転職の体験談

ベンチャー企業の経理はきつい?大変?4年働いて転職した私の体験談

経理 きつい

(ベンチャー企業の経理はきつい?4年間実務を経験した男性に転職体験談をおききしました)

今回は、ベンチャー企業で経理事務の仕事を4年間経験された男性に、お仕事の体験談をインタビューしました。

横山さんは、20代で経理に転職された方です。ベンチャー経理でのかなりきつい仕事の経験を生かして、現在はもう少し大手の企業で経理をされています。

年収や残業の有無、仕事内容は具体的にどのぐらいきついのか?といった気になる点についてくわしく話をしていただきましたので、ぜひ参考にしてみてください。

ベンチャー企業の経理はきつい?私が体験した仕事内容

体験談をお聞きした方のデータ

  • お名前 :横山幸太
  • 在職年齢:25歳〜29歳(4年間在職)
  • 雇用契約:正社員
  • 年収  :年収500万円
  • 会社規模:従業員300名の中堅ベンチャー企業(非上場)
  • 退職理由:ベンチャー企業で激務でした。同じく経理で残業が少なく給与が同じ老舗の企業がみつかりましたのでそちらに転職しました。

私は、ビジネスホテルを経営する企業の経理として4年間働きました。

業界内では「ベンチャー」と呼ばれる規模の会社です。

非上場で従業員は300名程度でした。

具体的なお仕事の内容はどんなものでしたか?

仕事内容は決算を含む経理業務と給与計算です。

日常的には日々の会社の銀行口座の管理や、取引の流れを請求書などの内容に基づき帳簿に記録するといった仕事をします。

そして、1年に1回決算を行い、会社が納める税金の金額を計算するのが私の仕事です。

経理は会社全体の利益の状態を把握していますので、毎月初に会社全体で先月に利益が出ているかの資料作成も行いました。

給与計算は従業員の給与計算です。社会保険の手続きなども含まれます。

経理の仕事はどういうふうに社会の役に立つ仕事ですか?

経理の仕事はお客さんと直接会って話をする仕事ではありませんが、とても重要な仕事だと思っています。

経理がちゃんと仕事をしなければ、最悪の場合は会社が倒産してしまう可能性すらあるからです。

会社がちゃんと利益を出しているのかを具体的な数字で把握し、経営者の経営判断に役立ててもらうのが私たちの仕事です。

また、経理は会社が納める税金の金額を計算します。まちがった金額の税金を納めると脱税になってしまいますので、こちらもとても大切な仕事といえますね。

さらに、給与計算という仕事もあります。

これは簡単に言えば会社で働く従業員のお給料の金額を計算して、実際に会社の銀行口座から従業員の銀行口座にお金を振り込む作業です。

会社から振り込まれたお給料の金額がもし間違えていたら、そんな会社では働くのはきついですよね。給与計算は従業員との信頼の基礎になるとても大切な経理の業務といえます。

日常的にはどういう人たちを相手に仕事をしますか?

経理という職種では、お客様は社内の従業員や、会社の役員・経営陣となります。

外部のお客さんと直接話をすることは基本的にはありません。

特に、経営者は自社がちゃんと利益を出しているのか、従業員がちゃんと働いているのかに常に関心を持っています。

日々彼らの要求に応えていくことが経理の仕事です。

一緒に経理として働いている人たちはどんな人たちでしたか?

デスクワークですので社内の人たちと一緒に勤務することが大半です。

私の部署(経理部)は6名のメンバーで仕事をしていました。会社全体では300名ほどの従業員がいました。

ベンチャー企業ということもあって、一緒に働いていた人たちの年齢構成はほとんど20代でした。

働く時間や残業・休日出勤の有無について教えて下さい

朝は8時に出社し、22時に退社していました。

ベンチャーの経理は業務量の割に人員が少なくとにかく忙しかったです。ワークライフバランスといわれるとかなりきつい環境だと思います。

現在の私はベンチャーの経理はやめて、老舗の企業の経理に転職して働いています。

採用担当者に具体的な職務経験を伝えたことで、ベンチャーでの経理経験は転職でも高く評価してもらえました。

>>経理転職専門の転職サイトはこちら

同じ経理でも仕事の忙しさはかなり違いますから、転職活動するときには応募前に転職エージェントに情報をもらうなどしておいた方が良いと思います。

残業代は支給されていましたか?

