転職活動のノウハウ

フリーターから正社員は難しい?年齢高い・転職回数多くても成功する就活方法

Sponsored Links
  • フリーターから正社員になるのって難しい?
  • フリーターを脱出したい…。具体的に何をどうしたらいい?
  • 年齢的にすでに20代後半になってしまった。もう正社員になるのって難しい?
  • 新卒入社した会社を辞めてしまった…。就活のやり直しってできないの?
フリーターから正社員 難しい

(フリーターから正社員になるのは難しい?具体的な就活方法を解説します)

 

好きでフリーターや非正規をやっているわけではないのに、

なかなか正社員になれない…と悩んでいる方は少なくありません。

新卒の就活でうまくいった人はいいかもしれませんが、

入社した会社がどうしても合わなくてすぐやめてしまったという人もいらっしゃるでしょう。

年齢は20代後半以降、転職回数も多いので正社員になるのはもう難しいかも…。

と感じてしまっている方もおられるかもしれないですね。

ですが、結論から言うとフリーター期間が長くなっている人でも、

そこから正社員として採用されることは可能です。

年齢なんか関係なく、

未経験の業種業界に正社員として就職することは決して難しいことではありません。

重要なことは「就活のやり方」をまちがえないことです。

特に多いまちがいが、

大卒新卒の就活と同じようなやり方で就活してしまうことです。

フリーター期間が長くなっている人が、

新卒の就活と同じやり方で就活しても、まずうまくいかないので注意してください。

管理人

この記事では、フリーターから正社員になるための具体的な方法を解説します。

年齢が高い人・転職回数が多くなっている人向けの内容になっていますので、

ぜひ参考にしてみてくださいね。

Sponsored Links

フリーターから正社員は難しい?知っておくべき2つのポイント

フリーターから正社員になるためには、

↓以下の2つのポイントを絶対に外さないようにしてください。

  1. そもそも可能性のあるところで勝負する
  2. 採用側に「自分を採用する理由」を与えてあげる

どちらか1つでもかけていては就活の壁にはね返されてしまいます。

それぞれのポイントについて、順番に見ていきましょう。

>>最短3ヶ月で正社員になれる!今すぐ行動したい人はこちら

1.そもそも可能性のあるところで勝負する

これは基本的なことですが、意外に見落としてしまいやすいポイントです。

企業が新しく人を採用するときには、

未経験者を採用する場合と、実務経験者を採用する場合があります。

この記事を読んでくださっているあなたは、

当然ながら前者の求人(未経験者の採用枠)に限定して就活をすべきです。

問題は「どこで未経験者向けの求人を探せば見つかるのか?」ですが、

これはフリーター・第二新卒の就活支援を専門にしている転職エージェント会社を使うことで解決できます。

↓例えばこちら(就職shop)

>>就職Shopでフリーター向けの正社員求人を見てみる

フリーターしか経験がない方でも応募できる求人が豊富です。

最大手のリクルート運営のフリーター・既卒向けエージェントなので、

他の就職支援会社と比較して求人数が圧倒的に多いのが特徴ですね。

他にも、親身な就活支援サービスを受けたい場合は、

↓こういった中小規模のエージェント会社を使ってみるのもおすすめです。

>>DYM就職でフリーター向けの正社員求人を見てみる

なお、転職エージェントは企業側が払う求人広告料で運営されていますので、

求職者(あなた)は最初から最後まで無料で使うことができますよ。

利用をやめたくなったらいつでもやめられるので、リスクはありません。

また、こういった既卒・フリーター向けの転職エージェント会社は、

日常的に「フリーター期間が長くなっているけど、なんとか正社員として就職したい」とがんばっている人からの相談を受けつけています。

つまり、他の利用者も多くはあなたと同じ状況です。

面談でフリーター期間が長くなっていることや、

転職回数が多いことを責めてくるようなことはまずありません。

安心して相談することができますよ。

>>(ポイント2)採用側に「あえて年齢も高く・転職回数も多い自分を採用する理由」を与えてあげる

採用されやすい職種を狙う

フリーターから正社員になるには、採用されやすい業種・業界を狙っていくことも大切です。

特別なスキルや経験がまだない方は、やはり営業職を狙うのが最短距離になるでしょう。

営業というと「きつい」というイメージをお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんが、

ひとくちに営業職といってもものすごくたくさんの種類があります。

確かに、個人顧客の新規開拓営業などはとてもノルマがしんどくてストレスも大きいのですが、

法人顧客相手のルート営業などのように、

基本的に毎日同じ人と顔を合わせながら、マイペースで働ける営業職もありますよ。

あなたにも希望する職種や理想の働き方として思い描いている姿があると思いますが、

ここでは一刻も早く「フリーターから正社員のレールに戻ること」を優先するのがおすすめです。

いったん正社員としてのレールに戻ることができれば、

そこから転職していくことは今よりもハードルが低くなるのは間違いありません。

特に年齢が20代後半以降になっている方は、

まずはフリーターを脱出することを最優先にしましょう。

大手企業にこだわらないこと

フリーターから正社員になるためには、大手企業にこだわらないことが大切です。

大手企業というのは給料や福利厚生が充実しているのが魅力ですが、その分だけライバルが多いからです。

後で見るように、

フリーターの期間が長くなっている人は、まわりの20代前半の若い新卒ライバルに負けないようにしないといけません。

さらに、日本の大手企業というのは「職歴まっさらな新人をゼロから育てる」のを好む傾向があります。

フリーターからの就職の場合、

よほどのスキルや資格などを持っていないと、内定をもらうのは難しいのが実情です。

一方で、中小企業というのは「人集め」に常に困っている会社が大半です。

特に、学生の就活では「中小なんて見向きもしない」なんて人が少なくありません。

(これってものすごくもったいないことなんですが)

