Sponsored Links

転職の体験談

設計事務所から転職する選択肢は?31歳で住宅会社に転職した男性の体験談

設計事務所から転職

(設計事務所から転職するときの選択肢は?31歳男性の体験談)

現在、設計事務所に勤めている方の中には、

「設計事務所から転職する場合の、転職先の選択肢にはどんなところがあるのだろう?」

という疑問をお持ちの方もいらっしゃるでしょう。

この記事では、実際に設計事務所から転職した経験をお持ちの30代男性に転職体験談をお聞きしました。

武藤さんは、31歳の時に12年間働いた建築設計事務所から住宅会社(従業員100名の中規模工務店)に転職された男性です。

  • 設計事務所から転職する場合の選択肢として、具体的にどういう転職先を検討した?
  • 転職後の年収は?前よりアップできた?
  • 設計事務所から転職して後悔している?

などなど、気になる情報をお話しいただくことができましたので、ぜひ参考にしてみてください。

Sponsored Links

設計事務所から転職する場合の選択肢は?私の体験談

体験談をお聞きした方のデータ

  • お名前 :武藤茂春
  • 年齢  :現在36歳(31歳の時に現職に転職してから5年間在職中)
  • 雇用契約:正社員
  • 年収  :転職前330万円→転職後460万円
  • 会社規模:従業員100名の中規模工務店

私は、従業員2名〜4名程度の建築設計事務所で12年間働いた後、31歳の時に住宅会社に転職しました。

転職時には、設計事務所で設計を行った用途(私の場合は主に住宅)に近い会社を転職先として選択肢に入れていましたね。

無料で相談に乗ってくれる転職エージェントにも相談して、一般には非公開の求人も出してもらいました。

↓実際に候補としてしぼりこんだのは以下のようなところです。

  • ハウスメーカー
  • 住宅会社
  • 工務店の設計部

結果的にはもっとも条件が良かった住宅会社を選択肢、現在に至ります。

幸いにも失業期間を作ることなく転職でき、すでに5年間勤務しています。

設計事務所で働いていたときよりも年収は100万円ほどアップでき、ワークライフバランスも良くなりました。

設計事務所で働く人の多くが「修行・見習い」という感じで仕事をされていると思いますが、

設計事務所で身につけた能力を高く評価してくれる企業はたくさんあります。

ぜひ視野を少しだけ広げて転職先を検討していただきたいと思います。

転職サイトを見ると設計事務所経験者向けの求人がたくさん出ていますので、サイト内でいろいろと検索ワードを入れて求人検索してみることをおすすめします。

転職サイトに無料登録すれば、一般には非公開となっている求人についても年収を見ることができますよ)

転職前に過去に勤務していた設計事務所について

私が現在の仕事に転職する前に勤めていた設計事務所は、従業員は多い時で4人、少ない時は2人の小規模な事務所です。

年齢は幅広くて20代〜60代の方がいました。

年収は約330万円です。事務所内で働く新入社員の多くは新卒で入って数年経てば独立若しくは転職をしていました。

労働条件は今から考えるとかなり過酷と言えますが、「雇用条件に納得がいかないなら転職か独立」というのが暗黙の了解でした。

設計事務所時代の対象建築は?

対象建築としては、住宅、工場、倉庫、店舗、集合住宅、老人保健施設、保育園等の設計を行いました。

人数が少なかったので、一人で設計をして積算をして現場監理をしていました。

場合によっては営業や工事管理まで行う事もありました。

このように小さな会社は、一つの物件についてほぼ全ての業務を行えると言う事が、経験値を積めるという意味でメリットがあります。

大きな会社ほど業務が分業化されており、お客様の顔や他業務の様子が見えにくくなります。

転職前と転職後の年収について

私の所属していた設計事務所は年収330万円程でした。

一般的には決して高い年収ではないと思いますが、個人運営の設計事務所としては比較的良い方だったと思います。

個人経営の設計事務所は年収はかなり低いです。

その理由として昔ながらの「修行」という感覚が雇う側にも勤める側にも残っていることがあります。

また、仕事のやり方は生産性が低く、労働時間も長い傾向があります。

転職直前は30代に入ったこともあり、給与にはかなり強い不満を持っていました。

そこで、転職サイト経由で転職エージェントに相談し、条件にあう求人だけを候補としてピックアップしてもらいました。

自分で求人を探していたら決して見つからなかったであろう高待遇の求人についても候補として出してもらえましたから、

転職活動をするなら転職エージェントは必ず使った方が良いと思います。

転職後は100万程上り、労働時間も少なくなり家族との時間を確保できるようになりました。

↓※業界最大手の転職エージェントはこちら

【リクルートエージェント】

設計事務所から転職前と転職後の労働環境の違いついて

労働環境については、やはり設計事務所(転職前)と中堅の住宅会社(転職後)では差があります。

転職しただけで年収が100万円上がったので、非常にびっくりした記憶がありますね。

設計事務所時代は、朝9時に出社し夜の退社時間は夜21時頃でした。

遅い時は終電と時もありましたし、お客様のプレゼン前の最終段階では徹夜して準備する事もありました。

電車通勤だったので交通費の支給はありましたが、残業代の支給はありませんでした。

休日出勤や割増賃金について

休日出勤もありました。お客様との打合せがあったり、期限までに時間が無い案件がある場合です。

法人のお客様の場合、打合せは平日が多いですが、個人のお客様は土日が休みの場合が多いので、休日出勤は致し方ないと思います。

割増の賃金はありませんでした。基本は代休を取るようにという指示でした。

今すぐは転職する気もない」という方も、以下の2つはできるだけ早いタイミングでやっておきましょう(いずれも無料です)

