Sponsored Links

転職エージェントの使い方

転職エージェントの連絡を無視するデメリット2つと状況別の対処法

※このページは 3 分で読めます。

転職エージェント 連絡 無視

(転職エージェントの連絡を無視することで生じるデメリットとは…)

なんとなく転職サイトに登録した後に、転職エージェントから来た「ご連絡ください」というメールを無視している状態…。

これってこのまま放置していたらやっぱりまずい?

転職エージェントから直接連絡が来るのは、あなたが有望な人材である証明でもあります。

(エージェントは転職できる可能性がない人に直接連絡はしませんので)

しかし、顔も知らない転職エージェントから直接連絡が来ると、ちょっと引いてしまいますよね。

結論からいうと、転職エージェントからの連絡は無視せず、最低限の返信だけはしておくことをおすすめします。

↓例えば、下記のような簡単な内容のメールでも良いので、必ず返信だけはしておくようにしましょう。

「お世話になります。ご連絡をいただきありがとうございます。あいにくなのですが、転職活動をいったん中止することにしたので、面接を辞退いたしたく存じます。お手間を取らせてしまい申し訳ありません。」

一括送信で送られてくるスカウトメールや求人紹介メール以外については、きちんと返信するようにしておくのが安全です。

※もちろん電話での連絡の方が印象は良いです。

こういった対応をせず、転職エージェントからの連絡を無視し続けると、後になって「やっぱり転職したい」となったときに、不利な扱いをされてしまう可能性があります。

以下では、転職エージェントからの連絡を無視したときに生じる具体的なデメリットを3つ紹介します。

あなたが現在おかれている状況別の対処法についても解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。

転職エージェントの連絡を無視すると生じる2つのデメリット

↓転職エージェントからの連絡を無視してしまうと、以下のようなデメリットが生じる可能性があります。

連絡無視で生じるデメリット2つ

  1. エージェント側に「連絡がつかない人」という情報履歴が残ってしまう。
  2. 求人紹介の優先順位を下げられてしまい、後で「この求人いいかも」となったときに非常に困る。

エージェント側に「連絡がつかない人」という情報履歴が残ってしまう

転職エージェントの仕事は、転職したい人と採用したい企業の情報集めて、マッチングすることです。

次のページへ >




Sponsored Links

-転職エージェントの使い方

Copyright© 転職と副業のサザンクロス , 2020 All Rights Reserved.