Sponsored Links

転職の体験談

ベンチャー企業の経理はきつい?大変?4年働いて転職した私の体験談

※このページは 3 分で読めます。

経理 きつい

(ベンチャー企業の経理はきつい?4年間実務を経験した男性に転職体験談をおききしました)

今回は、ベンチャー企業で経理事務の仕事を4年間経験された男性に、お仕事の体験談をインタビューしました。

横山さんは、20代で経理に転職された方です。ベンチャー経理でのかなりきつい仕事の経験を生かして、現在はもう少し大手の企業で経理をされています。

年収や残業の有無、仕事内容は具体的にどのぐらいきついのか?といった気になる点についてくわしく話をしていただきましたので、ぜひ参考にしてみてください。

ベンチャー企業の経理はきつい?私が体験した仕事内容

体験談をお聞きした方のデータ

  • お名前 :横山幸太
  • 在職年齢:25歳〜29歳(4年間在職)
  • 雇用契約:正社員
  • 年収  :年収500万円
  • 会社規模:従業員300名の中堅ベンチャー企業(非上場)
  • 退職理由:ベンチャー企業で激務でした。同じく経理で残業が少なく給与が同じ老舗の企業がみつかりましたのでそちらに転職しました。

私は、ビジネスホテルを経営する企業の経理として4年間働きました。

業界内では「ベンチャー」と呼ばれる規模の会社です。

非上場で従業員は300名程度でした。

具体的なお仕事の内容はどんなものでしたか?

仕事内容は決算を含む経理業務と給与計算です。

日常的には日々の会社の銀行口座の管理や、取引の流れを請求書などの内容に基づき帳簿に記録するといった仕事をします。

そして、1年に1回決算を行い、会社が納める税金の金額を計算するのが私の仕事です。

経理は会社全体の利益の状態を把握していますので、毎月初に会社全体で先月に利益が出ているかの資料作成も行いました。

給与計算は従業員の給与計算です。社会保険の手続きなども含まれます。

経理の仕事はどういうふうに社会の役に立つ仕事ですか?

経理の仕事はお客さんと直接会って話をする仕事ではありませんが、とても重要な仕事だと思っています。

経理がちゃんと仕事をしなければ、最悪の場合は会社が倒産してしまう可能性すらあるからです。

次のページへ >




Sponsored Links

-転職の体験談
-

Copyright© 転職と副業のサザンクロス , 2020 All Rights Reserved.