Sponsored Links

転職エージェントの使い方

転職エージェントを使わないほうがいい人の特徴3つ

※このページは 3 分で読めます。

転職エージェント 使わないほうがいい

(転職エージェントを使わないほうがいい人の3つの特徴とは?)

まずはじめに知っておいて欲しいことは、転職エージェントは「すべての人が使うべきもの」ではないということです。

↓例えば、以下のような人がエージェントを使っても時間のムダになってしまう可能性が高いので、やめておいた方が良いです。

エージェントを使うべきでない人

  • 今の職場に不満はあるけど、転職する方がめんどくさいので現状維持でいい(自分の人生を向上させる意思がない人)
  • 人からのアドバイスは、たとえ「その道のプロが言う正しい内容」であっても聞きたくない。成果が出なくても我が道を行きたい。
  • 今の会社でもトップセールスになるほど交渉ごとに自信がある。転職活動は自分を商品として売り込めばいいのだから、年収交渉なんて自力でできる。

↓その一方で、以下のような人は転職エージェントを使うことで、

今よりも年収が高く、しかも楽しみながら働ける職場に移れる可能性が高いです。

エージェントを使った方が良い人

  • まだ転職するかどうかはっきりとは決めていない。現状に不満はあってモヤモヤしているけど、一歩踏み出せない。
  • 自分が本当にやりたい仕事がなんなのかよくわからない(でも、今の仕事が理想の仕事じゃないことだけははっきりししている)
  • 実は最近気になっている職種があるんだけど、自分でも転職できるのか不安。家族や友人に相談したら馬鹿にされそうで怖い…
  • 口下手で自分を売り込むことが苦手。ただでさえ緊張する採用面接で「もっと高い年収をください」なんて言えるわけがない。

↑今のあなたがこちらの中の1つにでも当てはまるなら、転職エージェントをぜひ使ってみることをおすすめします。

エージェントの仕事は、あなたが「理想の職場」で働けるようにすることです。

人それぞれ思い描いている理想はあっても、「毎日忙しくてヘトヘト…。家に帰ってきたら転職活動どころじゃない」という人がほとんどでしょう。これはごく普通のことです。

応募書類の送付や採用担当者とのアポイント調整などのめんどうな作業はエージェントに丸投げしてしまう方が良いです。

また、「どの会社に応募するか?」の求人のしぼりこみは、エージェントと相談しながら進める方がはるかに客観的な判断ができます。

エージェントを使えば、誤ってブラック企業に応募してしまうなどということもなくなります。

転職エージェントは、あなたの代わりにあなたの良いところを企業側にを売り込んでくれます(自己アピールが苦手な人に最適)

そもそも、転職活動は自力ですべてやるものではありません。

なぜなら、転職活動とは「あなた自身を企業側に売り込む作業」だからです。

人間は誰でも「売り込まれること」は大嫌いです。服を買いたくてお店に入ったときに店員にあれこれおすすめされるとイラつきますよね。あれと同じです。

ならばどうしたらいいのか?ですが、売り込みは「その道の専門家といわれる第三者経由」で行うのが正しいやり方です。↓例えば、

美食家としてテレビCMにもひっぱりだこのAさんが本気でおすすめする本格調理フライパン

↑このように「専門家がおすすめしている」といわれると、売り込まれても嫌な気持ちにはなりません。

次のページへ >




Sponsored Links

-転職エージェントの使い方

Copyright© 転職と副業のサザンクロス , 2020 All Rights Reserved.