転職エージェントの使い方

転職エージェントに一次面接辞退を伝えるには?理由とメール例文

  • 転職エージェントから紹介された求人だけど、一次面接を辞退したい…。
  • 一次面接を受けてみた結果として「ここはない」と感じたらどうすればいい?
  • 自分から応募した場合に辞退したらやっぱり嫌な顔をされる?
  • メールで辞退を伝えるときにはどう書けばいい?例文は?

転職エージェントとの面談の場では「いいかも」と思えた求人でも、

よく見直してみたら「やっぱりちょっと…」ということってありますよね。

この記事では、転職エージェント経由で応募した求人で、

一次面接の前後のタイミングで応募を辞退したい場合にはどのようにしたらいいのか?について解説いたします。

>>メールで辞退を伝える場合の例文はこちら(この記事の下部にジャンプします)

「一次面接で辞退される可能性があること」は転職エージェントも覚悟している

転職エージェント 一次面接 辞退

(転職エージェント経由で応募した求人の一次面接を辞退したい…。どうする?)

まず、そもそも一次面接で辞退された場合に、

転職エージェント側がどういう気持ちになるものなのか?について説明します。

エージェントの側からすると、自分がおすすめした求人を辞退されてしまうことは、自分の力不足を痛感するタイミングです。

(エージェントの仕事は、求職者さんにベストマッチの求人を紹介することですから)

しかし、転職はあなたの人生を大きく動かす選択です。

私たちエージェントも辞退される可能性があることは視野に入れていますので、転職エージェントの立場からすると辞退される時に嫌な気持ちになったりすることはないといってもいいでしょう。

辞退したら怒りだすエージェントもいる?

応募したいといったのは自分だから、辞退したら怒られるかも…

と不安を感じているまじめな方もひょっとしたらいらっしゃるかもしれません。

こういうときに怒りだすようなエージェントも中に入るのかもしれませんが、

そういうエージェントははっきり言ってあまりレベルが高くないので、今後は使わないでいいと思いますよ。

Sponsored Links

ミスマッチが生じてしまったことは、エージェントに責任があります。

自分のミスをたなにあげて求職者の責任を追及するようでは、エージェントとしてはまだまだ未熟といわざるをえないでしょう。

>>担当エージェントがダメダメだった場合の対処法はこちら

一次面接で「ここは違う」と明確になることは望ましいこと

むしろ一次面接前後で「ここは違う」ということが明確にわかることは望ましいことです。

これによって求職者(つまりあなた)の希望条件やキャリアのイメージがより明確になるからです。

ちゃんとした転職エージェントなら、辞退を受けた段階で、

この人はこの求人はNGだった。ということは、この条件がだめということかな?

それならこっちの会社の方がいいかも。

といったように、次の選択肢を提示することを考えるものです。

一次面接を辞退して、担当エージェントがどのような反応をしてくるか?をよく観察すると、そのエージェントの実力や性格がよくわかるということもありますね。

(上でも解説したように、辞退されて逆ギレしだすようなエージェントはレベルがとても低いです)

辞退はなるべく早く伝えるのが親切

ただ、辞退するのであれば少しでも早く教えてくれるとありがたいですね。

辞退されること自体はまったく問題ないのですが、エージェントとしては企業にお手数をおかけしたことのお詫びを入れる必要があるからです。

転職エージェントにとって、企業との関係性を維持することはとても重要なことです。

Sponsored Links

なので、辞退をしたいのであれば、早めに伝えてもらえるのががエージェントとしてはありがいです。

転職エージェントに選考辞退を伝える方法(例文)

以下では、転職エージェントに対して一次面接での辞退を伝えるときの例文を紹介します。

メールで伝える場合はこのままコピペで送信してもらっても大丈夫ですので、活用してみてください。

メールで辞退を伝える場合の例文1

「先日はありがとうございました。○○社の一次面接を受けた後ですが、数社一次面接を受け、比較検討した結果、どうしても優先順位が下がってしまうため、申し訳ありませんが○○社に選考は辞退できればと思っております。優先順位が下がってしまう理由は、自分のやりがい業務内容の部分です。いろいろとご調整頂いたにも関わらず申し訳ありませんが宜しくお願いします。」

