Sponsored Links

仕事の悩み

「新入社員だけど仕事辞めたい…」入社半年でもう転職したいあなたへ

  • まだ1年目の新入社員だけどもう辞めたいと感じている…。
  • 新卒で入社した会社が辛いことばかりで自分の性格に合っているとは思えない。
  • 毎朝、出勤前には体調が悪くなる。月曜日の朝なんて最悪。
  • 職場の人たちにどうしてもなじめない。
  • 親や友人からは「石の上の三年」といわれる。誰にも相談できなくてつらい…。

↑このような理由で、入社半年でもう仕事を辞めたいと感じてしまっている方は少なくないと思います。

私自身、新卒で入社した金融機関をたった半年で辞めた経験があります。

学生時代は「金融機関から内定をもらえた」ということで、正直に言ってまわりに優越感を持っていたんです。

ですが、実際に入社してみたら地獄でした。

>>自分の性格に合った仕事に出会うための3つのステップはこちら

Sponsored Links

「新入社員だけど仕事辞めたい…」入社半年で退職した私の体験談

新入社員 辞めたい 半年

(入社半年で新卒で会社を辞めた私の体験談)

私が入社した金融機関というのは、業界では中堅規模の証券会社です。

中堅規模とはいっても、金融機関という花形職種ですから、お給料も良かったです。

しかし、実際に担当する仕事は「個人宅にかたっぱしからインターホンを押して、新規開拓をしてくる仕事」です。

これは本当にキツかった。

真夏の炎天下の中、原チャリで普通の家を1件ずつまわって、「株式取引始めてみませんか?」と提案するのが私の仕事です。

クソ暑い日にこんな奴に自宅にこられても、「それじゃぜひ…」なんてなるわけないですよね。

人格を否定されるような暴言を吐かれて追い返されたこともあります。

今から考えたら新人の根性をつけるための「しごき」だったんじゃないかと思っていますが、並の精神力の人間が耐えられるものではありませんでした。

学んだことは、「人にはどうしても合わない仕事がある」ということ

うつ病寸前の状態までなった私は、結局半年で仕事を辞めるという選択をしました。

新規開拓の営業職の仕事は私には苦痛でしかありませんでした。

その後にはまったく別業種の会社に転職し、30代の現在までずっとその仕事をしています。

この経験から学んだことは、「人にはどうしても合わない仕事がある」ということです。

新卒で入った会社をたったの半年で辞めた私でも、その次に転職した仕事では10年以上のキャリアを築くことができています。

ちゃんと「自分の性格に合った仕事」につくことができれば、私のように根気がない人間でも、ちゃんと仕事でパフォーマンスを上げていくことはできるんです。

重要なことは「自分の性格に合っている」と思える仕事に出会うことだけ

きっとあなたは、入社半年で仕事を辞めたら「あいつは根気がない奴」というレッテルを貼られて、働ける場所がなくなってしまうかも…と不安を感じているでしょう。

でも結論からいうと大丈夫です。

仕事というのはどんな職種でもつらいことがあるものですが、

この仕事は自分の性格に合っている」と思えるなら、ちゃんと続けることはできますし成果も出せます。

重要なことは、「自分の性格に合った仕事」に出会うこと。これだけです。

今は自信を失ってしまっているあなたでも、あなたの性格に合った仕事に出会うことさえできれば、ちゃんと社会に役立つ仕事ができるようになりますし、お金もたくさん稼げるようになるのです。

以下では、「あなたの性格に合った仕事を見つけるための具体的な方法」をお教えしますので、参考にしてみてください。

自分の性格に合った仕事に出会うための3つのステップ

↓あなたが「自分の性格に合った仕事」に出会うために、やるべきことはこの3つです。

適職に出会うための3ステップ

  1. 在職中に転職活動を始める
  2. あなたの性格タイプ適正年収を知っておく
  3. 転職エージェントに相談する

いずれも無料ですぐにできることですのでご安心ください。

それぞれの内容について、順番に解説していきますね。

>>入社半年以内の転職者が相談すべき転職エージェントはこちら

今すぐは転職する気もない」という方も、以下の2つはできるだけ早いタイミングでやっておきましょう(いずれも無料です)

