転職の体験談

臨床検査技師の男女比率は?働く場所(就職先)を年収別に紹介!

臨床検査技師 男

(臨床検査技師の男女比率は?)

臨床検査技師の男女比率は、「男性3に対して女性7」が相場です。

どこで働くにしても、女性の割合が多い職場となることは間違い無いでしょう。

なぜ臨床検査技師に男性は少ないのかというと、いくつか理由があります。

第一には、臨床検査技師の重要な仕事の一つである「生理機能検査」で女性の患者さんの身体に触れることが挙げられます。

生理機能検査が男性臨床検査技師にはネックになる

臨床検査技師の仕事は、大きく分けて検体検査と生理機能検査に別れます。

このうち、生理機能検査とは、心電図、肺機能、無散瞳眼底、サーモグラフィー、睡眠時無呼吸、超音波などの検査のことをいいます。

これらの検査に共通しているのは、「直接患者さんと接して行う検査」という点です。

特に、心電図や超音波検査では、患者さんの身体に直接触れる検査があります。

例えば、心電図であれば、患者さんの胸部に電極を装着します。

その際に電極の装着位置を確認するために胸部の肋骨の位置を触り確認しなくてはなりません。

超音波検査であれば、プローブを当てて検査をしますが、その際に患者さんの心臓や腹部にプローブを持った手を固定しなければなりません。

女性の患者さんに衣服を脱いでいただく必要があることも

当然、検査の際には衣服を脱いで頂く必要も場合によってはあります。

患者さんは、肌を多少なりとも露出することになります。

私たち臨床検査技師は最大限の配慮をしています。

バスタオルを検査中はかけて行うなど、患者さんのいわゆる羞恥心を少しでも軽減してもらう努力です。

ただ、女性の患者さんの中には、「どうしても男性の臨床検査技師の前では…」という方もいらっしゃる訳です。

こうしたことから、女性の臨床検査技師を優先的にスタッフとして採用している医療機関も少なからずあります。

臨床検査技師は「長く安定して働ける仕事」→女性応募者が多い

次に、臨床検査技師という仕事が「長く安定して仕事が続けられる職業」である事が挙げられます。

女性の社会進出は目覚ましいものがありますが、臨床検査技師は日勤帯だけの職場も多いです。

時間外の発生もない職場も多く、そうした環境では、家庭との両立が可能になります。

皆さんの近くのクリニックで働くスタッフをイメージしてみてください。

ほぼ女性のみのスタッフというクリニックが多いのではないでしょうか。

クリニックの経営者も、男性が入職してくるという想定をしていない事があります。

(男性でも働きやすい職場の探し方については後でくわしく解説します)

そのため、男性用の更衣スペースや男性市スタッフ用のトイレなどが未整備な所が非常に多いです。

そうしたクリニックに男性が入職しても、恐らく浮いた存在となってしまうでしょう。

全てのクリニックがそうではないのですが、一般的な傾向として、こうした面があることも事実です。

男性の臨床検査技師が働きやすい職場を見つけるには?

もちろん、男性の臨床検査技師の働き口がまったくないなんてことはありません。

基本的に安定的な需要がある仕事ですから、男性女性問わず採用している医療機関はたくさんあります。

転職サイトで求人検索してみると、男女関係なしの求人がかなりたくさん登録されているのがわかるかと思います。

ただし、表向きの求人条件では「男女関係なし」となっていたとしても、本音としては「女性を採用したい」と考えているところはあるので注意してください。

こうしたところに男性が応募しても時間のむだになりますので、できれば応募前にこうした求人は候補からはずしておきたいところです。

エージェントから職場の「生の情報」を事前にもらっておく

こういう求人をあらかじめ候補から外しておくためには、転職エージェントから具体的な情報をもらうのがいいです。

転職サイトに無料登録すると、転職活動をサポートしてくれるエージェントがつきますので、その人に「この求人は男性でも関係なく採用してくれますか?」と質問してみてください。

