転職活動のノウハウ

正社員になれないなら辞めるべき?いつまでたっても派遣や契約社員…の状態がヤバい理由

正社員になれないなら辞める

(正社員になれないなら会社は辞めるべき?)

  • いつまでたっても正社員になれない…。こういう会社って辞めるべき?
  • 正社員にしてもらえないのは自分のスキル不足?
  • このままずっと非正規で働くのはヤバい?20代ならまだ大丈夫?

↑非正規(派遣社員や契約社員)として働いている人の中には、このようなモヤモヤをかかえながら仕事している人は多いのではないでしょうか。

結論からお伝えすると、こういう会社でずっと働き続けるのは非常に危険です。

なぜ、会社は従業員を正社員にしたがらないのか?

会社で採用担当をやっている私が、その裏事情をお伝えします。

いつまでたっても正社員にしてくれない = 安く買い叩かれている状態

正社員になれないなら辞める

(いつまで経っても正社員にしてくれない会社で働くリスクを解説します)

 

とてもお伝えしにくいのですが、

非正規で長期間働いている人は「会社から安い給料で買い叩かれている状態」です。

(失礼な言い方で申し訳ありません。ですがこれが事実なのです)

というのも、会社にとって従業員を正社員にするのってものすごくコストがかかるんです。

非正規ならボーナスは支給しないでいいですし、会社の業績が悪くなってきたらすぐクビにできてしまいます。

なので、できればいつまでも契約社員などの

非正規で雇いたいのがホンネなんですよ。

管理人

逆にいうと、正社員って守られすぎなぐらい守られています。

会社が正社員を解雇したい場合は、最低でも30日前に解雇予告をするか、30日分の解雇手当を払わないと企業は解雇ができないという労働法のルールがあります。

↓※ 労働基準法第20条という法律です。

(解雇の予告)第二十条
使用者は、労働者を解雇しようとする場合においては、少くとも三十日前にその予告をしなければならない。
三十日前に予告をしない使用者は、三十日分以上の平均賃金を支払わなければならない。

労働基準法第20条第1項

↑ここでいう「労働者」は正社員の意味で、

契約社員や派遣社員・パートなど非正規社員は含まれません。

もし、会社がこのルールを破って正社員を解雇した場合、従業員に訴えられて損害賠償を負担するなんてことにもなりかねません。

しかも、正社員を一人クビにしたら別の正社員も危険を感じてみんな辞めてしまう(会社がまわらなくなって倒産する)可能性があるので、

Sponsored Links

会社はよほどのことがないと正社員はクビにはできないんです。

↑こんなふうに会社は「従業員を正社員にするのって会社にとって大きなリスクだよなー」と考えています。

そんな中で、非正規社員なのに正社員と同じぐらいバリバリ働いてくれる人(例えばあなた)がいたら、会社側はどうするでしょうか?

正社員になんかするわけないですよね。

ずっと非正規で今のまま働いてもらう方がコストもリスクもないわけですから。

この記事を読んでくださっているあなたは、きっと正社員と同じぐらいのスキルと仕事量をこなしている優秀な人なんだと思います。

しかし、あなたが優秀であれば優秀であるほど、会社にとっては「安くておいしい」んです。

安い給料で働いてくれて、いつでもクビにできるという気安さでこき使うことができるわけですからね。

あなたは会社にブチギレていい

正社員になれないなら辞める

(いつまでも正社員にしてくれない会社にもっと怒ってください)

 

ここまで読まれて嫌な気分になってしまった方。本当にすみません。

一生懸命働いている人間に対して、こんな言い方されたらだれでもムカつきますよね。

でもこれが現実であることをどうしても知って欲しいんです。

表面的には「社員のことを思っているいい会社」を装いながら、

実際には社員を搾取しているブラック企業って普通にあります。

(規模の小さい中小企業ほどこういう会社が多いです)

管理人

はっきり言ってしまうと、あなたは会社に対してキレていいです。

というか、もっと怒ってください。

あなたの会社は、あなたに対して非常に卑怯なことをやってますので。

契約社員や派遣社員といった弱い立場の人たちを、

  • すぐに正社員にする予定だから
  • 契約社員は使用期間中だけだから
  • もうちょっとだけ待って!

