不動産業界の転職体験談

不動産売買営業の仕事がきつい理由!辞めたい…と後悔する瞬間5個

不動産 営業 きつい

(不動産売買の営業マンは仕事がきつい?)

  • 不動産売買の営業マンはきつい?
  • 仕事辞めたい…と後悔するのはどんなとき?
  • 退職理由(辞める理由)で多いのはどんなこと?

不動産営業は「きつい」と言われることが多いですよね。

給料がものすごく良い代わりに、

体育会系でノルマがめっちゃ厳しい…

というイメージをお持ちの方はきっと多いと思います。

不動産営業にもいろいろあります(売買・賃貸など)

その中でも売買の不動産営業は特に仕事がきつい…

と言われることが多いですね。

転職経験者

この記事では、実際に不動産営業として5年働いている私が、

この仕事をしていて「特にきつい」と感じる場面を紹介します。

これから未経験で不動産業界に転職を検討している方は参考にしてみてくださいね。

この記事を書いた人

未経験で大手ハウスメーカーの不動産営業に転職し勤続5年目。
住宅営業は男社会なので、女性営業はめずらしいと言われることも多いですね。女性不動産営業の実態を赤裸々に紹介します。

好条件な不動産求人がなかなか見つからない方へ!

おそらく「探す場所」でミスってる可能性大です。

不動産業界の求人に強い転職サイトで探すようにしましょう。

ハロワに頼るとかブラック一直線なので注意して下さいね。

↓良質な不動産業界の求人が多数ある無料転職サイトです。

求人検索で探してみてください。

(現時点で求人4114件あり)

※ 求人をすべて見るには無料登録が必要です。

体験談の投稿者

(リアルエステートWORKSは不動産業界専門の転職サイトです)

\ 好条件求人多数あり!/

無料登録して求人を見てみる

不動産売買営業がきつい理由!辞めたいと感じる瞬間5個

不動産 営業 きつい

(不動産営業できついと感じる瞬間5個)

 

不動産売買営業の仕事がきつい場面としては、

↓以下のようなものが挙げられます。

1. (やっぱり)ノルマが厳しい

不動産業界のノルマは厳しいです。

私が所属している大手ハウスメーカーの場合は、

半年で3〜4件くらいの契約をとってくること

↑これがノルマになることが多いですね。

これが結構頑張らないと取れない数字なんです。

商品が数千万という単位になるので、お客様はかなり慎重に判断します。

お客さまは他の不動産会社とも商談をしていますから、

他社と競合になるケースがほとんどです。

>>不動産売買営業は高年収?ボーナスの仕組みを教えます

契約後のフォローも大切

不動産は「売ったらもう終わり!」というわけにはいきません。

契約後のフォローもしっかりやっておかないとトラブルにもなりかねませんからね。

(大きな金額が動くので、お客さまは損をした!と思ったらすぐクレームを入れてきます)

契約をすると間取りやクロス、

外壁等の詳細を決めていく引き継ぎ業務に入ります。

これも、お客様や会社と約束している納期があるので、ダラダラと打ち合わせができるわけではありません。

限られた時間で、ミス無く進めていかないといけませんから、結構手も取られます。

住宅の着工棟数も少子高齢化に伴ってどんどん減少しています。

数少ないお客様を数社が奪い合うような形になっているのが現状ですので、

商談力がない営業マンは簡単には契約を取れません。

コンスタントに「契約を取り続ける」が重要

ですがこの間にも、新しいお客様を探して契約を取らないといけません。

この「コンスタントに営業を取り続ける」というのが、とても難しいです。

他の商談があっても引き継ぎが大変でも、お客様を探す手を止めると契約の流れも止まります。

油断や手抜きをせず、愚直に営業活動をこなす精神と体力が必要な仕事です。

2. 残業や休日出勤が多い

基本的に不動産営業は、お客様の都合に合わせて動きます。

従って、お客様との商談が休日に入ってしまえば、出勤しなければなりません。

また、商談以外の時間には資料の作成や現場の確認など、やることは無限にあるのです。

定時に終わらせられる作業量ではないので、残業は正直デフォルトです。

一方、商談がなく、抱えているお客様が少ない営業であれば、こういった作業量は減ります。

しかし、達成しないといけないノルマが無くなるわけではありません。

従って、訪問をかけてアプローチをしたり、電話営業でお客様を探すために残業をします。

このご時世ですから、これらを強要される会社は少ないと思いますが、

「商談ないのに定時で帰るのか」という空気はものすごくあります(笑)

売れても売れなくても、残業・休日出勤は他業界に比べると多くなりやすいです。

3. 結果を出さないと安月給(固定給が低い)

不動産 営業 きつい

(実際の不動産売買営業マンの求人例)

