転職活動のノウハウ

転職半年で辞めた人のための転職活動と志望動機:キャリアが短くてもコツを押さえれば内定はちゃんと出ます

転職 半年で辞めた

(転職後半年で辞めた人は転職活動で「無責任な人」という評価をされないようにすることが大切です)

  • 転職して半年で仕事を辞めてしまった…。
  • 入社前は良さそうな会社だったのに、実際に入社してみたらブラック企業だった。
  • 仕事そのものは悪くなかったけど、人間関係が最悪だったので辞めた。

転職後半年で退職せざるを得ない状況に追い込まれてしまった…という方は少なくないでしょう。

↓転職後短い期間での退職については、次のように言われることが多いですから、あなたもつらい気持ちになったこともあるかもしれません。

  • 「仕事は3年間は続けないといけない」
  • 「根気のない人間だと思われたら終わり」
  • 「ジョブホッパー認定されたらもう転職できない」

しかし、結論から言うと心配はありません。

転職後半年で辞めてしまった人であっても、そこからさらに転職先を見つけることは普通に可能です。

転職前は何をやってもダメで、人生に絶望していた…という人であっても、

適切な転職先を選ぶことができたことによって業界で注目されるような人材になっていった人はたくさんいるのです。

むしろ、やりたくもない仕事をがまんして続けてもあなたの将来のためにはならないと断言できます。

人は得意な分野、大好きな分野でこそ力を発揮することができるからです。

今後10年間で、AIが人間の単純作業的な仕事をどんどん代わりにやるようになるのは間違いありません。

自分が得意なことに特化してスキルをみがいていくことが重要になっていくのです。

ただし、転職後半年で前職を退職している人は、転職活動のやり方については注意しなくてはなりません。

退職理由や志望動機の伝え方を間違えてしまうと、

  • つらいことがあったらすぐ辞めてしまう根気のない人。
  • 人生についてちゃんと考えていないいい加減な人。
  • 自分のことばかり考えている無責任な人…。

↑こういうマイナスの評価を受けてしまうからです。

Sponsored Links

(当然ながら転職活動ではあなたのライバルに負けてしまうことになるでしょう)

比較的短期間で前職を辞めている人が転職活動を成功させるためには、絶対に外してはいけない重要なポイントがあるのです。

具体的には、応募書類や面接で退職理由や志望動機をどう伝えるか?が重要なポイントとなります。

以下では、転職半年以内に辞めた(または辞めたいと考えている)人のための転職活動のポイントについて具体的に解説いたします。

転職半年で辞めた場合の退職理由・志望動機

転職 半年で辞めた

(転職後半年で辞めた人は、退職理由と志望動機の伝え方に工夫が必要です)

転職活動を成功させるために最も重要なことは、退職理由と志望動機を採用担当者にプラスの評価をしてもらうことです。

↓というのも、退職理由・志望動機とは以下のようなことを伝える情報だからです。

退職理由・志望動機とは?

  • 退職理由:なぜ前職を辞めたのか・どのような形で退職という選択をしたのか?
  • 志望動機:今後のあなたがどのような気持ちで働いていこうと考えているのか?

これらの情報を通して、あなたが採用担当者に伝えるべきことは、たった1つだけです。

それは、採用担当者に「無責任な人」という印象を与えないことです。

↓具体的には、以下の2点に注意しておくことが大切です。

  • ①短期間での退職については反省する気持ちがあり、結果的にポジティブな形で退職できたことをアピールする
  • ②志望先企業ならあなたの求める仕事が経験できることをアピールする

