Sponsored Links

転職の体験談

臨床検査技師の仕事はつらい?大変?実務9年目の医療現場の体験者に聞きました!

※このページは 3 分で読めます。

臨床検査技師 仕事 つらい

(臨床検査技師の仕事はつらい?大変?実務9年目の男性にお仕事内容や転職の体験談をお聞きしました)

今回は、臨床検査技師として仕事をされている高杉さんに、お仕事の体験談をインタビューしました。

高杉さんは、従業員数230人の中規模医療施設で臨床検査技師として9年以上のキャリアがある方です。

↓以下のような「この業界を目指す人がちょっと気になっていること」についても突っ込んでお聞きしました。

  • 臨床検査技師の仕事はつらい?大変?
  • 年収は勤務何年目でいくらぐらいになりますか?
  • この仕事に向いている人・向いていない人はどんな人?
  • 早期に辞めていく人もいる?よくある退職理由は?

これから臨床検査技師として働くことを目指す方のお役に立つ内容になっているかと思いますので、ぜひ参考にしてみてください。

臨床検査技師の仕事はつらい?私が体験した仕事内容

体験談をお聞きした方のデータ

  • お名前 :高杉俊介
  • 在職年齢:2010年〜(35歳〜)
  • 雇用契約:正社員
  • 年収  :約320万円
  • 勤務先 :職員数約230人の中規模医院
  • 就業状態:現在も在籍中

私は、臨床検査技師として病院に勤務しています。

臨床検査技師とは医療専門職の一つで、患者さんのあらゆる臓器の状態を検査するのが仕事内容になります。

↓※臨床検査技師のお給料の実態についてはこちらで書きましたので、参考にしてください。

臨床検査技師の給料は高い?平均年収の実態と高年収で転職するコツ

例えば、尿や血液を自動分析機や用手法で検査したり、生理機能検査・心電図・肺機能・超音波検査などで患者さんの検査を行ったりします。

検査によって得られたデータを、医師など臨床サイドへフィードバックするのが私たちの使命です。

職場の健康診断や人間ドックを受けられている方も多いと思いますが、その時に体の状態を知るための検査を担当しているのが、私たち臨床検査技師です。

患者さんと接する機会は多いですか?

臨床検査技師の仕事は、どちらかというと裏方として診療、治療をサポートしていく役割が中心です。

次のページへ >




Sponsored Links

-転職の体験談
-

Copyright© 転職と副業のサザンクロス , 2020 All Rights Reserved.