転職の体験談

臨床検査技師の男女比率は?働く場所(就職先)を年収別に紹介!

Sponsored Links
臨床検査技師 男

(臨床検査技師の男女比率は?)

臨床検査技師の男女比率は、「男性3に対して女性7」が相場です。

どこで働くにしても、女性の割合が多い職場となることは間違い無いでしょう。

なぜ臨床検査技師に男性は少ないのかというと、いくつか理由があります。

第一には、臨床検査技師の重要な仕事の一つである「生理機能検査」で女性の患者さんの身体に触れることが挙げられます。

生理機能検査が男性臨床検査技師にはネックになる

臨床検査技師の仕事は、大きく分けて検体検査と生理機能検査に別れます。

このうち、生理機能検査とは、心電図、肺機能、無散瞳眼底、サーモグラフィー、睡眠時無呼吸、超音波などの検査のことをいいます。

これらの検査に共通しているのは、「直接患者さんと接して行う検査」という点です。

特に、心電図や超音波検査では、患者さんの身体に直接触れる検査があります。

例えば、心電図であれば、患者さんの胸部に電極を装着します。

その際に電極の装着位置を確認するために胸部の肋骨の位置を触り確認しなくてはなりません。

超音波検査であれば、プローブを当てて検査をしますが、その際に患者さんの心臓や腹部にプローブを持った手を固定しなければなりません。

女性の患者さんに衣服を脱いでいただく必要があることも

当然、検査の際には衣服を脱いで頂く必要も場合によってはあります。

患者さんは、肌を多少なりとも露出することになります。

私たち臨床検査技師は最大限の配慮をしています。

バスタオルを検査中はかけて行うなど、患者さんのいわゆる羞恥心を少しでも軽減してもらう努力です。

ただ、女性の患者さんの中には、「どうしても男性の臨床検査技師の前では…」という方もいらっしゃる訳です。

こうしたことから、女性の臨床検査技師を優先的にスタッフとして採用している医療機関も少なからずあります。

臨床検査技師は「長く安定して働ける仕事」→女性応募者が多い

次に、臨床検査技師という仕事が「長く安定して仕事が続けられる職業」である事が挙げられます。

女性の社会進出は目覚ましいものがありますが、臨床検査技師は日勤帯だけの職場も多いです。

時間外の発生もない職場も多く、そうした環境では、家庭との両立が可能になります。

皆さんの近くのクリニックで働くスタッフをイメージしてみてください。

ほぼ女性のみのスタッフというクリニックが多いのではないでしょうか。

クリニックの経営者も、男性が入職してくるという想定をしていない事があります。

(男性でも働きやすい職場の探し方については後でくわしく解説します)

そのため、男性用の更衣スペースや男性市スタッフ用のトイレなどが未整備な所が非常に多いです。

そうしたクリニックに男性が入職しても、恐らく浮いた存在となってしまうでしょう。

全てのクリニックがそうではないのですが、一般的な傾向として、こうした面があることも事実です。

男性の臨床検査技師が働きやすい職場を見つけるには?

もちろん、男性の臨床検査技師の働き口がまったくないなんてことはありません。

基本的に安定的な需要がある仕事ですから、男性女性問わず採用している医療機関はたくさんあります。

転職サイトで求人検索してみると、男女関係なしの求人がかなりたくさん登録されているのがわかるかと思います。

ただし、表向きの求人条件では「男女関係なし」となっていたとしても、本音としては「女性を採用したい」と考えているところはあるので注意してください。

こうしたところに男性が応募しても時間のむだになりますので、できれば応募前にこうした求人は候補からはずしておきたいところです。

エージェントから職場の「生の情報」を事前にもらっておく

こういう求人をあらかじめ候補から外しておくためには、転職エージェントから具体的な情報をもらうのがいいです。

転職サイトに無料登録すると、転職活動をサポートしてくれるエージェントがつきますので、その人に「この求人は男性でも関係なく採用してくれますか?」と質問してみてください。

エージェントは表向きの情報だけでなく、裏の情報もいろいろと教えてくれます。

エージェントは実際に求人を出している医療機関に出向いて採用担当者からいろいろ情報を得ているからです。

例えば、「採用そのものは男女関係なくても、実際の職場はほとんど女性で、男性用の更衣室すらない…」というような職場の情報も事前に教えてもらえます。

男性が応募しても無駄な求人に間違えて応募してしまわないようにするためにも、エージェントの活用は必須と言えます。

転職サイトでいろいろ検索して求人を見慣れておく

転職サイトは無料で使えますので、いろいろ検索してみていろんな求人情報を見ておくのも転職活動を成功させるコツです。

たくさんの求人を日常的に見るようにしていると、なんとなく求人の傾向というか「こういう医院ではこういう条件で求人を出していることが多い」というような基準がわかるようになってきます。

そうなると「この求人は平均と比べて年収が高い」「スタッフ数は少ないけれど福利厚生がしっかりしている職場」というように、自分でも求人のしぼり込みができるようになっていきます。

気になった求人は情報としてストックしておいて、候補先をたくさん手元に持った状態で転職活動を進めていくのが短期間で採用につなげるコツです。

候補先がたくさんあれば「ここがダメでも別のところにチャレンジすればいい」という気持ちで面接にもいけますから、堂々とした態度でのぞめます。

多少は強気ぐらいの気持ちでいく方が、信頼感のある人物と評価してもらえますよ。

臨床検査技師の職場結婚は多い?

