未分類

天皇に苗字がない理由とは?秋篠宮など皇族にはあるの?称号って何?

投稿日:

天皇 苗字

  • 天皇の苗字って何?
  • 天皇の弟さんの「秋篠宮」は苗字なの?
  • 天皇の名前に代々「仁」という字がつくのはなぜなの?

皇族の方々はいつもお名前だけで、苗字は呼ばれませんよね。

(天皇は「天皇陛下」、皇族の方たちは「愛子さま」や「眞子さま」というように名前で呼ばれます)

実は天皇陛下をふくめ、皇族の方々に苗字はないのです。

また、一見すると苗字のように思える「秋篠宮」という呼び方も、苗字ではありません。

この記事では、天皇と苗字の関係についてくわしく解説いたします。

Sponsored Links

天皇に苗字がない理由

天皇陛下や皇族方に苗字がないのは、苗字をもらう側ではなく、つける側の立場だからです。

歴史上、苗字というものは「一番エライ人から、ご褒美や役職をもらうときにいただくもの」という意味があります。

日本という国では、ずっと天皇家が「一番エライ」という歴史をやってきていますから、天皇は誰からも苗字をもらうことが無かったのです。

Sponsored Links

古代の日本の王には苗字があった

一方で、天皇家よりもずっと昔の古代の日本の王様には、「倭(わ)」という苗字がありました。

この「倭」というのは、かつて日本が「日本」という名前になる前の国の名前です。

たとえば、「済(せい)」という名前の王様なら、フルネームは「倭済(わせい)」になります。

どうして古代の王様には苗字があるかというと、当時の先進国である中国のしきたりを日本に持ち込んでいたからです。

中国ではさまざまな苗字の家系の人たちが、代わる代わる皇帝になるということを繰り返してきていますから、皇帝に苗字がないなんてことはありえないことでした。

そのため、当時の日本もマネをして、苗字を名乗ったのです。

ところが、その後日本も歴史が進んで、苗字を持たない一族(今の天皇家)が日本全体を支配するようになりました。

そのため昔の王様には苗字があっても、今の天皇家には苗字がないのです。

Sponsored Links

生前の天皇を「今上天皇」と呼ぶ意味

現在在位中の天皇は「徳仁」さまという本名ではなく、「今上天皇」と呼ばれます。

これは「今の」天皇であることを強調した呼び方です。

よくテレビでは「天皇陛下」と呼ばれたりもしますが、これも正式な呼び方ではなく、「今上天皇」という呼ぶのが本来のあり方です。

さらにいうと、「今上天皇陛下」は二重敬語になってしまうため明確に間違いです(「今上の天皇陛下」であればぎりぎりセーフ)

また、現在の天皇や上皇に対して、本名で呼ぶのもタブーとなっています。

絶対に本名で呼んではいけないというわけではありませんが、あまり好まれないので注意しましょう。

Sponsored Links

なぜ本名をよんじゃダメ?「諱(いみな)」って何?

本名を呼んではいけないのは、「諱(いみな)」だからです。

諱とは、口に出すことを避けられる本名のことで、昔はこの本名を呼ぶことで「その人を支配できる」と考えられていました。

そのため、昔の人たちは「諱(いみな)」と「字(あざな)」という2つの名前を持っていて使い分けていました。

例えば、織田信長であれば「信長」は諱ですが、「三郎」という字も持っています。

豊臣秀吉は「秀吉」が諱、「藤吉郎」が字です。

本来、諱というのはその人が亡くなった後に呼ぶ名前なので、生前に諱を呼ぶのは非常に失礼なことだったのです。

これは家臣である相手に対しても同様で、織田信長が豊臣秀吉のことを「秀吉」と呼び捨てにするようなことは普通はなかったはずです(藤吉郎とか、秀吉の官名である「筑前守」とかいったように呼んだはずです)

天皇についても同様で、後醍醐天皇とか嵯峨天皇とかいった呼び方は、その人の死後に「後醍醐」や「嵯峨」という名前を贈ったものなのです(追号と呼びます)

明治時代以降は元号と天皇の追号とが同じになっているのでややこしいのですが、ルールとしては明治以降もまったく同じです(諱で生前の天皇を呼ぶのは大変な失礼にあたります)

そのため、本名を呼んで良いのは、百歩譲ってもその人の主君や親だけで、他の人が呼ぶのは失礼だとされているのです。

これは日本だけでなく、世界中の王族や貴族に対してもあった習慣です。

Sponsored Links

皇室男子の名前に「仁」がつく理由は?

