転職エージェントの使い方

転職エージェントが内定辞退してもしつこい理由は?強引な場合の対処法

転職エージェント 内定辞退 しつこい

(内定辞退したのに転職エージェントからの連絡がしつこい…正しい対処法は?)

転職エージェントから紹介された求人を辞退したのに、

もう少し考えてみてください」とエージェントがしつこい…。

転職活動で複数の企業から内定が出るのはごく普通のことです。

また、別の企業からまだ内定が出ていなかったとしても、面接に行ってみて「なんか違う…」と感じることってありますよね。

そういうときには企業側の内定を辞退することも選択肢に入れる必要があります。

「どこの企業に所属して働くか?」は、自分の人生を決めるぐらい大切なことです。

なので、転職エージェントのつごうで内定辞退を認める・認めないと言われても困りますよね。

しかし、彼らには彼らなりの事情があるのです。

この記事では、転職エージェントが内定辞退してもしつこく止めてくる理由(裏事情)を解説します。

あまりにも内定辞退後の食い止めがしつこい場合の対処法についても紹介しますので、参考にしてみてください。

転職エージェントが内定辞退をしつこく止める理由とは?

エージェントは基本的に「企業からの成功報酬」という形で運営しています。

そのため、面談を実施して企業を紹介し、最終的に内定まで獲得したとしても、

あなたが最終的に内定を承諾し、入社してくれなければエージェントには一銭も入ってきません。

特にノルマの厳しいエージェントやインセンティブ要素の高いエージェントであれば、自社から進めた企業で入社してほしいという考えがあります。

単純な理由ではありますが、上記のような理由から辞退の連絡をしても最後の大逆転を狙ってしつこく連絡をしてくるケースがあります。

あまりにも内定辞退の引き留めがしつこい場合の裏事情

Sponsored Links

通常、転職エージェントも内定辞退をされたらしつこく引き止めるようなことはしません。

しかし、中には異常と思えるほどの引き留めを受けるケースもあるでしょう(この記事を読んでいるあなたも経験済みかもしれません)

↓あまりにも内定辞退の引き留め連絡がしつこい場合、下記のような裏事情が考えられます。

異常にしつこい場合の裏事情

  • エージェント自身の今月の営業ノルマがやばい状態。
  • 企業側から明確な辞退理由を伝えてほしいと言われている。
  • 「他の企業で決まりました」という理由で内定辞退する場合、その別の内定先企業の情報を知りたいと考えている。

エージェントも企業に属するサラリーマン(営業マン)ですので、自分の成績を気にしています。

なので、条件が良くなれば心が揺らいでしまう…というような状況であれば、エージェントとしてはまだ可能性はあると判断してひきとめてきます。

また、辞退の連絡についても「辞退します。申し訳ございません」という回答のみですと、やはりエージェントも企業へどのように伝えれば良いか判断がつきません。

ただし、はっきりいってこれらは「転職エージェント側の勝手なつごう」です。

なので、あなたが振り回される必要はまったくありません。

エージェントにしつこいひきとめを辞めさせるためには、明確に辞退の意思を伝えるのが一番はやいです。

>>転職エージェントの内定辞退後の連絡がしつこい場合の断り方(対処法)

転職エージェント経由で応募した求人で内定辞退して何かデメリットはない?

内定後の辞退はマナーとしてどうなのか、とお悩みの方も多いかと思います。

自分から「求人を紹介してください」とお願いしておいて、後から内定辞退するのは申し訳ない…。

と感じている方もいらっしゃるでしょう。

しかし、結論からいうと、内定後の辞退は決してマナー違反ではありません。

現在の転職市場は売手市場(企業側にとって人手不足の状態=転職希望者が仕事を選びやすい状態)です。

Sponsored Links

そのため、転職先を決める際もいくつかの企業から内定を獲得し、その後条件含め比較検討をされる方が多いです。

もちろん企業側もそのことは重々承知しています。

辞退をしたからといって、何か悪い噂を流されるといったこともありません。

ただし、さすがに連絡を無視するようなことは避けておいた方が良いです。

転職エージェントの内定辞退後の連絡がしつこい場合の断り方(対処法)

