大学職員の転職体験談

大学職員になりたい人へ!中途採用の自己PRの書き方(例文あり)

大学職員 自己PR

(大学職員になるための自己PRのポイントは?)

  • 大学職員になるための自己PRは?
  • 一般企業での職務経歴は評価してもらえる?
  • 例文や模範解答は?どういう内容で話すべき?

この記事では、大学事務職員の採用面接における自己PRのしかたを解説します。

これから大学職員への転職を目指す人は参考にしてみて下さい。

この記事を書いた人

新卒で電気メーカー就職→国立大学職員に転職(教務課で3年)
その後、私立大に転職し経理・研究支援・補助金業務を担当。転職時には国立大2校と私大1校で内定。大学職員の転職方法を解説します。

大学職員の自己PRの書き方(中途採用の場合)

大学職員 自己PR

(大学職員になるための自己PR例文を紹介位します)

 

大学職員は人気の職業ですからライバルもいます。

自分の強みをただ正直に語るだけではなかなか受かりません。

ポイントは具体的に語ることです。

自分の強みが、大学職員の仕事でどのように役立つのか?

相手がイメージできるようにアピールするようにしましょう。

体験談の投稿者

大学職員の仕事は未経験だから、

アピールできる能力なんてない…。

↑このように感じる方もおられるかもしれませんが、大丈夫です。

前職で得た経験や能力を大学職員向けに言い換えることで合格を狙うことは可能ですよ。

例文1. 異なる立場の人をまとめる調整力をアピールする自己PR

前職の営業職ではお客様のニーズに耳を傾け、

会社の利益と擦り合わせながら提案をすることを徹底的に指導されました。

前職を通じて学ぶことができた調整力を活かし、大学事務を牽引する存在になりたいです。

大学職員に求められる大きな役割は、複数の教員や部署の意見を擦り合わせ、ひとつの方向を向かせることです。

例えば新しい学部を設置するとしましょう。

学部のポリシーやカリキュラムを決めるには、様々な考えを持つ教員陣をまとめるだけでは足りません。

受験生の需要や産業界の要望や国からの補助金など、

さまざまなニーズを落とし込む必要があります。

そのためには、様々な人の意見を聞いて理解することが大切です。

大きな視点を持ち、多方面と交渉する能力が必要になるのです。

>>ホワイト職場で働きたい!高年収な大学職員になりたい人へ

例文2. 現状を把握し解決策を模索する分析力をアピールする自己PR

少子化が進む中、大学間の競争に生き残るためには、大学の現状を分析できる人材が必要です。

Sponsored Links

他大学と比較して自大学の強みと弱みを把握し、個性を打ち出すことが重要です。

特に中途採用者には即戦力として求められる能力なので、前職での経験をストーリーにして伝えましょう。

「前職ではクライアントに綿密なヒアリングを行い、同業他社と比較分析し、課題解決に繋がる提案を行ってきました。
そのような分析力を活かして、他大学との差別化を図りたいです。