皇族の男性の本名に全員「仁」がつきます。

上皇陛下は「明仁」さま、天皇陛下は「徳仁」さま、秋篠宮さまは「文仁」さま、秋篠宮さまのご長男は「悠仁」さまですね。

こうした「親から子供へ名前が一文字受け継がれる風習」のことを「通字(とおりじ)」と呼んでいます。

天皇家では「仁」の一文字が通字ですが、織田信長の織田家では「信」が通字、徳川家康の徳川家では「家」が通字、伊達政宗の伊達家では「宗」が通字…というようにそれぞれの家系で決まっています。

ただし、これは厳密に決まっているわけではなく、皇族男性は絶対に「仁」がつく名前でないといけないというわけではありません。

最初お名前に「仁」がついた天皇は56代の清和天皇で、名前は「惟仁」でした。

しかしこの時は定着せず、「仁」が使われるようになったのは70代の後冷泉天皇(本名は「親仁」)からです。

Sponsored Links

秋篠宮・常陸宮・三笠宮・高円宮など「天皇以外の皇族」の苗字は?

冒頭でも紹介した通り、天皇陛下に苗字はありません。

苗字のような使い方をしている「秋篠宮」というお名前も、苗字ではないのです。

この「~宮」というように、後続の男性が独立した後に名乗られる名前のことを、「称号」と呼んでいます。

庶民の側からしたら、「一体どういうこと?」と思ってしまいますね。

もう少しくわしく見ていきましょう。

Sponsored Links

皇族そのものに苗字がない

天皇だけでなく、皇族の方々全員に苗字はありません。

一番えらいからというのもありますが、苗字で区別する必要がないというのも理由です。

天皇は、日本の頂点に立つ唯一無二の一族です。

100年以上この状況は変わっていません。

外国のようにコロコロとトップに立つ一族が変わっていれば苗字も必要ですが、日本の皇室ではずっと男系の家系が続いています。

また、天皇家はヨーロッパの王族のように「分家」が出来るという考え方がありません(天皇家は常に1つだけ)

男子は一生天皇または候補として皇族に居続けますし、女子は結婚したら庶民に下ります。

ですから、下のお名前さえあれば苗字はいらないのです。

Sponsored Links

天皇以外の皇族には苗字の代わりに「称号」がある

皇族に苗字はありませんが、代わりに「称号」というものがあります。

これは天皇の息子や娘につけられるもので、「○宮」という二文字の名前になります。

たとえば上皇陛下は「継宮(つぐのみや)」、今上天皇は「浩宮(ひろのみや)」とよばれていました。

これらの称号は皇太子になられるとなくなります。

そのため現在称号をお持ちなのは、天皇ご夫妻の長女である愛子さまのみです。

愛子さまの称号は「敬宮(としのみや)」。

ちなみに皇嗣さまの「秋篠宮」は「宮号」と呼ばれるもので、称号とはまた別のものです。

ややこしいので注意しましょう。

Sponsored Links

「宮号」は皇族の男子が独立した時に与えられる

「秋篠宮」や「高円宮」といった「宮号」は、皇族男性が独立して生計を立てる際に天皇から賜る名前です。

この「宮号」は、その家の息子に受け継がれることになります。

現在存在する宮号は「三笠宮」「常陸宮」「高円宮」「秋篠宮」の4つ。

その内皇族男性がいるのは秋篠宮のみです。

今のところ宮号を受け継ぐのは男性のみと決まっているため、秋篠宮以外は将来的になくなってしまうでしょう。

Sponsored Links

「~宮」を苗字と考える人もいる

称号や宮号の「~宮」というお名前は苗字じゃないかと考える人も中にはいます。

ただ戸籍に登録する苗字がないだけで、使い方はほぼ苗字と一緒だからです。

しかし厳密に言えば称号や宮号は苗字ではありませんし、苗字だと言い切るべきではありません。

そのような考え方もある、程度で考えた方が良さそうです。

Sponsored Links

愛子さまや眞子さま・佳子さま・悠仁さまは学校では何と呼ばれているの?

現在学校に通われている愛子さまと悠仁さまは、称号や宮号で呼ばれています。

つまり、学校の人からは「敬宮愛子」さん、「秋篠宮悠仁」さんと呼ばれているということですね。

大学を卒業された眞子さまと佳子さまも、学生時代は「秋篠宮」さんと呼ばれていました。

先述の通り、称号や宮号は苗字の代わりに使われるものです。

このことは、ニュースで時々取り上げられる作文などからでも分かるはず。

作文の名前欄に「敬宮愛子」や「秋篠宮悠仁」と書いてありますよ。

Sponsored Links

まとめ

天皇の苗字について解説しました。

苗字がないことは、天皇陛下や皇族がどれだけ高貴であるかを表しています。

天皇陛下や皇族の理解を深める足がかりにしてみて下さいね。

Sponsored Links

-未分類

Copyright© 豆知識ファクトリー , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.