転職エージェントの使い方

転職サイトの電話がしつこい理由は?対処法を現役エージェントが解説

転職サイト 電話 しつこい

(転職サイトの電話がしつこい理由は?対処法を現役のエージェントが解説します)

「軽い気持ちで転職サイトに登録してみたら、毎日電話がかかってきてしつこい…」

こんなお悩みをお持ちの方、多いのではないでしょうか。

以下では、現役の転職エージェントとして働いている私が「転職サイトからしつこい電話がかかってくる場合の対処法」を解説します。

業界の中の人間でないとなかなかわからない転職サイトや転職エージェントの裏事情についても紹介しますので、参考にしてみてください。

転職サイトからの電話がしつこい理由と裏事情

そもそも転職サイトというのは、人材紹介会社が求職者を集めるために運営しているサイトです。

人材紹介会社というのはいわゆる「転職エージェント会社」といわれるところで、

従業員が1万人以上もいる大手企業から、数名〜10人ぐらいの規模で活動している会社までいろいろあります。

求職者側は転職サイトやエージェントといったサービスを無料で使うことができますが、

なんでこんなに熱心に電話をかけてくるんだろう?なんの得があるの?」と疑問に思われている方も多いのではないでしょうか。

↓これには以下のようなからくりがあるのです。

エージェント会社は採用を行う企業の「紹介手数料」で成り立っている

エージェント会社が一体何をどうやって利益を出しているのか?というと、

それは人材を採用したい企業が支払う「紹介手数料」です。

エージェントは「転職希望者が企業に入社したときに、企業側から紹介料として料金を受け取る」というかたちの成功報酬型営業で運営されているのです。

そのため、エージェント会社としては転職希望者に転職サイトに登録してもらうだけでは1円ももうかりません。

転職サイトに登録してくれた人に実際に求人に応募してもらい、

最終的に採用までこぎつけて、企業側から紹介手数料をもらう必要があるのです。

(※なお、求職者がエージェントにお金を払うことはありません)

転職サイトに登録だけして、実際の応募は別の会社から…とやられてしまうとエージェント会社にとっては機会損失になります。

そのため、次のステップ(登録者に企業を紹介する)に進んでもらうために、「ぜひ一度面談を」ということで電話をかけてくるというわけです。

しつこい電話がこなくなる!現役エージェントが対処法をご紹介

転職サイトからのしつこい電話をなくしたいのであれば、以下の2つが手っ取り早い対処法になります。

しつこい電話への対処法2つ

  • 「すぐに転職したいわけではないので情報だけほしい」と伝える
  • 一度面談を受けてみる

いずれにせよ電話を無視し続ける限りは電話はかかり続けてきます。

転職サイトとしては、転職サイトに登録したあなたは「見込み客」ですから、せっかくの見込み客を放置するようなことはしません。

(もちろん、2ヶ月〜3ヶ月以上放置し続けるなどすればさすがに「転職活動の意思なし」ということであきらめてくれると思いますが、その間はストレスを感じることになります)

「すぐに転職したいわけではないので情報だけほしい」と伝える

もし「すぐに転職したいわけではないので情報だけほしい」ということであれば、

「忙しくて電話する時間が取れない」「まずはメールで情報交換を希望」ということを伝えてみるのも1つです。

その際、ご自身の希望条件やどのような業種業界を希望されているのか等、ある程度の情報は伝えておく方が良いですね。

ただし、エージェント側も決して時間を持て余しているわけではありませんから、直接会ってしっかりと面談をした人や、積極的に転職活動をしている人を優先させるのはやむを得ないところです。

そのため、「メールで情報だけ」と伝えた場合には、後回しにしてあまり注力して企業を紹介しようとしないエージェントもあります。

もしその後になって転職の意思が高くなってきたのであれば、

その時点で「本腰を入れて転職活動をすることにしたので、求人を紹介してください」とあらためて連絡を1本入れておくのが良いでしょう。

一度面談を受けてみる

転職サイトに登録した人の中には「なんとなくよその会社の年収をみてみたかったので転職サイトに登録しただけ」という人もいらっしゃるかもしれませんね。

冷やかしだと思われそうなので怖くて電話に出たくない…という方も多いかもしれませんが、エージェントもそのあたりは承知しているので文句をいってくることはまずありません。