エージェントは表向きの情報だけでなく、裏の情報もいろいろと教えてくれます。

エージェントは実際に求人を出している医療機関に出向いて採用担当者からいろいろ情報を得ているからです。

例えば、「採用そのものは男女関係なくても、実際の職場はほとんど女性で、男性用の更衣室すらない…」というような職場の情報も事前に教えてもらえます。

男性が応募しても無駄な求人に間違えて応募してしまわないようにするためにも、エージェントの活用は必須と言えます。

転職サイトでいろいろ検索して求人を見慣れておく

転職サイトは無料で使えますので、いろいろ検索してみていろんな求人情報を見ておくのも転職活動を成功させるコツです。

たくさんの求人を日常的に見るようにしていると、なんとなく求人の傾向というか「こういう医院ではこういう条件で求人を出していることが多い」というような基準がわかるようになってきます。

Sponsored Links

そうなると「この求人は平均と比べて年収が高い」「スタッフ数は少ないけれど福利厚生がしっかりしている職場」というように、自分でも求人のしぼり込みができるようになっていきます。

気になった求人は情報としてストックしておいて、候補先をたくさん手元に持った状態で転職活動を進めていくのが短期間で採用につなげるコツです。

候補先がたくさんあれば「ここがダメでも別のところにチャレンジすればいい」という気持ちで面接にもいけますから、堂々とした態度でのぞめます。

多少は強気ぐらいの気持ちでいく方が、信頼感のある人物と評価してもらえますよ。

臨床検査技師の職場結婚は多い?

臨床検査技師同士での結婚は少ないです。

どちらかというと、臨床検査技師と他の職種職員での職場恋愛・結婚の方がよくある話ですね。

医療事務のスタッフと結婚、看護師と結婚といったようなケースは多いです。

臨床検査技師どうしとなると仕事内容が近すぎますが、他の職種なら同じ医療スタッフというしばりでは同類なので、ちょうど良い距離感になるのかもしれません。

ただ、職場内での恋愛は、公私の区別をしっかりつけておかないとめんどうなことになります。

思わぬ横やりなどが入るケースもありますので、注意して欲しいところですね。

男性臨床検査技師は就職で有利?不利?

病院・クリニックの経営者、検査部門の方針によって異なるので一概には言えないところがあります。

女性患者への配慮を過剰なほど意識する施設では、男性は不採用になる可能性が高いです。

しかし、男性の超音波検査士で経験豊富な技師は、病院・クリニックともに需要があります。

また、精神科病院では、患者の性質上、男手は必要なことが多く、臨床検査業務以外での需要あることから、重宝される施設もあります。

いくら求人を出し続けていても一向に応募がない施設も往々にしてありますが、そうした施設では男女不問なケースが多いです。

ただ、そうした施設は何かしら問題がある事が多く、入職して何かと苦労する場合が多いです。

臨床検査技師は「男性だから職場で得をする・損をする」ということはある?

「男性だから得をする」ということは基本的にあまりありませんね。

しかし、経験豊富な臨床検査技師には男性が多い印象です。

女性は寿退職していく人が一定割合いますから、ベテランになると男性の方が多くなるのかもしれません。

一方、「男性だから損すること」についてですが、これは主に人間関係の部分ですね。

女性優位な職業ですので、よく女性の職場にありがちなドロドロとした人間関係に巻き込まれるリスクは往々にしてあります。

また、何かと自己主張が女性技師は強いです。

検査部門のトップの指導方針が、こうした職場環境に影響していると思います。

男性の臨床検査技師の働く場所(就職先)の選択肢は?

臨床検査技師として働くなら、以下のような職場が主な候補先になるかと思います。

  • 治験コーディネーターCRC・治験モニターCRA
  • 医療機器メーカーのサービス
  • 病院・クリニック
  • 研究職(食品メーカーや研究機関・大学研究室など)

転職サイトでこれらのキーワードで検索をかければ求人が多数ヒットすると思いますので、実際の求人で年収を見てみたい方は転職サイトで検索してみてください。

治験コーディネーターCRC・治験モニターCRA

まず、治験コーディネーターCRCや治験モニターCRAがあります。

バックに製薬メーカーが付いていることもあってか、ともに給与水準が高い会社は月収30万超、年収400万から500万に達する所もあります。

エリア内(エリア単位での仕事)では、直行直帰・出張もありますし、医療機関のスタッフとのコミュニケーション能力が必須です。

また、日頃から専門知識・カルテ用語の理解・社内の認定試験などが課されます。土日休みの会社は多いですが、平日の勤務内容はハードです。

医療機器メーカーのサービス

次に、医療機器メーカーのサービスです。

月収は、平均で25万前後、年収にすれば400万前後でしょうか。

こちらも、エリア内(エリア単位での仕事)では直行直帰・出張もありますし、医療機関のスタッフとのコミュニケーション能力が必須です。

また、自社で扱う医療機器の専門知識・技術は当然熟知しなければならず、そうした点でのプレッシャーはあります。

病院・クリニック

病院・クリニックは、収入に幅があります。月収15万から40万程度とかなり幅があり、高い施設は年収500万近くに届きますが、低い施設は300万をようやく超えるかというレベルです。