残業はたくさんありましたが、その分の残業代はちゃんと支給されていました。

休日出勤については、会社がサービス業(ホテル業)でしたので、年間休日が108日と少なく祝日はほとんど出勤していました。

お客さんや上司からの急な呼び出しというのはなかったです。

Sponsored Links

ただ決算後の締めの繁忙期については、出勤が毎日ずっと続くような感じです。これはかなりきついです。

3月決算でしたので、5月末が納税期日となります。ゴールデンウィークはほぼありませんでした。

経理の仕事が楽しい、やりがいがあると感じる瞬間はどんなときですか?

経理の仕事をしていると、会社の経営状況を車内で一番早く知ることができます(社長よりも早く知ることができます)

こうした情報を社長を含む経営陣に伝えることで、経営判断の一助を担えるという点には物凄くやりがいを感じました。

また、経理や給与計算に関わる法律は解釈が色々あったり、変わったりすることもあります。

きちんと勉強をすることで能力を高めていくことが出来るという点についても非常に楽しさを感じることができましたね。

経理の仕事は、経験を積めば積むほど、自分自身の仕事の出来る幅がどんどんと広がっていきます。

私自身そうなのですが、経理の実務経験を積めばいろんな会社から転職のオファーが来るようになります。

成長していることが実感しやすい仕事ですので、成長意欲の高い方にはとてもおすすめの仕事ですよ。

経理の仕事で「ここがきつい・しんどい」という点を教えてください

経理の仕事は基本的にデスクワークです。

決算期(繁忙期)に、一日中ずっとPCと向き合わなければいけない日が何日も続いたときはかなりきつかったです。

また、実際に務める企業や役職レベルにもよりますが、経理は業務量が非常に多いです。時間との勝負になることもありますね。

月次決算の締め切りがギリギリになったり遅れたりしてしまうと経営陣からきつい叱責を受けることもあったのは非常に辛かったです。

私の場合は特にベンチャー企業でもあり、社内での業務態勢がまだ整っていない状態でした。非効率に業務を進めなければいけないことも多かったのもしんどかったです。

ただし、これは逆に言えば社内のルールを現在進行形で作っていくということでもあります。

業務を効率的に変えていけるという点についてはやりがいを感じることもありました。この辺りはベンチャーのおもしろい所と言えます。

経理の仕事でよくある退職理由を教えてください

経理業務や給与計算は、AI化が進んでいるとは言え、まだまだ人の手が重要な仕事です。

また基本的には日本国内であれば統一されたルールを基に仕事をしますので、1つの会社で経理の実務経験を積めば、どこの会社でも転職できます。

そのため、勤務時間や給料などの条件がもっと良い他の会社を見つけたから転職するというケースは多いですね。

私もベンチャーの経理から、老舗メーカーの経理に転職をしました。

給料はそこまで変わりませんでしたが、残業時間が劇的に減ることになりました。

経理の仕事に向いている人は、どんな人だと思いますか?

まずは何よりも「勉強が好きな人」です。

経理は日々新しい知識を入れていく、変わっていく法律に対応するなどが必要だからです。

また「わからないことをそのつど調べる能力」も重要です。

従業員や経営陣からは専門的な税法や経理処理の事を聞かれることがあります。

その際に、たとえ自分でわからなくても調べて答えを出すということは非常に重要なスキルとなってきます。

また経理というとコツコツというイメージはあると思いますが、コミュニケーション能力も重要です。

特に社内の経営陣に対して説明をしなければならない場面も多く、日ごろから良い関係を築いておかないと、本来簡単に伝わることも伝わりません。

他部署の部門長とも良い関係を構築する必要があります。

そうしないと、社内で何が起きているのかわからず、決算数字の裏にある背景について経営陣に説明が出来ないという事に陥ってしまうからです。

経理の仕事に就くための転職活動はどのように行いましたか?