転職サイトは「今すぐ転職したい」という段階でなくても使うことは全く問題ないです。

ただ、あなたも転職サイトに登録した以上は、少なからずほんの少しぐらいは転職の意思があるのだと思います。

少しでも転職を考えているのであれば、ご自身の希望を伝え、転職市場の情報を得てみるのもおすすめです。

エージェントに相談してみるメリット

Sponsored Links

エージェントというのはやはり転職のプロですから、あなた自身とはまた違った視点で転職の選択肢というものを考えてくれます。

「自分は営業しかできないと思っていたけど、結果的に人事の求人を紹介してもらって今は人事マンとしてバリバリ働いている」という人もいます。

また、転職エージェントは転職サイトには載っていない非公開求人もたくさん持っています。

どんなエージェントでも「とっておきの好条件の求人」というものを10個や20個はもっているものです。

自分ではなかなか見えていなかった職種の選択肢や、転職サイトをみているだけでは見つけられない好条件の企業を紹介してもらえるかもしれませんよ。

面談後に「やっぱり転職はやめておこう」となっても問題なし

もちろん、面談を受けてみて「やっぱり転職はやめておこう」と思ったならその時点で「やっぱり今の会社でもう少し頑張ってみます」と伝えれば問題ありません。

「このエージェントは合わない」と感じた場合には、別の担当者に変えてもらったり、別の転職サイトに切り替えたりしても問題はありません。

いずれにせよお金が発生するようなことはないので(上で見たようにエージェントにお金を払うのは採用を行う企業側です)、情報収集の一つの手段ぐらいに位置付けておくのもアリです。

電話がしつこくない転職サイトってないの?

しつこい電話が少ないサイトはやはり大手の転職サイトですね。

例えば、リクルートエージェントや、マイナビエージェントといったところが大手転職サイトに該当します。

上記企業は面談や求人紹介についても徹底的にシステム化を図っています。

大手サイトにはものすごい数の登録者数がいますので、一人ひとりに電話をかけていたら大変です。

そのため、基本的には求職者側からのアクション(求人応募やエージェントへの相談など)を待ってから直接連絡をとってくることが多いでしょう。

転職サイトに登録しただけの段階では自動送信の案内メールが送られてくるだけのことが多いと思います。

(ただし、職務経歴がとても良いとか、年齢的にとても若いとかいったように、企業側からのニーズが強い人材の場合はこうした大手企業でも電話をかけてくるケースはあります)

小規模エージェントは直接連絡をとってくることもある

一方で、小規模エージェントは大手サイトと比べると、利用者数が圧倒的に少ないです。

せっかく登録してくれた求職者は残さず面談して、なんとか採用につなげたいと考えていますから、しつこい電話をかけてくることもあるでしょう。

ただし、こうした小規模なエージェントを使うのにもメリットはあります。

小規模会社に所属するエージェントはいわば「百戦錬磨のプロエージェント」です。

エージェントとしてとても優秀な人が多いですから、好条件での採用につなげてくれる可能性が高いです。

なので、転職の意思が固まった段階では、小規模エージェントを利用するのも1つの手ですね。

ただし、まだ転職をするかどうかちゃんと決めていないという段階でこういうエージェントを使うと、引いてしまうかもしれません。

「待ちのスタンス」で転職活動したい人におすすめの転職サイト

しつこい電話を受けたくない、どちらかというと「待ちのスタンス」で転職活動を進めたいという方も多いでしょう。

↓そんな方には、こちらのサイトのように企業側からオファーメールを出す」というかたちを採用している転職サイトがおすすめです。

>>企業側からオファーメールが届く転職サイト

こういったサイトで企業側からのオファーメールをもらったりしながら求人情報をいろいろ見てみて、

転職の意思が高まってきた段階で転職活動を本気でスタートするという形が良いと思います。

転職はあなたの人生を左右するものでもありますから、ぜひ自分に合った情報収集の仕方を選択してみてください。

2つ以上の転職サイトを同時進行で利用していいの?

