転職の体験談

大学職員へ転職は30代後半でも可能?39歳で年収470万円男性の体験談

Sponsored Links
大学職員 転職 30代

(大学職員への転職は30代でも可能?体験者にお話をお聞きしました)

  • 安定して高年収を稼げる大学職員に興味があるけど、年齢的に転職できる自信がない…。
  • 30代後半で未経験からでも大学職員として働くことはできる?

↑大学職員という仕事に魅力を感じながらも、年齢的な問題からこうした不安を感じている方は少なくないでしょう。

今回は、39歳から大学職員として未経験から働き始めることに成功した男性に転職体験談をお聞きしました。

石川さんは、39歳から大学職員として働き始め、大学内で企画職として働いている男性です。

現在は契約職員として働いていますが、在籍1年目にもかかわらず年収は470万円です。

(大学職員は契約社員からスタートして正社員にステップアップするケースがとても多いですから、いずれそういったキャリアを歩まれるものと思われます)

  • 30代後半で大学職員に転職するにはどうしたらいいのか?
  • 30代で大学職員になった人の仕事内容は?
  • 大学職員の給料が高いというイメージは本当?
  • 大学職員に向いてる人はどんな人?向いてない人は?
  • ワークライフバランスは?定時で帰れてる?残業は?

などなど、気になる情報を本音でお話しいただきました。

30代から大学職員に転職することを検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

ジャンプできる目次

大学職員に転職!30代後半で就職に成功した男性の経験談

体験談をお聞きした方のデータ

  • お名前 :石川正人
  • 在職年齢:39歳〜(1年間=在職中)
  • 雇用契約:契約職員
  • 年収  :年収470万円(月給28万円+夏冬ボーナス)
  • 会社規模:比較的小規模な私立大学

↓※大学職員の給料の実態についてはこちらの記事で解説しています。

>>大学職員は給料高すぎ?実体験者が教える平均年収の実態

私は、ある私立大学の「企画部門」という部署で大学職員として働いています。

役所への申請書類や報告書の作成提出など、外部とのやりとりをするのが私の主な仕事です。

必要な資料をそろえるために、学内各部との調整なども担当しています。

39歳のときに大学職員に転職

39歳の時に今の大学に契約職員として採用され、約1年になります。

近い将来に正職員にしてもらえるように日々頑張っています。

大学職員の求人は、転職サイトで見つけました。

大学職員の求人は人気職種なので、求人がでたら素早く応募する必要があります。

具体的にはどうやって求人を探せばいい?