以下では、これらのポイントを押さえた退職理由・志望動機について、具体的な例文で解説します。

退職理由や志望動機は、応募書類に記載するとともに、面接でも質問されることがありますから、しっかりと事前準備をしておくようにしましょう。

ポジティブな形で退職できたことをアピールする

退職理由の伝え方としては、以下のような形を参考にしてください。

↓※質問「なぜ前職を退職されることになったのですか?」への回答例

退職理由の記載例

前職での仕事を経験するうちに、〜(今回の募集職種)に関するより専門的な知識を深め、実務を経験したいと考えるようになりました。

Sponsored Links

半年という短期間で退職を選択し、会社に迷惑をかけてしまうことには私自身深く悩みました。

当時の上司にも相談し、慰留も受けましたが、最後には自分のやりたい仕事で頑張るよう、背中を押していただきました。

ここで重要なことは、前職への不満は書かないことです(あなたが前職でどれだけ辛い目にあわされていたとしても、です)

職場を退職することは、あなた自身に責任がない状況であったとしても、まわりの人に一定程度の迷惑がかかります。

あなたがそのことをしっかりと認識しており、反省して繰り返さない人であることをアピールすることが大切です。

そして、多少こじつけがあってもOKですので、

応募した企業の募集職種への強い関心があったということをアピールしてください。

例えば、「事務→営業職」への転職を考えている人であれば、

「お客様のニーズをくみ取り、そのニーズに対しての解決策を提案する営業の仕事に強い関心を抱くようになった」

といった具合です。

経理への転職を考える人なら、

「企業活動を数字で記録し、その結果として得られるデータを経営に生かすという経理という職種に強い関心を抱くようになりました」

といった具合ですね。

転職先の業界への関心をアピールするのであれば、

「日本の中心産業である機械産業において、土台としての役割を担っている鉄鋼業という業界に強い関心を持つようになりました」

というように、応募先企業が所属する業界の、といういう点に魅力を感じたのか?を伝えるようにしてみてください。

ただし、業界の知識ということになると、実際にその業界で働いている採用担当者にはまずかないませんから、よく業界研究をした上で謙虚にアピールの仕方を考える必要があります。

志望先企業ならあなたの求める仕事が経験できることをアピールする

志望動機の記載例

御社の求人を拝見し、〜(あなたの希望する職種)として活躍できる道が開かれていることを知り、まさに私が目指している仕事だと実感いたしました。

目標に向け着実に知識と実務経験を身につけながら、御社での仕事に貢献したいと考えております。

企業側は、あなたの長期的なキャリアプランから見て、自社での仕事がどのようにつながっているのか?を見ています。

あなたが場当たり的に転職をしているのではないことを確かめたいからです。

ただし、「自分の長期的なキャリアプランと合致したので御社を志望しました」というアピールだけでは、利己的な印象になってしまいますから注意が必要です。

長期的なキャリアプランと志望先企業での仕事が合致し、しかも「志望先企業と顧客に貢献したい」という気持ちをしっかり持っていることもアピールしましょう。

次の転職では絶対に失敗しないために!

転職 半年で辞めた

(転職半年で辞めた人のために、具体的な転職活動の進め方・ステップを解説します)

この記事を読んでいるあなたはきっとまじめな方でしょう。

「転職半年で辞めたら次の転職が難しくなることはわかっているけど、どうしても今の職場にはい続けることができない…」

と考えて退職を決意されたのだと思います。

次の転職活動では、絶対に失敗しないためにも、上でお伝えした退職理由や志望動機の伝え方を押さえておいてください。

仕事や人間関係がしんどいブラック企業で働きたくない人へ

(ブラック企業でつらい働き方をしたくない人へ)

 

いま働いている人もこれから働く人も、ブラック企業で働きたくないなら、

情報リサーチはしっかり行うようにしてください。

具体的には、

  • いま世の中にはどういう仕事があるのか?
  • どういう仕事が年収が高いのか?
  • 今の自分にはどういう選択肢があるのか?

