Sponsored Links

転職の体験談

設計事務所から転職する選択肢は?31歳で住宅会社に転職した男性の体験談

※このページは 2 分で読めます。

設計事務所から転職

(設計事務所から転職するときの選択肢は?31歳男性の体験談)

現在、設計事務所に勤めている方の中には、

「設計事務所から転職する場合の、転職先の選択肢にはどんなところがあるのだろう?」

という疑問をお持ちの方もいらっしゃるでしょう。

この記事では、実際に設計事務所から転職した経験をお持ちの30代男性に転職体験談をお聞きしました。

武藤さんは、31歳の時に12年間働いた建築設計事務所から住宅会社(従業員100名の中規模工務店)に転職された男性です。

  • 設計事務所から転職する場合の選択肢として、具体的にどういう転職先を検討した?
  • 転職後の年収は?前よりアップできた?
  • 設計事務所から転職して後悔している?

などなど、気になる情報をお話しいただくことができましたので、ぜひ参考にしてみてください。

設計事務所から転職する場合の選択肢は?私の体験談

体験談をお聞きした方のデータ

  • お名前 :武藤茂春
  • 年齢  :現在36歳(31歳の時に現職に転職してから5年間在職中)
  • 雇用契約:正社員
  • 年収  :転職前330万円→転職後460万円
  • 会社規模:従業員100名の中規模工務店

私は、従業員2名〜4名程度の建築設計事務所で12年間働いた後、31歳の時に住宅会社に転職しました。

転職時には、設計事務所で設計を行った用途(私の場合は主に住宅)に近い会社を転職先として選択肢に入れていましたね。

無料で相談に乗ってくれる転職エージェントにも相談して、一般には非公開の求人も出してもらいました。

↓実際に候補としてしぼりこんだのは以下のようなところです。

  • ハウスメーカー
  • 住宅会社
  • 工務店の設計部

結果的にはもっとも条件が良かった住宅会社を選択肢、現在に至ります。

幸いにも失業期間を作ることなく転職でき、すでに5年間勤務しています。

次のページへ >




Sponsored Links

-転職の体験談
-

Copyright© 転職と副業のサザンクロス , 2020 All Rights Reserved.