未分類

早起きできないのはなぜ?理由・原因別に対策方法を解説!仕事への影響は?

投稿日:

早起きできない

  • 早起きできないのは自分の甘え?原因がわからない
  • 朝型の人が身につけている早起きのコツって?
  • 早起きのメリットとデメリットって?
  • 早起きできたことによる仕事への影響って?

早起きができない、続けられない…。

こうした悩みをお持ちの方は少なくないでしょう。

早起きできる人って、「ストイックで、努力をずっと続けられる人」というイメージがありますよね。

でも実は、早起きが習慣化されている人って努力はしていないんですよ。

身についた早起きの習慣に従って、朝早くに体が起きる状態になっているだけなんです。

つまり、ちょっとしたコツを押さえて習慣化してしまいさえすれば、あなたも「早起きな人」になれるというわけです。

この記事では、早起きを習慣化するための具体的な方法について解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。

Sponsored Links

早起きできない理由とは?継続できない人がやりがちな失敗

まずは、早起きできない理由を一緒に考えてみましょう。

以下のチェックリストに当てはまるものはあるでしょうか...?

早起きできない理由チェックリスト


  • 寝る時間が遅い
  • 寝る前にスマホを触っている
  • ストレス発散するために夜更かしをしている
  • 睡眠環境が悪い
  • スヌーズを使っている

Sponsored Links

早起きできないのはマインドが問題?

早起きができないのは、ひょっとしたら睡眠の仕組みを理解できていないからかもしれません。

朝早くに目覚めの良い状態で起きるには、質の良い睡眠が欠かせません。

そして、睡眠を質の良いものにする為には、睡眠の仕組みを理解しておく必要があります。

まず、睡眠時間は7~9時間が必要です。

ごくまれにショートスリーパーな方もいらっしゃいますが、基本的には人の睡眠時間はこれくらいの時間が目安になります。

Sponsored Links

睡眠には「レム睡眠」と「ノンレム睡眠がある」

というのも、睡眠には、レム睡眠(体が休息し、脳が活動)とノンレム睡眠(体も脳も休息)の2種類があります。

この浅いレム睡眠と深いノンレム睡眠のサイクルが寝ている間に4?6回繰り返され、7時間ほどで人は自然に起き上がれる状態になります。

この仕組みを知ると、質の良い睡眠のためには7時間以上の睡眠が必要であることが感じられますね。

スッキリした状態で朝早く起き上がれるために、起きる時間から7時間前には眠りにつかなければなりません。

Sponsored Links

早起きを習慣化するための具体的なテクニック・コツ

早起きができる人は努力はしていないと冒頭でお伝えしました。

ただし、早起きできなかった人たちが早起きを習慣にするまでは多少の努力が必要になります。

早起きを身につけるまでの始めの期間は辛いでしょう。

しかし、努力を必要としないくらい早起きの体質になれば苦ではなくなります。

では、早起きを身につけるまでに至るにはどうすればいいのでしょうか?

Sponsored Links

早起きする期間を設ける

まずは、早起きを期間限定のものにすることから始めましょう。

期間は、3ヶ月が目安です。

早起き等、体のリズムに関わる身体習慣は3ヶ月で身につくことが統計でも示されているからです。

3ヶ月続けられたらあとは努力しなくても、早起きが習慣化されます。

「3ヶ月を設定してみて、続かなかった…」という方は、半分の1.5ヶ月にしてみてください。

それでもダメならもう半分の22日と自分の体と相談しながら目標期間を決めましょう。

目標期間を達成できたら、3ヶ月にまで到達できるように徐々に引き延ばして続けてください。

この3ヶ月を乗り越えれば、あなたの体は早起き体質になっているはずです。

Sponsored Links

生活習慣を見直す

「仕事や勉強等で溜まったストレスを発散しようと、夜更かししてテレビやスマホを眺めていたら、気がつけば真夜中になっていた…。」なんてことが毎晩続いていないでしょうか?

