転職の体験談

貿易事務は辛い?大変?輸出フォワーダーの仕事内容と転職活動

Sponsored Links
貿易事務 辛い

(貿易事務の仕事は辛い?大変?女性の経験者に転職の体験談をお聞きしました)

今回は、貿易事務の実務経験がある女性に仕事内容や転職の体験談をお聞きしました。

加藤さんは、輸出フォワーダーの仕事を7年間されていた方です。

  • 年収はどのぐらい?
  • 残業はある?
  • 仕事が辛いと感じる瞬間は?
  • よくある退職理由は?

などなど、実体験者でないと語れない内容をお聞きすることができましたので、ぜひ参考にしてみてください。

Sponsored Links

貿易事務の仕事は辛い?私が体験した仕事内容

体験談をお聞きした方のデータ

  • お名前 :加藤仁美
  • 在職年齢:28歳〜35歳(7年間)
  • 雇用契約:正社員
  • 年収  :350万円
  • 勤務先 :従業員450名、会社のグループ全体では47万人で業界では大手です
  • 退職理由:夫の転勤に伴い、働けなくなったため退職しました

私は、物流業界でお客さんの輸出入をお手伝いするフォワーダーという仕事をしていました。

トラック会社や航空会社、船会社とやりとりをして、貨物を海外に輸出入する企業に所属する貿易事務の仕事です。

フォワーダーというのは簡単にいうと何をどうする仕事ですか?

例えば、お客さんが「日本からイギリスに荷物を送りたい」と考えたとします。

↓大きな荷物を送るときには、以下のようにいろいろな問題が生じます。

  • イギリスの受取人が荷物を受け取ってくれるか
  • 荷物の配送料をちゃんと払ってくれるか
  • 荷物が壊れずにちゃんと手元に届くか
  • 日本から海外に送る行政の手続きがスムーズにいくか

こういうときに、関係者の間に入り、確実安全かつスケジュール通りに貨物を運ぶように手配するのがフォワーダーの仕事です。

日常的にやりとりをするお客さんは、荷送人と荷受人、あと貨物を海外に運ぶ航空会社や海運会社です。

貿易事務はどういうふうに社会の役に立つ仕事ですか?

今の企業にとって、海外との貿易は欠かせないものとなっています。

例えば、車のパーツを海外で生産する、イタリアで今流行の服を買い付けて日本で販売するなどは貿易なしには成り立ちません。

貿易とは、ごく簡単にいえば国をまたいで商品や資材がいったりすることです。これにはとてもややこしい手続きがつきものです。

手続きに手間取ると、お客さんの生産ラインが止まったりしてとても大きな損害が生じてしまいます。

例えば、海外から来るはずの材料が届かないと商品を作りたくても作れないという状況が発生するでしょう。

こうしたことが起きないよう、貿易のプロフェッショナルであるフォワーダーが通関手続きやスケジュールの管理をします。

従業員何人ぐらいの職場でしたか?

私の職場は従業員20人ほどの職場でした。

年齢構成は20代〜40代ぐらいの比較的若い人が中心の職場でしたね。

従業員は日本全体で450人の会社ですが、海外の支店やグループ会社を合わせると47万人ほどになります。業界では大手に属する企業と言えると思います。

日常的にやりとりをするお客さんはどんな人たちですか?

お客さんは商社やメーカーが多いです。

ただし、貿易をする企業であればどこでもかかわる可能性がありますね。

私はフォワーダーの中でも「航空部輸出課」という部門にいました。

簡単にいえば、お客さんの貨物を飛行機で輸出するのをお手伝いするのが私の仕事です。

一緒に仕事をする人たちは、飛行機が好きだったり、留学を何度か経験した英語好き・海外好きな人が多かったですね。

貿易事務として実際に働いていた時間や残業・休日出勤の有無について教えて下さい

朝は9時に出社していましたが、退社は19時〜20時ごろです。

この業界は時差のある海外とのやりとりが必須ですから、残業が多いのが実態です。

毎日2〜3時間、月に40〜50時間は残業が発生していました。

ただし、残業代は働いた時間分ちゃんと支給されていましたので、それほど不満はなかったです。

休日出勤はほとんどありません。ただ、どうしてもお客さんが休日に貨物を出荷したくて急ぎの場合は出勤することもあります。

大体は事前に把握出来るので先に手配したりして休日出勤を回避していました。

もちろん、ごくまれにある休日出勤の際は、割増の賃金が支払われていました。

貿易事務の仕事が楽しい、やりがいがあると感じる瞬間はどんなときですか?

