転職エージェントの使い方

転職エージェントに相手にされない人の4つの特徴と対処法

転職エージェント 相手にされない

(転職エージェントに相手にされない人の特徴とは?)

  • 転職サイトに登録したのに何の連絡も来ない…。
  • 面談後に「紹介できる求人が今のところない」と断られた。
  • ひょっとして転職エージェントに相手にされてない?
  • 転職エージェントに相手にされない人と、求人紹介してもらえる人の違いってあるの?

↑こういったお悩みをお持ちの方、多いのではないでしょうか。

せっかく転職活動を進める気になっているのに、エージェントに相手にされないなんて腹が立ちますよね。

しかし、転職エージェントは数十人単位で求職者を担当していますから、すべての求職者に平等に対応することは難しいのが実情です。

私自身もエージェントとして働いているのですが、

この人にはちょっと求人紹介をしづらいな…」という人がいるのもの事実です。

以下では、転職エージェントに相手にされない傾向がある人の特徴についてお教えしますので、ぜひ参考にしてみてください。

転職成功のために重要なことは、転職エージェントの嫌がることをあらかじめ知っておき、彼らをうまく使いこなすことです。

転職エージェントに相手にされない人の特徴

転職エージェントから見て、求人紹介の優先順位が低くなってしまう人には、以下のような特徴があります。

求人紹介の優先順位が下がる人

  • 転職したい時期が3ヶ月以上先
  • 離職中(失業中)の人
  • メールや電話の返信が遅い人
  • 最低限のビジネスマナーができていない人

以下、順番に見ていきましょう。

転職したい時期が3ヶ月以上先

転職エージェントは、基本的に3か月単位で仕事をしています。

つまり、転職エージェントと初めて面談をした日から数えて、3ヶ月以内に内定をもらうことを目標にして動いているということですね。

だいたいいつごろまでに転職したいと考えていますか?」とエージェントから聞かれたときに、

「半年~1年先」と答えてしまうと、急ぎではないと判断され優先順位を下げられてしまう可能性があります。

エージェント会社によっては、3か月で転職支援が打ち切りとなるところも多いです。

エージェントを使うなら、短期集中で転職活動を進めていることをアピールしておくのが無難です。

離職中(失業中)の人

離職中の人(失業中の人)は、在職中の人と比較すると、どうしても転職成功率が低くなります。

また、離職中の人の場合は結果的に年収条件を引き下げて内定受諾となるケースが多いですから、エージェントとしても売上が低くなってしまうという事情もあります。

(エージェントの売上は、「求職者の年収×紹介料率」で決まります。なお、エージェントに紹介料を払うのは採用活動を行う企業だけですので、求職者は無料で使えます)

場合によっては、離職中の人の紹介を受け付けていないエージェント会社もあります。

こういうところを選んでしまうと、いわば「門前払い」で相手にされないことがありますから、注意してください。

こういったエージェント会社とは逆に、離職中の人やフリーターの方を専門に求人紹介してくれるエージェントもありますので、こういうところに相談してみるのも1つの手です。

