未分類

【鼻腔共鳴のやり方】できない場合はこれをチェック!高音・低音を美しく出すコツ

更新日:

鼻腔共鳴

  • 「ボイストレーニングで声を鼻に響かせて出しなさいと言われたけれど、どういうこと?」
  • 「鼻腔共鳴ってどうすればできるの?」
  • 「鼻腔共鳴すれば高音や低音を美しく出せる?」

今回はこうしたお悩みにお答えします。

発声練習で、先生から「声を鼻に響かせなさい」と言われることってありますよね。

これを「鼻腔共鳴」といいますが、これをするには声の方向を上向きにするのがポイントです。

しかし、鼻腔共鳴できるようになったからといって高音を出せるわけではありません。

どういうことなのか、詳しく解説します。

鼻腔共鳴のやり方

「鼻腔共鳴」とは、簡単に言うと「声を鼻に響かせること」です。

よく歌の教室でうまくきれいな声が出せない時、「鼻に響くように」と先生が言うことがありますね。

声を鼻に響かせるには、「声の方向を上に持っていく」のが大切なのです。

鼻腔共鳴のコツは「声を上向きに出す」こと

鼻腔共鳴できるようにするコツは、「声を上の方向に出す」よう意識することです。

当然ですが、鼻って口の上にありますよね?

だから声をまっすぐ前に出すのではなく、やや上に向かせると鼻に響かせやすくなります。

声を上に向かせるには、上に向くよう意識すると共に鼻からも息を出すようにすると良いでしょう。

どうすれば鼻腔共鳴できていると分かるのか

声を出した時、「鼻が振動している気がする」「鼻の中に声がこだましている感じがする」のであればできています。

「鼻腔共鳴」は「鼻にも声が響いている」状態のこと。

そのため「声が鼻の中にも響いているな」と感じるのであれば、「鼻腔共鳴できている」と言えるのです。

感じ方は個人差があるでしょうが、ともあれ「鼻がジーンと震えている感じがする」ことを基準にしてみて下さいね。

鼻腔共鳴ができても高音は出せない!?

「高音を出すには鼻腔共鳴をできるようにしよう」という話はよく聞きますよね。

しかし、実を言うと高音発声と鼻腔共鳴は関係ありません。

つまり、「鼻腔共鳴出来るようになったからといって高音を出せるわけではない」のです。

それは一体どういうことなのでしょうか。

高音を出す「鼻腔共鳴」とはあくまで声量が増えるイメージ

実は、「鼻腔共鳴」とは「声を大きく・遠くに届かせるためのイメージ」でしかありません。

先生は「大きく・遠くに響くようにすれば高音も出るだろう」という意味で、「鼻に響かせて」と言っているのです。

要するに、「鼻腔共鳴」と「高音発声」は直接関係ないということ。

「鼻腔共鳴」出来るようになったからといって、必ず高音が出せるとは限りません。

もし「鼻腔共鳴」できなくても大丈夫

ですから、「色々言われたけれど、どうやっても鼻腔共鳴なんかできない!」という方も気にしなくて大丈夫。

それは先生の「鼻腔共鳴」というイメージがあなたに合っていないだけなのです。

その上無理に鼻腔共鳴すると鼻声になってしまい、歌声としてはあまりよろしくありません。

必ずしも鼻腔共鳴をマスターする必要はないため、気楽に声を出してみましょう。

まとめ

鼻腔共鳴のやり方と高音との関係について解説しました。

声というのは喉から口を通って出るものなので、鼻を意識しすぎると鼻声になってしまいます。

ボイストレーニングは自分に合ったイメージで行うのが一番でしょう。

-未分類

Copyright© 転職のサザンクロス , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.