経理財務の求人を多く持っている転職サイトに登録して、専門の転職エージェントから仕事を紹介してもらいました。

>>経理・財務職専門の転職サイトはこちら

また経理業務は特に専門性が高いので、知識を持っているということをアピールする為にも簿記2級の取得までは必須であると考えます。

現在はまだ資格取得していなかったとしても、資格取得に向けて勉強中であることは履歴書や面接でアピールするのが良いと思います。

簿記検定は年に3回試験がありますから、ちゃんと勉強していけば3ヶ月程度で合格できます。

私の場合、面接は全部で2回ありました。

最終面接は社長との面接で、経理をやりたいという姿勢よりもこの会社の一員として働きたいというアピール出来たことが採用につながったと考えております。

仕事つまらない・給料安い…。今の職場でこれ以上働き続けたくない人へ

(あわない仕事・人間関係のストレスでつらい働き方をしている人へ)

  • 給料がぜんぜん上がらない…。もう2年以上働いてるのに。
  • 人間関係のストレスが限界。上司も先輩も大嫌いな人ばかり…。
  • 1ミリも興味ない仕事だけど、生活のためにしかたなく働いている…。

↑こんな感じで働いている人ってきっと多いのではないでしょうか。

仕事って人生のほとんどの時間を使ってやっていくことですから、

ストレスの多い環境だとほんと地獄ですよね。

ほとんどの人にとって今の仕事がベストの選択肢じゃないのが普通です。

学生時代になんとなく就活やって、

なんとなく安定してそうな会社に入って、

なんとなく年齢を重ねていく人がほとんどなんですよね。

ただ、こんな感じで30代後半になってくると、状況はもっと悪くなります。

「35歳転職限界説」とかいいますが、

転職って年齢が高くなるほど実務経験を求められるようになりますから、

難易度がどんどん高くなってしまうんですね。

そうしているうちに家族ができ、家を買うために住宅ローンを組んで…。

で、どんどん身動きが取れなくなっていくのが現実です。

少しでも年齢が若いうちに転職活動を始めるのが有利

(営業から経理、総務からマーケティングなど「職種を変える転職」は年齢制限があります)

 

今いる環境にどうしても限界を感じているなら、

少しでも年齢が若いうちに転職活動を始めましょう。

特に、職種を変えるキャリアチェンジ転職の場合は年齢をかさねるほど不利になります。

(営業から経理、総務からマーケティングなど)

今の仕事とまったく違う職種に行きたいなら、

どんなに遅くとも20代後半、できれば20代前半までに転職しておく必要があります。

業種業界にもよりますが、ここを逃すと未経験職種での採用は非常に難しくなるのが一般的ですね。

  • 今の仕事はぜんぜん好きになれない…
  • この業界でずっと働きたくない…

↑と感じている人は、

早めにアクションを起こす必要があります。

管理人

まずは「自分にはどんな選択肢があるのか?」のリサーチから始めよう

(まずは「自分の学歴・職歴でどのぐらいの求人を狙えるのか?」のリサーチから始めましょう)

 

とはいえ、いきなり転職活動なんてハードルが高く感じてしまいますよね。

生活費を稼がないといけないから、今すぐ転職は難しい…。

↑という人もきっと多いはずです。

転職って重要な決断になりますので慎重になるのは当然ですよね。

いきなり転職活動なんて無理…と感じる方は、

まずは「世の中にどんな仕事があるのか?」

「自分の学歴・職歴だとどんな仕事に転職できる可能性があるのか?」

のリサーチから始めてみるのがおすすめです。

具体的には、無料で使える転職サイトでいろんな求人情報を見てみましょう。

転職サイトは今すぐ転職する気がない人も気軽に使うことができますよ。

マイナビエージェント

高年収な優良求人が絶対見つかる!(無料転職サイト)

マイナビエージェントは個人的に最もおすすめな転職サイトです。
未経験から高年収を目指せる求人から、
実務経験者限定のクローズド求人まで、
好条件なホワイト求人をたくさん見つけることができますよ。
無料で使える鉄板の大手転職サイトなので、転職活動が初めてな人も安心です。

