Sponsored Links

転職活動のノウハウ

職場では孤立している方が楽…と感じている人へ。今のまま働いているとある日突然リストラされる可能性すらありますよ

職場 孤立 楽

(職場なんて孤立している方が楽…。と感じている人へ。実際にあった理不尽なリストラ事例を紹介します)

  • 職場の人間関係に疲れた。もはや多少は孤立してもかかわらない方が楽…。
  • 同僚は年齢も価値観も全く違う人ばかり。友達が欲しくて仕事をしているんじゃないんだから、面倒に巻き込まれないためにもまわりと関わらないようにしている。
  • 仕事でまわりに合わせてもろくなことがない。職場では最低限の人間関係だけ維持し、それ以外の部分では極力関わりたくない。
  • 最低限の給料がもらえて、趣味に没頭できる時間があれば職場での評価や人間関係はどうでもいい…。

↑こうした気持ちで孤立感を感じながら仕事をしている方、少なくないのではないでしょうか。

確かに、仕事というのはお金を稼ぐためにやっているのであって、友達を作るためにわざわざ働いているのではないですよね。

欲しいものもそんなにないし、出世なんてしても面倒なだけだから、最低限の安定した給料がもらえるならそれでOK、

という考えも、合理的な部分があると言えるでしょう。

何を隠そう、私も以前の職場ではこういう気持ちで働いていました。

「最低限の仕事さえしていれば年功序列で役職も上がっていくんだし、多少職場で孤立しようが、人間関係なんて無視した方が楽」

と思い、毎日ひたすらに必要なことだけをやって、就業時間が終わる18時30分が来るのを待つ…

という感じで働いていたんです。

職場の人間関係で孤立しようがなんだろうが全く気にしていなかったので、上司や同僚と飲みにいくような面倒なことは避けていました。

しかし、ある日、私のこうした考えをうちくだく出来事が起こったんです…。

勤続15年のベテランがいきなりリストラされるという現実

職場 孤立 楽

(勤続15年のベテラン社員が、ある日いきなりリストラされた話)

それは、職場で15年以上のキャリアがある人が、情け容赦なくリストラにあったことです。

私や同年代の若手社員は無事でしたが、会社の業績悪化を理由にベテラン職員がいきなり退職させられたのです。

その人は普段から職場の人間とはかかわらないタイプの人で、いわば孤立していました。

もっとも、特別優秀ではないにしても勤続15年のベテランですから、

仕事そのものはそれなりに問題なくこなしていたのです。

それにもかかわらず、その人は「会社の業績悪化のためやむを得ず人員整理を行います。6ヶ月後に退職してください」ということをいきなりつげられ、

次の職場が決まる間もなく退職させられました。

「職場での孤立」が決め手となったリストラ

職場 孤立 楽

(職場での孤立を甘く見ていると、ある日突然仕事を失う可能性すらあります)

後日こっそり聞いた話では、実際にはリストラ候補が2人いたのですが、

もう1人の人は能力は高くないものの、職場での人間関係だけはなんとかやっている人だったので、リストラは免れたそうです。

リストラさせられた20年上の先輩は、とりあえずは実家に戻る…ということでした。

当時の私は20代後半でしたから、私よりも15年先輩の、40なかばのおっさんがいきなり実家のお世話になる…というわけです。

実家の老いた親に40過ぎのおっさんの面倒を見てもらう…なんて状態は本当に悲惨ですよね…。

(親は70代超えている高齢者でしょうし)

コミュニケーション能力が低い人の転職はそう簡単ではない

上のリストラされたベテラン社員のように、

コミュニケーション能力が低い人が新しい職場を見つけることはそう簡単ではありません。

さらにいうと、その人は失意に打ちひしがれてもいましたから、明るい気持ちで転職面接を受ける…なんてことも難しい状態だったと思われます。

在職中にうまく転職が決まればまだましだったかもしれませんが、それがうまくいかず、

失業後(退職日がきた後)に転職活動をせざるを得ないかたちになると、さらに状況は悪化します。

次のページへ >




Sponsored Links

-転職活動のノウハウ

Copyright© 転職と副業のサザンクロス , 2020 All Rights Reserved.