Sponsored Links

転職の体験談

臨床検査技師の男女比率は?働く場所(就職先)を年収別に紹介!

臨床検査技師 男

(臨床検査技師の男女比率は?)

臨床検査技師の男女比率は、「男性3に対して女性7」が相場です。

どこで働くにしても、女性の割合が多い職場となることは間違い無いでしょう。

なぜ臨床検査技師に男性は少ないのかというと、いくつか理由があります。

第一には、臨床検査技師の重要な仕事の一つである「生理機能検査」で女性の患者さんの身体に触れることが挙げられます。

マイナビエージェント

ホワイト求人探すならここ!

マイナビエージェントは転職大手のマイナビが運営する転職サイトです。
鉄板の大手サイトなので、転職活動が初めての人も使いやすいですよ。
20代未経験で年収400万円〜の求人や、
実務経験者限定の高年収800万円〜、
在宅勤務OKのリモートワーク求人、
将来の幹部候補として入社できる求人など、好条件な求人が多数あります。

この記事の目次

生理機能検査が男性臨床検査技師にはネックになる

臨床検査技師の仕事は、大きく分けて検体検査と生理機能検査に別れます。

このうち、生理機能検査とは、心電図、肺機能、無散瞳眼底、サーモグラフィー、睡眠時無呼吸、超音波などの検査のことをいいます。

これらの検査に共通しているのは、「直接患者さんと接して行う検査」という点です。

特に、心電図や超音波検査では、患者さんの身体に直接触れる検査があります。

例えば、心電図であれば、患者さんの胸部に電極を装着します。

その際に電極の装着位置を確認するために胸部の肋骨の位置を触り確認しなくてはなりません。

超音波検査であれば、プローブを当てて検査をしますが、その際に患者さんの心臓や腹部にプローブを持った手を固定しなければなりません。

女性の患者さんに衣服を脱いでいただく必要があることも

当然、検査の際には衣服を脱いで頂く必要も場合によってはあります。

患者さんは、肌を多少なりとも露出することになります。

私たち臨床検査技師は最大限の配慮をしています。

バスタオルを検査中はかけて行うなど、患者さんのいわゆる羞恥心を少しでも軽減してもらう努力です。

ただ、女性の患者さんの中には、「どうしても男性の臨床検査技師の前では…」という方もいらっしゃる訳です。

こうしたことから、女性の臨床検査技師を優先的にスタッフとして採用している医療機関も少なからずあります。

臨床検査技師は「長く安定して働ける仕事」→女性応募者が多い

次に、臨床検査技師という仕事が「長く安定して仕事が続けられる職業」である事が挙げられます。

女性の社会進出は目覚ましいものがありますが、臨床検査技師は日勤帯だけの職場も多いです。

時間外の発生もない職場も多く、そうした環境では、家庭との両立が可能になります。

皆さんの近くのクリニックで働くスタッフをイメージしてみてください。

ほぼ女性のみのスタッフというクリニックが多いのではないでしょうか。

クリニックの経営者も、男性が入職してくるという想定をしていない事があります。

(男性でも働きやすい職場の探し方については後でくわしく解説します)

そのため、男性用の更衣スペースや男性市スタッフ用のトイレなどが未整備な所が非常に多いです。

そうしたクリニックに男性が入職しても、恐らく浮いた存在となってしまうでしょう。

全てのクリニックがそうではないのですが、一般的な傾向として、こうした面があることも事実です。

男性の臨床検査技師が働きやすい職場を見つけるには?

もちろん、男性の臨床検査技師の働き口がまったくないなんてことはありません。

基本的に安定的な需要がある仕事ですから、男性女性問わず採用している医療機関はたくさんあります。

転職サイトで求人検索してみると、男女関係なしの求人がかなりたくさん登録されているのがわかるかと思います。

ただし、表向きの求人条件では「男女関係なし」となっていたとしても、本音としては「女性を採用したい」と考えているところはあるので注意してください。

こうしたところに男性が応募しても時間のむだになりますので、できれば応募前にこうした求人は候補からはずしておきたいところです。

エージェントから職場の「生の情報」を事前にもらっておく

こういう求人をあらかじめ候補から外しておくためには、転職エージェントから具体的な情報をもらうのがいいです。

転職サイトに無料登録すると、転職活動をサポートしてくれるエージェントがつきますので、その人に「この求人は男性でも関係なく採用してくれますか?」と質問してみてください。

