仕事の悩み

家族経営の会社で働くのは最悪?4つのメリットと7つのデメリット

Sponsored Links
  • うちは家族的な社風の会社です!」という会社は多いけど、こういう会社って実際どうなの?
  • 家族経営の会社はブラック企業になりやすいって本当?
  • 家族経営の会社で働くことにはどういうメリット・デメリットがある?

家族経営の会社というと、なんだかアットホームで働きやすそうなイメージがありますよね。

ですが、家族経営の会社で働くことにはデメリットも少なくありません。

管理人

長期的な視点で見た場合のキャリアアップという面では、家族経営の会社はあまりおすすめできないというのが正直なところです。

この記事では、家族経営で働くことのメリットとデメリットを紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

Sponsored Links

家族経営の会社で働くメリット

まずは、家族経営の会社で働くことのメリットからみていきましょう。

管理人

↓家族経営の会社で働くことには、以下のようなメリットがあります。

家族経営の会社で働くメリット

  1. 会社の創業者と非常に近い距離で働ける
  2. アットホームな雰囲気で働ける
  3. 経営者家族に気に入られれば働きやすくなる
  4. 2代目・3代目の社長になる予定の人と仲良くしておくと良いことがあるかも

ごく大まかにいうと、会社の人たちと家族ぐるみの付き合いをするような環境で働きたい人には、家族経営の会社はおすすめです。

それぞれのメリットについてくわしく解説します。

>>家族経営の会社で働くデメリットはこちら

【メリット①】会社の創業者と非常に近い距離で働ける

家族経営の会社で働く1番のメリットは、会社の創業者の人と非常に近い距離で働けることです。

一代で会社を築き上げた創業者の人たちは、能力的・人格的に非常に優れた人がほとんどです。

彼らと一緒に仕事をできることは、あなたのビジネスマンとして成長につながるのはまちがいありません。

管理人

ある程度の規模の会社だと、会社の経営者と話をする機会なんてほとんどありませんし、一緒のフロアで仕事をすることなんて通常考えにくいですよね。

この点、家族経営の会社では普通に経営者と一緒に仕事をするケースが多いです。

取引先に経営者と一緒に行って、経営者が自ら営業をかけている場面なんかもよく見かけることになります(いわゆる社長営業というやつですね)

こういった場面に遭遇すると、「やっぱり会社を経営している人はすごいな」と思える部分が多いです。

どんなに優秀な営業マンでも、長年にわたって会社を経営し、利益を出している経営者にはかないません。

そういった経営者の姿を間近でみながら働くことは、あなた自身の成長につながるでしょう。

特に、将来的に独立して自分で起業したいと考えているような方は、家族経営の会社で、経営者の近くで仕事を経験するのは非常に良い勉強になると思いますよ。

【メリット②】アットホームな雰囲気で働ける

家族経営の会社というのは、文字通り「経営者の家族」が従業員として働いているケースが多いです。

必然的に会社内の雰囲気もアットホームになることが多いですね。

会社がアットホームな雰囲気なのは一見して良いことのようですが、仕事とプライベートをきっちり分けたいタイプの人には苦痛になることもあります。

逆に、休日に会社の人とキャンプに行くとか、バーベキューをするとかいったことを楽しめるタイプの方は、家族経営の会社向きだと思います。

管理人

例えば、私が勤めていた家族経営の会社では、社長の妹さんの子供たちが夕方になると「ただいまー!」といって小学校から帰ってきていました。

それを従業員みんなで「おかえり!」と迎えてあげるのですが、なんとも温かい気持ちになったものです。

ただ、これがメリットとなるか、デメリットになるはあなたの性格しだいのところも大きいのです。

家族ぐるみでの付き合いや行事が好きだ、という人は家族経営の会社のこうした面はメリットになると思います。

一方で、「仕事とプライベートはできるだけ分けたい」という考えの方は、家族経営の会社のアットホームな面はむしろ苦痛と感じるかもしれません。

【メリット③】経営者家族に気に入られれば働きやすくなる

家族経営の会社は、良くも悪くも経営者(やその家族)がほとんどのことを決めています。

これは、従業員の待遇や給与についても同じです。

経営者に気に入られれば、ボーナスをもらえたり、固定給がいきなりあがったりということが普通にありますね。

経営者本人に気に入られるだけでなく、経営者の家族(奥さんや子供さん)にも気に入られないといけない…というのが難しいところです。

管理人

逆に、家族経営の会社で経営者に嫌われたら悲惨です。

経営者にたてついたばかりにほされてしまったり、マドギワ族にされてしまうようなケースがあります。

もちろん、家族経営の会社といえども労働法の適用がありますから「ある日いきなりクビにされる」というようなことはさすがにありませんが、実質的には会社にいられないような状況になってしまうことはありえますね。