私たちの仕事は、「指定した日に安全に貨物を届けること」です。大きな案件が出たときに、チームでこれを予定通りに達成できたときにはやはりやりがいを感じます。

セールスの仕事ではないので、どちらかというと職人的な気質を持っている人が多いですね。

私は航空部門にいたので、緊急の貨物を扱うことが多かったです。

航空便は船の便よりも早く荷物が着く一方で値段も高いので、当然ながら時間にシビアな仕事が求められます。

具体的にはどんなできごとがありましたか?

ある時お客さんが、このパーツを○日までにドイツに運ばないと、ドイツの生産ラインが止まってしまうと連絡がありました。

早速緊急貨物であることを、ドイツの現地の同僚と確認しすぐにトラック会社に話をしてチャーターのトラックを空けてもらい、お客さんのところに集荷に行きました。

フライトは翌日の朝の便が最速でした。

そこで、航空会社に電話をして飛行機の貨物スペースを確保してもらい、ドイツの同僚が現地の通関を手配してもらい、なんとか指定日に間に合いました。

こういうときには本当にやりがいを感じます。

フォワーダーは飛行機、船、トラックなど貨物を運ぶのに必要な「乗り物」は持っていません。

だからこそ普段から航空会社、船会社、トラック会社との連携が鍵となってきます。

そんな中で航空会社、トラック会社とみんなで成し遂げたというところにも達成感があると思います。

貿易事務の仕事で「ここがつらい・しんどい」という点を教えてください

この仕事でつらかったのは、やはり残業が多いことです。

私の会社はヨーロッパの外資系だったので、ヨーロッパへの輸出が多く、時差の関係で日本の夕方ごろにヨーロッパの同僚からメールがきます。

航空便は緊急貨物が多いので、同僚からの返信や指示はその日のうちに対処しなければならないことも多々あります。

またお客さんの企業側からも、製造が終わる夕方ごろに集荷してその日の夜の飛行機に乗せなければいけないというような貨物もありました。

このような事情から、夜遅くまで仕事をすることもあります。

その日の仕事は可能な限りその日のうちに完了して、毎日スッキリと1日を終えるのがストレスをため込まないコツです。

モヤモヤする事案にはとりあえずの答えを出して業務を終わったり、お客さんから貨物が間に合ってありがとうという言葉をもらったことを思い出したりするようにして乗り切っていました。

貿易事務の仕事でよくある退職理由を教えてください

辞めていく人は、やはり残業が多くてやめていく人が多いです。

逆に、仕事に全力投球したい人は長く勤めている人が多いですね。それぐらいやりがいのある仕事です。

あとは会社の立地が不便であることを苦にする人も意外に多いです。

貿易事務を扱う会社は、航空会社や船会社のある場所、つまり空港や港にオフィスがあることが多いのです。

空港や港は、都市部からは離れていることが多いし、その分通勤も負担となってきます。

私自身は夫の転勤のため転勤先に支店がなく、やむなく辞めることとなりました。

貿易仕事に向いている人は、どんな人だと思いますか?

この仕事に向いている人は、責任感の強くて細部まで気を使える人だと思います。

お客さんから預かっている貨物は、とても重要で緊急性の高い貨物です。

お客さんのニーズを的確に把握して、航空会社やトラック会社などの手配を細部にわたってミスのないように交渉、根回しを進めて置くことがとても重要です。

貿易事務の仕事は一種の専門職といえます。

1つの職場で実務が一通りできるようになり、ビジネスレベルの英語ができる人なら働き口に困ることはまずないと思いますね。

私の同僚にも退職していく人がいましたが、その後もフォワーダーとして貿易事務の仕事を続けたり、商社やメーカーに転職してキャリアを積んでいったりする人が多かったです。

新卒で大手商社やメーカーに採用されるのは大変ですが、貿易事務で実務経験を積んだ後に中途採用で転職していくのであれば十分に可能性があると思いますよ。

貿易事務の仕事への転職活動はどのように行いましたか?

私はカナダに留学した経験がありましたので、英語を使う仕事を探していました。

転職サイトで職務経歴書を入力したところ、貿易関係の求人が得意なエージェントさんに貿易事務の仕事を紹介していただくことができました。

転職エージェントさんには、それぞれ得意分野があるので「こういう仕事がしてみたいんです」ということを明確に伝えたほうが良いです。

面接は英語でしたが、普通の生活でコミュニケーションができる人であればそれほど高度なレベルが求められるわけでもないと思います。

面接の内容的には自分の経歴や志望動機、採用後にどんなことをやってみたいかが聞かれました。

転職活動って何からやればいいの?