エージェントは表向きの情報だけでなく、裏の情報もいろいろと教えてくれます。

エージェントは実際に求人を出している医療機関に出向いて採用担当者からいろいろ情報を得ているからです。

例えば、「採用そのものは男女関係なくても、実際の職場はほとんど女性で、男性用の更衣室すらない…」というような職場の情報も事前に教えてもらえます。

男性が応募しても無駄な求人に間違えて応募してしまわないようにするためにも、エージェントの活用は必須と言えます。

転職サイトでいろいろ検索して求人を見慣れておく

転職サイトは無料で使えますので、いろいろ検索してみていろんな求人情報を見ておくのも転職活動を成功させるコツです。

たくさんの求人を日常的に見るようにしていると、なんとなく求人の傾向というか「こういう医院ではこういう条件で求人を出していることが多い」というような基準がわかるようになってきます。

そうなると「この求人は平均と比べて年収が高い」「スタッフ数は少ないけれど福利厚生がしっかりしている職場」というように、自分でも求人のしぼり込みができるようになっていきます。

気になった求人は情報としてストックしておいて、候補先をたくさん手元に持った状態で転職活動を進めていくのが短期間で採用につなげるコツです。

候補先がたくさんあれば「ここがダメでも別のところにチャレンジすればいい」という気持ちで面接にもいけますから、堂々とした態度でのぞめます。

多少は強気ぐらいの気持ちでいく方が、信頼感のある人物と評価してもらえますよ。

臨床検査技師の職場結婚は多い?

臨床検査技師同士での結婚は少ないです。

どちらかというと、臨床検査技師と他の職種職員での職場恋愛・結婚の方がよくある話ですね。

医療事務のスタッフと結婚、看護師と結婚といったようなケースは多いです。

臨床検査技師どうしとなると仕事内容が近すぎますが、他の職種なら同じ医療スタッフというしばりでは同類なので、ちょうど良い距離感になるのかもしれません。

ただ、職場内での恋愛は、公私の区別をしっかりつけておかないとめんどうなことになります。

思わぬ横やりなどが入るケースもありますので、注意して欲しいところですね。

男性臨床検査技師は就職で有利?不利?

病院・クリニックの経営者、検査部門の方針によって異なるので一概には言えないところがあります。

女性患者への配慮を過剰なほど意識する施設では、男性は不採用になる可能性が高いです。

しかし、男性の超音波検査士で経験豊富な技師は、病院・クリニックともに需要があります。

また、精神科病院では、患者の性質上、男手は必要なことが多く、臨床検査業務以外での需要あることから、重宝される施設もあります。

いくら求人を出し続けていても一向に応募がない施設も往々にしてありますが、そうした施設では男女不問なケースが多いです。

ただ、そうした施設は何かしら問題がある事が多く、入職して何かと苦労する場合が多いです。

臨床検査技師は「男性だから職場で得をする・損をする」ということはある?

「男性だから得をする」ということは基本的にあまりありませんね。

しかし、経験豊富な臨床検査技師には男性が多い印象です。

女性は寿退職していく人が一定割合いますから、ベテランになると男性の方が多くなるのかもしれません。

一方、「男性だから損すること」についてですが、これは主に人間関係の部分ですね。

女性優位な職業ですので、よく女性の職場にありがちなドロドロとした人間関係に巻き込まれるリスクは往々にしてあります。

また、何かと自己主張が女性技師は強いです。

検査部門のトップの指導方針が、こうした職場環境に影響していると思います。

男性の臨床検査技師の働く場所(就職先)の選択肢は?

