Sponsored Links

転職活動のノウハウ

転職半年で辞めた人のための転職活動と志望動機:キャリアが短くてもコツを押さえれば内定はちゃんと出ます

転職 半年で辞めた

(転職後半年で辞めた人は転職活動で「無責任な人」という評価をされないようにすることが大切です)

  • 転職して半年で仕事を辞めてしまった…。
  • 入社前は良さそうな会社だったのに、実際に入社してみたらブラック企業だった。
  • 仕事そのものは悪くなかったけど、人間関係が最悪だったので辞めた。

転職後半年で退職せざるを得ない状況に追い込まれてしまった…という方は少なくないでしょう。

↓転職後短い期間での退職については、次のように言われることが多いですから、あなたもつらい気持ちになったこともあるかもしれません。

  • 「仕事は3年間は続けないといけない」
  • 「根気のない人間だと思われたら終わり」
  • 「ジョブホッパー認定されたらもう転職できない」

しかし、結論から言うと心配はありません。

転職後半年で辞めてしまった人であっても、そこからさらに転職先を見つけることは普通に可能です。

転職前は何をやってもダメで、人生に絶望していた…という人であっても、

適切な転職先を選ぶことができたことによって業界で注目されるような人材になっていった人はたくさんいるのです。

むしろ、やりたくもない仕事をがまんして続けてもあなたの将来のためにはならないと断言できます。

人は得意な分野、大好きな分野でこそ力を発揮することができるからです。

今後10年間で、AIが人間の単純作業的な仕事をどんどん代わりにやるようになるのは間違いありません。

自分が得意なことに特化してスキルをみがいていくことが重要になっていくのです。

ただし、転職後半年で前職を退職している人は、転職活動のやり方については注意しなくてはなりません。

退職理由や志望動機の伝え方を間違えてしまうと、

  • つらいことがあったらすぐ辞めてしまう根気のない人。
  • 人生についてちゃんと考えていないいい加減な人。
  • 自分のことばかり考えている無責任な人…。

↑こういうマイナスの評価を受けてしまうからです。

(当然ながら転職活動ではあなたのライバルに負けてしまうことになるでしょう)

比較的短期間で前職を辞めている人が転職活動を成功させるためには、絶対に外してはいけない重要なポイントがあるのです。

具体的には、応募書類や面接で退職理由や志望動機をどう伝えるか?が重要なポイントとなります。

以下では、転職半年以内に辞めた(または辞めたいと考えている)人のための転職活動のポイントについて具体的に解説いたします。

転職半年で辞めた場合の退職理由・志望動機

転職 半年で辞めた

(転職後半年で辞めた人は、退職理由と志望動機の伝え方に工夫が必要です)

転職活動を成功させるために最も重要なことは、退職理由と志望動機を採用担当者にプラスの評価をしてもらうことです。

↓というのも、退職理由・志望動機とは以下のようなことを伝える情報だからです。

退職理由・志望動機とは?

  • 退職理由:なぜ前職を辞めたのか・どのような形で退職という選択をしたのか?
  • 志望動機:今後のあなたがどのような気持ちで働いていこうと考えているのか?

これらの情報を通して、あなたが採用担当者に伝えるべきことは、たった1つだけです。

それは、採用担当者に「無責任な人」という印象を与えないことです。

次のページへ >




Sponsored Links

-転職活動のノウハウ

Copyright© 転職と副業のサザンクロス , 2020 All Rights Reserved.