一般に首都圏・都市部の病院・クリニックは高く地方に行くほど給与水準は低い傾向があります。

儲けのある施設(検査に力を入れているような所)は、地方であっても高いです。

業務内容は施設によって異なりますし、業務シフトがローテーション制か、様々な院内業務に加わる必要性があるかによってもハードさが変わります。

人間ドック専門の施設は、検査知識・技術の他に、接遇能力が必須で、お客様というサービス業の側面が強いです。

研究職(食品メーカーや研究機関・大学研究室など)

研究職の選択肢もあります。食品メーカーや研究機関・大学の研究室などがその例です。

ひたむきに地味な作業を継続出来るかが要になって来ます。

月収はポストによって異なります。

主任研究員レベルとテクニシャンレベルでは大きな違いです。

仕事つまらない・給料安い…。今の職場でこれ以上働き続けたくない人へ

(あわない仕事・人間関係のストレスでつらい働き方をしている人へ)

  • 給料がぜんぜん上がらない…。もう2年以上働いてるのに。
  • 人間関係のストレスが限界。上司も先輩も大嫌いな人ばかり…。
  • 1ミリも興味ない仕事だけど、生活のためにしかたなく働いている…。

↑こんな感じで働いている人ってきっと多いのではないでしょうか。

仕事って人生のほとんどの時間を使ってやっていくことですから、

ストレスの多い環境だとほんと地獄ですよね。

ほとんどの人にとって今の仕事がベストの選択肢じゃないのが普通です。

学生時代になんとなく就活やって、

なんとなく安定してそうな会社に入って、

なんとなく年齢を重ねていく人がほとんどなんですよね。

ただ、こんな感じで30代後半になってくると、状況はもっと悪くなります。

「35歳転職限界説」とかいいますが、

転職って年齢が高くなるほど実務経験を求められるようになりますから、

難易度がどんどん高くなってしまうんですね。

そうしているうちに家族ができ、家を買うために住宅ローンを組んで…。

で、どんどん身動きが取れなくなっていくのが現実です。

少しでも年齢が若いうちに転職活動を始めるのが有利

(営業から経理、総務からマーケティングなど「職種を変える転職」は年齢制限があります)

 

今いる環境にどうしても限界を感じているなら、

少しでも年齢が若いうちに転職活動を始めましょう。

特に、職種を変えるキャリアチェンジ転職の場合は年齢をかさねるほど不利になります。

(営業から経理、総務からマーケティングなど)

今の仕事とまったく違う職種に行きたいなら、

どんなに遅くとも20代後半、できれば20代前半までに転職しておく必要があります。

業種業界にもよりますが、ここを逃すと未経験職種での採用は非常に難しくなるのが一般的ですね。

  • 今の仕事はぜんぜん好きになれない…
  • この業界でずっと働きたくない…

↑と感じている人は、

早めにアクションを起こす必要があります。

管理人

まずは「自分にはどんな選択肢があるのか?」のリサーチから始めよう

(まずは「自分の学歴・職歴でどのぐらいの求人を狙えるのか?」のリサーチから始めましょう)

 

とはいえ、いきなり転職活動なんてハードルが高く感じてしまいますよね。

生活費を稼がないといけないから、今すぐ転職は難しい…。

↑という人もきっと多いはずです。

転職って重要な決断になりますので慎重になるのは当然ですよね。

いきなり転職活動なんて無理…と感じる方は、

まずは「世の中にどんな仕事があるのか?」

「自分の学歴・職歴だとどんな仕事に転職できる可能性があるのか?」

のリサーチから始めてみるのがおすすめです。

具体的には、無料で使える転職サイトでいろんな求人情報を見てみましょう。

転職サイトは今すぐ転職する気がない人も気軽に使うことができますよ。

マイナビエージェント

高年収な優良求人が絶対見つかる!(無料転職サイト)