臨床検査技師として働くなら、以下のような職場が主な候補先になるかと思います。

  • 治験コーディネーターCRC・治験モニターCRA
  • 医療機器メーカーのサービス
  • 病院・クリニック
  • 研究職(食品メーカーや研究機関・大学研究室など)

転職サイトでこれらのキーワードで検索をかければ求人が多数ヒットすると思いますので、実際の求人で年収を見てみたい方は転職サイトで検索してみてください。

治験コーディネーターCRC・治験モニターCRA

まず、治験コーディネーターCRCや治験モニターCRAがあります。

バックに製薬メーカーが付いていることもあってか、ともに給与水準が高い会社は月収30万超、年収400万から500万に達する所もあります。

エリア内(エリア単位での仕事)では、直行直帰・出張もありますし、医療機関のスタッフとのコミュニケーション能力が必須です。

また、日頃から専門知識・カルテ用語の理解・社内の認定試験などが課されます。土日休みの会社は多いですが、平日の勤務内容はハードです。

医療機器メーカーのサービス

次に、医療機器メーカーのサービスです。

月収は、平均で25万前後、年収にすれば400万前後でしょうか。

こちらも、エリア内(エリア単位での仕事)では直行直帰・出張もありますし、医療機関のスタッフとのコミュニケーション能力が必須です。

また、自社で扱う医療機器の専門知識・技術は当然熟知しなければならず、そうした点でのプレッシャーはあります。

病院・クリニック

病院・クリニックは、収入に幅があります。月収15万から40万程度とかなり幅があり、高い施設は年収500万近くに届きますが、低い施設は300万をようやく超えるかというレベルです。

一般に首都圏・都市部の病院・クリニックは高く地方に行くほど給与水準は低い傾向があります。

儲けのある施設(検査に力を入れているような所)は、地方であっても高いです。

業務内容は施設によって異なりますし、業務シフトがローテーション制か、様々な院内業務に加わる必要性があるかによってもハードさが変わります。

人間ドック専門の施設は、検査知識・技術の他に、接遇能力が必須で、お客様というサービス業の側面が強いです。

研究職(食品メーカーや研究機関・大学研究室など)

研究職の選択肢もあります。食品メーカーや研究機関・大学の研究室などがその例です。

ひたむきに地味な作業を継続出来るかが要になって来ます。

月収はポストによって異なります。

主任研究員レベルとテクニシャンレベルでは大きな違いです。

【損失がでかすぎ】向いてない仕事で人生を浪費するな

(合わない仕事で人生を浪費するのは損失がでかすぎます)

  • この仕事、自分には向いてないと感じる…。
  • やりがいをまったく感じない。毎日何も楽しくない。
  • 職場の人たちがぜんぜん好きになれない…。

↑こんなふうにモヤモヤしながら働いている方、

きっと多いのではないでしょうか。

そんな方にぜひ知っておいていただきたいことがあります。

それは「自分に合ってない仕事や職場で、人生の貴重な時間を浪費するのは、本当にもったいない」ということです。

20代で年齢的にうちはまだいいかもしれません。

何ごとも経験だから…。

でがまんできる人もいるでしょう。

管理人

でも、これがこの先30年以上ずっと続く…と考えた場合どうでしょうか。

例えば、いま25歳の人なら定年が65歳として、

あと40年(…!)は仕事人生は続きます。

つまり、仕事って人生のほとんどの時間をかけてやっていくものなんですよね。

どうせならやりがいを感じられる仕事の方がいいと思います。

自分に向いていない仕事で、

毎日苦痛を感じながら生きていくなんて、

いったいなんのために生まれてきたんだ…。

って感じても不思議はありません。

(むしろ自然な感情でしょう)

ですが、残念ながらほとんどの人が

「みんながまんしてるんだから…」

で自分も我慢してしまうのが現実です。

>>ならどうしたらいい?自分に向いてる仕事を見つける方法

どんな仕事でも「向いてる/向いてない」が絶対にある

(営業職も事務職も「向き不向き」が必ずあります)

 

