Sponsored Links

転職の体験談

大学職員への転職は30代も可能?未経験で採用されるためのポイント

大学職員 転職 30代

(大学職員への転職は30代でも可能?未経験から採用されるためのポイントを解説します)

「安定・高年収」と人気の大学職員ですが、30代でも未経験で転職することは可能なのでしょうか。

この記事では、実際に大学職員として働く私が、年齢30代以上の業界未経験者が大学職員に転職するためのポイントを解説します。

>>私の転職体験談はこちらのページ

  • 大学職員の求人がたくさん見つかる場所
  • 書類選考に通りやすい志望動機の書き方
  • 大学職員の面接で質問されることが多い項目とその回答例

↑こういった情報についてもお伝えていますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

大学職員への転職は30代・未経験でも可能?

大学職員になりたいと思っている方の中には「30代でも大丈夫?ましてや未経験でも大丈夫?」と不安をもっている方が多いでしょう。

しかし、結論からいうと、30代でも未経験でも大学職員への転職は十分可能です。

大学の求人情報でも、30代が募集対象に入っている求人がほとんどですね。

私の働いている大学でも毎年転職者が採用され、30代で入職した方が大学職員として現在も活躍しています。

採用者のうち、9割は大学職員未経験者で、経験者として転職してくる人は非常に珍しいです。

大学職員は特殊な能力が必要な仕事ではありませんから、別の業界で事務職や営業職の経験がある人なら普通に採用されます。

ちなみに、転職者の年代の割合は、20代と30代が半々といった感じです。

さすがに40代になると未経験転職はきびしくなるかもしれませんが、20代と30代とではそれほど条件に差はないと思われます。

30代未経験者が大学職員への転職を成功させるためのステップ

大学職員への転職を成功させるためには、以下のようなステップを踏んでいく必要があります。

大学職員になるステップ

  • 求人を探す
  • 書類選考
  • 一次選考
  • 二次選考

大学職員は人気の職種ですから、着実にステップを踏み、ステージを上がっていく必要があります。

ライバルに負けないためにもしっかりと準備を行い、内定という目標に向かっていきましょう。

以下では、それそれぞれのステップにおけるポイントを順番に説明します。

求人情報はどこで探す?

大学職員の求人情報は、各大学のホームページをくまなくチェックすることで探すことも可能ですが、あまり効率的とはいえません。

募集が出てすぐにうまってしまう可能可能性も高い情報をもらさずチェックするなら、転職サイトを利用することをおすすめします。

大学職員の求人が多く掲載されているサイトとしては、リクルートエージェントマイナビエージェントdodaの3サイトがあります。

こうしたサイトには「非公開求人(ハローワークや別のサイトには登録されていない独占求人)」として大学職員の仕事が掲載されることもありますよ。

(非公開求人をみるには、サイト内で無料登録が必要です)

2〜3社に登録してとりこぼしのないように求人を見つけるようにしましょう。

書類選考に受かるポイントは?

大学職員になるための最初の壁が書類選考です。

次のページへ >




Sponsored Links

-転職の体験談
-

Copyright© 転職と副業のサザンクロス , 2020 All Rights Reserved.