Sponsored Links

↑とかなんとかうまいこといいくるめて、いつまでたっても正社員にしない…というのは、典型的なブラック企業のやり口です。

でも今すぐには仕事辞められないし…

もちろん、今のあなたは今すぐに会社を辞めるわけにはいかない状態だと思います。

(そうでなきゃそんな会社さっさと辞めて別の会社で正社員になってますよね)

生活のために給料は稼がないといけませんし、

無職のブランク期間を作ってしまうと就活で不利になります。

管理人

なので、どんなに腹が立っても「いきなり辞める!」とかはしない方がいいです。

失業保険がもらえるとしてもたったの数ヶ月です。

無収入で無職状態になるのはリスクが高すぎます。

自分が思ったタイミングで再就職できる保証なんてどこにもありませんからね。

いつまでも非正規でずるずる働き続ける危険性(ワーキングプアリスク)

しかし、非正規の状態をずるずるとこの先何年も続けていると、状況はさらに悪くなってしまうのも現実です。

契約社員や派遣社員などの「非正規社員」って本当に弱い立場です。

収入面で不安定なだけでなく、キャリア形成ができないのも問題です。

非正規でどんなに一生懸命がんばったとしても、

履歴書(職務経歴書)上はゼロカウントになってしまう可能性が高いのが現実であることを理解しておいてください。

もしそのまま30代〜40代になったら…非正規の泥沼のようなループから抜けられなくなります。

これがいま社会で問題になっているワーキングプアというものです。

それではいったいどうしたらいいのか?解決策はこれ

正社員になれないなら辞める

(今の仕事をしながら、転職活動のための情報収集を始めましょう)

 

それではどうしたらいいのか?ですが、

解決策としては今の仕事をしながら(働きながら)、

正社員としての再就職活動を始めるのがおすすめです。

どんなに不満があっても、

今の仕事をある日いきなり辞めるとかはダメです。

仕事を辞めてから就活(転職活動)するのってめっちゃ不利になります。

管理人

正社員として再就職を目指すなら、契約社員や派遣社員・パートでもいいので

「なんらかの職についている状態」で就活していくのが鉄則です。

ある程度の年齢の人(20代後半以上の人)で非正規状態で就活するのって勇気がいりますよね。

ただ、そんなにハードルを高くする必要はありません。

今の時代、年齢高め・転職回数多めの人でも正社員として採用している企業はたくさんありますよ。

問題はどこで求人を探すか?です。

なかなか良い求人に出会えない人は、ハローワークなど求人を探す場所をまちがえてしまっている人が多いです。

未経験から働ける仕事って意外にたくさんありますよ。

ただし、ブラック企業には注意が必要

正社員になれないなら辞める

(たとえ正社員で採用すると言われても、ブラック企業に応募してはいけません)

 

ただし、いま非正規社員として働いている人は、

ブラック企業につかまらないように注意してください。

いくら正社員で採用してくれると言っても、ブラック企業には絶対に応募してはダメです。

ブラック企業って雇用環境が劣悪なのでなかなか人を集められていません(集められてもすぐ辞めていきます)

私も経験があるのですが、

ブラック企業って

月給手取り16万円で毎日深夜まで残業させられたり、

パワハラな上司から毎日どなられたり…みたいな環境です。

管理人

人手不足で給料も安く、仕事が激務すぎてしんどいブラック企業で働くのは悲惨です。

ブラック企業は非正規で働く人をターゲットにしていますので、くれぐれも注意してください。

仕事や人間関係がしんどいブラック企業で働きたくない人へ

(ブラック企業でつらい働き方をしたくない人へ)

 

いま働いている人もこれから働く人も、ブラック企業で働きたくないなら、

情報リサーチはしっかり行うようにしてください。

具体的には、

  • いま世の中にはどういう仕事があるのか?
  • どういう仕事が年収が高いのか?
  • 今の自分にはどういう選択肢があるのか?