>>不動産売買営業の求人で年収を見てみる

不動産業界というと

給料が良いイメージがあるかもしれません。

しかし実際には、

  • ものすごくお給料が高い人と、
  • ものすごくお給料が安い人…

の2種類がいるのが現実のところですね。

転職経験者
  • 成果を上げられる人は超高収入だけど、
  • 成果を出せない人は超安月給…。

↑これが実態です。

なぜこうなるのか?というと、

  • 固定給(何もしないでも受け取れるお給料)がとても低く
  • 成果給(成果に応じて支払われるボーナス)がとても高い

↑こういう仕組みになってるからなんです。

この業界の固定給は低く、

経験5年目でも20万円を切ることもあります。

この固定級に上乗せで、

成果に見合ったインセンティブがプラスで支給されるようになります。

成果を出せている人は、

この成果に応じたボーナスの割合がでかいんです。

年齢とか年次は関係ありませんから、

20代で年収1000万円突破みたいな人はごく普通にいます。

トップセールスマンになると年収3000万円(!)みたいな人もいますからね。

夢のある世界です。

>>不動産売買営業の実際の求人で年収を見てみる

ボーナス計算のくわしい仕組み

ボーナスの計算方法についてもう少し詳しく解説しましょう。

ボーナスは「基本部分」と「成果分」の2つに分かれます。

まず、半年の総合的な成績に基づいて、基本部分のボーナス額が決まります。

それに加えて成果分のボーナスが支給されるというのが一般的です。

この2つの両方にノルマへの達成率が影響してきます。

ノルマを達成できていないと基本部分のボーナス額は低いですし、

成果分は当然ながらありません。

不動産売買営業は「売れれば天国・売れなきゃ地獄」

言葉が悪いかもしれませんが、

不動産売買営業は「売れれば天国・売れなきゃ地獄」です。

売れていない営業だと、間接部署や事務職の社員よりボーナスが低くなるということも普通にあります。

結果を出せないと、決して楽ではない仕事を安月給でこなさないといけないことになります。

【これが実態】不動産売買営業マンの実際の求人で年収を見てみる

4. 人間関係が体育会系できつい

不動産業界に限らないと思いますが、営業の仕事は泥臭いことが多いです。

お客様を待っているスタンスの営業では、なかなか結果も伴いません。

訪問をかけたり電話営業をこなし、自分から主体的に動くことが求められます。

よって体育会の人も結構多く、人によってはしんどいと感じることもあると思います。

また、上司が掃除や不動産の管理などを部下に任せきりになることも多いです。

もちろん、役職があるのとないのでは業務量が違いますから、若手に負担がかかるのは理解できます。

ですが、それを当たり前に思う態度だったり、手が空いている時でも任せきりにされると、部下にも不満が溜まります。

あとは、会社に対して愚痴を言ったりして、それが部下にも伝染するのはあるあるですね。

上司に希望が持てないと、仕事が楽しい、これからも続けたいと思うようになるのは一気に難しくなります。

どんな上司でも、悪い部分に目を向けるのではなく、いい部分を吸収しようと意識することが大切です。

5. お客様を選べない

先程も少し触れましたが、そもそも住宅を検討するお客様は減少傾向にあります。

展示場に来ていただいたり、問い合わせを頂いた数少ないお客様ですから、一つ一つの顧客はとても貴重です。

ですから、少し態度が悪かったり、相性が悪いお客様でも、こちらから切ることは基本的にありません。

私は5年目の若手なので、お客様はほとんど皆様年上になります。

中には上から目線のお客様もいらっしゃるので、

「若いし女の子だけど大丈夫?できる?」とか、

「給料いっぱい貰ってんだろうから、この位やってよ」

といった形で、嫌味っぽい態度を取られたこともあります。

頼りなく映るのは私の努力不足ではありますが、

こういうお客様だと、内心では「もう断ってくれたほうが楽だな」と思うこともあります。

ちなみにこういった、相性悪いと感じたお客様と契約出来たことは一度もありません(笑)

それでも私が不動産売買営業で5年働いている理由

色々と厳しい現実を書きましたが、私自身はこの仕事が好きです。

元々、アルバイトでは経験できないような仕事がしたいと思い、この業界に飛び込みました。

そしてその判断は間違ってなかったなと今も思っています。

【住宅の購入】というイベントは、普通の人であれば一生に一度経験するかしないかです。

そんな貴重な瞬間に、何度も立ち会うことができるのは、この仕事だからこそです。

お客様から喜びや感謝の声を直接頂くときには、一番やりがいを感じます。

大変だったけど頑張ってよかった、また頑張ろうと、次の仕事の活力になります。

今まで何度か退職を考えたこともありましたが、お客様や同僚に恵まれて、苦しい時にも立ち上がることが出来ました。

決して楽な仕事ではありませんが、仕事を通して様々な考え方を学ぶことが出来、人としても成長できます。

そして特別なスキルや知識はなくても、結果を出せれば年齢や性別に関係なく稼げる仕事です。

「こういった営業スタイルが正解」という決まりもありませんから、やり方は自由です。

自分の強みだと思える部分を伸ばして営業活動に組み込めれば、仕事も楽しくこなせますよ。

この仕事でしか味わえない経験もありますから、是非チャレンジしてみて下さい。

【ブラックにまちがえて入社すると地獄】不動産業界への転職で気をつけるべきたった1つのこと

(不動産業界は「どういう会社に入るか?」が重要)