結論からいうと問題はないです。

エージェント側も求職者がいろんなサイトを使っていることは百も承知ですから、文句をいうようなことはまずないです。

むしろ、転職活動ではある程度の選択肢を持って取捨選択できるような環境に持ち込むことが大切ですので、

最低でも2〜3社ぐらいは転職サイト同時に使いながら情報収集していくのが良いでしょう。

転職サイトによって登録されている求人には特色がありますから、いろんなところから求人情報が探せるようになっておく方が良い求人に出会える可能性は高くなります。

ただし、複数の転職サイトに登録し、各転職サイトから複数の会社に応募していくと最終的にどのサイトでどの求人を応募したのか整理できなくなるケースも多いです。

こうなるとせっかく良い求人を見つけたのにどこで見つけたのか分からなくなってしまう…なんてことにもなりかねません。

ご自身でしっかり整理することができる方(エクセルで管理するなど)は問題ありませんが、

細かい管理は苦手だしめんどくさいという方は、使う転職サイトは2~3社程度にしておくのが良いかもしれませんね。

仕事つまらない・給料安い…。今の職場でこれ以上働き続けたくない人へ

(あわない仕事・人間関係のストレスでつらい働き方をしている人へ)

  • 給料がぜんぜん上がらない…。もう2年以上働いてるのに。
  • 人間関係のストレスが限界。上司も先輩も大嫌いな人ばかり…。
  • 1ミリも興味ない仕事だけど、生活のためにしかたなく働いている…。

↑こんな感じで働いている人ってきっと多いのではないでしょうか。

仕事って人生のほとんどの時間を使ってやっていくことですから、

ストレスの多い環境だとほんと地獄ですよね。

ほとんどの人にとって今の仕事がベストの選択肢じゃないのが普通です。

学生時代になんとなく就活やって、

なんとなく安定してそうな会社に入って、

なんとなく年齢を重ねていく人がほとんどなんですよね。

ただ、こんな感じで30代後半になってくると、状況はもっと悪くなります。

「35歳転職限界説」とかいいますが、

転職って年齢が高くなるほど実務経験を求められるようになりますから、

難易度がどんどん高くなってしまうんですね。

そうしているうちに家族ができ、家を買うために住宅ローンを組んで…。

で、どんどん身動きが取れなくなっていくのが現実です。

少しでも年齢が若いうちに転職活動を始めるのが有利

(営業から経理、総務からマーケティングなど「職種を変える転職」は年齢制限があります)

 

今いる環境にどうしても限界を感じているなら、

少しでも年齢が若いうちに転職活動を始めましょう。

特に、職種を変えるキャリアチェンジ転職の場合は年齢をかさねるほど不利になります。

(営業から経理、総務からマーケティングなど)

今の仕事とまったく違う職種に行きたいなら、

どんなに遅くとも20代後半、できれば20代前半までに転職しておく必要があります。

業種業界にもよりますが、ここを逃すと未経験職種での採用は非常に難しくなるのが一般的ですね。

  • 今の仕事はぜんぜん好きになれない…
  • この業界でずっと働きたくない…

↑と感じている人は、

早めにアクションを起こす必要があります。

管理人

まずは「自分にはどんな選択肢があるのか?」のリサーチから始めよう

(まずは「自分の学歴・職歴でどのぐらいの求人を狙えるのか?」のリサーチから始めましょう)

 

とはいえ、いきなり転職活動なんてハードルが高く感じてしまいますよね。

生活費を稼がないといけないから、今すぐ転職は難しい…。

↑という人もきっと多いはずです。

転職って重要な決断になりますので慎重になるのは当然ですよね。

いきなり転職活動なんて無理…と感じる方は、

まずは「世の中にどんな仕事があるのか?」

「自分の学歴・職歴だとどんな仕事に転職できる可能性があるのか?」

のリサーチから始めてみるのがおすすめです。

具体的には、無料で使える転職サイトでいろんな求人情報を見てみましょう。

転職サイトは今すぐ転職する気がない人も気軽に使うことができますよ。

マイナビエージェント

高年収な優良求人が絶対見つかる!(無料転職サイト)