メールで辞退を伝える場合の例文2

「先日はありがとうございました。○○社の一次面接を受けて、自分の希望する会社の社風や考え方に合っていない印象を受けてしまいました。今回こそは最後の転職にしたいと考えており、慎重に活動したいと思っております。少しでも懸念があれば、入社してから後悔してしまうかもしれないので、申し訳ありませんが○○社の選考は辞退致します。活動は積極的にしていきますので、引き続き宜しくお願い致します。」

電話で辞退を伝える場合の例文

「先日はありがとうございました。○○社の面接を受けてからよく考えたのですが、選考の結果がどうであれ申し訳ありませんが辞退したいと思っています。他の選考企業と比較し、自分の希望に離れていたことが理由です。面接の準備や企業とのスケジュール調整など頂いたにも関わらず申し訳ありませんが、宜しくお願い致します。」

思ったような求人を紹介してもらえない場合の対処法

今の転職エージェントに不満がある…という方は、

ひょっとするとそもそもそのエージェントの得意分野と、あなたの希望職種や業界がマッチしていないのかもしれません。

エージェントには、それぞれ得意分野と不得意分野があるものです。

人事や財務経理といった管理部門の求人を得意にしているエージェント会社もあれば、営業職に特化しているエージェント会社もあります。

また、30代以上の管理職経験者の転職支援が得意なエージェント会社もあれば、第二新卒や20代の人の転職支援だけをやっているエージェント会社もあります。

重要なことは、あなたの属性にベストマッチの転職エージェント会社を選ぶことです。

大手エージェント会社と中小規模のエージェント会社の違い

エージェント会社にも「大手企業」と「中小企業」があります。

大手エージェントというのは、たとえばリクルートエージェントや、マイナビエージェントといったところですね。

これら大手エージェントの特徴は、なんといっても紹介してもらえる求人が圧倒的に多いということです。

業種・業界をとわずたくさんの求人を持っていますので、

まだ希望する職種や業界が明確には決まっていないという方は、大手エージェントを使って可能な限りたくさんの選択肢を見せてもらうのが良いでしょう。

中小規模エージェントは「得意分野」で選ぼう

一方で、中小規模のエージェントは、20代・第二新卒特化型とか、経理財務などの管理部門特化型とかいったように、「こういう求人には強い」という得意分野を強く打ち出しているのが特徴です。

なので、すでに「こういう職種をやってみたい」というのが決まっている人や、

「実務経験を生かして、これまでと同業種で転職したい」という方の場合は、自分に合った中小規模エージェントを使うのがおすすめです。

↓20代、第二新卒の方にはハタラクティブがおすすめです。

別のエージェント会社を使うことも選択肢に入れてみよう

一次面接を辞退するということは、紹介してもらった求人があきらかにマッチしていなかったということでもあります。

なので、別のエージェント会社に変えることも選択肢の一つに入れてみるのが良いでしょう。

なお、エージェント会社は2社以上を同時進行で使ってもまったく問題ありません。

エージェント側も求職者が複数のエージェントを使っていることは常識として理解していますし、複数使うことでそれぞれの良いところ・悪いところがわかるという面もあります。

エージェントとの性格的な合う・合わないは必ずあるものです。

なので、エージェント会社は1つにしぼるのではなく、

いろんなところを使ってみて自分に一番合うところを使う」という使い方がおすすめですよ。

仕事や人間関係がしんどいブラック企業で働きたくない人へ

(ブラック企業でつらい働き方をしたくない人へ)

 

いま働いている人もこれから働く人も、ブラック企業で働きたくないなら、

情報リサーチはしっかり行うようにしてください。

具体的には、

  • いま世の中にはどういう仕事があるのか?
  • どういう仕事が年収が高いのか?
  • 今の自分にはどういう選択肢があるのか?