心から尊敬できるような人格者の経営者が経営している会社ならいいです。

しかし、なかなかそういった良い環境の家族経営の会社はないというのが実際のところだと思います。

【メリット④】2代目・3代目の社長になる予定の人と仲良くしておくと良いことがあるかも

家族経営の会社の特徴として、「将来の経営者が、現在の経営者の家族から選ばれる可能性が極めて高い」という点も挙げられます。

簡単にいえば、「次の社長」は現在の社長の息子さんがなる可能性が高いということですね。

管理人

「次の社長」は経営のバトンタッチを受ける前は、普通の従業員として、社員たちにまじって働いて修行することが多いのです。

その時点から将来の社長になる人と仲良くしておけば、将来的に幹部社員としてもらえる可能性があります。

私が実際に働いた会社でも、2代目経営者のまわりを固めている幹部社員は、その2代目経営者が従業員だった時代から仲の良かった同年輩の社員でした。

ただし、後継者候補が2人以上いるようなケースでは、派閥争いに巻き込まれるようなこともありますから注意が必要です。

家族経営の会社で働くデメリット

家族経営の会社

(家族経営の会社で働くデメリットとは?)

 

ここまでは家族経営の会社で働くメリットについてみてきました。

↓その一方で、家族経営の会社で働くことには、以下のようなデメリットがあることも知っておきましょう。

家族経営の会社で働くデメリット

  1. とにかくあらゆる基準があいまい
  2. 謎の会社行事がたくさんある
  3. 仕事に関係のない経営者家族への気遣いが必要
  4. 能力よりも社内の人間関係で待遇や役職が決まる
  5. 経営者の健康状態が経営に直接的な影響を与える
  6. 会社が利益を出しても経営者家族への分配が優先される
  7. 家族経営の会社で働いたキャリアは、別の会社ではまともに評価されない可能性がある

仕事をきちんとビジネスとしてやりたい、プライベートと仕事はきっちり分けたいという方は、家族経営の会社で働くのは避けた方が良いでしょう。

家族経営の会社で働くデメリットについて、順番に解説していきます。

>>家族経営の会社で働くことの「もっとも大きなデメリット」はこちら

【デメリット①】とにかくあらゆる基準があいまい

家族経営の会社というのは、何をするにも基準があいまいです。

その理由は簡単で、会社内のほとんどのルールを経営者の一存で決めているからです。

逆に、ある程度以上の規模の会社では、「経営陣は複数人のチーム(取締役会)になっていて、その中から代表者として代表取締役社長を選ぶ」というかたちになっていることが多いです。

