Sponsored Links

転職エージェントの使い方

転職エージェントに一次面接辞退を伝えるには?理由とメール例文

  • 転職エージェントから紹介された求人だけど、一次面接を辞退したい…。
  • 一次面接を受けてみた結果として「ここはない」と感じたらどうすればいい?
  • 自分から応募した場合に辞退したらやっぱり嫌な顔をされる?
  • メールで辞退を伝えるときにはどう書けばいい?例文は?

転職エージェントとの面談の場では「いいかも」と思えた求人でも、

よく見直してみたら「やっぱりちょっと…」ということってありますよね。

この記事では、転職エージェント経由で応募した求人で、

一次面接の前後のタイミングで応募を辞退したい場合にはどのようにしたらいいのか?について解説いたします。

>>メールで辞退を伝える場合の例文はこちら(この記事の下部にジャンプします)

Sponsored Links

「一次面接で辞退される可能性があること」は転職エージェントも覚悟している

転職エージェント 一次面接 辞退

(転職エージェント経由で応募した求人の一次面接を辞退したい…。どうする?)

まず、そもそも一次面接で辞退された場合に、

転職エージェント側がどういう気持ちになるものなのか?について説明します。

エージェントの側からすると、自分がおすすめした求人を辞退されてしまうことは、自分の力不足を痛感するタイミングです。

(エージェントの仕事は、求職者さんにベストマッチの求人を紹介することですから)

しかし、転職はあなたの人生を大きく動かす選択です。

私たちエージェントも辞退される可能性があることは視野に入れていますので、転職エージェントの立場からすると辞退される時に嫌な気持ちになったりすることはないといってもいいでしょう。

辞退したら怒りだすエージェントもいる?

応募したいといったのは自分だから、辞退したら怒られるかも…

と不安を感じているまじめな方もひょっとしたらいらっしゃるかもしれません。

こういうときに怒りだすようなエージェントも中に入るのかもしれませんが、

そういうエージェントははっきり言ってあまりレベルが高くないので、今後は使わないでいいと思いますよ。

ミスマッチが生じてしまったことは、エージェントに責任があります。

自分のミスをたなにあげて求職者の責任を追及するようでは、エージェントとしてはまだまだ未熟といわざるをえないでしょう。

>>担当エージェントがダメダメだった場合の対処法はこちら

一次面接で「ここは違う」と明確になることは望ましいこと

むしろ一次面接前後で「ここは違う」ということが明確にわかることは望ましいことです。

これによって求職者(つまりあなた)の希望条件やキャリアのイメージがより明確になるからです。

ちゃんとした転職エージェントなら、辞退を受けた段階で、

この人はこの求人はNGだった。ということは、この条件がだめということかな?

それならこっちの会社の方がいいかも。

といったように、次の選択肢を提示することを考えるものです。

一次面接を辞退して、担当エージェントがどのような反応をしてくるか?をよく観察すると、そのエージェントの実力や性格がよくわかるということもありますね。

(上でも解説したように、辞退されて逆ギレしだすようなエージェントはレベルがとても低いです)

辞退はなるべく早く伝えるのが親切

ただ、辞退するのであれば少しでも早く教えてくれるとありがたいですね。

辞退されること自体はまったく問題ないのですが、エージェントとしては企業にお手数をおかけしたことのお詫びを入れる必要があるからです。

転職エージェントにとって、企業との関係性を維持することはとても重要なことです。

なので、辞退をしたいのであれば、早めに伝えてもらえるのががエージェントとしてはありがいです。

転職エージェントに選考辞退を伝える方法(例文)

