Sponsored Links

大学職員の転職体験談

大学職員は勝ち組ホワイト待遇?高給取り?現役職員が実態暴露

大学職員 勝ち組

(大学職員=勝ち組職種って本当?)

  • 大学職員は勝ち組?
  • 事務職なのに高級取りになれる理由は?
  • ホワイトで働きやすい職場って本当?

大学職員というと「ホワイトな勝ち組職種」として

良いイメージをお持ちの方も多いかもしれません。

実際、大学職員はワークライフバランスよく働けて、

一般的な事務職よりも年収は良い方です。

大学がつぶれることはほぼないので、

雇用も安定しています。

体験談の投稿者

もちろん、どんな仕事でもメリット/デメリットはありますし、

配属された職場に合う/合わないもあるでしょう。

それでも、この仕事はいったん入職してしまえば、

かなり有利な立場になれることは間違いないです。

(人によってはそれを「勝ち組」と呼ぶのかもしれません)

以下、大学職員として実際に働いている者として、

この仕事の実態を赤裸々にお教えします。

これから大学職員への転職を目指している方は、ぜひ参考にしてみて下さいね。

この記事を書いた人

新卒で電気メーカー就職→国立大学職員に転職(教務課で3年)
その後、私立大に転職し経理・研究支援・補助金業務を担当。転職時には国立大2校と私大1校で内定。大学職員の転職方法を解説します。

大学職員が「勝ち組」と言われる理由4個

大学職員の仕事が勝ち組と言われる理由としては、

↓おおまかにわけて以下の4つを挙げることができるでしょう。

1. 一般事務職と比べて高給取り(年収が高い)

私大職員の給与がどのくらいかご存知でしょうか?

以下は私が働いている

「都内に2つキャンパスがある都市部の大学」の例です。

学生数5000名超

教職員数350名(教員200名、職員150名)

ほどの中規模大学だと思っておいてください。

この規模の大学職員なら、

未経験採用1年目で300万円~340万円ぐらい、

3年〜5年ほどの勤務で年収380万円~440万円ぐらいでしょう。

↑どうでしょう?

正直、別にそんな高くはないですよね。

ただ、これはあくまでも「若手職員のころ」の話です。

大学職員って経験15〜20年ぐらいの

管理職になると一気に高年収になるんです。

昇格の早い人ですと、35歳ぐらいになると管理職になる人もいます。

未経験からの採用ですと、

Sponsored Links

15年~20年ほど経過したところで管理職になるのが一般的でしょう。

管理職の年収は年齢にもよりますが、

900万円を超えるなんてケースもあります。

私がはじめて管理職になったときには、

年収が一気に1.5倍に増えてびっくりした経験があります。

>>ただし「大学職員になりさえすれば…」みたいな転職をすると、こんな地獄を見ることになりますので注意してください

2. ワークライフバランス重視で働ける

私が思う、大学職員は勝ち組だなと感じる点は、この待遇の良さにあります!

もちろん、年末から年度末にかけて、また年度初めなどは入試、卒業式、入学式など繁忙期を迎え、非常に忙しい毎日となります。

しかし、一日の労働の中で完結できる程度の仕事量ですから、それほど残業が多くなることはありません。

数日残業が続いたという経験はありますが、それでも1か月20時間以内には収まるのです。

休日出勤は大学の行事や入試などの影響により、勤務を余儀なくさせられることは多々ありますが、とはいえ必ず振替休日をとることになっていますので、ホワイトな職場といえます。

このような勤務実態ですので、子育てや家族との生活時間を充実させたい方にお勧めです。

>>ホワイト高年収な大学職員になりたい人が絶対に知っておくべきたった1つのこと

3. クビになることがほぼなく雇用が安定している

大学業界はこれから少子化による人口減が響き、大学経営は非常に厳しいということを良く耳にします。

しかし、私は半分正解で、半分誤りだと思っています。

人口減によりかなり大学経営が厳しくなるのは間違いありませんが、

公共法人である大学は学生が存在する限り経営難に陥ったとしても行政がつぶすようなことはしないからです。

そのため、たとえば地方の無名大学などでは、多少の淘汰が生じる可能性があるものの、それでも合併など何らかの形で生き残るでしょう。

つまり一大学が完全消滅するような(つぶれる)ことはほぼ無いと思っていただいて良いのです。

公務員に近い存在が私大職員であり、公務員と同様に雇用も安定しているのです。

ただし、国立大学の職員は雇用の安定はありますが、

年収が低いので、狙うなら有名私大、特に首都圏などの都心にある私大職員が理想的といえるでしょう。

4. ノルマなどが無く落ち着いた環境で働ける

私の勤務先では、良い意味でも悪い意味でも年功序列です。

かなり落ち着いた環境で働くことができています。

ただ、出世競争はかなり激しくありますよ。

課長になりたい、部長になりたい、

↑このようなレベルのものもありますし、

理事や学長補佐になりたいなど、私の勤務先では色々な動きがあるのです。

もちろん全員ではありませんが、男性職員の大半はそのように考えているのではないでしょうか。

こんなにホワイトで良い環境がそろった職場なのですが、

出世争いの場面を見るたびに人間の性なのかなと感じてしまいます。

ただ、私の職場のようにこの程度の競争原理が働いている方が、

健全な経営が保たれるということなのだろうと実感しています。

実際に私の勤務先の職員のうち6割(90名ほど)が女性で、

こうした出世競争に興味のある人は皆無です。

残り4割(60名ほど)が男性ですが、

このうちのおよそ7割は昇級・昇格に関心を寄せていると思います。

公務員の世界も同じだと思いますが、

少しでも自分が良い環境で仕事をするためのポジションを求め争うことは、大学職員も同じですね。

【ブラック職場に注意】大学職員への転職で気をつけるべきたった1つのこと

(ホワイト高年収な大学職員になりたい人へ)