大学の公式サイトなどで職員募集の掲載が出ますので、それをチェックしてもいいですが、私の場合は転職サイトを使いました。

転職サイトに希望条件を登録しておけば、求人が出た瞬間にニュースメールで携帯電話に情報を自動配信してもらうことができます。

転職サイトには一般には非公開の求人なども登録されていますから、ハローワークなどには出ていない大学職員の求人がたくさんあります。

今はほとんどの人が転職サイトを使っているので、自力で求人を探していたら大学職員に就職するのはほぼ無理だと思います。

求人が出たらすぐうまってしまう人気職種であることを理解した上で、必要な対策を講じておく必要があります。

転職サイトはこちらから無料で登録できます

仕事内容は大学のキャンパスに出勤するデスクワーク

仕事は基本的にはデスクワークです。

大学のキャンパスに出勤して、職員事務室で毎日仕事をします。

書類作成やチェック、各部門や教員への確認といったお役所に近いような仕事が多いですね。

営業マンのように成果を上げるという性質の仕事ではなく、どちらかというとミスが出ないようにていねいに進めていく必要がある仕事です。

受験生や学生の対応は重要な仕事

大学としてはやはり受験生、入学者の確保が大きな課題です。

オープンキャンパスや入試などでは職員全員で学生さんの対応することになります。

高校生、保護者に対して直接案内をすることもありますね。

私が勤務する大学は知名度や難易度が高い方ではありません。

ただし、最初から入学を検討される人が相手なので、基本的には相手がしやすい人ばかりです。

なお、学部の分野からして女子生徒が半分以上を占めています。

また入学後に学生のサポートをする部門もあります。

学生にも満足度アンケートを取ることになっていますので学内での職員対応も重要になってきます。

大学は社会的にも重要な役割を持つ組織

大学という教育機関で働く以上、事務職とはいえ「教育にたずさわっている」と実感できる場面がたくさんあります。

学生さんは、卒業後は社会人として巣立っていきます。

大学時代という人生にとってとても重要な時期に関わることになりますから、責任を感じます。

国家資格の合格を目指す学部もありますから、コンプライアンスを含めて大学としての責任も求められます。

関わりのあった学生が卒業したり、その後に訪ねてきてくれたりといったこともあります。

また、大学は学問研究をしている研究者のサポートをする場でもあります。

そういう意味でも、社会的な役割を担っていると感じます。

大学職員の仕事の2つの側面

大学職員の仕事は、「学生のサポート」と「教員のサポート」の両方の側面があります。

業務では同僚の大学職員との連携はもちろん、教員と連動した仕事が多いです。

具体的には、教育内容や研究などについて役所への申請書類作成をサポートしたり、広報として教員に学外への出張対応を依頼したりなどの業務があります。

大学の規模によって職員数は異なる

私が勤める大学は比較的小規模な私立大学です。職員は30名ほどです。

職員数は、大学の規模によって大きく異なります。

学生数や学部、研究施設が多いような大学ではその分職員の数も多いです。

ただし、キャンパスをいくつも持っているような大学では異動、転勤の可能性もあるのがネックになるかもしれません。

大企業のように顔は知らない部門の同僚と協力していかなければならないケースもあります。

私の場合は、小規模な組織で顔の知れた相手と働ける現在の職場が気に入っています。

大学職員の年齢層はやや高め

現在の職場での職員の年齢層は30~60代まで幅広いです。

中心的なのは40~50代の職員ですね。

また、私のように30代後半から転職してくる人もいますから、年齢と役職はあまり関係ありません。

若くても経験年数が長い人は役職は上ですし、年収も高いです。

ちなみに、私の大学では新卒は採用していませんのでほぼ全員が転職組です。

官公庁等から定年後に入職される人も多いようです。

大規模校は若い職員もいるようですが、それにしても大学全体は一般的には年齢が高めの人が多いですね。

安定して働ける環境ですので、退職していく人は少ないです。

必然的に新規の職員募集は「何年かに一度欠員を埋める」という形になりますから、職員採用は狭き門になります。

大学職員になるには、転職サイトを使ってこまめに情報収集することが必要です。

転職サイトに求人が出たらとりあえず何も考えずに応募する」ぐらいのスピード感をもっていないと、採用されるのはなかなか難しいと思います。

大学職員としての現在のお給料に不満はありますか?