について、常に情報アンテナを張っておくことが大切です。

↓情報リサーチには以下のような転職サイトを使うと便利です。

無料で使えるサイトなので、活用してみてください。

管理人

リクルートエージェント

リクルートエージェント

最大手の転職サイト!25万件以上の求人あり

リクルートエージェントは業界最大手の転職エージェント会社で、25万件以上もの求人が登録されています。
未経験者OKの大手企業の求人から、
実務経験者だけが応募できる高年収な求人まで、たくさんの求人があります。
きっとあなたの希望にあった会社を見つけることができますよ。

↑転職サイトで無料アカウントを作って、

年収や職種などの希望条件を入力しておくと、マッチする最新求人が出るたびにメールで通知してもらえます。

(企業側からのオファーメール例)

↑こんな感じで企業側から

オファーメールが来たりもします。

管理人

普段からこういう転職サイトの情報を見る習慣をつけておくと、

「今の仕事がもしどうしても嫌になったら、別の仕事もある」という選択肢を持つことができます。

こういういい意味での「逃げ道」を作っておくと精神的安定につながります。

(会社の上司や先輩からどやされても「なんかせまい世界でえらそうにしてるなー」ぐらいに流せるようになりますよ)

いま失業中の人も、自分で探していたらまず気づけなかったような

意外な仕事の紹介が来たりするので、自分の可能性に気づけますよ。

まずは無料アカウントを作って、いろいろ求人検索してみましょう。

世の中には本当にいろんな仕事があるんだな…って驚かれると思いますよ。

転職の方向性が見えてきたらエージェントとの面談も使ってみよう

(転職意思が固まってきたらエージェントとの面談も検討しましょう)

 

転職サイトで日常的に情報リサーチして、ある程度転職活動の方向性が見えてきたら、

転職エージェントと無料面談してアドバイスを受けてみるのもおすすめです(無料で使えます)

転職エージェントは、実際に企業をまわって情報を集めていますので、

↓以下のように転職サイトを見ているだけではなかなかわからない情報を教えてくれます。

  • 企業の社風や職場の実際の雰囲気
  • 配属される予定の部署の男女比率や年齢構成
  • 残業時間の具体的な数字(月ごと・日ごとの時間数)
  • 過去3年間のボーナス支給額の実績値など

↑こういう情報を求人に応募する前に教えてもらえるのが大きいです。

転職サイトで見ていたら良さそうだったので面接を受けてみたけど、

実際に会社を訪問してみたらなんかちがった…ってよくありますが、

こういう時間のロスを省くことができるようになりますよ。

転職エージェントは無料で相談できますので、

ぜひ活用しましょう。

管理人

もっとも、いきなり転職エージェントと面談するのはハードルが高い…と感じる人も多いでしょう。

なので、まずは転職サイトで無料アカウントを作っておき、

いろんな求人を見てみることから始めるのがいいと思います。

なにごともまずはしっかり情報収集することから始めるのが大切です。

企業との年収交渉を自分でやってはいけない理由

(年収交渉は自分でやるよりエージェントに代行してもらう方がうまくいきます)

 

他にも、転職エージェントは企業側とあなたの間に入って、あなたが採用されやすくなるようにいろいろ調整してくれます。

(面接アポイントの調整や応募書類の添削・面接対策など)

年収交渉なんかも代わりにやってくれますので、

ちょっとでも良い条件で入社したい人はエージェントを活用しましょう。

こういうのって自分で交渉するのはとても難しいですからね。

さらにいうと、入社時にあんまり熱心に年収交渉を自力でやってしまうと、

金にがめつい人というイメージを持たれてしまう可能性もあります。

転職先の社風にもよりますが、これは基本的にマイナス評価にしかなりませんので避けておくのが無難ですね。

転職エージェントが完全無料で使える理由

なお、転職エージェントはすべて無料で使えます。

転職エージェントって企業側が支払う紹介手数料で運営されていますので、私たち求職者側は無料で使うことができるんです。

1円でもお金を請求されることはありませんので、

安心して使うことができますよ。

管理人

↓まずは無料アカウントを作って求人検索から始めてみてください。

(リクルートエージェントは最大手の転職エージェント会社です)

\ 高年収の求人多数あり!/

無料登録して求人を見てみる

※ メールアドレスがない人はこちら(GoogleのgmailYahooメール)から無料で作れます。




Sponsored Links

-転職活動のノウハウ

Copyright© 転職と副業のサザンクロス , 2021 All Rights Reserved.