 

これから大学職員を目指す人は、

転職する大学(職場)をまちがえないように注意してください。

大学職員って実はブラックな職場ホワイトな職場の差が激しいんです。

↓同じ大学職員でも、

  1. ブラックな職場で安い給料でしんどい働き方をしている人
  2. ホワイトな職場でワークライフバランスと高年収を実現している人

↑この2種類いるのが現実なんですね。

大学職員になれるならどこでもいい…

ではなく、しっかりと応募先の大学をしぼりこまないとダメなんですね。

私も経験があるんですが、

「とりあえず大学職員になれたらどこでもいいや…」

↑みたいな感じで転職活動すると、

ほんと地獄を見ることになりますよ。

(私はまちがえてブラック職場に入ってしまい、

その後に別の大学に転職しました。

今思うと、ほんと無駄な時間と労力でした)

体験談の投稿者

せっかく大学職員に転職するなら、

ワークライフバランスが良くお給料も平均より高い職場(大学)で働きましょう。

大学職員目指すなら、ここだけは絶対にこだわってください。

ブラックな大学にまちがえて入ってしまうと、

まじで人生の一定期間をドブに捨てることになりますんで。

お金ってたくさん稼げるに越したことないですからね。

大学職員などの「事務職の求人に強い転職サイト」で求人を探すのがコツ

(大学職員など「事務職の求人」に強い転職サイトで情報リサーチしましょう)

ホワイトな大学職員になりたい人は、

大学職員など事務職の求人に強い転職サイトを使って

求人を探すのが良いです。

大学職員って人気職種なんで、ライバルもいます。

求人探しの情報量で負けないようにしないとだめですよ。

事務職求人に強い転職サイトなら、

↓たとえば以下のような大学職員の求人を見つけることができますよ。

>>現在募集中!大学職員求人を見てみる

↓この他にも、以下のような感じの大学職員の求人があります。

大学職員ってどこで求人を探すか?

がめっちゃくちゃ大事なのでくれぐれも注意して下さいね。

(ハロワとかで探すとブラックに入ってしまう可能性代)

体験談の投稿者

  • 東京大学・京都大学など超有名大学の事務職求人
  • 未経験でも年収400万円スタートの求人
  • 年収900万円を狙える有名私立大学求人
  • 第二新卒・社会人経験なしでも積極採用の求人
  • 将来の幹部候補として入職できる大学求人
  • ワークライフバランス重視の求人

\ ホワイトな大学職員求人多数あり!/

無料登録して求人を見てみる

↑こちらは大学職員など事務職求人に強い転職サイトです。

無料で使えるサイトですので、

情報リサーチに活用しましょう。

無料アカウントを作ると実際の求人で年収を見られます)

体験談の投稿者

今すぐ転職するかどうかはわからないという人も、

転職サイトの無料アカウントは作っておきましょう。

サイト内で希望年収などを入力しておくと、

マッチする大学事務求人が出るたびに通知してもらえるので見逃しがくなります。

大学職員の求人って早い者勝ちなので、

情報リサーチでライバルに負けないようにしないとダメです。

↑こういうのって精神的に余裕のあるうちにやっとく方が良いです。

日常の疲労やストレスが限界になると、

転職サイトに登録するという簡単な作業でもやる気がなくなるからです。

(そうなるといつまで経っても苦しい状況から抜け出せなくなります)

あと、普段から転職サイトで求人情報を

こまめにチェックするくせをつけておくと、

今の環境がどうしてもしんどくなったら、別の選択肢(転職)もある

と気付けるのが重要なんですよね。

いい意味での逃げ道を普段から作っとくのが大事ですよ。

転職サイトにはいろんなところがありますが、

大学職員はホワイトとブラックの差が激しいので、

必ず大学職員など事務職求人に強い転職サイトで求人を探すようにしてください。

大学職員は求人を探す場所をまちがえてしまうと、

地獄のような環境のブラック職場で搾取されることになります。

私も経験ありますが、まじで寿命がちぢまりますよ。

このブログを最後まで読んでくださったあなたは

ぜひ転職活動を成功させ、

ホワイトな大学職員として

ワークライフバランスを維持しつつ高年収

になってください。

体験談の投稿者

↓まずはあせらず情報リサーチから始めましょう。

情報量でライバルに差をつけるのが大事ですよ。

(転職サイトは大学職員求人に強いところを使う)

(転職サイトで最新の大学職員求人の情報をゲットしましょう)

\ めざせ高年収!大学職員の求人を見る/

無料登録して求人を見てみる




Sponsored Links

-大学職員の転職体験談

Copyright© 転職と副業のサザンクロス , 2022 All Rights Reserved.