離職中・フリーターから正社員になるためには、エージェントのプッシュが必須なことが多いですから、活用しましょう。

メールや電話の返信が遅い人

レスポンスが遅い人、返さない人はエージェントから見た場合の優先順位はどうしても下がります。

レスポンスの良さ=転職への意欲ととらえるエージェントが多いためです。

どんな連絡にせよ必ずその日のうちにアクションを返すようにしましょう。

電話がかかってきたときには、メールでは話しにくい内容を伝えたがっている可能性が高いですから、必ず電話で返すようにしてください。

最低限のビジネスマナーができていない人

転職エージェントでは面談やヒアリングを通して、求職者のビジネスマナーがしっかりしているかどうかを見ています。

最低限のビジネスマナーができていない人は必然的に応募先企業からも悪い評価を受けがちですから、エージェントとしても優先順位を下げる可能性があります。

私が対応した方の例を挙げると、面談中貧乏ゆすりが激しい方がいました。

ご本人は無意識だったと思うのですが、「相手の第一印象を理解できない方」という印象を持ってしまい、企業側に提案してもいいのかためらってしまったことがありました。

また、面談時の服装も非常に重要です。

面談は「私服でもOK」と言われることが多いと思いますが、だぼだぼの服だったり、よれた服装は相手の印象がよくないの注意してください。

エージェントに「この人ならいける」と思ってもらえないと、求人紹介のステップに進むことができません。

転職エージェントとの面談は、採用企業の面接に進むための最初の一歩と考えておく必要があります。

「転職活動はめんどくさい…」という方へ。

読者様

毎日、家に帰ってきたらもうヘトヘトです…。

自宅のパソコンに電源をつける元気すらない。

仕事をしながら転職活動とかほんとに無理なんですけど。

転職活動は「求人を探したり、電話で面接のアポ取りをしたり…」となかなか大変ですよね。

でも、転職活動は下手をすると「その後のあなたの人生を決める重要な活動」になりますから、いいかげんなかたちで進めてしまうことは避けないといけません。

管理人

読者様

そりゃまあわかってます。自分の人生ですから。

でも現実問題として、今の日常が忙しすぎて、転職活動なんてやってる余裕がないんですよ…。

わかります。私も20代の頃はずっとブラック企業で働いていたので。

「転職活動は負担やストレスが大きすぎる」と感じている方は、転職エージェント(無料)を活用しましょう。

転職エージェントはあなたの代わりに、あなたにマッチした求人を探してきて、採用担当者との面接までセッティングしてくれます。

管理人

エージェントとのやりとりは基本的に全部メールでできるので、仕事が忙しい方も転職活動を効率的に進めていけますよ。

企業の人事採用担当者との面接日程の調整や、年収交渉といった面倒なことは、エージェントがすべて無料で代行してくれます。

転職エージェントって本当に無料?なぜ無料?

読者様

そりゃ緊張する企業側との電話のやりとりとか、年収交渉とか、めんどくさいことを代わりにやってくれるなら助かりますよ。

でも、こういうのってお金かかったりするじゃないですか?

給料が低いのがつらくて転職したいのに、転職活動そのものにお金がかかってしまうなら、本末転倒もいいところなんですけど。

ご心配なく。私たち労働者側は、転職エージェントを最初から最後まで無料で使えます。

転職エージェントにお金を払っているのは採用活動を行っている企業側だけなので、

私たち労働者側は、最初から最後まで転職エージェントを無料で使うことができるんです。

管理人

転職エージェントを使うデメリットは?

読者様

求人を探してきてくれて、面接のアポ取りもやってくれて、年収交渉もしてくれる…。

ほんとにこれで無料ですか?…逆に怪しいです。

転職エージェントを使って転職活動することに、何かデメリットとかないんでしょうか?

そうですね。転職エージェントを使って転職活動することのデメリットをあえて挙げるとすると、

初回の相談で転職エージェントと面談(20分ぐらい)をしないといけないことぐらいでしょうか。

アカの他人に仕事のことを相談するなんて、なんだか緊張しますよね。

ただ、この面談というのは、エージェント側とあなたのキャリアプランについてイメージのすり合わせをする上でとても大切な手続きなんです。

管理人

エージェントとの初回の面談をしっかりやっておくかどうかによって、転職活動の成功・失敗が決まるといっても過言ではないぐらいです。

ここだけはしっかりやっておけば、あとはエージェントがあなたの希望に沿った求人を探してきてくれて、企業側の面接までセッティングしてくれます。

今どき「転職活動のために履歴書を手書きで書いて、緊張しながら電話して…」なんて誰もやってませんよ。

面接のアポイントや、年収交渉といった面倒なことは、転職エージェントが全部無料で代わりにやってくれます。

管理人

これから転職活動を始める人は、転職エージェントを活用しよう

(転職活動を始めるなら無料で使える転職エージェントを活用しましょう)

