考え、しかも実行するのは自分…という形でした。

仕事はきつかったですが、やりがいは圧倒的に中小ベンチャーでの業務の方が大きかったですね。

中小ベンチャーで働く醍醐味

大企業から転職 有利

(大企業から中小ベンチャーに転職するメリット・デメリットを正しく把握して決断しよう)

良くも悪くも、いち社員である自分の行動が経営に直結し、影響を与えるのがベンチャーに参加する醍醐味と言えるでしょう。

(例えていうなら、「毎日が文化祭前夜」のような感じです)

また、収入面でも大手と中小ベンチャーは全く違います。

固定給が高いのは断然大手ですが、ベンチャーでは「会社がもうかったらみんなで分ける」式の柔軟なボーナス制度を導入している企業も少なくありません。

(中小ではこうやって魅力をアピールし、足りない人でをカバーしている部分が少なからずあるのです)

↓まとめると、中小企業・ベンチャーではこうした魅力的なメリットがあります。

中小ベンチャーの魅力

  • 広い裁量を認められて働ける。
  • 自分の能力を試せる。
  • 刺激あふれる環境で働ける。
  • 自分が貢献した分だけ報酬を得られる仕組みで働ける。

一方で、大手企業に比べると年収や福利厚生、会社の安定性で劣るというデメリットがあります。

こうしたメリット・デメリットを踏まえた上で、それでも大手企業に勤め続けるのに苦痛を感じる…という方は、大手から中小ベンチャーへの転職を検討してみると良いでしょう。

大手経験者は職歴で圧倒的に有利ですから、最初から管理職待遇で入社できるケースも少なくありませんよ。

大手をドロップアウトして、中小ベンチャーで活躍したい!という気持ちが強い人は、今すぐ転職活動を始めましょう。

↓※具体的な転職活動の始め方についてはこちらを参考にしてください。

転職活動って何から始めたらいいの?

なんとなく今の職場は自分が求めているのと違う気がする…。

でも転職活動って何から始めていいのかわからないし、リスクは負いたくない。

転職するかどうかはまだ決めていない段階の場合、何から始めたらいい?

↑こんな悩みをお持ちの方は、転職先に関する情報収集から始めてみるのがおすすめです。

具体的には何をしたらいいのか?というと、まずは無料で使える転職サイトに登録して、いろんな会社の年収や仕事内容を見てみるのが良いですよ。

↓※転職サイトとはこういうサイトのことです(無料で使えます)

【リクルートエージェント】

今や全体の8割以上の人が「転職サイトで情報収集して、良いと思った求人が見つかったら応募する」という形で転職活動をするようになっています。

もちろん、情報収集のための登録だけでも問題ありませんので、「今すぐは転職活動する気はないけど、なんとなくよその会社の情報も知っておきたい」という段階の方も使うことができますよ。

↓転職サイトに無料登録すると、以下のような情報を知ることができるようになります。

転職サイトに登録してわかること

  • あなたと同じ職種の仕事をしている人が、どのぐらいの年収を稼いでいるのか。
  • あなたの年齢と経験職種だと、どういう求人が採用可能性が高いのか。
  • 転職で内定可能性を高めるためには、どういうポイントを押さえて転職活動をすればいいのか。

転職サイトにメールアドレスを登録しておくと、あなたにマッチした求人が毎日メールニュースのような形で届きます。

よその会社の年収や仕事内容を詳しく知ることができますので、情報としてストックしておきましょう。いざ転職!となったときのために、あらかじめ選択肢を持っておくことが大切です。

もし「これは本当にいいかも」と思える求人が出てきたら、くわしく話を聞いてみることもできます。あなたの側から連絡を希望しない限り、めんどうな連絡が来ることもないので安心ですよ。

↓転職サイトは無料で使えますので、ぜひ活用しましょう。

転職エージェント 使い方

フリーメールアドレスで登録OK!

リクルートエージェント公式サイト

※1分で登録完了できます




Sponsored Links

-転職活動のノウハウ

Copyright© 転職のサザンクロス , 2019 All Rights Reserved.