↓辞退の連絡については下記のポイントを押さえておきましょう。

内定辞退の連絡時のポイント

  • 電話でしっかりと内定辞退の連絡をする⇒何も連絡をせずにフェイドアウトすることはNGです。
  • 決められた回答期限までに連絡をする⇒期限延長が必要な場合は、その理由を含めいつまで待ってほしいのかをしっかり伝える。
  • 辞退の理由は簡潔で良いので伝える⇒他社の方が良い条件であったため、そちらの内定を受けることに致しましたなど。

エージェント側としても、あいまいな返答で保留される状態がもっとも迷惑に感じるものです。

もちろん、エージェントは少しでも可能性があるなら内定辞退を押し留めようとしますが、明確に辞退の意思を表示している人を無理に引き留めても意味がありません。

辞退をするにしても、しっかりと誠意ある連絡をすれば大丈夫ですので、安心してください。

メールだとさらに引き留めがしつこくなる可能性も

「めんどうな辞退の連絡はメールで済ませたい…」

↑このようにお考えの方もいらっしゃるでしょう。確かにめんどくさいですよね。

しかし、後々のわずらわしい連絡を避けるためには電話で明確に辞退の意思を伝えた方が、結局はスムーズに終わりますよ。

メールですとなかなかニュアンスが伝わらず、エージェントは電話で色々理由を探ってくる可能性があります。

他社エージェントとの交渉状況や、別の内定先の状況は伝えないといけない?

  • 「ちなみに他社での先行状況はどういう状態ですか?」
  • 「内定が決まった別の企業さまはどちらになりますか?」

↑エージェントからこういう質問をされた方も多いかもしれません。

こうしたエージェント側からの質問にはどのように返答すれば良いでしょうか。

エージェントというのは情報勝負の仕事ですから、常に他社エージェントや採用企業の情報を探りたいと考えているものです。

結論から言うと、他社の情報に関しては必ずしもお伝えする必要はありません。

  • 「他社の件は控えさせて頂きます」
  • 「辞退した会社とは別の業界ですが、それ以上の情報は控えさせて頂きます」

↑こういった形で返答すれば問題ないでしょう。

他社情報については、エージェントも企業に伝えることはありません。

あくまでも今後の参考程度に情報を蓄積したいからという理由が多いです。

また、エージェントとしては、あなたからの内定辞退を受けて、そのことを企業側にも伝えなくてはなりません。

そのときの言い訳を必要としていることを理解してあげるのが「大人の対応」というものかもしれませんね。

今の転職エージェントとうまくいっていますか?

  • 転職エージェントとのやりとりが苦痛…。
  • ごりおしが強いエージェントで本当に信頼していいのが不安。
  • ひょっとしてエージェントが営業成績にしたいだけの理由で求人紹介してない?

↑このように、エージェントとのやりとりに不安を感じている方も多いでしょう。

そういった状態の方は、おもいきってエージェント会社を変えてみるのも1つの手です。

転職エージェントというのは基本的に成功報酬ですので、何社利用してもあなたに費用が発生することはありません。

(最終的に内定が決まった時に、内定を出した企業からエージェントに対して紹介手数料が払われます)

優秀なエージェント・相性の良いエージェントに出会えるかどうかは、あなたの今後の人生を決めるぐらい大切なことです。

もし、まだ1社〜2社のエージェントしか使っていないのであれば、もう少し選択肢を増やしてみましょう。

一般的には、エージェントは3社以上は同時進行で進めて、もっとも良い求人を紹介してくれるところを選別するという利用の仕方が多いです。

エージェント側もあなたが他社のエージェントも利用しているであろうことはよく承知していますので、他社を利用しても文句をいうようなことはありませんよ。

仕事や人間関係がしんどいブラック企業で働きたくない人へ

(ブラック企業でつらい働き方をしたくない人へ)

 

いま働いている人もこれから働く人も、ブラック企業で働きたくないなら、

情報リサーチはしっかり行うようにしてください。

具体的には、

  • いま世の中にはどういう仕事があるのか?
  • どういう仕事が年収が高いのか?
  • 今の自分にはどういう選択肢があるのか?