大学職員という仕事は、「安定していて給与水準が高い」というイメージを持っている人が多いと思います。

私もそのようなイメージを持っていました。

実際、入職してみて実感していますが、条件はかなりいい方だと思います。

月給は28万円程で年2回のボーナスがあります。

年収にすると470万円ほどです。

未経験入社の事務職でこれだけのお給料がもらえる仕事はあまりないでしょう。

数年後には現在の正職員に欠員が出たらおそらくは正職員になれると思うので、また給与アップを見込めます。

ただし、ひと口に大学職員と言っても、勤める大学や勤務年数、役職等によって年収は大きく異なります。

やはり毎年安定的に学生を確保できる有名大学では職員の待遇も良いです。

基本的に年功序列の組織になっていますから、経験年数を積み重ねれば一般企業での重要ポストと比べても劣らない給与を得ている大学職員もいます。

大学職員はノルマがなく安心して働ける仕事

大学職員にはノルマというものがありません。

一般企業の営業マンのように、自身の成績によって査定がされることはありませんから、安心して働けます。

もちろん、能力的に自信のある人は「業績ベースで給料が決まればもっと稼げるのに」という気持ちがあるかもしれません。

ただ、そういう方はあえて大学職員になる必要はないと思います。

一部の大学でそうした制度を取り入れているケースはあるかもしれませんが多くの大学ではマイナス査定になることはまずないと思います。

この点は働き方を含めても、現状より下がることはないという安心感があります。

一定の速度で役職をステップアップできる

業務内容的にも「お役所」に近い部分がありますが、給与や昇進も同様の側面があると感じます。

つまり、職員は基本的に年功序列で出世して行きます。

「今から何年後にはこれぐらいの給料とポスト」ということが具体的にイメージできますから、人生を計画的に進めて行きたい人にはぴったりかもしれません。

結婚や女性の場合は出産、住宅購入なども計画的に進めることができるでしょう。

転勤もよほどの大規模校でなければ、あっても隣県ぐらいの範囲に限られます。

大学職員の働く時間や残業・休日出勤の有無について教えて下さい

勤務時間は部門によって多少異なりますが、原則は朝9~17時が定時となっています。

ただし、学生対応のある部門は朝の出勤がもう少し早くなっていますね。

行事の際は全職員早めの出勤が命じられる場合もあります。

残業については時期や業務によって発生することもあります。

残業申請をすることで残業代は全額支給されます。

大学ならではの週末、休日出勤

大学職員の勤務として避けて通れないのは週末、休日出勤でしょう。

まず土曜日に関しては大学の授業があるという関係で交代勤務が生じます。

自身の経験では1~2か月に1回程度ですが振休はなく終日勤務でした。

土曜勤務に関しては振休がある、または勤務時間が半日など大学によって違いがあるようです。

また、休日出勤はオープンキャンパスや入試業務があるときは普通に生じます。

平均するとこれが月1~2回程度発生する感じですね。

こちらも振休を取得できる仕組みです。

なお、大学業務ではこれらの業務は重要かつ常態化しているため、休日出勤手当はない場合がほとんどでしょう。

ちなみに夏季休暇が一般企業に比べるとやや多いのも特徴です。

10日プラスアルファは確保できます。

大学職員の仕事にはどうすれば転職できる可能性が高いですか?

大学の公式ホームページでも「職員募集」の情報が出ることがありますが、

基本的には転職サイトを使う人がほとんどですね。

ハローワークにも求人が出ることがありますが、情報がかなり遅いのであまりおすすめしません。

大学職員の募集は、基本的に総合職の募集として行われることが多いです。

これは、採用されてから部門を異動するケースが多いためです。

学生課や就職課、教務課や総務課など、大学の中にもいろんな部門があります。

大学職員に求められるスキルや経験

大学によって異なりますが、大規模校を含めていえば最近は「語学力」(留学生や外国籍の教員も増えている)を条件にする募集が増えているようです。

そのため語学系の資格、得点などは有効ですね。

また、金融関係や書類作成などの業務をやっていたという経験もアピール材料になります。

数字に強いというイメージがある経験は評価されやすいです。

なお、同じ業界内での転職(つまり大学職員から別の大学職員への転職)も多くみられますね。

未経験から挑戦する場合、教育や大学という場でどのように自身のスキルや経験を活かすことができるか?をうまくアピールできるかがカギになるでしょう。

なお、大学職員は年齢が高い人が採用されやすい傾向があります。

私のように30代後半ならじゅうぶん採用される可能性がありますので、ぜひ挑戦してみてください。

大学職員の実際の求人と年収を見てみる

筆記試験と面接で選考される

私が内定を得た大学は面接のみでしたが、多くの場合は応募者が多いこともあって筆記試験を実施しています。

受験したこともありますが、内容はSPIなどいわゆる就職で課されるようなものです。

また受験者の印象や対策としては公務員試験等を受験された方や対策をしている人を見ました。

面接では大学という場で、どのようなことを実現したいか、またスキルを発揮できるかを聞かれるでしょう。

そして、周囲との連携、調整能力は重視されますのでそうした経験を話すべきだと思います。

大学職員の仕事で「楽しい・やりがいがある」と感じる瞬間は?

