転職エージェントの使い方

転職エージェントが内定辞退してもしつこい理由は?強引な場合の対処法

転職エージェント 内定辞退 しつこい

(内定辞退したのに転職エージェントからの連絡がしつこい…正しい対処法は?)

転職エージェントから紹介された求人を辞退したのに、

もう少し考えてみてください」とエージェントがしつこい…。

転職活動で複数の企業から内定が出るのはごく普通のことです。

また、別の企業からまだ内定が出ていなかったとしても、面接に行ってみて「なんか違う…」と感じることってありますよね。

そういうときには企業側の内定を辞退することも選択肢に入れる必要があります。

「どこの企業に所属して働くか?」は、自分の人生を決めるぐらい大切なことです。

なので、転職エージェントのつごうで内定辞退を認める・認めないと言われても困りますよね。

しかし、彼らには彼らなりの事情があるのです。

この記事では、転職エージェントが内定辞退してもしつこく止めてくる理由(裏事情)を解説します。

あまりにも内定辞退後の食い止めがしつこい場合の対処法についても紹介しますので、参考にしてみてください。

転職エージェントが内定辞退をしつこく止める理由とは?

エージェントは基本的に「企業からの成功報酬」という形で運営しています。

そのため、面談を実施して企業を紹介し、最終的に内定まで獲得したとしても、

あなたが最終的に内定を承諾し、入社してくれなければエージェントには一銭も入ってきません。

特にノルマの厳しいエージェントやインセンティブ要素の高いエージェントであれば、自社から進めた企業で入社してほしいという考えがあります。

単純な理由ではありますが、上記のような理由から辞退の連絡をしても最後の大逆転を狙ってしつこく連絡をしてくるケースがあります。

あまりにも内定辞退の引き留めがしつこい場合の裏事情

通常、転職エージェントも内定辞退をされたらしつこく引き止めるようなことはしません。

しかし、中には異常と思えるほどの引き留めを受けるケースもあるでしょう(この記事を読んでいるあなたも経験済みかもしれません)

↓あまりにも内定辞退の引き留め連絡がしつこい場合、下記のような裏事情が考えられます。

異常にしつこい場合の裏事情

  • エージェント自身の今月の営業ノルマがやばい状態。
  • 企業側から明確な辞退理由を伝えてほしいと言われている。
  • 「他の企業で決まりました」という理由で内定辞退する場合、その別の内定先企業の情報を知りたいと考えている。

エージェントも企業に属するサラリーマン(営業マン)ですので、自分の成績を気にしています。

なので、条件が良くなれば心が揺らいでしまう…というような状況であれば、エージェントとしてはまだ可能性はあると判断してひきとめてきます。

また、辞退の連絡についても「辞退します。申し訳ございません」という回答のみですと、やはりエージェントも企業へどのように伝えれば良いか判断がつきません。

ただし、はっきりいってこれらは「転職エージェント側の勝手なつごう」です。

なので、あなたが振り回される必要はまったくありません。

エージェントにしつこいひきとめを辞めさせるためには、明確に辞退の意思を伝えるのが一番はやいです。

>>転職エージェントの内定辞退後の連絡がしつこい場合の断り方(対処法)

転職エージェント経由で応募した求人で内定辞退して何かデメリットはない?

内定後の辞退はマナーとしてどうなのか、とお悩みの方も多いかと思います。

自分から「求人を紹介してください」とお願いしておいて、後から内定辞退するのは申し訳ない…。

と感じている方もいらっしゃるでしょう。

しかし、結論からいうと、内定後の辞退は決してマナー違反ではありません。

現在の転職市場は売手市場(企業側にとって人手不足の状態=転職希望者が仕事を選びやすい状態)です。

Sponsored Links

そのため、転職先を決める際もいくつかの企業から内定を獲得し、その後条件含め比較検討をされる方が多いです。

もちろん企業側もそのことは重々承知しています。

辞退をしたからといって、何か悪い噂を流されるといったこともありません。

ただし、さすがに連絡を無視するようなことは避けておいた方が良いです。

転職エージェントの内定辞退後の連絡がしつこい場合の断り方(対処法)

↓辞退の連絡については下記のポイントを押さえておきましょう。

内定辞退の連絡時のポイント

  • 電話でしっかりと内定辞退の連絡をする⇒何も連絡をせずにフェイドアウトすることはNGです。
  • 決められた回答期限までに連絡をする⇒期限延長が必要な場合は、その理由を含めいつまで待ってほしいのかをしっかり伝える。
  • 辞退の理由は簡潔で良いので伝える⇒他社の方が良い条件であったため、そちらの内定を受けることに致しましたなど。

エージェント側としても、あいまいな返答で保留される状態がもっとも迷惑に感じるものです。

もちろん、エージェントは少しでも可能性があるなら内定辞退を押し留めようとしますが、明確に辞退の意思を表示している人を無理に引き留めても意味がありません。

辞退をするにしても、しっかりと誠意ある連絡をすれば大丈夫ですので、安心してください。

メールだとさらに引き留めがしつこくなる可能性も

「めんどうな辞退の連絡はメールで済ませたい…」

↑このようにお考えの方もいらっしゃるでしょう。確かにめんどくさいですよね。

しかし、後々のわずらわしい連絡を避けるためには電話で明確に辞退の意思を伝えた方が、結局はスムーズに終わりますよ。

メールですとなかなかニュアンスが伝わらず、エージェントは電話で色々理由を探ってくる可能性があります。

他社エージェントとの交渉状況や、別の内定先の状況は伝えないといけない?

