Sponsored Links

転職活動のノウハウ

職場では孤立している方が楽…と感じている人へ。今のまま働いているとある日突然リストラされる可能性すらありますよ

職場 孤立 楽

(職場なんて孤立している方が楽…。と感じている人へ。実際にあった理不尽なリストラ事例を紹介します)

  • 職場の人間関係に疲れた。もはや多少は孤立してもかかわらない方が楽…。
  • 同僚は年齢も価値観も全く違う人ばかり。友達が欲しくて仕事をしているんじゃないんだから、面倒に巻き込まれないためにもまわりと関わらないようにしている。
  • 仕事でまわりに合わせてもろくなことがない。職場では最低限の人間関係だけ維持し、それ以外の部分では極力関わりたくない。
  • 最低限の給料がもらえて、趣味に没頭できる時間があれば職場での評価や人間関係はどうでもいい…。

↑こうした気持ちで孤立感を感じながら仕事をしている方、少なくないのではないでしょうか。

確かに、仕事というのはお金を稼ぐためにやっているのであって、友達を作るためにわざわざ働いているのではないですよね。

欲しいものもそんなにないし、出世なんてしても面倒なだけだから、最低限の安定した給料がもらえるならそれでOK、

という考えも、合理的な部分があると言えるでしょう。

何を隠そう、私も以前の職場ではこういう気持ちで働いていました。

「最低限の仕事さえしていれば年功序列で役職も上がっていくんだし、多少職場で孤立しようが、人間関係なんて無視した方が楽」

と思い、毎日ひたすらに必要なことだけをやって、就業時間が終わる18時30分が来るのを待つ…

という感じで働いていたんです。

職場の人間関係で孤立しようがなんだろうが全く気にしていなかったので、上司や同僚と飲みにいくような面倒なことは避けていました。

しかし、ある日、私のこうした考えをうちくだく出来事が起こったんです…。

Sponsored Links

勤続15年のベテランがいきなりリストラされるという現実

職場 孤立 楽

(勤続15年のベテラン社員が、ある日いきなりリストラされた話)

それは、職場で15年以上のキャリアがある人が、情け容赦なくリストラにあったことです。

私や同年代の若手社員は無事でしたが、会社の業績悪化を理由にベテラン職員がいきなり退職させられたのです。

その人は普段から職場の人間とはかかわらないタイプの人で、いわば孤立していました。

もっとも、特別優秀ではないにしても勤続15年のベテランですから、

仕事そのものはそれなりに問題なくこなしていたのです。

それにもかかわらず、その人は「会社の業績悪化のためやむを得ず人員整理を行います。6ヶ月後に退職してください」ということをいきなりつげられ、

次の職場が決まる間もなく退職させられました。

「職場での孤立」が決め手となったリストラ

職場 孤立 楽

(職場での孤立を甘く見ていると、ある日突然仕事を失う可能性すらあります)

後日こっそり聞いた話では、実際にはリストラ候補が2人いたのですが、

もう1人の人は能力は高くないものの、職場での人間関係だけはなんとかやっている人だったので、リストラは免れたそうです。

リストラさせられた20年上の先輩は、とりあえずは実家に戻る…ということでした。

当時の私は20代後半でしたから、私よりも15年先輩の、40なかばのおっさんがいきなり実家のお世話になる…というわけです。

実家の老いた親に40過ぎのおっさんの面倒を見てもらう…なんて状態は本当に悲惨ですよね…。

(親は70代超えている高齢者でしょうし)

コミュニケーション能力が低い人の転職はそう簡単ではない

上のリストラされたベテラン社員のように、

コミュニケーション能力が低い人が新しい職場を見つけることはそう簡単ではありません。

さらにいうと、その人は失意に打ちひしがれてもいましたから、明るい気持ちで転職面接を受ける…なんてことも難しい状態だったと思われます。

在職中にうまく転職が決まればまだましだったかもしれませんが、それがうまくいかず、

失業後(退職日がきた後)に転職活動をせざるを得ないかたちになると、さらに状況は悪化します。

企業は失業中の人よりも在職中の人を好んで採用しますから、ある日いきなりリストラされたような場合には、失業期間が長くなってしまう可能性も考えられます。

そうなると転職活動をする気もなくなり、40代の引きこもり…という状態になってしまうことすらあり得るのです。

(最近ニュースでよく聞く「働き盛りの引きこもり」です)