マイナビエージェントは個人的に最もおすすめな転職サイトです。
未経験から高年収を目指せる求人から、
実務経験者限定のクローズド求人まで、
好条件なホワイト求人をたくさん見つけることができますよ。
無料で使える鉄板の大手転職サイトなので、転職活動が初めてな人も安心です。

今すぐは転職活動する気がない人も、

転職サイトへの無料登録だけは早めにやっておきましょう。

仕事のストレスが限界になってくると、

転職サイトに登録するという行動すらやる気がなくなってしまうからです。

転職サイトで無料アカウントを作っておくと、

あなたにマッチする求人が出てくるたびにメール自動通知してもらうえます。

気になった求人をブックマークしておくだけでも、

いざとなったら転職もあるという選択肢を持つことができるんですね。

今の職場で限界が来たときに、

転職という対抗策を打つことが可能になります。

いい意味での「逃げ道」を確保しておくことが大切です。

管理人

転職サイトは完全無料で使うことができます。

いつでも利用をやめられますし、

変な連絡が来ることもないのでリスクはゼロです。

今すぐは転職できない人も、転職サイトを活用して情報収集から始めましょう。

>>転職サイトに登録して自分の適正年収を見てみる(無料)

転職成功するのに「特別優秀」である必要はない

(ごく普通の人でも転職で成功することは可能です)

  • 特別優秀なひとにぎりの人だけが高年収になれる。
  • コミュ力が高くてルックスも良く人脈もないと人生負け組。
  • 一流大学を出てないと出世なんてできない…。

↑こんなふうに考えている人って多いと思いますが、実はこれまったくの誤解です。

私は転職支援の仕事をしてるので、

年収700万円〜1000万円の人たちとたくさん会いますが、

彼らは特別優秀な人ばかりではありません。

もちろん、中には弁護士や会計士みたいに

特別優秀な人もいますけどね。

でも、営業マンや経理マンなど

ごく普通の仕事でも高年収の人たちもたくさんいます。

管理人

問題は「ごくフツーの人が、なぜ理想的な働き方ができるようになったのか?」ですが、

これは日頃から自分がどういう環境で働ける可能性があるのか?

の情報リサーチをしっかりやっているからなんです。

具体的には、転職サイトでいま世の中でどういう仕事が求められてるのか?(年収高いのか?)

の情報リサーチをしっかりやっておくのが大切です。

転職サイトは今すぐ転職する気がなくても使えますよ。

情報リサーチといえば新聞をまずイメージしますよね。

ですが、ニュースにくわしくなって年収上がった人を私は見たことがないです。

お金と時間を消費して新聞を読むぐらいなら、

転職サイトを見るようにした方がよっぽど年収アップにつながりますよ。

実際、年収高い人って今すぐ転職する予定はなくても

転職サイトに登録だけはしています。

管理人

転職サイトで希望条件を入力しておくと、マッチする求人が自動的に情報として入ってくるので情報感度が高くなるんですよね。

最新の求人情報につねにアンテナを貼っておいて、

チャンスがめぐってきたらすぐに行動を起こせるようにしておくのが大切です。

転職サイトを使った情報リサーチのやり方

(個人的におすすめの転職サイトはマイナビエージェントです)

\ 高年収な求人多数あり!/

無料登録して求人を見てみる

転職サイトに無料登録すると、

↓こんな感じで最新の求人情報にいつでもアクセスできるようになります。

管理人

(実際の求人例1)

(実際の求人例2)

>>転職サイトに登録して実際の求人を見てみる(無料)

↑実際の求人情報を見てみるとわかりますが、

年収の高い仕事であっても、

特別な能力って求められていないことに気づくと思います。

サラリーマンの年収って、所属先の会社がもうかっているかどうか?でほぼ決まるからです。

逆にいうと、所属先の会社がもうかっていないと、

あなたがどんなに優秀な人であっても大したお給料を稼ぐことはできません。

これは優秀な人ほど見逃しがちな重要ポイントですね。

もうかっている会社は転職サイトに好条件で求人をバンバン出しています。

こういう情報を常日頃からリサーチしておくことがとても大切ですよ。




Sponsored Links

-転職エージェントの使い方

Copyright© 転職と副業のサザンクロス , 2022 All Rights Reserved.