これはすべての種類の仕事についていえることですが、

仕事って向いてる/向いてないが絶対にあります。

例えば営業マンの仕事。

ものすごくまじめに頑張ってるけど、

なぜか成果が出ない人っているんですね。

その一方で、毎日テキトーに仕事してても、

キャラや見た目の良さでポンポン成果を出してしまう人っています。

事務職でもこれは共通です。

毎日、一生懸命やってるのになぜか職場で嫌われたり、

足を引っ張られたりする人がいる一方で、

どんなにミスをしてもなぜか許されちゃうみたいな人っていますよね。

>>ならどうしたらいい?自分に向いてる仕事を見つける方法

私も新卒入社した会社で営業配属だったのですが、

ダメダメでした。

本当に嫌で嫌でしょうがなくて、

毎日やめたい…と感じながら働いてましたね。

↑当然ながらこんな働き方で成果なんて出ません。

私がモタモタしているうちに、

楽しみながら仕事をしていた

同期たちにはどんどん差をつけられました。

管理人

同期入社の連中はどんどん成果を出し、

役職付きになって昇給していくのに、

自分だけずっとヒラ社員の安月給…。

まわりからも「あいつは仕事ができない」と見下され、

自分でもそんな自分がどんどん嫌いになっていく…。

↑これめっちゃつらいです。

その後どうしても耐えられなくなって

事務系の仕事に転職をしたのですが、

こちらは自分に合っていたのか、

割とすぐに成果を出すことができました。

営業マン時代は完全に「無能」あつかいされていた自分が信じられないぐらい、

すんなりと仕事内容を覚えられたんですね。

仕事には「向き不向き」があるのを痛感した瞬間でした。

仕事がちゃんとできると、職場内での人間関係もスムーズになります。

一緒に働く人たちも「あいつは役に立つ」と認めてくれますから、

仲間として受け入れてもらえるんですね。

「向いてない仕事でがんばる」のは損失が大きすぎる

(どんな仕事にも向き不向きがあります)

 

「好きこそものの上手なれ」ってことわざがありますが、

仕事に関してはこれほんと真理だと思います。

本当はもっと力を発揮できる仕事があるのに、

たまたま自分に合わない仕事を選んでしまったばっかりに、

苦しい思いをして働いている…。

↑こういう損してる人が多すぎます。

仕事なんて実際に現場に出てみるまでは

向いてる/向いてないなんてわからないので、しかたないんですけどね。

逆に言えば、いまうまくいっていない人にも必ず

「これならやれる」って思える仕事はあります。

管理人

ただし、まったく未経験の仕事に転職するのって、

年齢が高くなるほど難しくなるのにも注意です。

今の仕事が合ってないと感じている人は、少しでも早く対策をとりましょう。

自分に向いてる仕事を見つける方法(ハロワは使うな)

(自分に合った仕事を見つける方法とは?)

 

どうすれば自分に合った仕事を見つけられるのか?ですが、

まずは情報収集から始めましょう。

  • いま現在、世の中にはどんな仕事があるのか?
  • 自分の性格で向いている仕事ってどういうものなのか?
  • どういう仕事をしている人が給料高いのか?
  • どういう業種にニーズが集まっているのか?
  • どういう業界が今後も伸びていくのか?

↑こういったことについての現状把握から始めることがたいせつです。

具体的には無料の転職サイトを使って、

現在募集されている求人をチェックしてみましょう。

(↑無料アカウントのみで、求人検索で年収を見られます)

管理人

なお、求人はハロワとかでも一応は探すことができますが、

正直ブラック求人が多いので避けた方が良いですね。

ハロワって政府が「本当に本当に仕事がなくてどうしようもない状態の失業者」向けに提供しているサービスです。

はっきりいって生活保護と同じレベルの最低限のサービスなので、

最後の手段ぐらいに考えておきましょう。

普通に高校や大学出てて、

普通にネット使える環境の人は転職サイトを使いましょう。

転職サイトは無料サイトなので、お金がかかることはありません。

自分の年齢・職歴に合った転職サイトを使うのが重要(じゃないと門前払いを食らう)

(20代は「20代にあった転職サービス」を使うのが大切)

 

転職サイトを使う場合には、1つだけ注意点があります。

それは、自分の年齢や職歴に合った転職サイトを使うことです。

転職サイトっていろんな種類があって、

↓こんな感じでそれぞれ利用者層が違うんですね。

  • 30代〜40代のベテラン向け求人をメインであつかう転職サイト
  • 20代若手向けの求人だけをあつかう転職サイト
  • 金融業界の求人だけを専門であつかう転職サイト
  • 経理職の求人だけを専門であつかう転職サイト
  • 薬剤師や看護師など特定の資格を持つ人向けの転職サイト