よくあるお悩み

  • 転職活動なんて何から始めていいのかよくわからない。
  • 学生時代以来、求職活動なんてもう何年もやっていない…。
  • 転職サイトはちょこちょこ見ているけど、どの求人もなんだか同じに見える。
  • 「うちは家族的な社風です!」とか、どうせ嘘だろ…って思ってしまう。
  • とにかく給料が安すぎ。こんなんで生活していくなんて無理なんだけど…。

↑こんな悩みをお持ちの方は、転職エージェントを使うことも検討して見てください。

転職エージェントというのは、あなたの代わりに、あなたの職歴に最適な求人を探してきてくれるサービスです(無料で使えます)

WEBやSNSを使い慣れている20代〜30代前半の方の多くは、転職活動をエージェントを使って行うようになっていますよ。

管理人

他人に転職の相談するなんて緊張する…」という方もいらっしゃるかもしれませんが、

エージェントとのやりとりは基本的に「サイト経由+メール」なので、実際に顔を合わせる機会はそれほど多くありません。

管理人

↓転職エージェントは、あなたの代わりに以下のようなことをやってくれます。

エージェントがやってくれること

  • あなたの職歴や実務経験から見て、最適な求人(少しでも年収が高く、内定が出る可能性の高い求人)をプロの目で見て選別してくれます。
  • あなたの代わりに、採用活動を行う企業側と年収の交渉をしてくれます。
  • 企業の人事担当者との面接日程の調整などのめんどうなスケジュール調整を全部やってくれます。
  • 書類審査のための応募書類の添削をしてくれます。
  • 面接の事前対策をしてくれます(面接に同席してくれるエージェントもいます)

特に、現在も在職中の方は、終業後に転職活動をするというのはストレスがとても大きいですよね。

仕事でヘトヘトになって帰ってきて、そこからパソコンを立ち上げて、ハローワークや転職サイトの情報を探して…なんて、やる気になれないのが当たり前です。

めんどくさいことは転職活動のプロであるエージェントに丸投げして、もっと大切なことに集中しましょう(本当に自分がやりたい仕事はなんなのか?など)

転職エージェントにお金を払っているのは、人を採用したい企業側だけなので、私たち求職者は最初から最後まで完全無料で使うことができますよ。

管理人

転職エージェント優良求人を紹介してもらうための対処法

最近では、「転職エージェントに優先的に求人紹介をしてもらえるか」が転職成功のカギといっても過言ではありません。

エージェントと良好な信頼関係を築くことが転職成功の近道になるでしょう。

↓具体的には、以下のような対処法を参考に、エージェントとコミュニケーションをとってみてください。

転職エージェントにやる気を出させるポイント

エージェントにやる気を出してもらう(条件の良い求人を積極的に紹介してもらう)ためには、エージェントに「あなたを企業側に紹介したい」と思ってもらわないといけません。

↓私の場合、以下の3つに該当する求職者さんは紹介の優先順位を上げるようにしています。

優先順位が上がりやすい人の特徴

  1. 特筆すべき職歴があること
  2. 転職希望度が高いこと
  3. 自社のサービスを優先的に利用してくれること

1.特筆すべき職歴があること」については転職活動をしているタイミングではどうしようもない部分がありますので、ここでは省きましょう。

一方で、「2.転職希望度が高いこと」と「3.自社のサービスを優先的に利用してくれること」の2つについては、あなたの気持ち次第で決めることができることですね。

2.転職希望度については「遅くとも3ヶ月以内には転職したい」と伝えておきましょう。

3.サービス利用については「別のエージェント会社は一応登録だけしていますが、御社をメインで使っています」と伝えておくと良いです。

転職エージェントも大きく分類すれば営業マンですから、今月の営業ノルマを達成することをいつでも考えているものです。

短期間で転職を成功させることができれば、エージェントとしては自分の成績になります。営業マンとは良くも悪くもそういうものです。

「2.転職希望度が高いこと」と「3.相談する転職エージェント会社のサービスを優先的に利用すること」

この2点を積極的にアピールするだけで、あなたの担当エージェントの目の色が変わります。ぜひ実践してみてください。

転職活動を始めるタイミングはいつがベスト?