必然的にライバルは少なくなりますので、

フリーターの方でも採用される可能性はぐっと高くなりますよ。

もちろん、長い目で見た場合に「将来的に大手企業でバリバリ働いてみたい」という気持ちを持つことは問題ありません。

しかし、ここでもフリーターの方は正社員のレールに復帰することを優先目標にしましょう。

まずは企業規模よりも、採用されやすい会社を積極的に選ぶようにしてください。

2.採用側に「自分を採用する理由」を与えてあげる

企業の採用担当者は、いうまでもありませんが彼ら自身がサラリーマンです。

彼らにも上司がいて、ノルマがあります。

「今月末までに、こういう人を3人採用しないといけない」

といったように目標を課せられて仕事をしているのです。

そして、彼らは「この人を採用する」と決めたら、

「なぜこの人にしたのか?」を自分の上司に説明しないといけません。

特に、未経験者の採用にあたっては

  • 年齢的に若い人
  • 転職回数が少ない人
  • 現在フリーターではなく正社員として働いている人
  • できれば学校卒業してから時間がたっていない人

↑こういう人たちであれば、自分の上司に「なぜ採用したのか?」の説明をしやすいのです。

一方で、フリーター期間が長くなっている人や、年齢が高い人をあえて採用とした場合には、

彼らは自分の上司から「なんであえてこの人にしたの?」というツッコミを受けて、

その説明をしないといけません。

採用担当者が「なぜ、あえてこの人を採用にしたのか?」を上司に説明しやすいようにしてあげる

逆に言えば、採用担当者が「なんであえてこの人にしたのか?」

の説明を彼らの上司にしやすいようにしてあげれば、

状況的に不利なあなたであっても正社員として採用される可能性は十分にあるのです。

フリーターから正社員になるためには、

こうした「人事採用担当者側の事情」をきちんと理解しておく必要があります。

その上で、具体的にどのようなアピールの仕方をすれば採用の可能性が高まるのか?

↓を次の項目で説明していきましょう。

自分の「弱み」を「強み」に変える

この記事を読んでくださっているあなたは、

きっとこれまでに就活や仕事でたくさん辛い思いをしてきた人でしょう。

  • 年齢や転職回数の多さなどを理由に不採用にされた。
  • 書類審査にすら通らないことが20回以上続いた。
  • 面接で採用担当者にバカにしたような態度を取られた。

↑私自身も経験がありますが、本当に辛いですよね。

こうした経験をしていることは、一般常識的には「自分の弱み」ですが、

発想の転換で「強み」に変えることは可能です。

こうした辛い経験を乗り越えてきたことは、あなたの「強み」にすることができます。

  • 就活でなかなかうまくいかなかった時期が長かったので、その分だけいろんな企業の情報をリサーチし、いろんな会社の人事採用担当者と会ってきた。
  • 仕事や人間関係を通じてつらい思いをたくさんしてきたので、まわりの気持ちがよくわかる。
  • 良くも悪くも後が無いので「次は失敗できない」という覚悟が決まっている

↑こうしたことはあなたの強みにできる長所です。

特に、3つ目の「次は失敗できないと覚悟が決まっていること」は、

20代前半のライバルたちにはできない強力なアピールになるでしょう。

くりかえしになりますが、重要なことは

企業の採用担当者にあなたを採用する理由を与えてあげること。

(彼らが自分の上司を説得しやすいようにしてあげること)

です。

まとめ

今回は、フリーターから正社員になるために知っておくべき具体的なポイントを解説しました。

(↓※念のためにおさらいすると、以下の2つです)

  1. そもそも可能性のあるところで勝負する
  2. 採用側に「あえて年齢も高く・転職回数も多い自分を採用する理由」を与えてあげる

年齢が高くなっている人や、転職回数が多い人であっても、

やり方さえまちがわなければ、フリーターから正社員になることは決して難しいことではありません。

ぜひ希望を捨てずにがんばってみてくださいね。

終わりに

今すぐは転職するかどうかわからないという段階の人も、

転職サイトへの登録は今やっておきましょう(無料でできます)

転職活動は、あなたの人生に大きな影響を与える重要な決断ですから、

「今の職場で追い込まれてしまい、どうしようもなって転職」ではなく、

「精神的に余裕があるときに、長期的な視点で転職活動を始める」というのが理想です。

管理人

仕事のストレスが限界に達してしまうと、

新しい行動を起こすのがとても苦しくなります。

辛い気持ちをそのままずるずると放置してしまうと、深刻な事態になる可能性が高いです。

転職サイトに登録しておくと、

あなたの職歴や希望年収にマッチした最新の求人がメールで送られてきます。

気になった求人情報をブックマークしておくだけでも、

「今の職場がどうしても嫌になったら転職すればいい」という選択肢を持つことができます。

転職サイトは無料で使うことができますので、まずは、

自分はどんな仕事に転職できる可能性があるのか?

の情報リサーチから始めて見ましょう。

管理人

↓おすすめの転職サイトはdodaです。

常時10万件以上の求人が登録されていますので、

あなたの条件に合った企業がきっと見つかりますよ。

(dodaは10万件以上の求人が常に登録されている大手転職サイトです)

\ 高年収!優良求人多数あり/

無料登録して求人を見てみる

Sponsored Links

-転職活動のノウハウ

Copyright© 転職のサザンクロス , 2021 All Rights Reserved.