例えば、20代若手の人が30代〜40代のベテラン向けの転職サイトとか使っても、

まず応募できる求人なんて出てこないです。

自分に合っていない転職サービスで仕事を探してしまうと、

マッチする求人件数0件…みたいな状態になってしまうので注意してください。

(いわゆる「門前払い」です。これってまじで絶望的な気分になります)

20代若手層の人は、

20代若手向け・未経験者OK求人がメインの転職支援サービス

↓を使いましょう。

管理人

(マイナビエージェントは20代の若手向け求人が充実している無料転職サイトです)

\ 未経験OK!20代向け求人多数あり/

無料登録のページを見る

無料アカウント登録で求人検索機能を使えます。

(年収や残業時間などのくわしい情報を指定して検索できます)

転職支援サービスは、

自分の状況に合ったところを使う。

(20代は20代向け、未経験者は未経験むけのところ)

↑これは転職活動のコツというか鉄則です。

ネット使い慣れている人でも、

意外に見落としがちなポイントなので注意してください。

自分にマッチする求人は「探す場所」さえまちがえなければ、

誰でもちゃんと見つけることができますよ。

転職サービスは誰でも無料で使えます。

まだ転職するかどうかはっきり決めていない人も、

とりあえず無料アカウントは作っておきましょう。

管理人

無料アカウントを作っておくと、

自分にマッチする求人が出た時に最速で通知してもらえたり、

「こんな職種もありかも?」的な情報メールが定期的に受け取れます。

自分ではまず思いつかないような

意外な仕事の選択肢を知れたりしますよ。

未経験の職種に挑戦する場合、

はば広い選択肢の中から仕事を選ぶのが大切ですからね。

 

世の中で不況で「若い人は仕事なんてどこにもない…」とかとんでもないウソです

(探す場所さえ間違えなければ、仕事なんてたくさん見つかります)

世の中で不況とか言ってても、

実際には転職サイト内でものすごくたくさんの仕事が出回ってます。

こんなにたくさんの選択肢があるのか…!

とびっくりすると思いますよ。

日本の若年失業率はたったの3.7%です(世界平均は13.6%)

仕事は探す場所さえまちがえなければ山ほどあるんです。

あと、学生時代の就活ってある程度は選択肢がしぼられてましたよね。

(ある程度の大手企業に行こうと思ったら営業マンしかない…など)

でも、いったん社会人になった後の転職活動って、

選択肢がものすごく多いんです。

人事やマーケティングといった人気職種も、

未経験OKの求人がたくさんありますし、

最初から「将来の幹部候補」などのかたちで募集されている求人も多いですよ。

いざというときの選択肢を確保しておくのが重要

(いざとなったときの選択肢を準備しておくのが大切です)

転職支援サイトで無料アカウントを作ったら、

自分の年齢や職歴・希望年収などを入力しておきましょう。

条件にマッチする求人を定期的にメールで配信してもらうことができます。

自力で探していたらまず気づけなかった選択肢にも気づけますよ。

↑日常的に送られてくる求人メールをチェックしておいて、

気になったものを情報としてストックしておくのがコツです。

これやっておくと、

「今の仕事がどうしても辛くなったら転職もある」

という選択肢を持てるのが大きいです。

疲労とストレスで倒れる前に転職という対策を打てます。

今すぐは転職できない人も、

転職サイトへの無料登録はやっておいた方が良いです。

仕事のストレスや疲労が限界まで来ると、

無料登録すらやる気力がなくなります。

管理人

転職サイトは誰でも無料で使うことができます。

↓20代若手層の人がマッチする求人を見つけやすい転職サイトはこちらです。

(マイナビエージェントは20代の若手向け求人が充実している無料転職サイトです)

\ 未経験OK!20代向け求人多数あり/

無料登録のページを見てみる




Sponsored Links

-転職の体験談

Copyright© 転職と副業のサザンクロス , 2023 All Rights Reserved.