マイナビエージェントは個人的に最もおすすめな転職サイトです。
未経験から高年収を目指せる求人から、
実務経験者限定のクローズド求人まで、
好条件なホワイト求人をたくさん見つけることができますよ。
無料で使える鉄板の大手転職サイトなので、転職活動が初めてな人も安心です。

今すぐは転職活動する気がない人も、

転職サイトへの無料登録だけは早めにやっておきましょう。

仕事のストレスが限界になってくると、

転職サイトに登録するという行動すらやる気がなくなってしまうからです。

転職サイトで無料アカウントを作っておくと、

あなたにマッチする求人が出てくるたびにメール自動通知してもらうえます。

気になった求人をブックマークしておくだけでも、

いざとなったら転職もあるという選択肢を持つことができるんですね。

今の職場で限界が来たときに、

転職という対抗策を打つことが可能になります。

いい意味での「逃げ道」を確保しておくことが大切です。

管理人

転職サイトは完全無料で使うことができます。

いつでも利用をやめられますし、

変な連絡が来ることもないのでリスクはゼロです。

今すぐは転職できない人も、転職サイトを活用して情報収集から始めましょう。

>>転職サイトに登録して自分の適正年収を見てみる(無料)

転職成功するのに「特別優秀」である必要はない

(ごく普通の人でも転職で成功することは可能です)

  • 特別優秀なひとにぎりの人だけが高年収になれる。
  • コミュ力が高くてルックスも良く人脈もないと人生負け組。
  • 一流大学を出てないと出世なんてできない…。

↑こんなふうに考えている人って多いと思いますが、実はこれまったくの誤解です。

私は転職支援の仕事をしてるので、

年収700万円〜1000万円の人たちとたくさん会いますが、

彼らは特別優秀な人ばかりではありません。

もちろん、中には弁護士や会計士みたいに

特別優秀な人もいますけどね。

でも、営業マンや経理マンなど

ごく普通の仕事でも高年収の人たちもたくさんいます。

管理人

問題は「ごくフツーの人が、なぜ理想的な働き方ができるようになったのか?」ですが、

これは日頃から自分がどういう環境で働ける可能性があるのか?

の情報リサーチをしっかりやっているからなんです。

具体的には、転職サイトでいま世の中でどういう仕事が求められてるのか?(年収高いのか?)

の情報リサーチをしっかりやっておくのが大切です。

転職サイトは今すぐ転職する気がなくても使えますよ。

情報リサーチといえば新聞をまずイメージしますよね。

ですが、ニュースにくわしくなって年収上がった人を私は見たことがないです。

お金と時間を消費して新聞を読むぐらいなら、

転職サイトを見るようにした方がよっぽど年収アップにつながりますよ。

実際、年収高い人って今すぐ転職する予定はなくても

転職サイトに登録だけはしています。

管理人

転職サイトで希望条件を入力しておくと、マッチする求人が自動的に情報として入ってくるので情報感度が高くなるんですよね。

最新の求人情報につねにアンテナを貼っておいて、

チャンスがめぐってきたらすぐに行動を起こせるようにしておくのが大切です。

転職サイトを使った情報リサーチのやり方

(個人的におすすめの転職サイトはマイナビエージェントです)

\ 高年収な求人多数あり!/

無料登録して求人を見てみる

転職サイトに無料登録すると、

↓こんな感じで最新の求人情報にいつでもアクセスできるようになります。

管理人

(実際の求人例1)

(実際の求人例2)

>>転職サイトに登録して実際の求人を見てみる(無料)

↑実際の求人情報を見てみるとわかりますが、

年収の高い仕事であっても、

特別な能力って求められていないことに気づくと思います。

サラリーマンの年収って、所属先の会社がもうかっているかどうか?でほぼ決まるからです。

逆にいうと、所属先の会社がもうかっていないと、

あなたがどんなに優秀な人であっても大したお給料を稼ぐことはできません。

これは優秀な人ほど見逃しがちな重要ポイントですね。

もうかっている会社は転職サイトに好条件で求人をバンバン出しています。

こういう情報を常日頃からリサーチしておくことがとても大切ですよ。




Sponsored Links

-転職の体験談
-

Copyright© 転職と副業のサザンクロス , 2022 All Rights Reserved.