大学職員の転職体験談

大学職員はやりがいがないって本当?仕事内容の魅力を現役職員が解説

大学職員 やりがい

(大学職員はやりがいがない?仕事の魅力を現役職員が解説)

  • 大学職員は仕事にやりがいがないって聞くけど本当?
  • やりがいを感じるのってどんなとき?
  • 学生と関わる仕事は楽しい?つまらない?

大学職員の職場は大学のキャンパスです。

大卒の人にとっては「慣れ親しんだ場所」で働けるので、

ハードルが低いと感じる方も多いかもしれませんね。

ただ逆にいうと、

仕事が楽すぎてやりがいがないのでは…?

↑こんな不安をお持ちの方もいるかもしれません。

体験談の投稿者

この記事では、大学職員の仕事でやりがいを感じる瞬間はどんなときか?

について私の実体験ベースでお話しします。

これから未経験で大学職員への転職を検討している方は参考にしてみて下さいね。

この記事を書いた人

新卒で電気メーカー就職→国立大学職員に転職(教務課で3年)
その後、私立大に転職し経理・研究支援・補助金業務を担当。転職時には国立大2校と私大1校で内定。大学職員の転職方法を解説します。

大学職員のやりがいを感じる仕事とは?

大学職員 やりがい

(大学職員が仕事をやりがいを感じる瞬間はどんなとき?)

 

大学職員の仕事をしていて

特にやりがいを感じる仕事内容としては、

↓以下のようなものを挙げることができます。

1. 学生をサポートする仕事

教務課や学生課などに配属されると、

大学に通う学生さんたちと直接やりとりをするのが仕事になります。

教務窓口での履修相談対応や、

就活中の学生さんへのキャリア支援がメイン業務です。

学生さんとのやりとりが好きな人は

やりがいを感じられる仕事だと思いますよ。

体験談の投稿者

成績不振の学生に履修登録の指導をしたり、

奨学金の書類をチェックしたりします。

直接的に学生と関わるので、もっとも「大学職員らしい仕事」と言えますね。

他にもエントリーシートを添削する等、学生さんの就活支援も重要業務です。

就活を応援した学生から内定報告があるととても嬉しいですよ。

卒業式の日に事務所に立ち寄り、改めてお礼を伝えてくれる学生さんもいます。

一生懸命向き合って良かったと思える瞬間です。

逆にいうと、一部の学生から理不尽なクレームを受ける…

みたいなこともときどきあります。

ただ、一般企業における対顧客対応に比べれば、

それほど大きなストレスではないかもしれませんね。

>>ホワイト職場で働きたい!高年収な私立大学職員になりたい人へ

2. 教員・研究者をサポートする仕事

大学で働く教員や研究者の方々をサポートするのも大学職員の仕事です。

先生方が教育や研究をしやすいように環境を整備したり、

研究のための補助金獲得にむけてサポートするなどが仕事内容になります。

Sponsored Links

こういう仕事は大学が職場でないと

なかなか経験できない仕事内容ですね。

教育現場を裏方として支えるという意味で、

やりがいを感じられると思いますよ。

体験談の投稿者

例えば、研究活動に必要な資金を研究者に助成する科研費事業です。

厳しい競争率を勝ち抜くため、研究者からの申請書類に目を通します。

誤字脱字のチェックや趣旨を理解しやすいかどうか確認を行うのは大学職員の仕事です。

何度か教員へフィードバックした後、採用された時には研究者と喜びを分かち合います。

大学の大きな使命である研究に貢献していると実感できますね。

一方、大学の教員の中には気難しい人もいます。

(私は初対面でいきなり怒鳴られたこともあります…)

ただ、大学に通った経験のある方は共感いただけるかと思いますが、

優秀な研究者というのはちょっと変わった人が多いんですよね。

こういう先生方からも信頼を得られるとやりがいを感じますし、

職員として職場のみんなからも頼りにされて株も上がりますよ。

3. 受験生を集める仕事(オープンキャンパスなど)

