不動産業界の転職体験談

不動産営業に女性が転職すると危険?男社会のブラックな実態を暴露…

不動産営業 女性 危険

(不動産営業は女性には危険?)

  • 女性が不動産営業で働くのは危険?
  • ノルマのための枕営業とかあるの?
  • 物件案内で襲われる…など危険な目にあうリスクは?

この記事では、ハウスメーカーで不動産売買営業として働く

私の実体験談を紹介します。

ぶっちゃけ「不動産=女性には危険

というイメージをお持ちの方も多いかもしれません。

ただ、この業界は性別関係なく

成果を出せば高年収になれたりするので、

メリットもありますね。

転職経験者

ノルマや枕営業…の有無など実態を赤裸々に書いていきますので、

不動産業界への転職を検討している女性は参考にしてみてください。

この記事を書いた人

未経験で大手ハウスメーカーの不動産営業に転職し勤続5年目。
住宅営業は男社会なので、女性営業はめずらしいと言われることも多いですね。女性不動産営業の実態を赤裸々に紹介します。

好条件な不動産求人がなかなか見つからない方へ!

おそらく「探す場所」でミスってる可能性大です。

不動産業界の求人に強い転職サイトで探すようにしましょう。

ハロワに頼るとかブラック一直線なので注意して下さいね。

↓良質な不動産業界の求人が多数ある無料転職サイトです。

求人検索で探してみてください。

(現時点で求人4114件あり)

※ 求人をすべて見るには無料登録が必要です。

体験談の投稿者

(リアルエステートWORKSは不動産業界専門の転職サイトです)

\ 好条件求人多数あり!/

無料登録して求人を見てみる

不動産営業は女性には危険でブラック?実際被害のあった体験談

不動産営業 女性 危険

(不動産営業で女性が危険な目にあった体験談)

 

私自身が実際に被害を受けたケースや、

私のまわりの女性営業が被害に遭ったケースを紹介します。

1. 物件案内で危険な目に遭遇…

これは私の実際の経験談です。

展示場に男性一人で来場され、私が対応をしていました。

話をするうちに下の名前で呼んできたり、家の話と関係ないことを執拗に聞いてきたりする人でした。

そのうち、「手相を見れるから見てあげる」と言って、手を触ってきたのです。

嫌だな〜とは思いながら、他の営業がいないタイミングだったので、失礼はない程度に一応相手はしていました。

しばらくして、物件を実際に見てみたいから◯◯ちゃん(私)の車で連れてってよと言い出しました。

さすがに危ないと思い、「私は次のお客様と打ち合わせがあるので、別の営業担当に引き継ぎますね」というと、

「それなら帰る」と言って帰っていきました。

他にも、事務職の女性が来店対応をしていた時に、おじさんに突然抱きつかれたりしたこともありました。

女性スタッフをわざと指名して、隣に座ったり足を触ったりしてきたおじさんもいました。

世の中には一定数変な人はいますから、男性営業に比べるとこういったことには気をつけないといけないです。

2. ご主人から口説かれた

これは私自身ではなく、私の同僚が経験していました。

住宅の購入を検討し、商談中だったご夫婦のご主人様から食事に誘われたそうです。

私も届いたメールを見せてもらいましたが、

「今日の商談のときの服装とっても似合ってました」

「今度、妻には内緒で〇〇さんとご飯に行きたいと思っています(^^)笑」

といった内容のものが送られてきていました。

同僚は返信せずに上司に相談し、そのお客様は切ってしまい、事なきを得ていました。

大きな被害にはなりませんでしたが、同僚は「奥様から逆上されたらどうしよう」と、精神的にもダメージを負っていました。

自らの努力で防げる問題ではないので対策が難しいところではあります。

お客様によっては、連絡はなるべく奥様と取るようにしたり、ご主人と二人になるタイミングでは、できるだけ席を外すなどの工夫が必要です。

3. 体育会系の男性社会でノルマ未達だと叱責される

この業界は男も女も関係ありません。

まずノルマや目標未達だと、女性でも容赦なく詰められます(笑)