これが癖になってしまうと、睡眠時間が削られますよね。

つまり、早く目覚めても疲れが十分に取れていない状態で起き上がらなければならなくなります。

目覚めが気持ち良くなければ、早起きは辛いですよね。

気持ち良く早起きできるように、夜更かしする癖は直すようにしましょう。

Sponsored Links

睡眠環境にこだわってみる

あなたの寝室環境は質の良い睡眠を妨げていないでしょうか。

良い睡眠にはリラックスして眠れる環境がとても大切です。

あなたの寝室の温度や光、音を一度確かめてみましょう。

まず、温度からになります。

夏は25~26度、冬は22~23度が適温です。

Sponsored Links

寝室の光にこだわる

次に、光です。

光は脳を活動的にし、体内時計にも影響を及ぼします。

ですので、入眠の3時間ほど前からは部屋を暗めにしておいた方が良いです。

また、蛍光灯や白熱灯に混じっている青色の光は体内時計を動きやすくします。

一方で、暖色系の光は体内時計を動かしにくいです。

寝る際に光が気になる方は、部屋の電気の光を暖色系の色に変えてみましょう。

Sponsored Links

寝室の音にこだわる

最後に、音です。

テレビを付けっぱなしで眠りに入ってしまい、翌朝テレビの音で起きるなんて経験は無いでしょうか。

なんだか身体の疲れも取れていない気がしますよね。

実は、眠っている間でも音は耳に入ってきて、その情報は脳にまで届いています。

これにより、脳が活動状態だと勘違いしてしまい、深い眠りにつくことが難しくなります。

Sponsored Links

目覚まし時計の使い方を見直す

「目覚ましの音が一度では聞こえない…。」という人もいるのではないでしょうか。

1回のアラームでは足りない為、スヌーズを使う人も多いと思います。

実は、このスヌーズ機能は寝起きに悪影響を及ぼしてしまいます。

というのも、人は寝ている間、レム睡眠(浅い眠り)とノンレム睡眠(深い眠り)を繰り返します。

最終的にレム睡眠に移ってしばらくした後、起きれる状態になります。

しかし、レム睡眠の最中にアラームでせっかく一度起きたのに、スヌーズを使ってもう一度寝てしまうと、またノンレム睡眠に戻ってしまいます。

今度はこのノンレム睡眠の時に起きてしまうと、無理やり起こされた状態になってしまうので、スッキリした状態で起きることができなくなるのです。

ですので、目覚めの良い起き方をする為にも目覚ましはスヌーズを使わないようにしてください。

Sponsored Links

アラーム1回で起きる方法

スヌーズ機能を辞めて、アラーム一回で起きる方法は以下を試してみましょう。

アラーム1回で起きる方法


  • 目覚ましを手の届かないところに置く
  • 人が注意を引きやすい「人の声」をアラーム音にする

アラームが1回鳴るだけだと不安に感じるかもしれません。

しかし、早起きには目覚めの良い朝が必要です。

寝起きが悪くなる原因の1つであるスヌーズを止めて、スッキリした状態で朝を迎えましょう。

Sponsored Links

早起きのメリットとデメリット

早起きのメリットとデメリットをご紹介します。

早起きの仕事への効果

「ジャーナル・オブ・アプライド・ソーシャル・サイコロジー」誌では、早起きする人が夜更かしをする人に比べて、以下のような点で仕事上で優位であることを発表しました。

早起きする人の優位性


  • 積極性が高く、仕事で成功する確率が高い
  • 問題解決能力が高い

また、脳科学者である茂木健一郎氏は朝起きてからの約3時間は脳のゴールデンタイムであるとおっしゃっています。

つまり、早起きをしてこの3時間のゴールデンタイムの間をいかに使えるかが重要になってきますよね。

朝早く出社し、人が少ないオフィスで快適にこのゴールデンタイムを使うと仕事に集中しやすいはずです。

仕事の生産性が上がるでしょう。

Sponsored Links

早起きするとイライラしやすくなる可能性が…

早起きには上記のようなメリットがある一方で、デメリットがあることも調査で挙げれています。

メンタリストのDaigo氏によると、朝7時よりも早く起きると、一日の終わりに、エネルギーが消耗し、イライラしやすくなるという研究結果があることが語られているのです。

早起きは毎日するものではなく、ここぞという正念場がある日にすることが勧められています。

極端な早起きで逆に疲れを溜めてしまっては、本末転倒です。

自分の体と相談し、ちょうどよい睡眠時間を見つけましょう。

Sponsored Links

早起きに関するFAQ

早起きに関して、よくある質問と回答を紹介します。

早起きできた後の朝の有益な使い方って?

朝早く起きれたのだから、せっかくなら起床後のゴールデンタイムを有効に使いたいですよね。

オススメしたいのは、その日の計画を立てることです。

朝早起きして、一日の計画を立てる時間を確保し、そのスケジュールに従って一日を過ごす日々を積み重ねるとどうなるでしょうか。

ダラダラしてしまう時間を過ごすリスクが減り、時間の使い方が上手くなりますよね。

ですので、早起きができたらまず朝イチに1dayスケジュールを組むことをオススメします。

Sponsored Links

早起きを控えた方が良い場合って?

残業などで寝る時間が遅くなってしまった場合は、早起きは控えましょう。

0時に寝て、朝5時に起きれたとしても、睡眠時間が6時間未満では疲れが残った状態で朝を迎えてしまいます。

頭がぼーっとしてしまうでしょう。

快適な一日を送るためにも、睡眠時間をしっかり確保した上での早起きが大切です。

Sponsored Links

質の良い睡眠につながる入浴って?

良い睡眠を取るためにはお風呂に入ることも必要です。

入浴はアクティブ状態の交感神経から、リラックス状態の副交感神経に切り替えるお手伝いをしてくれるからです。

ですので、副交感神経を働かせるためにも、就寝時間の60?90分前に40度のぬるめのお湯に浸かってください。

Sponsored Links

まとめ

自分が早起きに向いているライフスタイルを送っているか見直す機会ができたのではないでしょうか。

本文でも見たように、睡眠時間を削ってまで早起きをする必要はありません。

しかし、早めに就寝し、睡眠時間をしっかり確保できるなら早起きをしてみてください。

ゆとりのある朝を迎え一日をスタートし、時間を有効に使えたその日に満足をして一日の終わりを迎えることができるはずです。

Sponsored Links

-未分類

Copyright© 豆知識ファクトリー , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.