以下では、転職エージェントに対して一次面接での辞退を伝えるときの例文を紹介します。

メールで伝える場合はこのままコピペで送信してもらっても大丈夫ですので、活用してみてください。

メールで辞退を伝える場合の例文1

「先日はありがとうございました。○○社の一次面接を受けた後ですが、数社一次面接を受け、比較検討した結果、どうしても優先順位が下がってしまうため、申し訳ありませんが○○社に選考は辞退できればと思っております。優先順位が下がってしまう理由は、自分のやりがい業務内容の部分です。いろいろとご調整頂いたにも関わらず申し訳ありませんが宜しくお願いします。」

メールで辞退を伝える場合の例文2

「先日はありがとうございました。○○社の一次面接を受けて、自分の希望する会社の社風や考え方に合っていない印象を受けてしまいました。今回こそは最後の転職にしたいと考えており、慎重に活動したいと思っております。少しでも懸念があれば、入社してから後悔してしまうかもしれないので、申し訳ありませんが○○社の選考は辞退致します。活動は積極的にしていきますので、引き続き宜しくお願い致します。」

電話で辞退を伝える場合の例文

「先日はありがとうございました。○○社の面接を受けてからよく考えたのですが、選考の結果がどうであれ申し訳ありませんが辞退したいと思っています。他の選考企業と比較し、自分の希望に離れていたことが理由です。面接の準備や企業とのスケジュール調整など頂いたにも関わらず申し訳ありませんが、宜しくお願い致します。」

思ったような求人を紹介してもらえない場合の対処法

今の転職エージェントに不満がある…という方は、

ひょっとするとそもそもそのエージェントの得意分野と、あなたの希望職種や業界がマッチしていないのかもしれません。

エージェントには、それぞれ得意分野と不得意分野があるものです。

人事や財務経理といった管理部門の求人を得意にしているエージェント会社もあれば、営業職に特化しているエージェント会社もあります。

また、30代以上の管理職経験者の転職支援が得意なエージェント会社もあれば、第二新卒や20代の人の転職支援だけをやっているエージェント会社もあります。

重要なことは、あなたの属性にベストマッチの転職エージェント会社を選ぶことです。

Sponsored Links

大手エージェント会社と中小規模のエージェント会社の違い

エージェント会社にも「大手企業」と「中小企業」があります。

大手エージェントというのは、たとえばリクルートエージェントや、マイナビエージェントといったところですね。

これら大手エージェントの特徴は、なんといっても紹介してもらえる求人が圧倒的に多いということです。

業種・業界をとわずたくさんの求人を持っていますので、

まだ希望する職種や業界が明確には決まっていないという方は、大手エージェントを使って可能な限りたくさんの選択肢を見せてもらうのが良いでしょう。

中小規模エージェントは「得意分野」で選ぼう

一方で、中小規模のエージェントは、20代・第二新卒特化型とか、経理財務などの管理部門特化型とかいったように、「こういう求人には強い」という得意分野を強く打ち出しているのが特徴です。

なので、すでに「こういう職種をやってみたい」というのが決まっている人や、

「実務経験を生かして、これまでと同業種で転職したい」という方の場合は、自分に合った中小規模エージェントを使うのがおすすめです。

↓20代、第二新卒の方にはハタラクティブがおすすめです。

別のエージェント会社を使うことも選択肢に入れてみよう

一次面接を辞退するということは、紹介してもらった求人があきらかにマッチしていなかったということでもあります。

なので、別のエージェント会社に変えることも選択肢の一つに入れてみるのが良いでしょう。

なお、エージェント会社は2社以上を同時進行で使ってもまったく問題ありません。

エージェント側も求職者が複数のエージェントを使っていることは常識として理解していますし、複数使うことでそれぞれの良いところ・悪いところがわかるという面もあります。