この場合は社長個人の意見より、会社のルールによってものごとが決まっていきます。

管理人

例えば、給与や役職の昇進ルールについても「経営者にどのように評価されるか?」で決まる部分が大きいです。

「どこまでの飲食費を接待費として認めるか?」や、「有給休暇を誰がどのぐらいとるか?」といったことも、経営者の許可が出るかどうかでほとんどが決まります。

うまくやればおいしい思いをできる可能性もあるでしょう。

しかし、基本的にはこういうルーズな環境で働くことは、一従業員としてデメリットとなるケースが多いです。

社長に気に入られて出世したということは、社長に嫌われたらその時点で終わり…と言うことですね。

管理人

どれだけ頑張ったらどれだけの報酬があるかが明確になっている方が、従業員として働きやすい環境であることは間違いありません。

【デメリット②】謎の会社行事がたくさんある

家族経営の会社というのは、謎の会社行事が多いです。

私が務めていた会社の場合には、「経営者も従業員も家族を連れて年に1回山登りに行く」とか、

「社内旅行でなぜか相撲をみに行く」というような謎の行事がたくさんありました。

あと、私が務めていた会社では、社外のセミナーに参加させられる頻度が異常に多かったです。

中小企業の経営者というのは、なぜか謎の自己啓発セミナーにはまりやすい傾向があります。

経営者は孤独な立場で難しい決断をたくさんしないといけませんから、何か心のより所がほしくなるのかもしれませんね。

管理人

経営者がそのセミナー主催者のファンだったり友達だったりすると、自社の従業員を大量にセミナー参加させる…というようなケースも考えられます。

こうした行事のほとんどは経営者の趣味で決まるので、あなたの好み次第では楽しめるかもしれません。

しかし、仕事とプライベートを明確に分けて働きたい人の場合には、この面でもしんどくなってくる可能性が高いでしょう。

【デメリット③】仕事に関係のない経営者家族への気遣いが必要

家族経営の会社では、社長の家族(奥さんや子供など)が重要なポストで働いているケースが少なくありません。

一番多いのは社長の奥さんが経理財務の仕事を一手に握っているケースですね。

会社のお金の扱いというのは基本的には外に見せたくないものですから、社長は身内に任せたくなるものなのです。

私が務めていた家族経営の会社では、社長の奥さんが経理担当者で息子が次期経営者、娘が専務事務…という組織でした。

管理人

必然的に従業員はよその家にお邪魔するような感じで仕事をすることになりますので、なんだか居心地が良くないんですよね。

家族ぐるみの付き合い、といったような人間関係の築き方が上手な方はいいかもしれませんが、私自身はかなり苦痛を感じながら働いていました。

【デメリット④】能力よりも社内の人間関係で待遇や役職が決まる

繰り返しになりますが、家族経営の会社では経営者である社長の一存でほとんどのことが決まります。

従業員の待遇や役職はもっとも重要な経営判断ですから、これも経営者が独断で決めるケースが多いでしょう。

家族経営の会社では、どんなに仕事で結果を出したとしても経営者家族に嫌われたら終わりです。

逆に、あなたが能力的にはいまいちだったとしても、うまく社長家族に取り入ることができればトントン拍子で出世する…というようなことも考えられるでしょう。

ただ、能力主義でなく縁故主義で人事を決めるような会社は遅かれ早かれ衰退していく可能性が高いことは理解しておきましょう。

【デメリット⑤】経営者の健康状態が経営に直接的な影響を与える

家族経営の会社では、社長の健康状態が会社の経営に非常に大きな影響を与えます。

具体的にいうと、社長個人が会社の借金の保証人になっていることが多いです。

そのため、社長の健康状態が悪化したような時には、会社にお金を貸している銀行が融資をしなくなるようなケースがあるのです。

経営者が病気になったようなケースに限らず、事故にあっていきなり亡くなってしまったようなケースでは悲惨です。

家族従業員には会社を支える能力も気概もないのが普通ですから、高い確率で会社は倒産することになるでしょう(従業員はもちろん失業です)

【デメリット⑥】会社が利益を出しても経営者家族への分配が優先される

会社の経営者というのは、多かれ少なかれ「会社を大きくしたのは自分」という意識を持っているものです。

残念ながら、「会社が出した利益は経営者である自分のもの」という意識を持っている経営者が多いです。

管理人

そのため、従業員の努力というのは軽視されがちです。

会社に多額の利益が出たような時にも、従業員にボーナス等で還元することなく、利益は経営者家族が独占してしまうようなことも少なくありません。

また、経営者が家族従業員を雇っている目的そのものが、税金対策であることも多いです。

日本の所得税は収入が多ければ多いほど税金負担も大きくなる仕組み(累進課税と言います)になっています。

多額の税金をかけられるのを避ける目的で、社長の奥さんや子供が従業員になっていることが多いのです。

こういうケースでは、せっかく従業員が苦労して出した会社の利益を、ろくに仕事をしていない家族従業員にも分配するようなことも考えられます。

【デメリット⑦】家族経営の会社で働いたキャリアは、別の会社ではまともに評価されない可能性がある

最後になりますが、ひょっとするとこれが一番重要なことかもしれません。

あなたが家族経営で働いたという実績は、転職先の人事担当者にろくに評価されない可能性があります。

これは、長期的なキャリア形成という面から見ると、致命的なことです。

管理人

なぜかというと、上で見てきたように、家族経営の会社ではすべてが経営者の一存で決まっているからです。

なので、あなたが職務経歴書などで「私はこれだけの結果を出してきました」というアピールをしたとしても、

転職先の企業の採用担当者は、

「結果を出したと言っても家族経営の会社ででしょ?たまたま社長と仲が良かったからうまくいったんじゃないの?」

という評価をしてくる可能性があるのです。

実はこれ、私が実際に転職活動の面接で言われたことです。

家族経営の会社で働いていたときの職務経歴はまともに評価してもらうことができませんでした。

管理人

こういった面では、家族経営の会社で働くことはリスクになってしまう可能性があることには注意しておくべきでしょう。

「どうしてもアットホームな雰囲気の職場で働きたい」という方をのぞいて、家族経営の会社は転職先として避けたほうが良いです。

「家族経営の会社」という名前の単なるブラック企業に間違って応募してしまわないように、求人を選ぶ際には注意が必要であることは理解しておいてください。

転職活動って何からやればいいの?

