Sponsored Links

転職の体験談

【臨床検査技師の転職理由】ポジティブな印象の志望動機を作るには?

※このページは 3 分で読めます。

臨床検査技師 転職理由

(臨床検査技師の転職理由は?ポジティブな志望動機を書くためのポイント)

臨床検査技師として転職を考えている方の中には、

「転職理由(今の職場を辞める理由)は本音をそのまま書くべき?それとも建前として書くべき…?」

という不安を感じている方も多いでしょう。

実際、採用を行う側にとっては、転職希望者が前職でどのような経験をしてきたか?は最も気になるポイントです。

転職理由の書き方一つで、書類選考に通るかどうかが決まると言っても過言ではないでしょう。

書類選考に通らないことには、どれだけあなたが優秀な人であったとしてもキャリアアップにつながる転職を成功させることはできません。

この記事では、「臨床検査技師として転職を成功させるために、どのような転職理由を記載すべきか?」を解説いたします。

ポジティブな印象を与える志望動機を作成するための具体的なポイントも紹介して行きますので、ぜひ参考にしてみてください。

臨床検査技師の転職理由1:現在の職場環境に対する強い不満

実際に臨床検査技師の転職理由でもっとも多い理由はこれでしょう。

例えば、「一緒に仕事をする臨床検査技師の性格や、先輩の指導方法があわない」などの人間関係面での転職理由。

または、「今の職場の給与や賞与・福利厚生に不満がある」といった、待遇面での転職理由です。

あなたの「本音」がこうした転職理由である場合、ポジティブな印象を採用担当者に与えるためには、どのような内容の志望動機を作成すべきでしょうか。

ポイントは「採用担当者に不安を感じさせない」こと

ポイントは、採用担当者があなたの転職理由を見たときに、どのような不安を感じるだろうか?について深く考えることです。

採用担当者もサラリーマンですから、自分が選んだ人(つまりあなた)が入職後にすぐ退職してしまうような事態になった場合、採用担当者としての力量を疑われることにもなりかねません。

つまり、志望動機には、採用担当者が「この人ならうちの職場でも力を発揮してくれて、長期間にわたって働いてくれるだろう」と思ってもらえる内容にする必要があるのです。

「転職理由=人間関係への不満」である場合

人間関係に関する不満を転職理由とした場合、採用担当者は

「うちの施設でも同じような状況となったら、検査部門内の雰囲気や業務に悪い影響を与えるのではないだろうか」

という不安を感じます。

基本的には人間関係の不満を転職理由としてあげるのは避けた方が良いでしょう。

「転職理由=待遇面での不満」である場合

給与や福利厚生などへの不満が前職の退職理由である場合も注意が必要です。

どのような職場であっても、残業や休日出勤は生じる可能性がありますから、同様の状況が新しい職場で発生したときに、やめられてしまうのは困るからです。

給与アップを目指すのであれば、相応の実績があるかどうかがチェックされます。

いずれのケースでも、前の職場で改善に向けた努力を精一杯行ったことを説明することが必要です。

人間関係についてであれば、悩みについて上司に相談を仰いだり自分自身でも解決に向けて日々努力を続けて来たが、改善出来るような職場環境ではなかった事を説明する。

待遇面であれば、実績・スキルを客観的に説明しアピールすることで払拭され、ポジティブな方向へと評価が変わって来ます。

次のページへ >




Sponsored Links

-転職の体験談
-

Copyright© 転職と副業のサザンクロス , 2020 All Rights Reserved.