実際に担当する業務や部門によって大学職員のやりがいはそれぞれですね。

わかりやすいのは募集や広報であれば、受験生や入学者が集まり、増えたり知名度が上がるなど。

または学生のサポートをしたり、就職のバックアップも直接的なフィードバックを受けられる機会です。

私は事務系業務のため、表立って実感することは少ないですが教職員との関わりのなかで協力しながら書類を完成させたり、それによって大学運営が進んでいると思えることはやりがいです。

また直接的にお礼を言われるなども大きな糧になります。

大学職員の仕事で「ここがつらい・しんどい」という点は?

個々の業務において、辛いことは職員自体が表に立つことは少ないために地味な作業やサポートが多くなります。

人の前に出て目立った仕事がしたい、自分の業績に応じて年収や役職を決めてほしい、という方は辛いと感じる面が多いかもしれません。

縁の下の力持ち」的な働き方に慣れている人向けの仕事だと思います。

大学職員によくある退職理由は?

大学職員という職種でいえば、退職するケースは少ないです。

あるとしたら、より条件や将来的な展望が良いと思われる他大学に転職するぐらいでしょうか。

逆に言えば、その職場においては出入りが少ないためにいつも同じ人間関係で仕事をしなければなりません。

その中での関係性が悪くなると退職をせざるを得ないケースもあるようです。

大学職員の仕事に向いている人は、どんな人だと思いますか?

安定的な組織の中で、ゆっくり腰を落ち着けて働きたい人に向いています。

逆に言えば、変化を好む人、自分の実績に応じて給料をもらいたいというような方は向かないですね。

また、基本的には人の出入りが少ない職場ですから、年齢の離れた人とも円滑にやっていけるコミュニケーション能力も必要です。

こういった職場ですから、あまりガツガツした人は好まれません。

具体的な仕事内容に関しては「教育に関わる」ということにやる気を見いだせるのが望ましいですね。

勤める大学を「もう1つの母校」と思っている職員も多いです。

こうした環境に向いていると感じる方は、ぜひ挑戦してみてほしいです。

大学職員になるための転職活動について

大学職員の仕事に最速で転職したい方は、

転職エージェントを使うようにしましょう。

>>大学職員の求人が多いおすすめの転職エージェントはこちら(無料)

大学職員の募集は、各大学のホームページなどで知ることができますが、

日本には700以上の大学がありますから、

これらの情報すべてを自分でチェックするのは相当きついです。

(というか、あまり現実的ではありません)

大学職員は人気職業なので、限られた応募枠はすぐに応募者で埋まってしまいます。

求人の見落としがないようにしたいなら、

転職エージェントを使って情報アンテナを立てておくのが確実です。

転職エージェントのサイトに無料登録し、

志望条件に「大学職員」「大学事務」「学校法人」などのキーワードを入力しておけば、

↓新規募集が始まった瞬間にメールで通知してもらうことが可能ですよ。

大学職員 やめとけ

(リクルートエージェントは最大手の転職エージェント会社です。大学職員の求人も定期的に出てきますよ)

\ 大学職員の求人多数あり!/

無料登録して求人を見てみる

ちなみに、転職エージェントは無料で使えていつでも解除できますので、

ひとつの転職エージェントに限定して使う必要はありません。

(というか、採用の可能性を上げるためにも最低3社は同時進行で使うべきですね)

↓大学職員の求人がひんぱんに掲載される転職エージェントとしては以下のようなところがありますので、

最低3社は登録して志望条件の入力を確実にやっておきましょう。

転職経験者

私も今の大学にはエージェント経由で転職しましたが、

お金を1円でも請求されることはありませんでした。

利用をやめたくなったらメール一本送るだけでいいので、リスクは何もありませんよ。

職務経歴や希望条件などを登録しておけば、

条件に合致する大学事務職員の求人が出るたびに最速でメール通知してもらうことができます。

求人を見逃すことがほぼなくなりますよ。

人気職種である大学職員を目指すならこれは必須の作業なので、少しでも早くやっておいてください。

>>あえて1社だけ使うとしたらこちらです(もちろん無料)