(2021年現在、転職活動に転職エージェントを使うのはほぼ必須です)

理想の仕事に最速で転職したい方は、

転職エージェントを活用するようにしましょう。

>>おすすめの転職エージェントはこちら(無料)

求人はハローワークなどでも探すこともできますが、

年収や福利厚生の良い求人の多くは、転職エージェント経由でないと応募できません。

魅力的な企業ほど、限られた応募枠はすぐに応募者で埋まってしまいます。

年収の高い求人を見落とさないようにしたいなら、

転職エージェントを使うのは必須ですよ。

転職エージェントのサイトで求人登録し、

転職したい職種や、最低限の希望年収などの条件を入力しておけば、

↓新規募集が始まった瞬間にメールで通知してもらえます。

(リクルートエージェントは最大手の転職エージェント会社です)

\ 高年収の優良求人多数あり!/

無料登録して求人を見てみる

ちなみに、転職エージェントは無料で使えていつでも解除できますので、

ひとつの転職エージェントに限定して使う必要はありません。

(というか、採用の可能性を上げるためにも最低3社は同時進行で使うべきですね)

↓年収の高い優良求人がひんぱんに掲載される転職エージェントとしては以下のようなところがありますので、

最低3社は登録して志望条件の入力を確実にやっておきましょう。

転職エージェントは企業側が支払う広告料で運営されていますので、求職者は無料で使えます。

(お金を1円でも請求されることはありません)

いつでも利用はやめられますのでリスクは何もありませんよ。

管理人

職務経歴や希望条件などを登録しておけば、

条件に合致する求人が出るたびに最速でメール通知してもらうことができます。

これやっとくだけで求人を見逃すことがほぼなくなりますよ。

人気職種や高年収企業を目指すならこれは必須の作業です。

少しでも早いタイミングでやっておくことをおすすめします。

>>あえて1社だけ使うとしたらこちらです(もちろん無料)

転職活動に転職エージェントを使うメリットはこれ

(転職エージェントを使うメリットとは?)

転職エージェントを使うメリットは、

転職活動をやっていく上でめんどくさいことをすべて代わりにやってくれることです。

2021年現在、転職エージェント使わずに転職活動する…

とか、採用担当者から情弱あつかいされかねないので注意してください。

管理人

↓例えば、転職エージェントは、以下のようなことをやってくれますよ。

  • 応募書類の事前添削をしてくれる
    履歴書や職歴書などをプロの目でチェックしてくれますので、書類審査で落ちてしまうリスクを下げられます(ライバルの多い優良企業を狙う場合は必須です)
  • 採用担当者との面接日程の調整
    人事採用担当者と電話でアポイントをとるなど、転職活動にあたってめんどうな手続きを代わりにやってくれます。
  • 面接対策をしてくれる
    転職エージェントは企業の人事担当者とあらかじめ会って求人ニーズをヒアリングしているので「この企業は職員教育でこういうことを重視しているので、こういう質問がきたらこう答えましょう」といったように具体的にアドバイスしてくれます。
  • あなたの代わりに自己PRをしてくれる
    転職エージェントは、あなたの長所について採用担当者にプッシュしてくれます。自分で自分を売り込むのが苦手…という人は転職エージェント経由で伝えてもらうのがいいですね。
  • 年収交渉をしてくれる
    転職エージェントは採用初年度のあなたの年収金額について企業側と交渉してくれます。どうせ働くならお給料は少しでも高い方が良いですよね。 自分で自分の給料の金額を交渉するってとても難しいですから、転職エージェントに任せるのが懸命です。

こういう「自分ではちょっとやりにくこと・相手に伝えにくいこと」は転職エージェントを使うのがかしこいやり方です。

逆にいうと、転職エージェントを使わない場合はこういうめんどくさいことを全部自力でやらないといけません。

年収が高い人気の企業ほど、ライバルも少なからずいます。

無料で使えるものはすべて使って、

確実に採用可能性を上げていくようにしましょう。

管理人

ひと昔前までは、転職活動といえば

ハローワークに行って仕事を探して、紹介状をもらって…というめんどうなことが必要でしたが、

現在はこういうめんどくさいことは全部転職エージェントがやってくれます。

転職エージェントは無料で使えていつでもやめられるので、使わない理由はないです。

(全部自力でやりたい!という人以外は使った方がいい)

転職エージェントのサイトに無料登録して条件入力しておくと、

希望職種の求人が出た瞬間にメール通知してもらえます。

無料登録だけは早めにやっておきましょう

(リクルートエージェントは最大手の転職エージェント会社です)

\ 高年収の優良求人多数あり!/

無料登録して求人を見てみる

Sponsored Links

-仕事の悩み

Copyright© 転職のサザンクロス , 2021 All Rights Reserved.