について、常に情報アンテナを張っておくことが大切です。

↓情報リサーチには以下のような転職サイトを使うと便利です。

無料で使えるサイトなので、活用してみてください。

管理人

リクルートエージェント

リクルートエージェント

最大手の転職サイト!25万件以上の求人あり

リクルートエージェントは業界最大手の転職エージェント会社で、25万件以上もの求人が登録されています。
未経験者OKの大手企業の求人から、
実務経験者だけが応募できる高年収な求人まで、たくさんの求人があります。
きっとあなたの希望にあった会社を見つけることができますよ。

↑転職サイトで無料アカウントを作って、

年収や職種などの希望条件を入力しておくと、マッチする最新求人が出るたびにメールで通知してもらえます。

(企業側からのオファーメール例)

↑こんな感じで企業側から

オファーメールが来たりもします。

管理人

普段からこういう転職サイトの情報を見る習慣をつけておくと、

「今の仕事がもしどうしても嫌になったら、別の仕事もある」という選択肢を持つことができます。

こういういい意味での「逃げ道」を作っておくと精神的安定につながります。

(会社の上司や先輩からどやされても「なんかせまい世界でえらそうにしてるなー」ぐらいに流せるようになりますよ)

いま失業中の人も、自分で探していたらまず気づけなかったような

意外な仕事の紹介が来たりするので、自分の可能性に気づけますよ。

まずは無料アカウントを作って、いろいろ求人検索してみましょう。

世の中には本当にいろんな仕事があるんだな…って驚かれると思いますよ。

転職の方向性が見えてきたらエージェントとの面談も使ってみよう

(転職意思が固まってきたらエージェントとの面談も検討しましょう)

 

転職サイトで日常的に情報リサーチして、ある程度転職活動の方向性が見えてきたら、

転職エージェントと無料面談してアドバイスを受けてみるのもおすすめです(無料で使えます)

転職エージェントは、実際に企業をまわって情報を集めていますので、

↓以下のように転職サイトを見ているだけではなかなかわからない情報を教えてくれます。

  • 企業の社風や職場の実際の雰囲気
  • 配属される予定の部署の男女比率や年齢構成
  • 残業時間の具体的な数字(月ごと・日ごとの時間数)
  • 過去3年間のボーナス支給額の実績値など

↑こういう情報を求人に応募する前に教えてもらえるのが大きいです。

転職サイトで見ていたら良さそうだったので面接を受けてみたけど、

実際に会社を訪問してみたらなんかちがった…ってよくありますが、

こういう時間のロスを省くことができるようになりますよ。

転職エージェントは無料で相談できますので、

ぜひ活用しましょう。

管理人

もっとも、いきなり転職エージェントと面談するのはハードルが高い…と感じる人も多いでしょう。

なので、まずは転職サイトで無料アカウントを作っておき、

いろんな求人を見てみることから始めるのがいいと思います。

なにごともまずはしっかり情報収集することから始めるのが大切です。

企業との年収交渉を自分でやってはいけない理由

(年収交渉は自分でやるよりエージェントに代行してもらう方がうまくいきます)

 

他にも、転職エージェントは企業側とあなたの間に入って、あなたが採用されやすくなるようにいろいろ調整してくれます。

(面接アポイントの調整や応募書類の添削・面接対策など)

年収交渉なんかも代わりにやってくれますので、

ちょっとでも良い条件で入社したい人はエージェントを活用しましょう。

こういうのって自分で交渉するのはとても難しいですからね。

さらにいうと、入社時にあんまり熱心に年収交渉を自力でやってしまうと、

金にがめつい人というイメージを持たれてしまう可能性もあります。

転職先の社風にもよりますが、これは基本的にマイナス評価にしかなりませんので避けておくのが無難ですね。

転職エージェントが完全無料で使える理由

なお、転職エージェントはすべて無料で使えます。

転職エージェントって企業側が支払う紹介手数料で運営されていますので、私たち求職者側は無料で使うことができるんです。

1円でもお金を請求されることはありませんので、

安心して使うことができますよ。

管理人

↓まずは無料アカウントを作って求人検索から始めてみてください。

(リクルートエージェントは最大手の転職エージェント会社です)

\ 高年収の求人多数あり!/

無料登録して求人を見てみる

※ メールアドレスがない人はこちら(GoogleのgmailYahooメール)から無料で作れます。




Sponsored Links

-転職活動のノウハウ

Copyright© 転職と副業のサザンクロス , 2021 All Rights Reserved.