転職活動を始めるタイミングは、できれば在職中がベストです。

この点については、「今の仕事を辞めてから転職活動を始めたほうが、時間もあるし精神的に余裕をもって転職活動が行える。失業保険もあるし」という人もいるでしょう。

しかし、これは正しくありません。

職がない状態で新しい仕事を探すというのは大変な精神的なストレスを伴うものです。

失業手当ての支給は自己都合退職の場合は3ヶ月間の待機期間がありますし、

支給が始まってもたったの90日で終わってしまいます(働いた期間が10年未満の人の場合)

(※なお、2020年度中に、失業保険の待機期間については現状の3ヶ月から2ヶ月への短縮が行われる予定です)

在職中に転職活動を始めるメリット

転職活動を始めるなら、「離職してからではなく在職中」が鉄則です。

お給料をもらいながら転職活動できるというのもメリットですが、

それよりも最大のメリットは転職の目的がぶれにくいことです。

私も離職中の方の転職支援を担当したことがありますが、活動が半年を超えると生活が苦しくなり、

ほとんどのケースで「なんでもいいからとにかく就職すること」が目的となってしまいます。

もともと営業が嫌で転職するという目的があったはずなのに、就職先が見つからなかったために結局また営業職で就職した方もいます。

これでは何をやっているかわかりません。

こうした事態を避けるためにも、転職活動は在職中に余裕を持って始めるようにしましょう。

できれば、次の転職先から内定が出てから、現在の勤務先に退職の意思を伝えるようにするのがベストです。

当サイト管理人おすすめの転職エージェント

(おすすめの転職エージェント会社を紹介します)

↓転職エージェント会社は、それぞれの会社で扱っている求人に特徴があります。

  • 20代の人向けの求人が得意なエージェント会社
  • 営業マン向けの求人が得意なエージェント会社
  • 税理士や会計士など専門職の求人が得意なエージェント会社

…といった具合ですね。

重要なことは、あなた自身の状況に合わせて最適なエージェント会社を使い分けることです。

どこも無料で使えますので、「1社だけを使う!」というのではなく、

最低でも2社〜3社に登録しておいて、「自分と相性の良いところを使っていく(できれば使い倒す)」という使い方がおすすめです。

当サイトの管理人が実際に使ってみて「こういう人にはここがおすすめ!」といえる転職エージェント会社を紹介します。

管理人

マイナビエージェント(20代の方におすすめ)

(マイナビエージェントは、20代の方におすすめの転職エージェントです)

大手企業〜ベンチャーまで!未経験者OKの求人多数あり

マイナビエージェントは、20代の方におすすめの転職エージェント会社です(無料)
三井住友銀行や農林中央金庫などの「ザ・大手企業」という会社から、最先端のITベンチャーまで、幅広く優良企業の求人があります。
未経験20代の方でも年収550万円など、好条件で働ける求人を見つけることができますよ。

就職Shop(フリーター脱出したい人におすすめ)

就職Shopはリクルートが運営する最大手の第二新卒専門エージェントです)

フリーター・ニート脱出したい方におすすめ!書類選考なし求人多数あり

就職Shopは、フリーター・ニートの方の転職支援に特化しているエージェントです(無料)
最大の特徴は「書類選考なしで面接に進める求人が多数登録されていることです。学歴や職歴に自信がない方も安心して使えますよ。
若手向けの求人は「紹介される仕事は営業だけ…」ということが多いですよね。
就職Shopは転職大手のリクルートが運営していますので、経理や財務、人事などの事務系職種もたくさん紹介してもらえます。

-転職エージェントの使い方

Copyright© 現役の転職エージェントがこっそり教える転職活動の進め方 , 2020 All Rights Reserved.