  1. WEB適職診断
    心理テストに順番に答えていくだけで、あなたの「強み」といえる5つの適性を知ることができます。テスト後にはあなたの適性にあった求人をニュースメールの形で届けてくれます。
  2. 年収査定アプリ
    こちらは「あなたが本来なら稼げているはずの年収」を知るのに使えます。200万人以上の年収データから、あなたの適正年収を算出します。

転職活動は「精神的に元気なうちに始めておくこと」が鉄則です。

なぜなら、ストレスがたまりすぎると人間はどんどん環境を変えるための行動がとりにくくなるからです。

気になる求人情報をストックしておくだけでも、過労で倒れる前に次の手を打つことができるようになりますよ。

経団連の会長が「終身雇用はもう無理」と堂々と宣言してしまう時代です。

ひとつの職場に人生のすべてをかけるのは、はっきり言って危険すぎます。

選択肢を常にたくさん持っておくことが、これからの時代は必須になるのは間違いありません。

\ あなたの強みを診断!/

適職診断スタート

※無料です

①在職中に転職活動を始める

まず、転職活動は現在の仕事を辞める前在職中)に始めるようにしてください。

「退職後に失業保険をもらいながらゆっくり転職活動しよう…」と思っている方もいるかもしれませんが、これは絶対にやめた方が良いです。

転職先の採用担当者は「無職の人」というのを低く評価する傾向があるからです。

無職の期間が長くなると、どうしても社会人としてのカンが狂いますし、「まわりは働いているのに自分は…」と、自信を失ってきます。

転職先の人事採用担当者というのは、日常的に採用面接ばかりやっている人たちですから、

「自分に自信を持っているか」「社会人として毎日規則正しい生活をしているか」ということは簡単に見抜きます。

その上で、働きながら転職活動をしている人と競争することになりますから、内定をもらうのがとても難しくなってしまうのです。

無職状態で転職活動をする場合、他の人と比べて圧倒的に不利な状況になってしまうことを理解しておきましょう。

入社半年で辞めた場合、失業保険の受給期間はたったの90日

また、入社半年で自己都合により辞めた場合、失業保険を受け取れるまでは3ヶ月間の待機期間があります。

その後に失業保険の受給が始まったとしても、もらえる期間はたったの90日分(3ヶ月)だけです。

つまり、待機期間中の3ヶ月は貯金を切り崩して生活し、その後に失業保険受給が始まったとしても、

わずか3ヶ月で打ち切りになります。

こんな状況では、貯金はあっという間に使い切ってしまいます。

お金がない状態でやる転職活動をするとなると、どうしても条件面で妥協せざるをえなくなります。

精神的なあせりが生じますから、「多少は条件を落としても内定がもらえるなら…」となってしまうんです。

これではなんのために転職したのかわかりません。

余裕を持った状態で有利に転職活動を進めるためにも、転職活動は必ず在職中に始めなくてはいけません。

②あなたの性格タイプと適正年収を知っておく

この記事を読んでいるあなたは、少なくとも「今の仕事」については「自分に向いていないこと」がわかっていると思います。

↓次の仕事でも同じ状態になってしまうことの内容に、以下の2つのことを知っておくことが大切です。

  • 適職診断:あなたの性格と傾向がマッチする仕事がわかります。
  • 適正年収:あなたと同じ状況で、みんなどのぐらい稼いでいるのか?がわかります。

どちらの診断も、WEBで無料で受けることができますので、今すぐやってみてください。

適職診断は「グッドポイント診断」で計測

↓適職診断はリクナビネクストの「グッドポイント診断」を使いましょう。

グッドポイント診断(無料)

現実思考・継続力・決断力など、18種類の性格傾向の中から、あなたの強みになる性格を診断してもらえます。

その性格から、「こういう内容の仕事向き」ということを客観的なデータとして知ることが可能です。

適正年収は「ミイダス」を使って計測

↓「ミイダス」は、あなたが現在の状況で転職をしたとして、市場価値(平均年収)はどのぐらいあるのか?を知ることができる無料アプリです。

MIIDAS(ミイダス)