臨床検査技師同士での結婚は少ないです。

どちらかというと、臨床検査技師と他の職種職員での職場恋愛・結婚の方がよくある話ですね。

医療事務のスタッフと結婚、看護師と結婚といったようなケースは多いです。

臨床検査技師どうしとなると仕事内容が近すぎますが、他の職種なら同じ医療スタッフというしばりでは同類なので、ちょうど良い距離感になるのかもしれません。

ただ、職場内での恋愛は、公私の区別をしっかりつけておかないとめんどうなことになります。

思わぬ横やりなどが入るケースもありますので、注意して欲しいところですね。

男性臨床検査技師は就職で有利?不利?

病院・クリニックの経営者、検査部門の方針によって異なるので一概には言えないところがあります。

女性患者への配慮を過剰なほど意識する施設では、男性は不採用になる可能性が高いです。

しかし、男性の超音波検査士で経験豊富な技師は、病院・クリニックともに需要があります。

また、精神科病院では、患者の性質上、男手は必要なことが多く、臨床検査業務以外での需要あることから、重宝される施設もあります。

いくら求人を出し続けていても一向に応募がない施設も往々にしてありますが、そうした施設では男女不問なケースが多いです。

ただ、そうした施設は何かしら問題がある事が多く、入職して何かと苦労する場合が多いです。

臨床検査技師は「男性だから職場で得をする・損をする」ということはある?

「男性だから得をする」ということは基本的にあまりありませんね。

しかし、経験豊富な臨床検査技師には男性が多い印象です。

女性は寿退職していく人が一定割合いますから、ベテランになると男性の方が多くなるのかもしれません。

一方、「男性だから損すること」についてですが、これは主に人間関係の部分ですね。

女性優位な職業ですので、よく女性の職場にありがちなドロドロとした人間関係に巻き込まれるリスクは往々にしてあります。

また、何かと自己主張が女性技師は強いです。

検査部門のトップの指導方針が、こうした職場環境に影響していると思います。

男性の臨床検査技師の働く場所(就職先)の選択肢は?

臨床検査技師として働くなら、以下のような職場が主な候補先になるかと思います。

  • 治験コーディネーターCRC・治験モニターCRA
  • 医療機器メーカーのサービス
  • 病院・クリニック
  • 研究職(食品メーカーや研究機関・大学研究室など)

転職サイトでこれらのキーワードで検索をかければ求人が多数ヒットすると思いますので、実際の求人で年収を見てみたい方は転職サイトで検索してみてください。

治験コーディネーターCRC・治験モニターCRA

まず、治験コーディネーターCRCや治験モニターCRAがあります。

バックに製薬メーカーが付いていることもあってか、ともに給与水準が高い会社は月収30万超、年収400万から500万に達する所もあります。

エリア内(エリア単位での仕事)では、直行直帰・出張もありますし、医療機関のスタッフとのコミュニケーション能力が必須です。

また、日頃から専門知識・カルテ用語の理解・社内の認定試験などが課されます。土日休みの会社は多いですが、平日の勤務内容はハードです。

医療機器メーカーのサービス

次に、医療機器メーカーのサービスです。

月収は、平均で25万前後、年収にすれば400万前後でしょうか。

こちらも、エリア内(エリア単位での仕事)では直行直帰・出張もありますし、医療機関のスタッフとのコミュニケーション能力が必須です。

また、自社で扱う医療機器の専門知識・技術は当然熟知しなければならず、そうした点でのプレッシャーはあります。

病院・クリニック

病院・クリニックは、収入に幅があります。月収15万から40万程度とかなり幅があり、高い施設は年収500万近くに届きますが、低い施設は300万をようやく超えるかというレベルです。

一般に首都圏・都市部の病院・クリニックは高く地方に行くほど給与水準は低い傾向があります。

儲けのある施設(検査に力を入れているような所)は、地方であっても高いです。

業務内容は施設によって異なりますし、業務シフトがローテーション制か、様々な院内業務に加わる必要性があるかによってもハードさが変わります。

人間ドック専門の施設は、検査知識・技術の他に、接遇能力が必須で、お客様というサービス業の側面が強いです。

研究職(食品メーカーや研究機関・大学研究室など)

研究職の選択肢もあります。食品メーカーや研究機関・大学の研究室などがその例です。

ひたむきに地味な作業を継続出来るかが要になって来ます。

月収はポストによって異なります。

主任研究員レベルとテクニシャンレベルでは大きな違いです。

転職活動って何からやればいいの?

