Sponsored Links

転職活動のノウハウ

「給料が上がらないから退職」はアリ?あなたが昇給できない理由と年収アップの対策方法

給料 上がらない 退職

(「給料上がらないから退職」を選択していい人といけない人の違いとは?)

  • 入社3年目なのに年収300万円。1年目から給料がほとんど上がらない…。
  • 毎月、家賃と生活費を払ったらほとんどお金が残らない…。いつまでこんな生活を続けないといけないのか…。
  • 自分の先輩もたいした月給をもらってないらしい。
  • 今の月給で結婚したり、子供ができたりしたら生活していけない。
  • 低年収すぎて住宅ローンや車のローンを組めない。使っているクレカは学生時代からずっと楽天カード…。

↑こういうお悩みをお持ちの方は決して少なくないでしょう。

少しずつ日本の景気は良くなっているといいますが、大手企業でも業種によっては苦しい状態のところも多いですからね。

(中小企業ではむしろ「どこが景気がいいんだ?」と感じている人の方が多いでしょう)

いつまでたっても給料が上がらない・ボーナスが増えない…と言う人の中には、退職や転職を検討している人も少なくないと思います。

↓統計データによると、日本人の退職理由の2位と3位は「会社の将来性やお給料への不満」だそうです。

転職理由ランキング2018年

結論から言うと、「給料が上がらないから退職する」という選択肢は「あり」です。

ただし、これはすべての人に当てはまることではないことに注意してください。

人によっては、今の会社で働き続けた方が、結局は年収アップにつながることも考えられるからです。

具体的には、給料が上がらない理由が「単に本人のスキル不足」である場合ですね。

(この記事を読んでいる向上心の高いあなたは多分当てはまらないと思いますが)

入社1年目でもう仕事が嫌になった…というようなケースでは、転職が給料アップにつながることは基本的にないです。

スキル不足の人たちは「給料が上がらないこと」を理由に退職してもいいことは1つもないので、今の会社で働き続ける方が良いでしょう。

(転職するとむしろ年収が下がってしまいます)

↓一方で、以下のような「会社側の事情」で給料が上がらないケースもあります。

会社側の原因で給料が上がらないケース

  • ①現在の会社にポストが空いていない場合
  • ②会社の業績が悪い・成長していない場合
  • ③経営者が従業員を搾取(さくしゅ)している場合

↑こうしたケースでは、退職して別の会社に転職することが劇的な年収アップにつながることもあります。

※特に③の「搾取ケース」は要注意

転職して業務量はむしろ少なくなったのに、年収は数百万円アップした、というケースはめずらしくもなんともありません。

給料が上がらない理由①:現在の会社にポストが空いていない場合

給料 上がらない 退職

(年功序列の会社の場合、あなたがいくら優秀でも、上の人間が退職しない限りポストが空きません)

「役職がつけば給料が上がる」というルールがあったとしても、

その役職ポストにはあなたの先輩社員がずっといすわっているので、実質的にあなたの給料が上がらないケースです。

これは昔ながらの会社(年功序列・終身雇用で人事が決まっている会社)などに多いケースですね。

こういう会社では、どんなに優秀でやる気のがる人であっても、若手のうちは給料が上がることはありません。

次のページへ >




Sponsored Links

-転職活動のノウハウ

Copyright© 転職と副業のサザンクロス , 2020 All Rights Reserved.