エージェントとの性格的な合う・合わないは必ずあるものです。

なので、エージェント会社は1つにしぼるのではなく、

いろんなところを使ってみて自分に一番合うところを使う」という使い方がおすすめですよ。

※「転職活動はめんどくさい…」という方へ。

読者様

毎日、家に帰ってきたらもうヘトヘトです…。

自宅のパソコンに電源をつける元気すらない。

転職活動とかほんとに無理なんですけど。

転職活動は「求人を探したり、電話で面接のアポ取りをしたり…」となかなか大変ですよね。

でも、転職活動は下手をすると「その後のあなたの人生を決める重要な活動」になりますから、いいかげんなかたちで進めてしまうことは避けないといけません。

管理人

読者様

そりゃまあわかってます。自分の人生ですから。

でも現実問題として、今の日常が忙しすぎて、転職活動なんてやってる余裕がないんですよ…。

わかります。私も20代の頃はずっとブラック企業で働いていたので。

「転職活動は負担やストレスが大きすぎる」と感じている方は、転職エージェント(無料)を活用しましょう。

転職エージェントはあなたの代わりに、あなたにマッチした求人を探してきて、採用担当者との面接までセッティングしてくれます。

管理人

エージェントとのやりとりは基本的に全部メールでできるので、そんなにめんどくさいことはないですよ(面接も義務ではありません。普通に断ってOK)

企業の人事採用担当者との面接日程の調整や、年収交渉といった面倒なことは、エージェントがすべて無料で代行してくれます。

\ 20代の方におすすめの転職エージェント!/

おすすめの転職エージェントはこちら!

転職エージェントって本当に無料?なぜ無料?

読者様

そりゃ緊張する企業側との電話のやりとりとか、年収交渉とか、めんどくさいことを代わりにやってくれるなら助かりますよ。

でも、こういうのってお金かかったりするじゃないですか?

給料が低いのがつらくて転職したいのに、転職活動そのものにお金がかかってしまうなら、本末転倒もいいところなんですけど。

ご心配なく。私たち労働者側は、転職エージェントを最初から最後まで無料で使えます。

転職エージェントにお金を払っているのは採用活動を行っている企業側だけなので、

私たち労働者側は、最初から最後まで転職エージェントを無料で使うことができるんです。

管理人

転職エージェントを使うデメリットは?

読者様

求人を探してきてくれて、面接のアポ取りもやってくれて、年収交渉もしてくれる…。

ほんとにこれで無料ですか?…逆に怪しいです。

転職エージェントを使って転職活動することに、何かデメリットとかないんでしょうか?

そうですね。転職エージェントを使って転職活動することのデメリットをあえて挙げるとすると、

初回の相談で転職エージェントと面談(20分ぐらい)をしないといけないことぐらいでしょうか。

アカの他人に仕事のことを相談するなんて、なんだか緊張しますよね。

ただ、この面談というのは、エージェント側とあなたのキャリアプランについてイメージのすり合わせをする上でとても大切な手続きなんです。

管理人

エージェントとの初回の面談をしっかりやっておくかどうかによって、転職活動の成功・失敗が決まるといっても過言ではないぐらいです。

ここだけはしっかりやっておけば、あとはエージェントがあなたの希望に沿った求人を探してきてくれて、企業側の面接までセッティングしてくれます。

今どき「転職活動のために履歴書を手書きで書いて、緊張しながら電話して…」なんて誰もやってませんよ。

面接のアポイントや、年収交渉といった面倒なことは、転職エージェントが全部無料で代わりにやってくれます。

管理人

これから転職活動を始める人は、転職エージェントを活用しよう

(転職活動を始めるなら無料で使える転職エージェントを活用しましょう)

よくあるお悩み

  • 転職活動なんて何から始めていいのかよくわからない。
  • 学生時代以来、求職活動なんてもう何年もやっていない…。
  • 転職サイトはちょこちょこ見ているけど、どの求人もなんだか同じに見える。
  • 「うちは家族的な社風です!」とか、どうせ嘘だろ…って思ってしまう。
  • とにかく給料が安すぎ。こんなんで生活していくなんて無理なんだけど…。

↑こんな悩みをお持ちの方は、転職エージェントを使うことも検討して見てください。

転職エージェントというのは、あなたの代わりに、あなたの職歴に最適な求人を探してきてくれるサービスです(無料で使えます)

