コールセンターの転職体験談

コールセンターの面接で聞かれること8個!質問と回答返答例を解説

コールセンター 面接 聞かれること

(コールセンターの面接で聞かれることの多い質問とは?)

  • コールセンターの面接で聞かれることってどんなこと?
  • チェックされているのはどんなところ?未経験者は?
  • 高評価になる返答の例文を知っておきたい!

コールセンターの面接で聞かれることってどんなことでしょうか?

以下では、コールセンターオペレーターの仕事に応募する方向けに、

面接でよく聞かれること8個とその回答例を紹介します。

ぜひ参考にしてみて下さい。

この記事を書いた人

中途採用でコールセンター勤務10年目。
現場のオペレーターを経てSV業務を担当しています。
現場の全員がワークライフバランス重視で働けるよう奮闘中。

好条件なコールセンター求人がなかなか見つからない方へ!

おそらく「探す場所」でミスってる可能性大です。

コールセンターの求人に強い転職サイトで探すようにしましょう。

ハロワに頼るとかブラック一直線なので注意して下さいね。

↓良質なコールセンター求人が多数ある無料転職サイトです。

求人検索で探してみてください。

(現時点で求人263件あり)

※ 求人をすべて見るには無料登録が必要です。

体験談の投稿者

\ 好条件求人多数あり!/

無料登録して求人を見てみる

コールセンターの面接で聞かれる質問8個と回答の例文

コールセンターの面接で聞かれることの多い質問としては、

↓以下のようなものが挙げられます。

1. 志望動機はなんですか?(なぜコールセンターで働こうと思ったのですか?)

この質問はコールセンターで真面目に勤務するのか測る意図があります。

明確な志望動機があれば、それだけ真剣に働こうという意思があると言えるからです。

この質問の回答では、コールセンターでなくても当てはまる志望動機はNGです。

残業が少ないから、時給が高いからだけでは、コールセンター以外の仕事でも募集はあります。

そのため、やる気が垣間見える回答が歓迎されます。

具体的な回答事例

私は、交渉スキル・提案スキルを伸ばしたいと考えコールセンターを志望しました。

これまでの仕事でも交渉や提案は行っておりましたが、対面でのセールスに限られていました。

さらにスキルを伸ばすため、コールセンターの「声だけでの営業」に強い興味を持っています。

交渉や提案のスキルを伸ばし、御社に貢献していきたいです。

【ブラック企業落ちに注意】コールセンター転職前にチェックしとくべきたった1つのこと

2. これまでの仕事で電話を使った経験がありますか?

この質問は応募時点でどの程度電話に慣れているか測る意図があります。

前職で電話対応の経験があれば、相手の顔が見えない電話対応に多少慣れていると考えることができます。

この質問に対しては、電話対応の経験が無いにも関わらず、あると嘘をつくことはNGです。

実力以上のものがあると思わせて期待を裏切ってしまう結果になりかねません。

電話対応経験が無い場合は、正直に伝えやる気をアピールしましょう。

前職では、一般事務として一次受けの電話対応を行っておりました。

お客様の状況をヒアリングして、折り返し電話をすべきか、伝言を伝えるべきか諸々判断して対応した経験があります。

事務経験を通じてパソコンの扱いにも慣れておりますので、コールセンター業務で貢献できると考えています。

3. 接客のお仕事の経験はありますか?

この質問は会話慣れしているかどうかを測る意図があります。

接客の仕事は臨機応変な対応や相手へ配慮しながら話すことが求められるため、接客経験がある人はコールセンターでも臨機応変な対応ができると考えられます。

この質問に接客経験がないと言い切ってしまうのはNGです。

会話に慣れていないのではないかと捉えられてしまいます。

「接客」でなくても、社内の人とのコミュニケーションや折衝経験など対人経験がアピールできるものでカバーしましょう。

過去にカフェ店員として3年ほど働いていましたので、人との会話スキルには自信があります。

お客様が何を求めているかヒアリングを重ね適切な商品を提案して喜んでもらいました。

コールセンターのお仕事ではお客様のニーズを聞き取り、提案することが重要になるかと思いますので、前職での経験を活かすことができればと考えています。

【ブラック落ちには要注意】コールセンターで働きたい人が注意すべきたった1つのこと

4. クレームに対応した経験はありますか?