会社はいきなりあなたを切り捨てる可能性がある

職場 孤立 楽

(40代で引きこもり…なんてことになったら悲惨です。会社はいきなりあなたを切り捨てる可能性があります)

↓このできごとから私が学んだことは、

「会社は、私たち従業員の人生なんてまったく守ってくれない。いきなり仕事や収入を取り上げることがある」

ということです。

リストラにあったベテランの人は、仕事そのものは決して無能というわけではありませんでした。

期限までに仕上げる必要がある仕事はちゃんとしてしましたし、上司から言われたことは多少厳しめの言葉であっても素直に従っていました。

しかし、その人には、

「チームに貢献する」とか、「職場の人との和を大事にする」

という発想がまったくなかったのです。

その人の上司には、上から「リストラの対象者を選ぶように」といわれたときには何人か候補がいたと思います。

仕事の能力だけで選ぶなら、その人はリストラ対象者に選ばれることはなかったはずなのです。

その人の最終的に職場での生死を分けたのは「職場の人間関係での孤立」だったというわけです。

社会や会社は最低限の保護しかしてくれないのが資本主義

「こんな悲惨な状況でも社会や企業が何もしてくれないなんて、間違っている」

ひょっとしたらこう考える方もいらっしゃるかもしれませんね。

しかし、私たちの社会は資本主義の社会です(つまり基本的にお金がすべてということです)

企業側が従業員に給料に見合うだけの付加価値を見出せなければ、ある日突然リストラ…ということは考えられます。

労働法によってある程度は労働者の権利は守られますが、

それも上で見たように「6ヶ月間は待ってあげるから、この間に転職を成功させなさい」というような「最低限の保証」でしかありません。

私たち労働者は、自分の身は自分で守らなくてはならないというわけです。

私は、上で見たベテラン社員の人のリストラを見たときに、

まさに何年か後の自分自身の姿を見るような気がして、とても怖い気分になったのを覚えています。

「愛せない職場」で人間関係なんて作れないのが当たり前

上のエピソードで何がいいたいかというと、

「職場で生き残るためには、究極的には人間関係が大事」ということです。

…しかし、そうはいっても職場の人たちが気の合わない大嫌いな人たちばかりだったら、

とてもじゃありませんが人間関係の構築なんてやる気になりませんよね。

あなたがどれだけ相手に気を使っても、相手がそれに対して冷たい態度ばかりとるようでは、

その職場で孤立しないように頑張っていこう…なんて気持ちにはなりません。

そして、それは必ずしもあなたの責任ではないことが考えられます。

基本的な価値観の近い人たちでないと人間関係は構築できない

職場 孤立 楽

(基本的な価値観を共有できない人たちと、職場での人間関係を構築することは困難です)

というのも、人間関係というのは、

「基本的な価値観が近い人たち」が相手でないと築いていくことができないからです。

あなたがどれだけデリケートに、まわりを傷つけないように配慮していたとしても、

まわりの人たちの価値観があなたとまったく異なり、あなたの配慮をまったく受け入れない人たちだった場合には、あなたは疲弊するばかりなのです。

もちろん、学校時代の友人関係のように「まったく同じ価値観でないとやっていけない」では話にならないでしょう。

社会人ですから、多少の価値観の相違があったとしても、仕事のパートナーとしてうまくやっていかないといけない部分はあります。

しかし、世の中には「どこまでいっても価値観がまじわらない相手」というのがいます。

あなたが100%の好意をこめてやったことでも、

「なんだこいつは」と悪意しか受け取らない人間はいるということですね。

もしあなたが今、職場での人間関係で孤立していて、むしろその孤立している状況の方が楽…と感じるような状態にいるなら、

こうした「どこまでいっても価値観がまじわらない相手」の中で仕事をしている可能性があります。

そうした状況ではまともな人間関係を築いていくのは難しいですから、別の人間関係に移ることも検討してみることをおすすめします。

具体的には、あなたの価値観に親和性のある職場に転職するということを検討してみてください。

Sponsored Links

「価値観の合う人たち」と働ける職場を探す方法

職場 孤立 楽

(人間関係を心から楽しみながら働ける「理想の職場」を見つけるには、具体的にはどうしたらいいのか?)