(2021年現在、転職活動に転職エージェントを使うのはほぼ必須です)

理想の仕事に最速で転職したい方は、

転職エージェントを活用するようにしましょう。

>>おすすめの転職エージェントはこちら(無料)

求人はハローワークなどでも探すこともできますが、

年収や福利厚生の良い求人の多くは、転職エージェント経由でないと応募できません。

魅力的な企業ほど、限られた応募枠はすぐに応募者で埋まってしまいます。

年収の高い求人を見落とさないようにしたいなら、

転職エージェントを使うのは必須ですよ。

転職エージェントのサイトで求人登録し、

転職したい職種や、最低限の希望年収などの条件を入力しておけば、

↓新規募集が始まった瞬間にメールで通知してもらえます。

(リクルートエージェントは最大手の転職エージェント会社です)

\ 高年収の優良求人多数あり!/

無料登録して求人を見てみる

ちなみに、転職エージェントは無料で使えていつでも解除できますので、

ひとつの転職エージェントに限定して使う必要はありません。

(というか、採用の可能性を上げるためにも最低3社は同時進行で使うべきですね)

↓年収の高い優良求人がひんぱんに掲載される転職エージェントとしては以下のようなところがありますので、

最低3社は登録して志望条件の入力を確実にやっておきましょう。

転職エージェントは企業側が支払う広告料で運営されていますので、求職者は無料で使えます。

(お金を1円でも請求されることはありません)

いつでも利用はやめられますのでリスクは何もありませんよ。

管理人

職務経歴や希望条件などを登録しておけば、

条件に合致する求人が出るたびに最速でメール通知してもらうことができます。

これやっとくだけで求人を見逃すことがほぼなくなりますよ。

人気職種や高年収企業を目指すならこれは必須の作業です。

少しでも早いタイミングでやっておくことをおすすめします。

>>あえて1社だけ使うとしたらこちらです(もちろん無料)

転職活動に転職エージェントを使うメリットはこれ

(転職エージェントを使うメリットとは?)

転職エージェントを使うメリットは、

転職活動をやっていく上でめんどくさいことをすべて代わりにやってくれることです。

2021年現在、転職エージェント使わずに転職活動する…

とか、採用担当者から情弱あつかいされかねないので注意してください。

管理人

↓例えば、転職エージェントは、以下のようなことをやってくれますよ。

  • 応募書類の事前添削をしてくれる
    履歴書や職歴書などをプロの目でチェックしてくれますので、書類審査で落ちてしまうリスクを下げられます(ライバルの多い優良企業を狙う場合は必須です)
  • 採用担当者との面接日程の調整
    人事採用担当者と電話でアポイントをとるなど、転職活動にあたってめんどうな手続きを代わりにやってくれます。
  • 面接対策をしてくれる
    転職エージェントは企業の人事担当者とあらかじめ会って求人ニーズをヒアリングしているので「この企業は職員教育でこういうことを重視しているので、こういう質問がきたらこう答えましょう」といったように具体的にアドバイスしてくれます。
  • あなたの代わりに自己PRをしてくれる
    転職エージェントは、あなたの長所について採用担当者にプッシュしてくれます。自分で自分を売り込むのが苦手…という人は転職エージェント経由で伝えてもらうのがいいですね。
  • 年収交渉をしてくれる
    転職エージェントは採用初年度のあなたの年収金額について企業側と交渉してくれます。どうせ働くならお給料は少しでも高い方が良いですよね。 自分で自分の給料の金額を交渉するってとても難しいですから、転職エージェントに任せるのが懸命です。

こういう「自分ではちょっとやりにくこと・相手に伝えにくいこと」は転職エージェントを使うのがかしこいやり方です。

逆にいうと、転職エージェントを使わない場合はこういうめんどくさいことを全部自力でやらないといけません。

年収が高い人気の企業ほど、ライバルも少なからずいます。

無料で使えるものはすべて使って、

確実に採用可能性を上げていくようにしましょう。

管理人

ひと昔前までは、転職活動といえば

ハローワークに行って仕事を探して、紹介状をもらって…というめんどうなことが必要でしたが、

現在はこういうめんどくさいことは全部転職エージェントがやってくれます。

転職エージェントは無料で使えていつでもやめられるので、使わない理由はないです。

(全部自力でやりたい!という人以外は使った方がいい)

転職エージェントのサイトに無料登録して条件入力しておくと、

希望職種の求人が出た瞬間にメール通知してもらえます。

無料登録だけは早めにやっておきましょう

(リクルートエージェントは最大手の転職エージェント会社です)

\ 高年収の優良求人多数あり!/

無料登録して求人を見てみる

Sponsored Links

-転職の体験談
-

Copyright© 転職のサザンクロス , 2021 All Rights Reserved.