(2021年現在、転職活動に転職エージェントを使うのはほぼ必須です)

理想の仕事に最速で転職したい方は、

転職エージェントを活用するようにしましょう。

>>おすすめの転職エージェントはこちら(無料)

求人はハローワークなどでも探すこともできますが、

年収や福利厚生の良い求人の多くは、転職エージェント経由でないと応募できません。

魅力的な企業ほど、限られた応募枠はすぐに応募者で埋まってしまいます。

年収の高い求人を見落とさないようにしたいなら、

転職エージェントを使うのは必須ですよ。

転職エージェントのサイトで求人登録し、

転職したい職種や、最低限の希望年収などの条件を入力しておけば、

↓新規募集が始まった瞬間にメールで通知してもらえます。

(リクルートエージェントは最大手の転職エージェント会社です)

\ 高年収の優良求人多数あり!/

無料登録して求人を見てみる

ちなみに、転職エージェントは無料で使えていつでも解除できますので、

ひとつの転職エージェントに限定して使う必要はありません。

(というか、採用の可能性を上げるためにも最低3社は同時進行で使うべきですね)

↓年収の高い優良求人がひんぱんに掲載される転職エージェントとしては以下のようなところがありますので、

最低3社は登録して志望条件の入力を確実にやっておきましょう。

転職エージェントは企業側が支払う広告料で運営されていますので、求職者は無料で使えます。

(お金を1円でも請求されることはありません)

いつでも利用はやめられますのでリスクは何もありませんよ。

管理人

職務経歴や希望条件などを登録しておけば、

条件に合致する求人が出るたびに最速でメール通知してもらうことができます。

これやっとくだけで求人を見逃すことがほぼなくなりますよ。

人気職種や高年収企業を目指すならこれは必須の作業です。

少しでも早いタイミングでやっておくことをおすすめします。

>>あえて1社だけ使うとしたらこちらです(もちろん無料)

転職活動に転職エージェントを使うメリットはこれ

(転職エージェントを使うメリットとは?)

転職エージェントを使うメリットは、

転職活動をやっていく上でめんどくさいことをすべて代わりにやってくれることです。

2021年現在、転職エージェント使わずに転職活動する…

とか、採用担当者から情弱あつかいされかねないので注意してください。

管理人

↓例えば、転職エージェントは、以下のようなことをやってくれますよ。

  • 応募書類の事前添削をしてくれる
    履歴書や職歴書などをプロの目でチェックしてくれますので、書類審査で落ちてしまうリスクを下げられます(ライバルの多い優良企業を狙う場合は必須です)
  • 採用担当者との面接日程の調整
    人事採用担当者と電話でアポイントをとるなど、転職活動にあたってめんどうな手続きを代わりにやってくれます。
  • 面接対策をしてくれる
    転職エージェントは企業の人事担当者とあらかじめ会って求人ニーズをヒアリングしているので「この企業は職員教育でこういうことを重視しているので、こういう質問がきたらこう答えましょう」といったように具体的にアドバイスしてくれます。
  • あなたの代わりに自己PRをしてくれる
    転職エージェントは、あなたの長所について採用担当者にプッシュしてくれます。自分で自分を売り込むのが苦手…という人は転職エージェント経由で伝えてもらうのがいいですね。
  • 年収交渉をしてくれる
    転職エージェントは採用初年度のあなたの年収金額について企業側と交渉してくれます。どうせ働くならお給料は少しでも高い方が良いですよね。 自分で自分の給料の金額を交渉するってとても難しいですから、転職エージェントに任せるのが懸命です。

こういう「自分ではちょっとやりにくこと・相手に伝えにくいこと」は転職エージェントを使うのがかしこいやり方です。

逆にいうと、転職エージェントを使わない場合はこういうめんどくさいことを全部自力でやらないといけません。

年収が高い人気の企業ほど、ライバルも少なからずいます。

無料で使えるものはすべて使って、

確実に採用可能性を上げていくようにしましょう。

管理人

ひと昔前までは、転職活動といえば

ハローワークに行って仕事を探して、紹介状をもらって…というめんどうなことが必要でしたが、

現在はこういうめんどくさいことは全部転職エージェントがやってくれます。

転職エージェントは無料で使えていつでもやめられるので、使わない理由はないです。

(全部自力でやりたい!という人以外は使った方がいい)

転職エージェントのサイトに無料登録して条件入力しておくと、

希望職種の求人が出た瞬間にメール通知してもらえます。

無料登録だけは早めにやっておきましょう

(リクルートエージェントは最大手の転職エージェント会社です)

\ 高年収の優良求人多数あり!/

無料登録して求人を見てみる

Sponsored Links

-転職の体験談
-

Copyright© 転職のサザンクロス , 2021 All Rights Reserved.