受験生や保護者、高校に大学をアピールする業務もやりがいのある仕事です。

例えば、オープンキャンパス等の校内イベント。

関係部署を巻き込んで成功させることは達成感があります。

学生スタッフと協力してイベントを運営するのは、自分も大学生に戻ったような気持ちにもなります。

イベントだけでなく、高校を訪問し大学を売り込んだり、

SNSやホームページで広報したりと、工夫や努力が問われます。

その結果が、受験者数という数字で表れるのも面白いですね。

挑戦しがいのある仕事と言えるでしょう。

また受験生から得られる試験料や入学金は、大学の大きな収入源です。

大学経営に直接貢献していると感じられます。

>>ホワイト職場で働きたい!高年収な私立大学職員になりたい人へ

4. 国からの補助金を獲得する仕事

私立大学の大きな収入源は、国からの補助金です。

その大半は学生数等の大学の規模で金額が決まるのですが、

施策誘導型の補助金もあります。

例えば、複数の学部をまたぐ学際的なプログラムの実施が補助金獲得の条件だったとします。

その場合、各学部の教員や教務課等、複数の利害関係者を調整します。

補助金獲得というゴールに向けて動いていくのが大学職員の役目です。

難しい仕事ですが、やりがいを感じる仕事ですよ。

5. 地域や社会に貢献する仕事

教育や研究成果を地域社会や産業界に還元することは、大学の役割の一つです。

私の大学では、地域住民に向けて社会人講座を開講しています。

教員や行政と協力して、地域の人に多く集まってもらえるとやりがいを感じます。

産学連携では研究者と民間企業の間に入り様々な調整をします。

一般企業での経験も活かせるので、特に転職者はやりがいを感じられるのではないでしょうか。

ホワイト職場で働きたい!高年収な大学職員になりたい人へ

(ホワイト高年収な大学職員になりたい人は、情報リサーチでライバルに負けないようにしないといけません)

 

これから大学職員を目指す人は、

転職先の候補にする大学(学校法人)をまちがえないように注意しましょう。

大学職員といえどもブラックで激務な職場もあります。

大学職員ならどこでもいい!ではなく、

しっかりと応募求人をしぼりこまないとダメなんですね。

ブラック大学の求人を応募候補に入れないことが大切ですよ。

そのためには、情報リサーチをしっかり行うようにしてください。

具体的には大学職員など事務職の求人に強い転職サイトを使い、

最新の大学職員求人をもれなくチェックすることが大切です。

以下のような転職サイトで無料アカウントを作っておきましょう。

大学職員の最新求人が出るたびに

↓情報が更新されるので見落としがなくなりますよ。

(今すぐ転職する気がない人も情報収集に使えます)

体験談の投稿者

マイナビエージェント

高年収な優良求人が絶対見つかる!(無料転職サイト)

マイナビエージェントは個人的に最もおすすめな転職サイトです。
未経験から高年収を目指せる求人から、
実務経験者限定のクローズド求人まで、
好条件なホワイト求人をたくさん見つけることができますよ。
無料で使える鉄板の大手転職サイトなので、転職活動が初めてな人も安心です。

転職サイトにはいろんなところがあります。

大学職員の求人はレアなので、

必ずワークライフバランス型の事務職求人に強い転職サイト

で求人を探さないとダメです。

体験談の投稿者

求人を探す場所をまちがえてしまうとライバルに情報量で負けてしまうので注意してください。

大学職員は人気職種です。

情報リサーチでは絶対にライバルに負けないようにしないといけません。

使うべきは事務職求人に強い転職サイトです。

↓こちらの転職サイトでは、

たとえば以下のような求人を見つけることができますよ。

  • 東京大学・京都大学など超有名大学の事務職求人
  • 未経験でも年収400万円スタートの求人
  • 年収900万円を狙える有名私立大学求人
  • 第二新卒・社会人経験なしでも積極採用の求人
  • 将来の幹部候補として入職できる大学求人
  • ワークライフバランス重視の求人

>>現在募集中!最新の大学職員求人を見てみる

転職サイトで無料アカウントを作る際に、

希望の勤務地や年収額などをしっかりと入力しておきましょう。

マッチする大学求人が出るたびにメールで自動通知してもらえます。

↑この希望条件の入力をちゃんとやらない人が意外に多いんです。

差がつくのはこういうところですね。

なお、転職サイトは今すぐは転職できない人も使えますよ。

>>無料アカウントを作っておく(無料)

体験談の投稿者

普段から転職サイトで求人情報をこまめにチェックするくせをつけましょう。

これをやっていると「今の職場がどうしてもしんどくなったら、

別の選択肢(大学職員への転職)もある」と気付けます。

いい意味での逃げ道をつくることができるんですね。

これは精神衛生上とても大きいです。

転職サイトって完全無料で使えますしいつでも利用をやめられます。

変な連絡が来ることもないのでリスクはゼロですよ。

このブログを読んでくださるあなたは、

ぜひ転職活動を成功させて高年収な大学職員の職をつかみとってください。

↓転職サイトを活用し、情報リサーチでライバルに差をつけましょう。

体験談の投稿者

(転職サイトで最新の大学職員求人の情報をゲットしましょう)

\ めざせ高年収!大学職員の求人を見る/

無料登録して求人を見てみる




Sponsored Links

-大学職員の転職体験談

Copyright© 転職と副業のサザンクロス , 2022 All Rights Reserved.