…とはいえ、

転職活動なんて何から始めて良いのかわからない、別の職場に移ってもその職場がブラック企業だったら…、

と不安に感じる方もいらっしゃるでしょう。

実際、転職活動のやり方を間違えてしまうと、

今よりももっと悪い人間関係に入らざるを得なくなり、しかも収入も下がってしまう…。なんて最悪の事態になりかねません。

※「転職活動はめんどくさい…」という方へ。

読者様

毎日、家に帰ってきたらもうヘトヘトです…。

自宅のパソコンに電源をつける元気すらない。

転職活動とかほんとに無理なんですけど。

転職活動は「求人を探したり、電話で面接のアポ取りをしたり…」となかなか大変ですよね。

でも、転職活動は下手をすると「その後のあなたの人生を決める重要な活動」になりますから、いいかげんなかたちで進めてしまうことは避けないといけません。

管理人

読者様

そりゃまあわかってます。自分の人生ですから。

でも現実問題として、今の日常が忙しすぎて、転職活動なんてやってる余裕がないんですよ…。

わかります。私も20代の頃はずっとブラック企業で働いていたので。

「転職活動は負担やストレスが大きすぎる」と感じている方は、転職エージェント(無料)を活用しましょう。

転職エージェントはあなたの代わりに、あなたにマッチした求人を探してきて、採用担当者との面接までセッティングしてくれます。

管理人

エージェントとのやりとりは基本的に全部メールでできるので、そんなにめんどくさいことはないですよ(面接も義務ではありません。普通に断ってOK)

企業の人事採用担当者との面接日程の調整や、年収交渉といった面倒なことは、エージェントがすべて無料で代行してくれます。

\ 20代の方におすすめの転職エージェント!/

おすすめの転職エージェントはこちら!

転職エージェントって本当に無料?なぜ無料?

読者様

そりゃ緊張する企業側との電話のやりとりとか、年収交渉とか、めんどくさいことを代わりにやってくれるなら助かりますよ。

でも、こういうのってお金かかったりするじゃないですか?

給料が低いのがつらくて転職したいのに、転職活動そのものにお金がかかってしまうなら、本末転倒もいいところなんですけど。

ご心配なく。私たち労働者側は、転職エージェントを最初から最後まで無料で使えます。

転職エージェントにお金を払っているのは採用活動を行っている企業側だけなので、

私たち労働者側は、最初から最後まで転職エージェントを無料で使うことができるんです。

管理人

転職エージェントを使うデメリットは?

読者様

求人を探してきてくれて、面接のアポ取りもやってくれて、年収交渉もしてくれる…。

ほんとにこれで無料ですか?…逆に怪しいです。

転職エージェントを使って転職活動することに、何かデメリットとかないんでしょうか?

そうですね。転職エージェントを使って転職活動することのデメリットをあえて挙げるとすると、

初回の相談で転職エージェントと面談(20分ぐらい)をしないといけないことぐらいでしょうか。

アカの他人に仕事のことを相談するなんて、なんだか緊張しますよね。

ただ、この面談というのは、エージェント側とあなたのキャリアプランについてイメージのすり合わせをする上でとても大切な手続きなんです。

管理人

エージェントとの初回の面談をしっかりやっておくかどうかによって、転職活動の成功・失敗が決まるといっても過言ではないぐらいです。

ここだけはしっかりやっておけば、あとはエージェントがあなたの希望に沿った求人を探してきてくれて、企業側の面接までセッティングしてくれます。

今どき「転職活動のために履歴書を手書きで書いて、緊張しながら電話して…」なんて誰もやってませんよ。

面接のアポイントや、年収交渉といった面倒なことは、転職エージェントが全部無料で代わりにやってくれます。

管理人

これから転職活動を始める人は、転職エージェントを活用しよう

(転職活動を始めるなら無料で使える転職エージェントを活用しましょう)

よくあるお悩み

  • 転職活動なんて何から始めていいのかよくわからない。
  • 学生時代以来、求職活動なんてもう何年もやっていない…。
  • 転職サイトはちょこちょこ見ているけど、どの求人もなんだか同じに見える。
  • 「うちは家族的な社風です!」とか、どうせ嘘だろ…って思ってしまう。
  • とにかく給料が安すぎ。こんなんで生活していくなんて無理なんだけど…。

