Sponsored Links

転職活動のノウハウ

転職すると年収は下がる?やりがい優先で仕事を選ぶのはあり?

  • 転職で多少は年収が下がっても、やりがい重視で仕事を選ぶのはあり?
  • 仕事がつまらない大手企業と、やりがいのある仕事ができる中小企業ならどちらを選ぶ?
  • 少しでも良い条件で転職を成功させるにはどうしたらいい?

結論から言うと、年収は一時的に下がってしまっても、やりがいを求めて転職するのはありだと思います。

「好きこそ物の上手なれ」という言葉があるように、興味の持てる仕事であれば、楽しみながらスキルアップしていくことができます。

結果的には今の仕事で働き続けるよりも生涯年収が高くなる可能性がありますよ。

Sponsored Links

今後伸びていく業界に飛び込むのが重要

転職 年収下がる やりがい

(やりがい優先で転職するなら「もうかっている業界」を選ぶのが鉄則です)

ただし、やりがい重視で転職するなら、転職先の業界が「業界的に伸びている市場であること」が大前提です。

衰退していくだけの業界にやりがい重視で転職しても搾取されるだけですので注意してください。

あなたのお給料は、あなたの能力だけで決まるわけではありません。

あなたが務める会社がきちんと利益を出している会社でないと、あなたにお給料をたくさん払うことはできないからです。

私の場合は、IT業界に転職しました。

IT業界というと「プログラミングができる人でないとダメ」というイメージがありますが、そんなことはありません。

未経験の人でも採用される可能性は十分にあります。

実際に転職してみて感じていることですが、IT業界はものすごく勢いがあります。

年齢的に若くてもいきなり部長職や役員に抜擢される人もいますし、

仕事の最良の幅が広いので、社内で職人的にいろんな仕事を任されている人がたくさんいます。

(お給料も働きに合わせてどんどん上がっていきます)

その一方で、仕事そのものを楽しめない人、やる気のない人は取り残されていく傾向がありますね。

やりがい重視で仕事をしてみたい人は、IT業界に飛び込んでみることをおすすめします。

ただし、未経験職種への転職は年収が下がるケースが多い

すでに経験のある職種に転職する場合と比較すると、未経験の職種に転職する場合は年収が下がる可能性が高いです。

その理由は、入社時点ではあなたが会社に対して提供できる価値が少ないからです。

例えば経験職種であれば前職の知識を活かすことが可能ですが、未経験職種だと最初は知識があっても実務は手探り状態になってしまいます。

一時的に年収が下がることは覚悟しておく必要がありますが、やりがいのある仕事であれば主体的にスキルアップしていくことが可能です。

その上で、伸びているIT業界などを選んでおけば、あなたの年収はどんどん上げていける可能性が高いでしょう。

上場企業から中小企業に転職した私の体験談

私は、1年間ほど上場企業の鉄鋼メーカー子会社で新卒入社後に営業事務として内勤をしていました。

具体的には営業のサポートとして資料作成や、売上管理したりする仕事です。

非常に安定している会社である程度は将来の給与も保証されているような環境でしたが毎日事務のルーティン業務の繰り返しで何の刺激もありませんでした。

ただ業界的に今後の伸びが期待できなかったこともあり、万が一会社の経営状況が下がってきた場合に他の会社転職できるようなスキルが何もつかない現状は良くないと思っていました。

そこで仕事をしつつスキルを身につけることができ、そのスキルが他の会社でも通用するような職種に転職をしたいと考えるようになり、中小企業の経理職への転職を考えました。

今は新卒で入った会社にずっと在籍した場合の想定年収よりも多くの年収を得ることが出来ています。

少しでも高い給料で転職するには?

これから転職活動を始めるなら、転職エージェントと作戦を練りましょう。

年収が下がってでも、将来を見越して転職をすると決意しても、未経験であるがゆえに、未知な事も多く不安ですよね。

転職エージェントに相談すると、様々な業界や業種の話が聞けるので非常に参考になりますよ。

転職エージェントを通して興味ある業界や業種の情報収集をしよう

転職エージェントは、様々な人から転職に関する相談を受けています。

また、人材を募集している企業からの相談も多数受けているので、様々な業界や業種の情報が豊富にあります。

従って、積極的に転職のプロである転職エージェントを活用し興味ある業界や業種の情報収集を行いましょう。

今の業務が直接役立たなくても使えるスキルはある

転職活動では自己PRが非常に重要です。

転職活動は「自らを商品として売り込んでいく場」といっても過言ではありません。

転職エージェントに相談することで今までの社会人生活から新しい未経験職種にも通じるような使えるスキルを発見できる可能性があります。

私自身も資料作成などでのPCスキルは経理職でも役立つということを転職エージェントに相談したことで気づくことができました。

その結果、自分のPCスキルをより深く棚卸できたことで、自己PRがしやすくなり、内定を得ることが出来ました。

今すぐは転職する気もない」という方も、以下の2つはできるだけ早いタイミングでやっておきましょう(いずれも無料です)