 

不動産業界ってブラック企業とホワイト企業の差がめちゃくちゃ激しいので注意してください。

まったく同じ内容の仕事をしていても、

  1. ブラック企業で安い給料で搾取されてしまう人
  2. ホワイト企業でワークライフバランスと高年収を実現する人

↑この2種類に分かれてしまうのが現実なんですね。

重要なのは「応募する求人をしっかりしぼりこむこと」です。

私も経験があるんですが、

とりあえず不動産業界に入れたらどこでもいいや…

↑みたいな感じで転職活動すると、

ほんと地獄を見ることになります。

(私はまちがえてブラックに入ってしまい、その後転職しました。

今思うと、ほんと無駄な時間と労力でした)

不動産業界で働くなら、ホワイト企業に入りましょう。

↑この業界で働くなら、

未経験者でもここだけは絶対にこだわってください。

ブラック企業に入ってしまうと、

まじで人生の一定期間をドブに捨てることになりますんで。

業界未経験でもちゃんとしたホワイト会社に入ることは可能ですよ。

不動産求人に強い転職サイトで情報リサーチするのがコツ

(ライバルには差をつけるべし!不動産業界に強い転職サイトを活用しましょう)

 

転職サイトっていろんなところがあります。

注意すべきなのは、それぞれの転職サイトによって

得意な業種業界があることです。

ブラック企業に絶対に入りたくない人は、

不動産業界の求人に強い転職サイトで求人を探すのが良いです。

↓以下のような条件の良い求人を見つけることができますよ。

(リアルエステートWORKSは不動産業界専門の転職サイトです)

不動産業界「営業職」の求人例

(不動産営業の求人例)

(不動産営業の求人例)

(不動産営業の求人例)

>>不動産営業職に強い転職サイト
無料登録して年収を見てみる

不動産業界「事務職」の求人例

(不動産事務の求人例)

(不動産事務の求人例)

(不動産事務の求人例)

>>不動産事務職に強い転職サイト
無料登録して年収を見てみる

 

↓この他にも、以下のような感じの不動産求人があります。

くりかえしになりますが、

不動産業界はどこで求人を探すか?がめちゃくちゃ大事なので、

くれぐれも注意して下さい。

  • 20代で年収1000万円を狙える不動産売買営業の求人
  • 残業なしなどワークライフバランス重視で働ける求人
  • 在宅勤務OKな事務職リモートワーク求人
  • だれもが名前を聞いたことのある超大手不動産企業の求人
  • 最初から幹部候補で入社できる実務経験者むけ求人
  • 宅建士など不動産資格を活かせる不動産求人
  • 学歴不問でフリーターやニートから挑戦できる未経験OKの求人

(リアルエステートWORKSは不動産業界専門の転職サイトです)

\ 不動産業界に強い転職サイト!/

無料登録して求人を見てみる

↑無料で使えるサイトですので、

情報リサーチに活用しましょう。

無料アカウントを作ると実際の求人で年収を見られます)

今すぐ転職するかどうかはわからないという人も、

転職サイトの無料アカウントは作っておきましょう。

サイト内で希望年収や企業規模などを入力しておくと、

マッチする求人が出るたびに通知してもらえるので見逃しがくなります。

条件の良い求人って早い者勝ちなので、

情報リサーチでライバルに負けないようにしないとダメです。

↑こういうのって精神的に余裕のあるうちにやっとく方が良いです。

日常の疲労やストレスが限界になると、

転職サイトに登録するという簡単な作業でもやる気がなくなるからです。

(そうなるといつまで経っても苦しい状況から抜け出せなくなります)

あと、普段から転職サイトで求人情報を

こまめにチェックするくせをつけておくと、

今の環境がどうしてもしんどくなったら、別の選択肢(転職)もある

と気付けるのが重要なんですよね。

いい意味での逃げ道を普段から作っとくのが大事ですよ。

不動産業界はホワイトとブラックの差が激しいので、

必ず不動産業界の求人に強い転職サイトで求人を探すようにしてください。

不動産業界は求人を探す場所をまちがえてしまうと、

地獄のような環境のブラック企業で搾取されることになります。

私も経験ありますが、まじで寿命がちぢまりますよ。

このブログを最後まで読んでくださったあなたは

ぜひ転職活動を成功させ、

ホワイトな不動産会社でワークライフバランスを維持しつつ高年収になってください。

↓まずは情報リサーチから始めましょう。

情報量でライバルに差をつけるのが大事ですよ。

(リアルエステートWORKSは不動産業界専門の転職サイトです)

\ めざせ高年収!不動産求人を見てみる/

無料登録して求人を見てみる

※転職サイトは無料で使えるサイトです。

料金が発生するようなことは一切ありません。

-不動産業界の転職体験談

Copyright© 転職と副業のサザンクロス , 2022 All Rights Reserved.