やはり実力主義ですので、結果がすべてという風潮は少なからずある業界です。

叱られても引きずりすぎず、切り替えて行動できるマインドは必要です。

また、契約を取ることはもちろんですが、物件や土地の管理、チラシ配りも営業の仕事です。

快適な空調の効いた事務所にずっと居れるわけではありません。

夏の暑い日に分譲地に生えた草抜きをしたり、真冬に外でテントを張ってイベント待機したりするので、体力も必要です。

特に女性特有の体調不良の時は、周りにも相談しづらく、しんどいなと思うことも多いです。

4. 結婚が遠のく可能性が高い

危険を感じた事例というわけではありませんが、不動産営業を続けている女性は独身の方が多いです。

営業職だった私の同期も、入社のときには10人ほどいましたが、5年目に入った今では続けているのは私一人です。

他のみんなは退職するか、部署を移動して営業職からは離れています。

営業を続けられている女性の先輩方は、皆さん独身の方です。

理由としては、ワークライフバランスが取りにくいことが挙げられます。

この仕事は、どうしてもお客様の都合に合わせて動くので、休日でも商談や打ち合わせが入れば、出勤しないといけません。

また、残業も多く、平均的な退社時間も20時過ぎになります。

抱えている商談が多いときは、もっと長く残業することもあります。

この仕事をバリバリこなせる人だと、経済的にも自立して結婚に興味がなくなる人も少なくありません。

若い頃は結婚願望があったけど、仕事を続けるうちに興味が無くなったといって、営業を続けている先輩もいます。

私の場合は、幸いなことに夫の理解と協力があり、結婚しても営業を続けることが出来ています。

ですが、仕事がなかなかうまく行ってないときだと、家に帰ってもネガティブな気持ちを家庭まで持ち込んでしまいがちです。

つい家庭での沸点が低くなり、夫婦喧嘩が勃発することも少なくありません。(我が家の実話です)

パートナーの協力次第ではありますが、家庭と仕事を両立させるのは、難しい職業だと言えます。

不動産営業に転職すると後悔する?メリットは?

これまで色々と厳しいことを書いてきましたが、女性が不動産業界に転職するメリットはあるのでしょうか?

私が思う一番のメリットはやはり金銭面です。

自身の体感としても、同世代の女性と比べてしっかり給料を貰えているなという感覚はあります。

営業でお金をたくさんもらうためには、契約を取ることが大切です。

そして契約を取るのは、意外とシンプルだったりします。

まず、専門的な知識はなくても、女性営業というだけで男性より親しみを持ってもらいやすいです。

それだけでも、お客様からの信頼を得るアドバンテージがあります。

また、ご家庭で最終的な購入の決定権を持っているのは、7割位は奥様です。

奥様と仲良くなり、奥様を味方につけるのも、共感出来る部分が多い女性の方が長けています。

男性だと気づきにくい、女性ならではの目線や価値観が役に立つことも多いです。

自分の経験や強みをうまく活かすことができれば、この仕事は女性にはとても向いていると思います。

成果を出せれば性別関係なく評価されますし、お金もたくさん貰えます。

お金が貰えれば、それもモチベーションになりますし、仕事も楽しくなります。

住宅の購入という、かけがえのない瞬間に何度も立ち会うことができる仕事ですから、やりがいも大きいです。

大変なことはもちろん多いですが、あなたの強みを活かす事のできる職業ですので、是非チャレンジして下さいね。

【ブラックにまちがえて入社すると地獄】不動産業界への転職で気をつけるべきたった1つのこと

(不動産業界は「どういう会社に入るか?」が重要)

 

不動産業界ってブラック企業とホワイト企業の差がめちゃくちゃ激しいので注意してください。

まったく同じ内容の仕事をしていても、

  1. ブラック企業で安い給料で搾取されてしまう人
  2. ホワイト企業でワークライフバランスと高年収を実現する人

↑この2種類に分かれてしまうのが現実なんですね。

重要なのは「応募する求人をしっかりしぼりこむこと」です。

私も経験があるんですが、

とりあえず不動産業界に入れたらどこでもいいや…

↑みたいな感じで転職活動すると、

ほんと地獄を見ることになります。

(私はまちがえてブラックに入ってしまい、その後転職しました。

今思うと、ほんと無駄な時間と労力でした)