↑こんな悩みをお持ちの方は、転職エージェントを使うことも検討して見てください。

転職エージェントというのは、あなたの代わりに、あなたの職歴に最適な求人を探してきてくれるサービスです(無料で使えます)

WEBやSNSを使い慣れている20代〜30代前半の方の多くは、転職活動をエージェントを使って行うようになっていますよ。

管理人

他人に転職の相談するなんて緊張する…」という方もいらっしゃるかもしれませんが、

エージェントとのやりとりは基本的に「サイト経由+メール」なので、実際に顔を合わせる機会はそれほど多くありません。

管理人

↓転職エージェントは、あなたの代わりに以下のようなことをやってくれます。

エージェントがやってくれること

  • あなたの職歴や実務経験から見て、最適な求人(少しでも年収が高く、内定が出る可能性の高い求人)をプロの目で見て選別してくれます。
  • あなたの代わりに、採用活動を行う企業側と年収の交渉をしてくれます。
  • 企業の人事担当者との面接日程の調整などのめんどうなスケジュール調整を全部やってくれます。
  • 書類審査のための応募書類の添削をしてくれます。
  • 面接の事前対策をしてくれます(面接に同席してくれるエージェントもいます)

特に、現在も在職中の方は、終業後に転職活動をするというのはストレスがとても大きいですよね。

仕事でヘトヘトになって帰ってきて、そこからパソコンを立ち上げて、ハローワークや転職サイトの情報を探して…なんて、やる気になれないのが当たり前です。

めんどくさいことは転職活動のプロであるエージェントに丸投げして、もっと大切なことに集中しましょう(本当に自分がやりたい仕事はなんなのか?など)

転職エージェントにお金を払っているのは、人を採用したい企業側だけなので、私たち求職者は最初から最後まで完全無料で使うことができますよ。

管理人

当サイト管理人おすすめの転職エージェント

(おすすめの転職エージェント会社を紹介します)

↓転職エージェント会社は、それぞれの会社で扱っている求人に特徴があります。

  • 20代の人向けの求人が得意なエージェント会社
  • 営業マン向けの求人が得意なエージェント会社
  • 税理士や会計士など専門職の求人が得意なエージェント会社

…といった具合ですね。

重要なことは、あなた自身の状況に合わせて最適なエージェント会社を使い分けることです。

どこも無料で使えますので、「1社だけを使う!」というのではなく、

最低でも2社〜3社に登録しておいて、「自分と相性の良いところを使っていく(できれば使い倒す)」という使い方がおすすめです。

当サイトの管理人が実際に使ってみて「こういう人にはここがおすすめ!」といえる転職エージェント会社を紹介します。

管理人

マイナビエージェント(20代の方におすすめ)

(マイナビエージェントは、20代の方におすすめの転職エージェントです)

大手企業〜ベンチャーまで!未経験者OKの求人多数あり

マイナビエージェントは、20代の方におすすめの転職エージェント会社です(無料)
三井住友銀行や農林中央金庫などの「ザ・大手企業」という会社から、最先端のITベンチャーまで、幅広く優良企業の求人があります。
未経験20代の方でも年収550万円など、好条件で働ける求人を見つけることができますよ。

就職Shop(フリーター脱出したい人におすすめ)

就職Shopはリクルートが運営する最大手の第二新卒専門エージェントです)

フリーター・ニート脱出したい方におすすめ!書類選考なし求人多数あり

就職Shopは、フリーター・ニートの方の転職支援に特化しているエージェントです(無料)
最大の特徴は「書類選考なしで面接に進める求人が多数登録されていることです。学歴や職歴に自信がない方も安心して使えますよ。
若手向けの求人は「紹介される仕事は営業だけ…」ということが多いですよね。
就職Shopは転職大手のリクルートが運営していますので、経理や財務、人事などの事務系職種もたくさん紹介してもらえます。

Sponsored Links

-転職活動のノウハウ

Copyright© 現役の転職エージェントがこっそり教える転職活動の進め方 , 2020 All Rights Reserved.