  • 「ちなみに他社での先行状況はどういう状態ですか?」
  • 「内定が決まった別の企業さまはどちらになりますか?」

↑エージェントからこういう質問をされた方も多いかもしれません。

こうしたエージェント側からの質問にはどのように返答すれば良いでしょうか。

エージェントというのは情報勝負の仕事ですから、常に他社エージェントや採用企業の情報を探りたいと考えているものです。

結論から言うと、他社の情報に関しては必ずしもお伝えする必要はありません。

  • 「他社の件は控えさせて頂きます」
  • 「辞退した会社とは別の業界ですが、それ以上の情報は控えさせて頂きます」

↑こういった形で返答すれば問題ないでしょう。

他社情報については、エージェントも企業に伝えることはありません。

あくまでも今後の参考程度に情報を蓄積したいからという理由が多いです。

また、エージェントとしては、あなたからの内定辞退を受けて、そのことを企業側にも伝えなくてはなりません。

そのときの言い訳を必要としていることを理解してあげるのが「大人の対応」というものかもしれませんね。

今の転職エージェントとうまくいっていますか?

  • 転職エージェントとのやりとりが苦痛…。
  • ごりおしが強いエージェントで本当に信頼していいのが不安。
  • ひょっとしてエージェントが営業成績にしたいだけの理由で求人紹介してない?

↑このように、エージェントとのやりとりに不安を感じている方も多いでしょう。

そういった状態の方は、おもいきってエージェント会社を変えてみるのも1つの手です。

転職エージェントというのは基本的に成功報酬ですので、何社利用してもあなたに費用が発生することはありません。

(最終的に内定が決まった時に、内定を出した企業からエージェントに対して紹介手数料が払われます)

優秀なエージェント・相性の良いエージェントに出会えるかどうかは、あなたの今後の人生を決めるぐらい大切なことです。

もし、まだ1社〜2社のエージェントしか使っていないのであれば、もう少し選択肢を増やしてみましょう。

一般的には、エージェントは3社以上は同時進行で進めて、もっとも良い求人を紹介してくれるところを選別するという利用の仕方が多いです。

エージェント側もあなたが他社のエージェントも利用しているであろうことはよく承知していますので、他社を利用しても文句をいうようなことはありませんよ。

仕事つまらない・給料安い…。今の職場でこれ以上働き続けたくない人へ

(あわない仕事・人間関係のストレスでつらい働き方をしている人へ)

  • 給料がぜんぜん上がらない…。もう2年以上働いてるのに。
  • 人間関係のストレスが限界。上司も先輩も大嫌いな人ばかり…。
  • 1ミリも興味ない仕事だけど、生活のためにしかたなく働いている…。

↑こんな感じで働いている人ってきっと多いのではないでしょうか。

仕事って人生のほとんどの時間を使ってやっていくことですから、

ストレスの多い環境だとほんと地獄ですよね。

ほとんどの人にとって今の仕事がベストの選択肢じゃないのが普通です。

学生時代になんとなく就活やって、

なんとなく安定してそうな会社に入って、

なんとなく年齢を重ねていく人がほとんどなんですよね。

ただ、こんな感じで30代後半になってくると、状況はもっと悪くなります。

「35歳転職限界説」とかいいますが、

転職って年齢が高くなるほど実務経験を求められるようになりますから、

難易度がどんどん高くなってしまうんですね。

そうしているうちに家族ができ、家を買うために住宅ローンを組んで…。

で、どんどん身動きが取れなくなっていくのが現実です。

少しでも年齢が若いうちに転職活動を始めるのが有利

(営業から経理、総務からマーケティングなど「職種を変える転職」は年齢制限があります)

 

今いる環境にどうしても限界を感じているなら、

少しでも年齢が若いうちに転職活動を始めましょう。

特に、職種を変えるキャリアチェンジ転職の場合は年齢をかさねるほど不利になります。

(営業から経理、総務からマーケティングなど)

今の仕事とまったく違う職種に行きたいなら、

どんなに遅くとも20代後半、できれば20代前半までに転職しておく必要があります。

業種業界にもよりますが、ここを逃すと未経験職種での採用は非常に難しくなるのが一般的ですね。

  • 今の仕事はぜんぜん好きになれない…
  • この業界でずっと働きたくない…

↑と感じている人は、

早めにアクションを起こす必要があります。

管理人

まずは「自分にはどんな選択肢があるのか?」のリサーチから始めよう

(まずは「自分の学歴・職歴でどのぐらいの求人を狙えるのか?」のリサーチから始めましょう)