この質問はクレームへの耐性と臨機応変な対応ができるか測る意図があります。

クレーム対応の経験があるということは、クレームを処理するために柔軟な対応ができると考えられます。

また、クレームに対するストレス耐性があると評価されます。

この質問で避けたい回答としては、クレーム対応がないと言い切ってしまうのはNGです。

クレーム対応がないと言い切るとストレス耐性や臨機応変な対応ができない人だと思われてしまうからです。

この場合は、ストレス耐性がある話か、臨機応変な対応をした経験を伝えてカバーしましょう。

これまでにクレーム対応の経験はありません。

ただ、前職の営業職ではお客様からかなり厳しい要求がくることもありました。

具体的には、お客様から「値下げができないか」という交渉を受けることが多かったです。

こうした際に「期間を短くする形で費用を抑えてはどうか」など別の形での提案をするなど、工夫して対応した経験があります。

上司と相談しながら解決策を考えて提示し、契約を取るといったことをしてきましたので、対応力には自信があります。

5. 数値目標に対して、仕事で頑張った経験はありますか?

この質問は数値目標のプレッシャー耐性を測る意図があります。

コールセンターでは個人の成績が張り出される等、数値目標が課されるため、業務上のプレッシャーに耐えられるかどうかをこの質問で判断します。

この質問で気を付けたいポイントは、「ありません」とだけ回答するということです。

数値を意識せず漫然と仕事をする人だと評価されてしまいます。

数値目標を追った経験がなくても、自分がやっていた仕事を数値化してアピールするといいでしょう。

ノルマなどの形で数値目標を課された経験は今までにありません。

ただ、前職では業務効率化を推進して効率化前と比較して作業時間を約50%削減することができました。

こうした業務改善の経験から、どうしたら目標数値に届くか?を考えながら仕事をしてきた経験があります。

6. タイピングのスピードはどれくらいですか?

この質問はコールセンター業務に付随する入力業務にどの程度対応できるか測る意図があります。

コールセンターでは、電話対応以外にお客様とのやり取りを記録する「ログ」というレポートを残す事が多々あります。

その際にログを作成するスピードがあまりに遅いと仕事にならないので、面接で極端に入力が遅くないかチェックしています。

この質問で言ってはいけないことは、あまり早くありませんとだけ答えることです。

単純に入力スピードが遅いと業務に支障が出るので不採用になります。

今遅くても練習をしているとアピールするといいでしょう。

自宅でタイピング練習を毎日欠かさず続けております。

現在は1分間に80文字~100文字程度の速度で入力ができるようになりました。

この調子でスピードアップをして実務レベルでも早く入力ができるように頑張ります。

【ブラック企業落ちに注意】コールセンター転職前にチェックしとくべきたった1つのこと

7. WordやExcelはどのぐらい使えますか?

この質問はPCスキルがどの程度あるか測る意図があります。

コールセンターでは、電話だけでなくExcel等のツールも使うため、どの程度のレベルで使えるかチェックします。

この質問に「使えません」と回答するのはNGです。

仕事で必要なツールを全く使えないと認識されて不合格になってしまいます。

たとえ、ExcelやWordを使ったことが無くても、最低限の入力操作などは「できる」と応えておきましょう。

もし現時点で操作がまったくできない人でも、30分も練習すればできるようになりますよ。

難しいエクセル関数などの機能についてはまだ勉強中なのですが、基本的な入力等であれば問題なく対応できます。

8. 最後に、何か聞きたいことはありますか?(面接官側からの逆質問)

この質問は就業意欲や熱意を測る意図があります。

これから自分が働く職場でどんな環境か分からないにも関わらず質問がないと働く意欲が弱いと判断されます。

逆にいくつか質問をすることで、職場に対する興味があると見てもらうことができます。

この質問でやってはいけないことは、福利厚生や休日などの事を聞くことです。

コールセンターで働きたいと面接を受けているのに、手当や休みの事を聞くとやる気がないと思われます。

職場の雰囲気や就業までにやること、活躍するために必要なことなどを質問するといいでしょう。

少しでも早く御社に貢献できるよう努力したいと考えております。

研修終了後、どのくらいの期間で初成約を目指すなど、目標や目安はありますか?