大学職員志望者が転職エージェントを使うメリット

転職エージェントは、転職活動をやっていく上でめんどくさいことを代わりにやってくれます。

くりかえしになりますが無料で使えていつでもやめられるので、使わない理由がないです。

2021年現在、転職エージェント使わずに転職活動する…

とか、採用担当者から情弱あつかいされかねないので注意してください。

転職経験者

↓例えば、転職エージェントは、以下のようなことをやってくれますよ。

  • 応募書類の事前添削をしてくれる
    履歴書や職歴書などをプロの目でチェックしてくれますので、書類審査で落ちてしまうリスクを下げられます(ライバルの多い大学職員の書類審査では必須です)
  • 採用担当者との面接日程の調整
    人事採用担当者と電話でアポイントをとるなど、転職活動にあたってめんどうな手続きを代わりにやってくれます。
  • 面接対策をしてくれる
    転職エージェントは応募先大学の人事担当者とあらかじめ会って求人ニーズをヒアリングしているので「この大学は職員教育でこういうことを重視しているので、こういう質問がきたらこう答えましょう」といったように具体的にアドバイスしてくれます。
  • あなたの代わりに自己PRをしてくれる
    転職エージェントは、あなたの長所について採用担当者にプッシュしてくれます。自分で自分を売り込むのが苦手…という人は転職エージェント経由で伝えてもらうのがいいですね。
  • 年収交渉をしてくれる
    転職エージェントは採用初年度のあなたの年収金額について大学側と交渉してくれます。どうせ働くならお給料は少しでも高い方が良いですよね。

↑逆にいうと、転職エージェントを使わない場合はこういうめんどくさいことを全部自力でやらないといけません。

大学職員は人気の職種なので、ライバルも少なからずいます。

無料で使えるものはすべて使って、

確実に採用可能性を上げていくようにしましょう。

転職経験者

ひと昔前までは、転職活動といえば「ハローワークに行って仕事を探して、紹介状をもらって…」というめんどうなことが必要でしたが、

現在はこういうめんどくさいことは全部転職エージェントがやってくれます。

転職エージェントは無料で使えていつでもやめられるので、使わない理由はないです。

(全部自力でやりたい!という人以外は使った方がいい)

転職エージェントのサイトに無料登録して条件入力しておくと、

大学職員の求人が出た瞬間にメール通知してもらえます。

無料登録だけは早めにやっておきましょう。

大学職員の採用試験はどんな感じで進む?

↓私の場合は以下のような感じで選考が進んでいきました。

  1. 転職エージェント経由で求人に応募
  2. 書類選考
  3. 筆記テスト(SPIのようなもの)
  4. 集団面接
  5. 個人面接
  6. 最終面接

どんな大学に応募するにしろ、まずは求人を見つけるところからスタートしなくてはいけません。

応募する求人を見つけたらその大学の情報をインプットし、

担当エージェントと面接練習を繰り返し行うのが良いと思います。

いかに徹底的に準備できるかが、内定まで進める人とそうでない人の差になるでしょう。

>>大学職員を目指す人におすすめの転職エージェントはこちら(無料)

まとめ:これから大学職員に転職したい人へ

大学職員は、外資系企業に転職してエリートになりたいとか、

将来は起業して社長になりたい!とかいった人には向かない仕事です。

一方で、安定的に仕事をしながらワークライフバランスもしっかりとりたいという方には非常に適した仕事だと思います。

基本的に残業なしの職場で、

年齢20代でも年収500万円超を狙える事務職

という仕事は、なかなか世の中にないでしょう。

転職経験者

大学職員は、特別な才能や学歴がないとできない仕事ではありませんから、

未経験でも転職することは可能です(本文でもみたように、転職組が多い職場ですし)

ぜひチャレンジしてみてくださいね。

>>まずはここ使って求人を見つけるところから!

Sponsored Links

-転職の体験談
-

Copyright© 転職のサザンクロス , 2021 All Rights Reserved.