今すぐは転職活動する気がない人も、

転職サイトへの無料登録だけは早めにやっておきましょう。

仕事のストレスが限界になってくると、

転職サイトに登録するという行動すらやる気がなくなってしまうからです。

転職サイトで無料アカウントを作っておくと、

あなたにマッチする求人が出てくるたびにメール自動通知してもらうえます。

気になった求人をブックマークしておくだけでも、

いざとなったら転職もあるという選択肢を持つことができるんですね。

今の職場で限界が来たときに、

転職という対抗策を打つことが可能になります。

いい意味での「逃げ道」を確保しておくことが大切です。

管理人

転職サイトは完全無料で使うことができます。

いつでも利用をやめられますし、

変な連絡が来ることもないのでリスクはゼロです。

今すぐは転職できない人も、転職サイトを活用して情報収集から始めましょう。

>>転職サイトに登録して自分の適正年収を見てみる(無料)

転職成功するのに「特別優秀」である必要はない

(ごく普通の人でも転職で成功することは可能です)

  • 特別優秀なひとにぎりの人だけが高年収になれる。
  • コミュ力が高くてルックスも良く人脈もないと人生負け組。
  • 一流大学を出てないと出世なんてできない…。

↑こんなふうに考えている人って多いと思いますが、実はこれまったくの誤解です。

私は転職支援の仕事をしてるので、

年収700万円〜1000万円の人たちとたくさん会いますが、

彼らは特別優秀な人ばかりではありません。

もちろん、中には弁護士や会計士みたいに

特別優秀な人もいますけどね。

でも、営業マンや経理マンなど

ごく普通の仕事でも高年収の人たちもたくさんいます。

管理人

問題は「ごくフツーの人が、なぜ理想的な働き方ができるようになったのか?」ですが、

これは日頃から自分がどういう環境で働ける可能性があるのか?

の情報リサーチをしっかりやっているからなんです。

具体的には、転職サイトでいま世の中でどういう仕事が求められてるのか?(年収高いのか?)

の情報リサーチをしっかりやっておくのが大切です。

転職サイトは今すぐ転職する気がなくても使えますよ。

情報リサーチといえば新聞をまずイメージしますよね。

ですが、ニュースにくわしくなって年収上がった人を私は見たことがないです。

お金と時間を消費して新聞を読むぐらいなら、

転職サイトを見るようにした方がよっぽど年収アップにつながりますよ。

実際、年収高い人って今すぐ転職する予定はなくても

転職サイトに登録だけはしています。

管理人

転職サイトで希望条件を入力しておくと、マッチする求人が自動的に情報として入ってくるので情報感度が高くなるんですよね。

最新の求人情報につねにアンテナを貼っておいて、

チャンスがめぐってきたらすぐに行動を起こせるようにしておくのが大切です。

転職サイトを使った情報リサーチのやり方

(個人的におすすめの転職サイトはマイナビエージェントです)

\ 高年収な求人多数あり!/

無料登録して求人を見てみる

転職サイトに無料登録すると、

↓こんな感じで最新の求人情報にいつでもアクセスできるようになります。

管理人

(実際の求人例1)

(実際の求人例2)

>>転職サイトに登録して実際の求人を見てみる(無料)

↑実際の求人情報を見てみるとわかりますが、

年収の高い仕事であっても、

特別な能力って求められていないことに気づくと思います。

サラリーマンの年収って、所属先の会社がもうかっているかどうか?でほぼ決まるからです。

逆にいうと、所属先の会社がもうかっていないと、

あなたがどんなに優秀な人であっても大したお給料を稼ぐことはできません。

これは優秀な人ほど見逃しがちな重要ポイントですね。

もうかっている会社は転職サイトに好条件で求人をバンバン出しています。

こういう情報を常日頃からリサーチしておくことがとても大切ですよ。




Sponsored Links

-転職の体験談
-

Copyright© 転職と副業のサザンクロス , 2022 All Rights Reserved.