について、常に情報アンテナを張っておくことが大切です。

↓情報リサーチには以下のような転職サイトを使うと便利です。

無料で使えるサイトなので、活用してみてください。

管理人

リクルートエージェント

リクルートエージェント

最大手の転職サイト!25万件以上の求人あり

リクルートエージェントは業界最大手の転職エージェント会社で、25万件以上もの求人が登録されています。
未経験者OKの大手企業の求人から、
実務経験者だけが応募できる高年収な求人まで、たくさんの求人があります。
きっとあなたの希望にあった会社を見つけることができますよ。

↑転職サイトで無料アカウントを作って、

年収や職種などの希望条件を入力しておくと、マッチする最新求人が出るたびにメールで通知してもらえます。

(企業側からのオファーメール例)

↑こんな感じで企業側から

オファーメールが来たりもします。

管理人

普段からこういう転職サイトの情報を見る習慣をつけておくと、

「今の仕事がもしどうしても嫌になったら、別の仕事もある」という選択肢を持つことができます。

こういういい意味での「逃げ道」を作っておくと精神的安定につながります。

(会社の上司や先輩からどやされても「なんかせまい世界でえらそうにしてるなー」ぐらいに流せるようになりますよ)

いま失業中の人も、自分で探していたらまず気づけなかったような

意外な仕事の紹介が来たりするので、自分の可能性に気づけますよ。

まずは無料アカウントを作って、いろいろ求人検索してみましょう。

世の中には本当にいろんな仕事があるんだな…って驚かれると思いますよ。

転職の方向性が見えてきたらエージェントとの面談も使ってみよう

(転職意思が固まってきたらエージェントとの面談も検討しましょう)

 

転職サイトで日常的に情報リサーチして、ある程度転職活動の方向性が見えてきたら、

転職エージェントと無料面談してアドバイスを受けてみるのもおすすめです(無料で使えます)

転職エージェントは、実際に企業をまわって情報を集めていますので、

↓以下のように転職サイトを見ているだけではなかなかわからない情報を教えてくれます。

  • 企業の社風や職場の実際の雰囲気
  • 配属される予定の部署の男女比率や年齢構成
  • 残業時間の具体的な数字(月ごと・日ごとの時間数)
  • 過去3年間のボーナス支給額の実績値など

↑こういう情報を求人に応募する前に教えてもらえるのが大きいです。

転職サイトで見ていたら良さそうだったので面接を受けてみたけど、

実際に会社を訪問してみたらなんかちがった…ってよくありますが、

こういう時間のロスを省くことができるようになりますよ。

転職エージェントは無料で相談できますので、

ぜひ活用しましょう。

管理人

もっとも、いきなり転職エージェントと面談するのはハードルが高い…と感じる人も多いでしょう。

なので、まずは転職サイトで無料アカウントを作っておき、

いろんな求人を見てみることから始めるのがいいと思います。

なにごともまずはしっかり情報収集することから始めるのが大切です。

企業との年収交渉を自分でやってはいけない理由

(年収交渉は自分でやるよりエージェントに代行してもらう方がうまくいきます)

 

他にも、転職エージェントは企業側とあなたの間に入って、あなたが採用されやすくなるようにいろいろ調整してくれます。

(面接アポイントの調整や応募書類の添削・面接対策など)

年収交渉なんかも代わりにやってくれますので、

ちょっとでも良い条件で入社したい人はエージェントを活用しましょう。

こういうのって自分で交渉するのはとても難しいですからね。

さらにいうと、入社時にあんまり熱心に年収交渉を自力でやってしまうと、

金にがめつい人というイメージを持たれてしまう可能性もあります。

転職先の社風にもよりますが、これは基本的にマイナス評価にしかなりませんので避けておくのが無難ですね。

転職エージェントが完全無料で使える理由

なお、転職エージェントはすべて無料で使えます。

転職エージェントって企業側が支払う紹介手数料で運営されていますので、私たち求職者側は無料で使うことができるんです。

1円でもお金を請求されることはありませんので、

安心して使うことができますよ。

管理人

↓まずは無料アカウントを作って求人検索から始めてみてください。

(リクルートエージェントは最大手の転職エージェント会社です)

\ 高年収の求人多数あり!/

無料登録して求人を見てみる

※ メールアドレスがない人はこちら(GoogleのgmailYahooメール)から無料で作れます。




Sponsored Links

-転職エージェントの使い方

Copyright© 転職と副業のサザンクロス , 2021 All Rights Reserved.