例文3. 周りを巻き込むリーダーシップをアピールする自己PR

前職では複数の部署にまたがるプロジェクトで、チームリーダーを担当した経験があります。

大学事務のお仕事でも、

産学連携や地域貢献など複数の当事者が関わる業務に取り組みたいと思っています。

大学間の競争が増す中、大学改革を先頭に立って推進できる人材が求められています。

受験生から選ばれる大学になるため、大学の特色を打ち出すには、教員や複数の部署を巻き込む力が必要です。

また国からの補助金獲得のためには、社会的要請の高い課題への挑戦や地域社会への貢献等、大学が一丸となってチャレンジしなくてはなりません。

中途採用者の方は、実務経験に基づいた具体的なエピソードを話すことで、新卒者と差をつけられるでしょう。

>>ホワイト職場で働きたい!高年収な大学職員になりたい人へ

例文4. 業務を改善する向上心をアピールする自己PR

前職の総務事務職では、データ作成や資料作りといった仕事で常にミスを防ぐ仕組みや効率化を意識して改善を心がけてきました。

担当させていただく職務において、

常に改善点がないか検討して、向上心を持って取り組みたいと思っています。

大学を分析し改革することも、これからの大学職員にとって大きな役割ですが、普段の業務の半分以上は事務仕事になります。

学生のデータを管理したり、会議資料を準備したりと一見地味な仕事を、常に改善の余地がないか考えながら、正しく適切に効率よくこなすことが重要です。

特に中途採用者で前職が事務ではない場合、事務仕事をつまらなく感じるのではないかと思われることがあります。

日々の積み重ねの業務をないがしろにせず、地道に改善を重ねられるという姿勢をアピールすると良いでしょう。

例文5. PCスキルや英語力、資格等のスキルをアピールする自己PR

イギリスに2年間の留学経験があり英語が得意です。

留学生や外国人教員の方への対応で貢献できると考えています。

また外国大学との連携に強い関心を持っておりますので、この分野にもぜひ挑戦させていただきたいです。

大学職員に歓迎される資格やスキルを紹介します。

まず、大学職員は学生の成績や個人情報等膨大なデータを扱う機会が多いので、エクセルの関数やアクセス等のPCスキルがあると重宝されます。

コロナ渦でオンライン授業に対応する際も強みになるでしょう。

また国際化が必須の大学業界では、TOEICやTOEFL等の英語力も評価されます。

他には簿記を持っていると、会計や財務課で役立つでしょう。

ホワイト職場で働きたい!高年収な大学職員になりたい人へ

(ホワイト高年収な大学職員になりたい人は、情報リサーチでライバルに負けないようにしないといけません)

 

これから大学職員を目指す人は、

転職先の候補にする大学(学校法人)をまちがえないように注意しましょう。

大学職員といえどもブラックで激務な職場もあります。

大学職員ならどこでもいい!ではなく、

しっかりと応募求人をしぼりこまないとダメなんですね。

ブラック大学の求人を応募候補に入れないことが大切ですよ。

そのためには、情報リサーチをしっかり行うようにしてください。

具体的には大学職員など事務職の求人に強い転職サイトを使い、

最新の大学職員求人をもれなくチェックすることが大切です。

以下のような転職サイトで無料アカウントを作っておきましょう。

大学職員の最新求人が出るたびに

↓情報が更新されるので見落としがなくなりますよ。

(今すぐ転職する気がない人も情報収集に使えます)

体験談の投稿者

マイナビエージェント

高年収な優良求人が絶対見つかる!(無料転職サイト)

マイナビエージェントは個人的に最もおすすめな転職サイトです。
未経験から高年収を目指せる求人から、
実務経験者限定のクローズド求人まで、
好条件なホワイト求人をたくさん見つけることができますよ。
無料で使える鉄板の大手転職サイトなので、転職活動が初めてな人も安心です。

転職サイトにはいろんなところがあります。

大学職員の求人はレアなので、

必ずワークライフバランス型の事務職求人に強い転職サイト

で求人を探さないとダメです。

体験談の投稿者

求人を探す場所をまちがえてしまうとライバルに情報量で負けてしまうので注意してください。

大学職員は人気職種です。

情報リサーチでは絶対にライバルに負けないようにしないといけません。

使うべきは事務職求人に強い転職サイトです。

↓こちらの転職サイトでは、

たとえば以下のような求人を見つけることができますよ。

  • 東京大学・京都大学など超有名大学の事務職求人
  • 未経験でも年収400万円スタートの求人
  • 年収900万円を狙える有名私立大学求人
  • 第二新卒・社会人経験なしでも積極採用の求人
  • 将来の幹部候補として入職できる大学求人
  • ワークライフバランス重視の求人

>>現在募集中!最新の大学職員求人を見てみる

転職サイトで無料アカウントを作る際に、

希望の勤務地や年収額などをしっかりと入力しておきましょう。

マッチする大学求人が出るたびにメールで自動通知してもらえます。

↑この希望条件の入力をちゃんとやらない人が意外に多いんです。

差がつくのはこういうところですね。

なお、転職サイトは今すぐは転職できない人も使えますよ。

>>無料アカウントを作っておく(無料)

体験談の投稿者

普段から転職サイトで求人情報をこまめにチェックするくせをつけましょう。

これをやっていると「今の職場がどうしてもしんどくなったら、

別の選択肢(大学職員への転職)もある」と気付けます。

いい意味での逃げ道をつくることができるんですね。

これは精神衛生上とても大きいです。

転職サイトって完全無料で使えますしいつでも利用をやめられます。

変な連絡が来ることもないのでリスクはゼロですよ。

このブログを読んでくださるあなたは、

ぜひ転職活動を成功させて高年収な大学職員の職をつかみとってください。

↓転職サイトを活用し、情報リサーチでライバルに差をつけましょう。

体験談の投稿者

(転職サイトで最新の大学職員求人の情報をゲットしましょう)

\ めざせ高年収!大学職員の求人を見る/

無料登録して求人を見てみる




Sponsored Links

-大学職員の転職体験談

Copyright© 転職と副業のサザンクロス , 2022 All Rights Reserved.