ホワイト企業のコールセンターで働きたい人へ

(人間関係がよく給料も高いホワイト企業のコールセンターで働くには?)

 

少しでも職場環境の良いコールセンターで働きたい人は、

応募する会社をまちがえないように注意してください。

コールセンターって、

正直に言ってブラックとホワイトの差が激しい仕事なんです。

(ブラックにまちがえて入社すると地獄…)

給料高けりゃどこでもいい!ではなく、

給料も人間関係もホワイトな会社に応募しないとめっちゃ後悔しますよ。

ブラックな会社の求人を最初から応募候補に入れないことが大切です。

情報リサーチをしっかりと行い、

応募する求人をしぼりこむようにしてください。

コールセンターの求人を探すときには、

コールセンター業界に強い転職サイトを使いましょう。

最新のホワイト求人をもれなくチェックすることができます。

体験談の投稿者

以下のような転職サイトで無料アカウントを作っておきましょう。

優良企業のコールセンター求人が出るたびに

↓情報が更新されるので見落としがなくなりますよ。

(今すぐ転職する気はない人も情報収集に使えます)

マイナビエージェント

ホワイト求人探すならここ!

マイナビエージェントは転職大手のマイナビが運営する転職サイトです。
鉄板の大手サイトなので、転職活動が初めての人も使いやすいですよ。
20代未経験で年収400万円〜の求人や、
実務経験者限定の高年収800万円〜、
在宅勤務OKのリモートワーク求人、
将来の幹部候補として入社できる求人など、好条件な求人が多数あります。

転職サイトにはいろんなところがありますが、

コールセンター求人ってピンキリなので、

必ずコールセンターの求人に強い転職サイト

で求人を探さないとダメです。

体験談の投稿者

転職活動ってどこで求人を探すか?で、

勝者/敗者が決まるといっても過言ではありません。

どんなに優秀な人でも、求人を探す場所をまちがえてしまうと

ブラックな会社にしか応募できません。

好条件な求人は人気なのでライバルもいます。

少なくとも情報リサーチではライバルに負けないようにしましょう。

求人探しに使うべきなのはコールセンター求人に強い転職サイトです。

↓例えば以下のような求人を見つけることができますよ。

  • 一緒に働く人の90%以上が未経験入社の求人
  • 未経験でも月給35万円スタートの求人
  • ノルマやクレームがゼロの受電コールセンター求人
  • 在宅勤務OKのコールセンター求人
  • インセンティブ報酬ありのテレアポ求人

(コールセンター求人の例)

(コールセンター求人の例)

(コールセンター求人の例)

(コールセンター求人の例)

(コールセンター求人の例)

\ ホワイト企業で働こう!コールセンター求人多数あり/

無料登録して求人を見てみる

転職サイトで無料アカウントを作る際に、

希望の勤務地や年収額などをしっかりと入力しておきましょう。

マッチする求人が出るたびにメールで自動通知してもらえます。

↑この希望条件の入力をちゃんとやらない人が意外に多いんです。

差がつくのはこういうところですね。

なお、転職サイトは今すぐは転職できない人も使えますよ。

>>無料アカウントを作っておく(無料)

体験談の投稿者

普段から転職サイトで求人情報をこまめにチェックするくせをつけましょう。

これをやっていると「今の職場がどうしてもしんどくなったら、別の選択肢(転職)もある」と気付けます。

いい意味での逃げ道をつくることができるんですね。

これは精神衛生上とても大きいです。

転職サイトって完全無料で使えますしいつでも利用をやめられます。

変な連絡が来ることもないのでリスクはゼロですよ。

このブログを読んでくださるあなたは、

ぜひ転職活動を成功させてください。

ストレスの小さいワイト職場で、

しかも給料が高いコールセンターの仕事をつかみとってくださいね。

↓まずは情報リサーチから始めましょう。

転職サイトは今すぐ転職できない人も使えますよ。

優良求人を見逃さないようにするため、

忙しい人も無料アカウント登録だけは早めにやっておきましょう。

体験談の投稿者

(コールセンター求人に強い転職サイトでホワイト求人を探しましょう)

\ めざせホワイト高年収!コールセンター求人を見る/

無料登録して求人を見てみる

-コールセンターの転職体験談

Copyright© 転職と副業のサザンクロス , 2022 All Rights Reserved.