について、常に情報アンテナを張っておくことが大切です。

↓情報リサーチには以下のような転職サイトを使うと便利です。

無料で使えるサイトなので、活用してみてください。

管理人

リクルートエージェント

リクルートエージェント

最大手の転職サイト!25万件以上の求人あり

リクルートエージェントは業界最大手の転職エージェント会社で、25万件以上もの求人が登録されています。
未経験者OKの大手企業の求人から、
実務経験者だけが応募できる高年収な求人まで、たくさんの求人があります。
きっとあなたの希望にあった会社を見つけることができますよ。

↑転職サイトで無料アカウントを作って、

年収や職種などの希望条件を入力しておくと、マッチする最新求人が出るたびにメールで通知してもらえます。

(企業側からのオファーメール例)

↑こんな感じで企業側から

オファーメールが来たりもします。

管理人

普段からこういう転職サイトの情報を見る習慣をつけておくと、

「今の仕事がもしどうしても嫌になったら、別の仕事もある」という選択肢を持つことができます。

こういういい意味での「逃げ道」を作っておくと精神的安定につながります。

(会社の上司や先輩からどやされても「なんかせまい世界でえらそうにしてるなー」ぐらいに流せるようになりますよ)

いま失業中の人も、自分で探していたらまず気づけなかったような

意外な仕事の紹介が来たりするので、自分の可能性に気づけますよ。

まずは無料アカウントを作って、いろいろ求人検索してみましょう。

世の中には本当にいろんな仕事があるんだな…って驚かれると思いますよ。

転職の方向性が見えてきたらエージェントとの面談も使ってみよう

(転職意思が固まってきたらエージェントとの面談も検討しましょう)

 

転職サイトで日常的に情報リサーチして、ある程度転職活動の方向性が見えてきたら、

転職エージェントと無料面談してアドバイスを受けてみるのもおすすめです(無料で使えます)

転職エージェントは、実際に企業をまわって情報を集めていますので、

↓以下のように転職サイトを見ているだけではなかなかわからない情報を教えてくれます。

  • 企業の社風や職場の実際の雰囲気
  • 配属される予定の部署の男女比率や年齢構成
  • 残業時間の具体的な数字(月ごと・日ごとの時間数)
  • 過去3年間のボーナス支給額の実績値など

↑こういう情報を求人に応募する前に教えてもらえるのが大きいです。

転職サイトで見ていたら良さそうだったので面接を受けてみたけど、

実際に会社を訪問してみたらなんかちがった…ってよくありますが、

こういう時間のロスを省くことができるようになりますよ。

転職エージェントは無料で相談できますので、

ぜひ活用しましょう。

管理人

もっとも、いきなり転職エージェントと面談するのはハードルが高い…と感じる人も多いでしょう。

なので、まずは転職サイトで無料アカウントを作っておき、

いろんな求人を見てみることから始めるのがいいと思います。

なにごともまずはしっかり情報収集することから始めるのが大切です。

企業との年収交渉を自分でやってはいけない理由

(年収交渉は自分でやるよりエージェントに代行してもらう方がうまくいきます)

 

他にも、転職エージェントは企業側とあなたの間に入って、あなたが採用されやすくなるようにいろいろ調整してくれます。

(面接アポイントの調整や応募書類の添削・面接対策など)

年収交渉なんかも代わりにやってくれますので、

ちょっとでも良い条件で入社したい人はエージェントを活用しましょう。

こういうのって自分で交渉するのはとても難しいですからね。

さらにいうと、入社時にあんまり熱心に年収交渉を自力でやってしまうと、

金にがめつい人というイメージを持たれてしまう可能性もあります。

転職先の社風にもよりますが、これは基本的にマイナス評価にしかなりませんので避けておくのが無難ですね。

転職エージェントが完全無料で使える理由

なお、転職エージェントはすべて無料で使えます。

転職エージェントって企業側が支払う紹介手数料で運営されていますので、私たち求職者側は無料で使うことができるんです。

1円でもお金を請求されることはありませんので、

安心して使うことができますよ。

管理人

↓まずは無料アカウントを作って求人検索から始めてみてください。

(リクルートエージェントは最大手の転職エージェント会社です)

\ 高年収の求人多数あり!/

無料登録して求人を見てみる

※ メールアドレスがない人はこちら(GoogleのgmailYahooメール)から無料で作れます。




Sponsored Links

-転職エージェントの使い方

Copyright© 転職と副業のサザンクロス , 2021 All Rights Reserved.