大学職員の転職体験談

大学職員に転職するメリット・デメリット!ホワイト職場って本当?

大学職員 メリット

(大学職員として働くメリットとは?)

  • 大学職員に転職するメリットは?
  • デメリットもある?ブラックな大学もあるの?
  • 平均年収は高い?何年目でどのぐらい稼げる?

世の中にはいろんな仕事がありますが、

あえて大学職員という仕事を選ぶメリットってどんなことでしょう?

この記事では、大学職員として働くことのメリット・デメリットをまとめてみました。

ネット上にはいろんな口コミがあると思いますが、

以下は実際に大学職員としてかなり長く働いている人間としての意見です。

よければ参考にしてみて下さい。

この記事を書いた人

新卒で電気メーカー就職→国立大学職員に転職(教務課で3年)
その後、私立大に転職し経理・研究支援・補助金業務を担当。転職時には国立大2校と私大1校で内定。大学職員の転職方法を解説します。

大学職員に転職するメリット・デメリット

大学職員 メリット

(大学職員に転職するメリット・デメリットを現役職員が解説)

大学職員に転職することには、

↓以下のようなメリット・デメリットがあります。

体験談の投稿者

1. 社会的信用が高い(国立大学職員はみなし公務員)

大学職員は社会的信用が高い職業といえます。

特に、国立大学の職員は給与や待遇面が公務員に準拠した「みなし公務員」として扱われます。

(そのため、国立大学職員は基本的に解雇されることがありません)

将来にわたって安定した収入が見込まれるため、

社会的信用が得やすい職業といえるでしょう。

安定した収入が見込めることは人生でとても大切です。

将来の人生設計(結婚や子育てなど)が立てやすくなるほか、

クレジットカードや住宅ローン等の審査にも有利に働くことは大きなメリットですね。

【デメリット】仕事を通じて身につくスキルが微妙?

一方で、大学職員は一般企業では当たり前に行われている業務に触れることが基本的にありません(営業やマーケティングなど)

そのため、大学職員として長年働いても、

習得できるスキルの範囲はそこまで広いものではありません。

将来的に一般企業への転職をしたくなった場合などに苦労する人面もあるかもしれませんね。

>>しっかりとスキルの身につく大学職員として働きたい人へ

2. 雇用安定で福利厚生も充実している

大学職員は福利厚生がとても充実しています。

一般的な年次有給休暇のほか、

夏季休暇、病気休暇、介護休暇など、

充実した休暇制度が設けられています。

また、多くの大学では職員のレクレーション活動が行われています。

職員同士の交流が盛んなところが多いですね。

私が勤務した大学では、

フットサルやソフトボール、テニス、バドミントンなどの

学内大会が行われていました。

Sponsored Links

体験談の投稿者

給与面ではどうでしょうか。

参考までに、職員数1,000人規模の国立大学で勤務した私の年収推移をまとめると、

↓以下のようになります。

  • 経験1年目
    年収350〜400万円前後
  • 経験3〜5年目
    年収500万円前後

すごく高い方ではありませんが、事務職としてはまずまずという感じですね。

これで雇用完全安定・福利厚生充実の落ち着いた環境で働けるなら、

メリットが大きいと感じる方は多いのではないでしょうか。

なお、同じ大学職員でも、

国立大学と私立大学ではかなり待遇が違うので注意してください。

特に、私立大学の中でも

学生に人気な有名私立大学の場合、

かなり年収も高くなります。

体験談の投稿者

【デメリット】若いうちは優秀でも給料が安い?

