Sponsored Links

転職の体験談

臨床検査技師の男女比率は?働く場所(就職先)を年収別に紹介!

※このページは 3 分で読めます。

臨床検査技師 男

(臨床検査技師の男女比率は?)

臨床検査技師の男女比率は、「男性3に対して女性7」が相場です。

どこで働くにしても、女性の割合が多い職場となることは間違い無いでしょう。

なぜ臨床検査技師に男性は少ないのかというと、いくつか理由があります。

第一には、臨床検査技師の重要な仕事の一つである「生理機能検査」で女性の患者さんの身体に触れることが挙げられます。

生理機能検査が男性臨床検査技師にはネックになる

臨床検査技師の仕事は、大きく分けて検体検査と生理機能検査に別れます。

このうち、生理機能検査とは、心電図、肺機能、無散瞳眼底、サーモグラフィー、睡眠時無呼吸、超音波などの検査のことをいいます。

これらの検査に共通しているのは、「直接患者さんと接して行う検査」という点です。

特に、心電図や超音波検査では、患者さんの身体に直接触れる検査があります。

例えば、心電図であれば、患者さんの胸部に電極を装着します。

その際に電極の装着位置を確認するために胸部の肋骨の位置を触り確認しなくてはなりません。

超音波検査であれば、プローブを当てて検査をしますが、その際に患者さんの心臓や腹部にプローブを持った手を固定しなければなりません。

女性の患者さんに衣服を脱いでいただく必要があることも

当然、検査の際には衣服を脱いで頂く必要も場合によってはあります。

患者さんは、肌を多少なりとも露出することになります。

私たち臨床検査技師は最大限の配慮をしています。

バスタオルを検査中はかけて行うなど、患者さんのいわゆる羞恥心を少しでも軽減してもらう努力です。

ただ、女性の患者さんの中には、「どうしても男性の臨床検査技師の前では…」という方もいらっしゃる訳です。

こうしたことから、女性の臨床検査技師を優先的にスタッフとして採用している医療機関も少なからずあります。

臨床検査技師は「長く安定して働ける仕事」→女性応募者が多い

次に、臨床検査技師という仕事が「長く安定して仕事が続けられる職業」である事が挙げられます。

女性の社会進出は目覚ましいものがありますが、臨床検査技師は日勤帯だけの職場も多いです。

時間外の発生もない職場も多く、そうした環境では、家庭との両立が可能になります。

皆さんの近くのクリニックで働くスタッフをイメージしてみてください。

ほぼ女性のみのスタッフというクリニックが多いのではないでしょうか。

クリニックの経営者も、男性が入職してくるという想定をしていない事があります。

(男性でも働きやすい職場の探し方については後でくわしく解説します)

そのため、男性用の更衣スペースや男性市スタッフ用のトイレなどが未整備な所が非常に多いです。

次のページへ >




Sponsored Links

-転職の体験談
-

Copyright© 転職と副業のサザンクロス , 2020 All Rights Reserved.