転職活動のノウハウ

36歳で転職は無理?成功する人・失敗する人の違いと就職活動のポイント

※このページは 3 分で読めます。

36歳 転職 無理

(36際以降の人でも転職は無理ではありません。ただし、20代のときとは企業側から求められているポイントが違うことを知っておかないと、失敗する可能性が高いです)

  • 36歳で転職は無理?正社員の求人はない?
  • 事務職の正社員は35歳が限界?
  • ハローワークの早期就職支援制度を使っても書類審査にすら通らない…。これって自分に問題がある?

↑このようにお悩みの30代の方は少なくないでしょう。

転職市場では34歳〜35歳を境界にして、企業側が転職希望者に求めることが微妙に変化します。

そのため、36歳以降の年齢の人が、20代のころと同じ考え方で転職活動をしてしまうと、なかなかうまくいかないのが現実です。

逆に言えば、あなたが「30代以降の人に求められること」をきちんと理解した上で書類審査や面接にチャレンジすれば、他の転職希望者に大きな差をつけられるということでもありますね。

この記事では、36歳以上の年齢の方が、転職活動を成功させるためのポイントについて具体的に解説します。

転職活動がなかなかうまくいかない…とお悩みの方は、ぜひ参考にしてみてください。

「36歳で転職は無理」をくつがえす!転職成功のポイント3つ

↓36歳以上の方が転職活動を成功させるために、以下の3つのポイントを押さえて転職活動を始めましょう。

36歳以上の人の転職活動の要点

  • ①可能な限り、在職中に転職活動を始めること
  • ②30代の転職活動では「なんでもやります!」は絶対にNG
  • ③ハローワークよりも転職サイトを使う(30代以降は特に)

それぞれの項目について順番に解説します。

①可能な限り、在職中に転職活動を始めること

↓現在在職中で、仕事を辞めることを検討している人の中には、以下のようにお考えの方も多いかもしれません。

「退職してしばらくは失業保険をもらってゆっくりして、心と体の整理をしてから転職活動を始めようか…」

しかし、結論から言うとこれはおすすめしません。

(すでに離職してしまった後の方は仕方ありませんが、もしあなたが現在在職中なら、この考え方は選択肢から外しましょう)

もしあなたが現在在職中であるなら、転職活動は退職前に始めるのが鉄則です。

企業側は、失業中の人というのを基本的に低く評価する傾向があります。

面接では「在職中に転職活動をしなかったのはなぜですか?」という質問が必ずきますし、無計画にアクションを起こすタイプの人という印象を与えてしまう可能性があります。

次のページへ >

まだムダで苦しいだけの仕事に人生の大切な時間を使うのですか?

  • 大嫌いな上司・先輩・同僚…。
  • 時間のムダで何のメリットもない社内のコミュニケーション…。
  • 不当に安い給料でこき使われる。
  • ゴマすりが上手なだけで、ろくに働いていないくても評価される人たち。

↑いつまで、こんな「ムダで苦しいだけの会社」で働き続けますか?

あなたを正当に評価してくれる、楽しみながら仕事ができるホワイトな会社は世の中にたくさんあります。

多くの人が「情報を制限されている」というたった1つのことが原因で、理想の会社に出会えていないのです。

ぜひこちらのサイトに無料登録して、情報をゲットしてみてください。

↓お金が発生することなんてことは最初から最後までいっさいありません。完全無料です。変な連絡もいっさい来ません。あなたのリスクはゼロです。

  • 「今とまったく同じ仕事内容」なのに、年収が100万円多くなったら?
  • この仕事こそが自分の仕事」と胸をはって言える仕事に出会えたら?
  • 職場の人たちが大好き。本当の仲間」と思える環境で働けたら?

早い者勝ちです。明日にはなくなっているかもしれません。

-転職活動のノウハウ

Copyright© 転職と副業のサザンクロス , 2020 All Rights Reserved.