不動産業界で働くなら、ホワイト企業に入りましょう。

↑この業界で働くなら、

未経験者でもここだけは絶対にこだわってください。

ブラック企業に入ってしまうと、

まじで人生の一定期間をドブに捨てることになりますんで。

業界未経験でもちゃんとしたホワイト会社に入ることは可能ですよ。

不動産求人に強い転職サイトで情報リサーチするのがコツ

(ライバルには差をつけるべし!不動産業界に強い転職サイトを活用しましょう)

 

転職サイトっていろんなところがあります。

注意すべきなのは、それぞれの転職サイトによって

得意な業種業界があることです。

ブラック企業に絶対に入りたくない人は、

不動産業界の求人に強い転職サイトで求人を探すのが良いです。

↓以下のような条件の良い求人を見つけることができますよ。

(リアルエステートWORKSは不動産業界専門の転職サイトです)

不動産業界「営業職」の求人例

(不動産営業の求人例)

(不動産営業の求人例)

(不動産営業の求人例)

>>不動産営業職に強い転職サイト
無料登録して年収を見てみる

不動産業界「事務職」の求人例

(不動産事務の求人例)

(不動産事務の求人例)

(不動産事務の求人例)

>>不動産事務職に強い転職サイト
無料登録して年収を見てみる

 

↓この他にも、以下のような感じの不動産求人があります。

くりかえしになりますが、

不動産業界はどこで求人を探すか?がめちゃくちゃ大事なので、

くれぐれも注意して下さい。

  • 20代で年収1000万円を狙える不動産売買営業の求人
  • 残業なしなどワークライフバランス重視で働ける求人
  • 在宅勤務OKな事務職リモートワーク求人
  • だれもが名前を聞いたことのある超大手不動産企業の求人
  • 最初から幹部候補で入社できる実務経験者むけ求人
  • 宅建士など不動産資格を活かせる不動産求人
  • 学歴不問でフリーターやニートから挑戦できる未経験OKの求人

(リアルエステートWORKSは不動産業界専門の転職サイトです)

\ 不動産業界に強い転職サイト!/

無料登録して求人を見てみる

↑無料で使えるサイトですので、

情報リサーチに活用しましょう。

無料アカウントを作ると実際の求人で年収を見られます)

今すぐ転職するかどうかはわからないという人も、

転職サイトの無料アカウントは作っておきましょう。

サイト内で希望年収や企業規模などを入力しておくと、

マッチする求人が出るたびに通知してもらえるので見逃しがくなります。

条件の良い求人って早い者勝ちなので、

情報リサーチでライバルに負けないようにしないとダメです。

↑こういうのって精神的に余裕のあるうちにやっとく方が良いです。

日常の疲労やストレスが限界になると、

転職サイトに登録するという簡単な作業でもやる気がなくなるからです。

(そうなるといつまで経っても苦しい状況から抜け出せなくなります)

あと、普段から転職サイトで求人情報を

こまめにチェックするくせをつけておくと、

今の環境がどうしてもしんどくなったら、別の選択肢(転職)もある

と気付けるのが重要なんですよね。

いい意味での逃げ道を普段から作っとくのが大事ですよ。

不動産業界はホワイトとブラックの差が激しいので、

必ず不動産業界の求人に強い転職サイトで求人を探すようにしてください。

不動産業界は求人を探す場所をまちがえてしまうと、

地獄のような環境のブラック企業で搾取されることになります。

私も経験ありますが、まじで寿命がちぢまりますよ。

このブログを最後まで読んでくださったあなたは

ぜひ転職活動を成功させ、

ホワイトな不動産会社でワークライフバランスを維持しつつ高年収になってください。

↓まずは情報リサーチから始めましょう。

情報量でライバルに差をつけるのが大事ですよ。

(リアルエステートWORKSは不動産業界専門の転職サイトです)

\ めざせ高年収!不動産求人を見てみる/

無料登録して求人を見てみる

※転職サイトは無料で使えるサイトです。

料金が発生するようなことは一切ありません。

-不動産業界の転職体験談

Copyright© 転職と副業のサザンクロス , 2022 All Rights Reserved.