過去7万人分の転職データから、あなたとよく似た経歴・職歴で転職した人の平均年収を算出してくれます。

もちろん、これらは目安の一つではありますが、実際に求人をみていくときの貴重な判断基準になります。

思いもしなかった年収の高い仕事が「自分向き」とわかることもありますから、2つともやっておきましょう。

③転職エージェントに相談する

転職活動を始めることを決めたら、できるだけ早い段階で転職エージェントに相談しにいきましょう。

(転職エージェントは最初から最後まで無料で使えます)

転職エージェントは、あなたの長期的なキャリアプランについて一緒に考えてくれるとともに、おすすめの求人を具体的にしぼりこんでくれます。

この「求人のしぼりこみ」がとても大切です。

転職経験がない人が自力で企業の求人をいろいろみても、結局どれも同じように見えてしまうでしょう。

そうなると、「ちょっとでも年収が高いところ」「前職と似たようなところ」というように、合理的でない基準で応募求人を選んでしまいがちです。

(これでは転職する意味がありません)

これを避けるために、転職活動のプロであるエージェントに求人のしぼり込みをしてもらい、あなたの希望にあったゴール地点を設定することが大切なのです。

転職なんて人生でそう何度もあることではありません。

なのに自己判断でやろうなんていうのは、運転免許もないのに車に乗るようなものです。

転職エージェントとの面談は1時間程度ですが、これをやっておくかどうかで転職活動の成否が決まると言っても過言ではないぐらい大切なことです。

特に、転職は今回が初めてという方は、必ず転職エージェントに相談してから具体的な行動を起こすようにしてください。

短期離職者・第二新卒専門の転職エージェントを使おう

なお、転職エージェントとひとくちにいっても、いろんなところがあります。

30代〜40代のベテランの人向けの転職エージェントから、ベンチャー向け、外資系企業向けなどエージェントもいろいろです。

この記事を読んでくださっているあなたは、おそらく「短期離職者・第二新卒者」に該当する方でしょう。

(新卒から3年未満で転職を考えている人。私もそうでした)

↓短期離職者に該当する人は、以下のような「短期離職者・第二新卒者専門の転職エージェント」を使うのが適切です。

短期離職者専門エージェント

  • 就職Shop
    業界最大手のリクルート運営の第二新卒・短期離職者専門のエージェント会社。未経験でも挑戦できる求人を提案してくれ、マンツーマンで内定まで導いてくれます。
  • ハタラクティブ
    個人的におすすめの転職エージェント会社です。社会人経験がほとんどない人に特化して転職支援をしている会社なので、「新卒の就職で完全に失敗した」という人でも親身になってサポートしてくれます。
  • マイナビジョブ20's
    転職大手マイナビが運営する「20代専門」の転職エージェント。扱う1500件以上の求人がすべて20代向けですので、未経験から挑戦できる仕事がきっと見つかります。

なお、どのエージェント会社も基本的に安心しておすすめできるところばかりですが、やはり人によって相性はあります。

なので、エージェント会社は2社〜3社を同時進行で使っていくのがおすすめです。

エージェントにもいろんな考え方の人がいますから、一人のエージェントのいうことをうのみにするのではなく、何人かに相談して一番信頼できそうな人のアドバイスを参考にするのが良いですね。

まとめ

今回は、新入社員として入社半年しか経っていないけれど、もう仕事を辞めたいと感じてしまっている方向けに、転職の判断基準について解説いたしました。

きっとあなたは今、「せっかく入った会社で結果を出せなかった。なじむことができなかった」と、自信を失ってしまっている状態だと思います。

ですが、落ち込むことはありません。あなたに合った仕事は必ずあります。

まったく根気のない私ですら、新卒で入った会社を半年で辞めたからこそ、10年続けられて成果も出せる今の仕事に転職することができました。

あなたはまだ「自分の性格に合った仕事」に出会えていないだけです。

↓まずは転職エージェントに相談し、「自分にはどんな仕事があっているのか?」を教えてもらうことから始めてみてください。

マイナビジョブ20's

>>今すぐマイナビジョブ20'sに相談してみる!(無料)

Sponsored Links

-仕事の悩み

Copyright© 現役の転職エージェントがこっそり教える転職活動の進め方 , 2020 All Rights Reserved.