 

とはいえ、いきなり転職活動なんてハードルが高く感じてしまいますよね。

生活費を稼がないといけないから、今すぐ転職は難しい…。

↑という人もきっと多いはずです。

転職って重要な決断になりますので慎重になるのは当然ですよね。

いきなり転職活動なんて無理…と感じる方は、

まずは「世の中にどんな仕事があるのか?」

「自分の学歴・職歴だとどんな仕事に転職できる可能性があるのか?」

のリサーチから始めてみるのがおすすめです。

具体的には、無料で使える転職サイトでいろんな求人情報を見てみましょう。

転職サイトは今すぐ転職する気がない人も気軽に使うことができますよ。

マイナビエージェント

高年収な優良求人が絶対見つかる!(無料転職サイト)

マイナビエージェントは個人的に最もおすすめな転職サイトです。
未経験から高年収を目指せる求人から、
実務経験者限定のクローズド求人まで、
好条件なホワイト求人をたくさん見つけることができますよ。
無料で使える鉄板の大手転職サイトなので、転職活動が初めてな人も安心です。

今すぐは転職活動する気がない人も、

転職サイトへの無料登録だけは早めにやっておきましょう。

仕事のストレスが限界になってくると、

転職サイトに登録するという行動すらやる気がなくなってしまうからです。

転職サイトで無料アカウントを作っておくと、

あなたにマッチする求人が出てくるたびにメール自動通知してもらうえます。

気になった求人をブックマークしておくだけでも、

いざとなったら転職もあるという選択肢を持つことができるんですね。

今の職場で限界が来たときに、

転職という対抗策を打つことが可能になります。

いい意味での「逃げ道」を確保しておくことが大切です。

管理人

転職サイトは完全無料で使うことができます。

いつでも利用をやめられますし、

変な連絡が来ることもないのでリスクはゼロです。

今すぐは転職できない人も、転職サイトを活用して情報収集から始めましょう。

>>転職サイトに登録して自分の適正年収を見てみる(無料)

転職成功するのに「特別優秀」である必要はない

(ごく普通の人でも転職で成功することは可能です)

  • 特別優秀なひとにぎりの人だけが高年収になれる。
  • コミュ力が高くてルックスも良く人脈もないと人生負け組。
  • 一流大学を出てないと出世なんてできない…。

↑こんなふうに考えている人って多いと思いますが、実はこれまったくの誤解です。

私は転職支援の仕事をしてるので、

年収700万円〜1000万円の人たちとたくさん会いますが、

彼らは特別優秀な人ばかりではありません。

もちろん、中には弁護士や会計士みたいに

特別優秀な人もいますけどね。

でも、営業マンや経理マンなど

ごく普通の仕事でも高年収の人たちもたくさんいます。

管理人

問題は「ごくフツーの人が、なぜ理想的な働き方ができるようになったのか?」ですが、

これは日頃から自分がどういう環境で働ける可能性があるのか?

の情報リサーチをしっかりやっているからなんです。

具体的には、転職サイトでいま世の中でどういう仕事が求められてるのか?(年収高いのか?)

の情報リサーチをしっかりやっておくのが大切です。

転職サイトは今すぐ転職する気がなくても使えますよ。

情報リサーチといえば新聞をまずイメージしますよね。

ですが、ニュースにくわしくなって年収上がった人を私は見たことがないです。

お金と時間を消費して新聞を読むぐらいなら、

転職サイトを見るようにした方がよっぽど年収アップにつながりますよ。

実際、年収高い人って今すぐ転職する予定はなくても

転職サイトに登録だけはしています。

管理人

転職サイトで希望条件を入力しておくと、マッチする求人が自動的に情報として入ってくるので情報感度が高くなるんですよね。

最新の求人情報につねにアンテナを貼っておいて、

チャンスがめぐってきたらすぐに行動を起こせるようにしておくのが大切です。

転職サイトを使った情報リサーチのやり方

(個人的におすすめの転職サイトはマイナビエージェントです)

\ 高年収な求人多数あり!/

無料登録して求人を見てみる

転職サイトに無料登録すると、

↓こんな感じで最新の求人情報にいつでもアクセスできるようになります。

管理人

(実際の求人例1)

(実際の求人例2)

>>転職サイトに登録して実際の求人を見てみる(無料)

↑実際の求人情報を見てみるとわかりますが、

年収の高い仕事であっても、

特別な能力って求められていないことに気づくと思います。

サラリーマンの年収って、所属先の会社がもうかっているかどうか?でほぼ決まるからです。

逆にいうと、所属先の会社がもうかっていないと、

あなたがどんなに優秀な人であっても大したお給料を稼ぐことはできません。

これは優秀な人ほど見逃しがちな重要ポイントですね。

もうかっている会社は転職サイトに好条件で求人をバンバン出しています。

こういう情報を常日頃からリサーチしておくことがとても大切ですよ。




Sponsored Links

-転職エージェントの使い方

Copyright© 転職と副業のサザンクロス , 2022 All Rights Reserved.