WEBやSNSを使い慣れている20代〜30代前半の方の多くは、転職活動をエージェントを使って行うようになっていますよ。

管理人

他人に転職の相談するなんて緊張する…」という方もいらっしゃるかもしれませんが、

エージェントとのやりとりは基本的に「サイト経由+メール」なので、実際に顔を合わせる機会はそれほど多くありません。

管理人

↓転職エージェントは、あなたの代わりに以下のようなことをやってくれます。

エージェントがやってくれること

  • あなたの職歴や実務経験から見て、最適な求人(少しでも年収が高く、内定が出る可能性の高い求人)をプロの目で見て選別してくれます。
  • あなたの代わりに、採用活動を行う企業側と年収の交渉をしてくれます。
  • 企業の人事担当者との面接日程の調整などのめんどうなスケジュール調整を全部やってくれます。
  • 書類審査のための応募書類の添削をしてくれます。
  • 面接の事前対策をしてくれます(面接に同席してくれるエージェントもいます)

特に、現在も在職中の方は、終業後に転職活動をするというのはストレスがとても大きいですよね。

仕事でヘトヘトになって帰ってきて、そこからパソコンを立ち上げて、ハローワークや転職サイトの情報を探して…なんて、やる気になれないのが当たり前です。

めんどくさいことは転職活動のプロであるエージェントに丸投げして、もっと大切なことに集中しましょう(本当に自分がやりたい仕事はなんなのか?など)

転職エージェントにお金を払っているのは、人を採用したい企業側だけなので、私たち求職者は最初から最後まで完全無料で使うことができますよ。

管理人

当サイト管理人おすすめの転職エージェント

(おすすめの転職エージェント会社を紹介します)

↓転職エージェント会社は、それぞれの会社で扱っている求人に特徴があります。

  • 20代の人向けの求人が得意なエージェント会社
  • 営業マン向けの求人が得意なエージェント会社
  • 税理士や会計士など専門職の求人が得意なエージェント会社

…といった具合ですね。

重要なことは、あなた自身の状況に合わせて最適なエージェント会社を使い分けることです。

どこも無料で使えますので、「1社だけを使う!」というのではなく、

最低でも2社〜3社に登録しておいて、「自分と相性の良いところを使っていく(できれば使い倒す)」という使い方がおすすめです。

当サイトの管理人が実際に使ってみて「こういう人にはここがおすすめ!」といえる転職エージェント会社を紹介します。

管理人

マイナビエージェント(20代の方におすすめ)

(マイナビエージェントは、20代の方におすすめの転職エージェントです)

大手企業〜ベンチャーまで!未経験者OKの求人多数あり

マイナビエージェントは、20代の方におすすめの転職エージェント会社です(無料)
三井住友銀行や農林中央金庫などの「ザ・大手企業」という会社から、最先端のITベンチャーまで、幅広く優良企業の求人があります。
未経験20代の方でも年収550万円など、好条件で働ける求人を見つけることができますよ。

就職Shop(フリーター脱出したい人におすすめ)

就職Shopはリクルートが運営する最大手の第二新卒専門エージェントです)

フリーター・ニート脱出したい方におすすめ!書類選考なし求人多数あり

就職Shopは、フリーター・ニートの方の転職支援に特化しているエージェントです(無料)
最大の特徴は「書類選考なしで面接に進める求人が多数登録されていることです。学歴や職歴に自信がない方も安心して使えますよ。
若手向けの求人は「紹介される仕事は営業だけ…」ということが多いですよね。
就職Shopは転職大手のリクルートが運営していますので、経理や財務、人事などの事務系職種もたくさん紹介してもらえます。

Sponsored Links

-転職エージェントの使い方

Copyright© 現役の転職エージェントがこっそり教える転職活動の進め方 , 2020 All Rights Reserved.