Sponsored Links

転職の体験談

研究職の仕事の種類は?大手OA機器メーカーで働く34歳男性の転職体験談

※このページは 3 分で読めます。

研究職 種類

(研究職の仕事の種類にはどんなものがある?大手メーカーで働く34際男性に転職の体験談をお聞きしました)

今回は、OA機器メーカーで研究開発の仕事をされている方に転職の体験談をお聞きしました。

田中さんは現在34歳で、業界内では「トップクラスの大手企業」といわれる企業に勤めている方です。

  • 研究職として働く職場の種類はどんなところがある?
  • マニアックな研究をしている人でも研究職としての働き口はある?
  • 研究開発の仕事のやりがいは?つらいときはどんなとき?

などなど、体験者でないと語れない情報を本音でお話しいただきましたので、ぜひ参考にしてみてください。

研究職の仕事内容とは?私の転職体験談

体験談をお聞きした方のデータ

  • お名前 :田中圭太(34歳)
  • 在職年齢:29歳~現在(5年間在職中)
  • 雇用契約:正社員
  • 年収  :約600万円
  • 会社規模:業界内では大手と言われる規模

私は、OA機器メーカーで研究開発の仕事をしています。

業界内では「大手企業」といわれるぐらいの規模で、主にコピー機やインクジェットプリンターを作っているメーカーです。

職場環境は、従業員数5000人以上、開発チームとしては約30人のメンバーと一緒に働いています。

年齢は40代前半が多く、その脇を固めるように、経験豊富なベテラン、体力のある若手が配属されています。

研究職と呼ばれる仕事にはどんな種類がありますか?

研究職 種類

(研究職の仕事の種類は大きく分けて「基礎研究」と「商品開発」の2種類)

研究職の種類には、おおまかに分けると「基礎研究」と「商品開発」があります。

なお、転職サイト内では「研究」「開発」「設計」などの業務担当別に求人が登録されていることが多いので、実際に仕事を探すときの参考にしてみてください。

>>研究職の仕事を探す!業界最大手の転職サイトはこちら

次のページへ >




Sponsored Links

-転職の体験談
-

Copyright© 転職と副業のサザンクロス , 2020 All Rights Reserved.