大学職員は基本的に右肩上がりで給料は上がっていきますが、

裏を返せばある程度年齢を重ねないとインパクトのある金額にはなりません。

若いうちから稼ぐのには適していない職業であることは頭に入れておく必要があるでしょう。

>>年齢20代から高年収な大学職員になりたい人へ

3. 大学のキャンパスで仕事ができる

大学職員は一般的なオフィスではなく「大学のキャンパス」が職場となります。

学生に囲まれた環境はとても活気があり、若返った気分になります。

また、キャンパス内にある施設は基本的に職員も利用できることから、

体育館や図書館などを利用している職員も多いです。

このようなメリットを受けることができるのは大学職員ならではですね。

【デメリット】大学外部の人とのやりとりが少ない

ただ、大学職員は大学内部のやり取りで完結する仕事が多いため、

外部の人と接する機会がさほど多くありません。

企業同士で業務のつながりを持つことの多い一般企業と比較すると、

自身の成長のきっかけを得るチャンスは少ないかもしれません。

>>しっかりとスキルの身につく大学職員として働きたい人へ

4. ノルマがない

大学職員は民間企業とは異なり、

営業成績等のノルマに追われることがありません。

数字のプレッシャーに追われることがなく、

落ち着いて働ける環境が整っていることは大学職員の大きなメリットといえるでしょう。

【デメリット】優秀な人もそうでない人も同じ評価…になりがち

一方で、勤務成績が数字で表せないため、

優秀な人もそうでない人も、同等の評価になりやすいです。

どれだけ仕事を頑張ったとしても、

必ずしも評価に結びつかないことはデメリットといえるでしょう。

ホワイト職場で働きたい!高年収な大学職員になりたい人へ

(ホワイト高年収な大学職員になりたい人は、情報リサーチでライバルに負けないようにしないといけません)

 

これから大学職員を目指す人は、

転職先の候補にする大学(学校法人)をまちがえないように注意しましょう。

大学職員といえどもブラックで激務な職場もあります。

大学職員ならどこでもいい!ではなく、

しっかりと応募求人をしぼりこまないとダメなんですね。

ブラック大学の求人を応募候補に入れないことが大切ですよ。

そのためには、情報リサーチをしっかり行うようにしてください。

具体的には大学職員など事務職の求人に強い転職サイトを使い、

最新の大学職員求人をもれなくチェックすることが大切です。

以下のような転職サイトで無料アカウントを作っておきましょう。

大学職員の最新求人が出るたびに

↓情報が更新されるので見落としがなくなりますよ。

(今すぐ転職する気がない人も情報収集に使えます)

体験談の投稿者

マイナビエージェント

高年収な優良求人が絶対見つかる!(無料転職サイト)

マイナビエージェントは個人的に最もおすすめな転職サイトです。
未経験から高年収を目指せる求人から、
実務経験者限定のクローズド求人まで、
好条件なホワイト求人をたくさん見つけることができますよ。
無料で使える鉄板の大手転職サイトなので、転職活動が初めてな人も安心です。

転職サイトにはいろんなところがあります。

大学職員の求人はレアなので、

必ずワークライフバランス型の事務職求人に強い転職サイト

で求人を探さないとダメです。

体験談の投稿者

求人を探す場所をまちがえてしまうとライバルに情報量で負けてしまうので注意してください。

大学職員は人気職種です。

情報リサーチでは絶対にライバルに負けないようにしないといけません。

使うべきは事務職求人に強い転職サイトです。

↓こちらの転職サイトでは、

たとえば以下のような求人を見つけることができますよ。

  • 東京大学・京都大学など超有名大学の事務職求人
  • 未経験でも年収400万円スタートの求人
  • 年収900万円を狙える有名私立大学求人
  • 第二新卒・社会人経験なしでも積極採用の求人
  • 将来の幹部候補として入職できる大学求人
  • ワークライフバランス重視の求人

>>現在募集中!最新の大学職員求人を見てみる

転職サイトで無料アカウントを作る際に、

希望の勤務地や年収額などをしっかりと入力しておきましょう。

マッチする大学求人が出るたびにメールで自動通知してもらえます。

↑この希望条件の入力をちゃんとやらない人が意外に多いんです。

差がつくのはこういうところですね。

なお、転職サイトは今すぐは転職できない人も使えますよ。

>>無料アカウントを作っておく(無料)

体験談の投稿者

普段から転職サイトで求人情報をこまめにチェックするくせをつけましょう。

これをやっていると「今の職場がどうしてもしんどくなったら、

別の選択肢(大学職員への転職)もある」と気付けます。

いい意味での逃げ道をつくることができるんですね。

これは精神衛生上とても大きいです。

転職サイトって完全無料で使えますしいつでも利用をやめられます。

変な連絡が来ることもないのでリスクはゼロですよ。

このブログを読んでくださるあなたは、

ぜひ転職活動を成功させて高年収な大学職員の職をつかみとってください。

↓転職サイトを活用し、情報リサーチでライバルに差をつけましょう。

体験談の投稿者

(転職サイトで最新の大学職員求人の情報をゲットしましょう)

\ めざせ高年収!大学職員の求人を見る/

無料登録して求人を見てみる




Sponsored Links

-大学職員の転職体験談

Copyright© 転職と副業のサザンクロス , 2022 All Rights Reserved.