  1. WEB適職診断
    心理テストに順番に答えていくだけで、あなたの「強み」といえる5つの適性を知ることができます。テスト後にはあなたの適性にあった求人をニュースメールの形で届けてくれます。
  2. 年収査定アプリ
    こちらは「あなたが本来なら稼げているはずの年収」を知るのに使えます。200万人以上の年収データから、あなたの適正年収を算出します。

転職活動は「精神的に元気なうちに始めておくこと」が鉄則です。

なぜなら、ストレスがたまりすぎると人間はどんどん環境を変えるための行動がとりにくくなるからです。

気になる求人情報をストックしておくだけでも、過労で倒れる前に次の手を打つことができるようになりますよ。

経団連の会長が「終身雇用はもう無理」と堂々と宣言してしまう時代です。

ひとつの職場に人生のすべてをかけるのは、はっきり言って危険すぎます。

選択肢を常にたくさん持っておくことが、これからの時代は必須になるのは間違いありません。

\ あなたの強みを診断!/

適職診断スタート

※無料です

「求人応募する前」に企業カルチャーや職場環境を知る方法

(ベストマッチの企業に出会うには…?)

なんとなくこういう仕事をしたい」というイメージがあっても、実際に応募する求人を選ぶとなると、

何を基準に選べばいいかわからない…」となってしまう人は多いのではないでしょうか。

転職に成功するためには、求人選びでミスマッチが生じないようにすることがもっとも大切です。

  • 求人票の年収条件がよくても、実は残業時間が多いだけのブラック企業だった…。
  • 人事として採用されたのに、実際には「営業を5年間経験してから人事に配属」というルールになっていた。
  • なんとなく良さそうな企業だと思ったのに、実際に入社してみると超体育会系の職場でついていけない…。

↑自力で情報収集するだけでは、こういった事態がどうしても起きがちですので、注意してください。

転職エージェントを活用しよう

(ミスマッチを避けるには、転職エージェントを活用しましょう)

ミスマッチを避けるためには、転職エージェントを活用するのがおすすめです。

転職エージェントは企業側の採用担当者と直接やりとりしていますので、

企業のカルチャーや職場環境、採用後の待遇について応募前に教えてもらうことができますよ。

↓また、「採用側が求めている人物像」や、「重要視している経験」など、

求人票には掲載されていない隠れた採用ニーズについてもエージェントは教えてくれます。

  • この企業は、こういう能力を重要視しているので、志望動機にはこの文言をいれましょう。
  • この採用担当者はこういう好みがあります。なので、面接でこの質問が来たら、こう答えると良いです。

といったように、転職エージェントはあなたの採用確率を高めるために具体的なアドバイスをしてくれますよ。

転職エージェントは完全無料で使うことができます(エージェントにお金を払っているのは採用活動を行っている企業側です)

最短で好条件の転職を成功させたい方は、以下で紹介するような転職エージェントを活用するようにしましょう。

※なお、リクナビNEXTのオファーメールを使えば、企業側からのオファーを待つかたちで転職活動をすることも可能です。

↑「まだ転職するかどうかはっきりとは決めていない」という方はこちらも活用してみてください。

おすすめの転職エージェント(無料)

リクルートエージェント

(リクルートエージェントは業界最大手の転職エージェントです)

パソナキャリア

(パソナキャリアには、誰もが名前を聞いたことがある超大手企業が多く求人登録しています)

マイナビエージェント

(マイナビエージェントは、20代の方の転職支援に定評があります)

就職Shop

(就職Shopは、第二新卒やフリーターの支援を専門にしているエージェント会社です)

 

Sponsored Links

-転職活動のノウハウ

Copyright© 現役の転職エージェントがこっそり教える転職活動の進め方 , 2020 All Rights Reserved.