  1. WEB適職診断
    心理テストに順番に答えていくだけで、あなたの「強み」といえる5つの適性を知ることができます。テスト後にはあなたの適性にあった求人をニュースメールの形で届けてくれます。
  2. 年収査定アプリ
    こちらは「あなたが本来なら稼げているはずの年収」を知るのに使えます。200万人以上の年収データから、あなたの適正年収を算出します。

転職活動は「精神的に元気なうちに始めておくこと」が鉄則です。

なぜなら、ストレスがたまりすぎると人間はどんどん環境を変えるための行動がとりにくくなるからです。

気になる求人情報をストックしておくだけでも、過労で倒れる前に次の手を打つことができるようになりますよ。

経団連の会長が「終身雇用はもう無理」と堂々と宣言してしまう時代です。

ひとつの職場に人生のすべてをかけるのは、はっきり言って危険すぎます。

選択肢を常にたくさん持っておくことが、これからの時代は必須になるのは間違いありません。

\ あなたの強みを診断!/

適職診断スタート

※無料です

設計事務所は良くも悪くもルールがゆるかった

ただし、設計事務所は良くも悪くも雇用ルールが「ゆるい」です。

例えば、代休や有給を取る時にいちいち書類を出さなくてもよかったです。

そのあたりの、よく言えばおおらかな所が設計事務所にはあると思います。

子供が生まれた時は、所長の指示で何日か休まさせて頂いた時もありました。

設計事務所から転職した住宅会社の勤務条件は?

設計事務所から転職した現職の住宅会社では、朝8時半に出社して夜19時頃退社します。

社内規則で21時には必ず退社しなくてはいけません。

ただし、残業代の支給はありません。休日出勤はむしろ設計事務所よりも多いです。

なぜなら住宅をメインとしているので、個人のお客様との打合せがどうしても多くなります。恐らく9割の打合せは土日となっているでしょう。

休日出勤の割増賃金はありません。

住宅会社の方も基本は代休取得を促します。

設計事務所時代より「書類仕事」が増えた

設計事務所と違う所は、仕事を進めるにあたって、なにかとたくさん書類を提出しなければならない所です。

大規模な組織なので、誰がどういう動きをしているのかを書類やデータで把握しようとするのはやむを得ないところかもしれません。

後日の証拠にもなりますから、従業員を無用のトラブルから守る意味もあるのでしょう。

私の場合、新卒で設計事務所に入り、基本は口頭でコミュニケーションを取りながら仕事をしてきました。

当時も議事録は作りましたし、図面は住宅会社の5倍以上は描いていました。

ですが、問題が起こった時の会社への報告書、部署間の連絡や講習会のレポート等は必要なかったです。

何をやるにしても書類を提出しなければならない体制には、慣れるのに苦労しました。

設計事務所から転職した住宅会社の楽しい事、辛い事

設計事務所は生産性度外視の図面作成をしています。

それが労働時間の増加に繋がり、年収の増加を阻んでいます。

設計に妥協はせず、スピード感よりも設計の質を求められます。

一方、住宅会社は、住宅を作ることをビジネスとして捉えており、お客様の意向を組む事を設計事務所より重視しています。

なので、会社とお客様とが協力して家を作り上げる感覚です。

そして会社内でもたくさんの人が関わります。

もちろん、自分の思い通りにならない時が多々あります。

「こうすればもっとよくなるのになぁ」と思ったりします。

けれど、引渡し時にお客様に感謝の言葉を頂くと、それまでの苦労も忘れ、感激もひとしおです。

転職先の会社は、引渡し後にアンケートをお客様に記入していのですが、そこに感謝の言葉が書いてあると、涙が出るほど嬉しくなりました。

設計事務所から転職する前にやっておくべき事

一級建築士の取得はできればしておきたいところです。

この業界は、一級建築士の資格があるかないかで、転職する会社の選択肢がかなり違います。

>>一級建築士向けの求人で年収を見てみる

あとは長期優良住宅について学んでおく事も大切です。

現状、設計事務所では長期優良住宅についてはそれほど考慮されないと思います。

私も設計事務所から転職する前はほとんど知りませんでしたが、住宅業界では長期優良住宅はもはや「当たり前の知識」になっています。

基準をよく学び、取得実績があると転職に有利だと思いますよ。

特に、省エネについては重宝されると思いますね。

外皮計算や一次エネルギー計算はできるようにしておくと良いでしょう。

設計事務所を辞めても本当に大丈夫?

慣れ親しんだ設計事務所から転職することに、不安を覚える方も多いでしょう。

私ももちろんそうでした。同じ事務所で12年間もお世話になっていましたから、所長とは親族のような関係性です。

しかし、30代を超えて「12年も1つの企業に勤め続けて年収300万円代…」というのはさすがにきびしいものがあります。

大手企業に勤めている人なら、30代で年収1000万円を稼ぐ人もたくさんいるのが世の中です。

所長もそうしたことは理解しているようでしたから、私が退職を切り出した時にも気持ちよく送り出してくれました。

個人経営の設計事務所で終身雇用はあり得ない

また、個人経営の設計事務所というのは経営が1代限りなので、どのみち終身雇用はありえません。

自分の身を守るためには、転職または独立が必然です。

転職活動を始めることには勇気が入りますが、あなたがいま、将来に不安を感じる設計事務所に勤めているのなら、早めに行動をした方が良いでしょう。

転職を選択するのであれば年齢は若ければ若いほど有利なのはどの業界も同じです。

まずは無料で使える転職サイトでいろんな求人を見てみることから始めてみると良いと思いますよ。

↓メールアドレスを無料登録すると非公開の求人についても情報を見られるようになります。

業界最大手の転職サイト!【リクルートエージェント】

Sponsored Links

-転職の体験談
-

Copyright© 現役の転職エージェントがこっそり教える転職活動の進め方 , 2020 All Rights Reserved.