Sponsored Links

不動産業界の転職体験談

不動産業界(賃貸)に向いてる人の特徴5個!経験10年目営業マンがこっそり教えるよ

不動産業界 向いてる人

(不動産業界に向いてる人の特徴とは?賃貸営業マン編)

  • 不動産業界(賃貸営業)に向いてる人の特徴って?
  • 爆発的な営業成績を成果を出せる人は何が違う?
  • 具体的な仕事のコツは?

この記事では、不動産賃貸営業マンとして10年目の私が、

この仕事に向いてる人や、成果を出せる人の特徴を紹介します。

これから未経験で不動産賃貸営業に転職したい人や、

すでに不動産賃貸営業として働いているけどなかなか契約を取れない…

という人は、参考にしてみて下さい。

この記事を書いた人

経験10年目の不動産賃貸営業マンです。大手不動産賃貸会社にて年間売上1位→副店長やってます(ファミリー世帯の物件提案が得意)
入社2年目まで最下位でしたが「ちょっとしたコツ」を知り一気に営業成績を上げられるようになりました。そのコツをお教えします。

10年目営業マンが教える!不動産賃貸営業マンに向いてる人の特徴5個

不動産賃貸営業マンとして結果を出せる人には、

↓以下のような共通の特徴があります。

1. 話し上手より「聞き上手」

不動産営業マンというと、口が達者でセールストークバリバリのイメージを持たれるかもしれません。

しかし、実際に結果を出す営業マンは「聞き上手」です。

寡黙(かもく)で静かなタイプでも、

結果を出している営業マンはたくさんいますね。

何気ない会話から、お客様がどのような仕事をされているのか。

部屋を借りるにあたって、普段の生活や仕事にどのような影響はあるのか。

お客様の趣味や好きなことはなんなのか、など聞くべきことはいろいろあります。

好きな人が出来ると、その人のことを知りたいと思うことを同じです。

好きな人に幸せになってほしいと思うように、お客様にも幸せになってほしいと思えるようになると、自然と聞くことは増えてきます。

私が営業マンの時は、満足してほしいという気持ちもありましたが、同時にお客様と仲良くなりたいという気持ちもありました。

鍵渡しで終わる関係ではなく、その後もご飯を食べに行ったり、釣りやオンラインゲームをしたりで、楽しむことができました。

もちろん今でも趣味仲間としてお付き合いがあります。

また、そのおかげかお客様からの紹介案件も多くいただくことができました。

>>高年収な不動産賃貸営業マンになりたい人が知っておくべきたった1つのこと

2. 連絡がマメな人

営業って恋愛と似ています。

こまめな連絡で「常に相手のことを気にかけている」という印象を与えられる人は、

営業マンとしても結果を出しやすいでしょう。

具体的にいうと、やりとりを始めてまもないお客様との連絡は「2日に1回」をおすすめします。

おすすめする物件が無く、

連絡が出来ないような場合でも2日おきに連絡をすることをおすすめします。

連絡しすぎても不快に思われますし、

連絡が少ないと他の不動産業者に行かれてしまいます。

また、お客様によっては条件内容や市場状況次第で、物件を紹介出来ない場合もあります。

そんな時は、提案という形で物件を紹介してみましょう。

「このような考えをもとにこちらの物件資料をお送りしたのですが、いかがですか?」というような感じですね。

もちろん、特徴1でお話したようにお客様から聞いた条件や悩みは、解決することは当たり前です。

契約時も同様です。

大金がかかる契約では、2日以上連絡を開けると、お客様は不安になります。

時間がかかる場合は、必ず「次は、〇日後に〇〇についてご連絡いたします」と伝えておきましょう。

そうすれば、お客様の不安も和らぎ、安心してあなたに任せてくれます。

「聞く力」も大事ですし、このあとに話す内容も重要ですが、契約処理も大事です。

私がお客様の立場だったら、契約したけど後の連絡はほったらかしにされたら、キャンセルして別の不動産業者に話をもっていきます。

お客様の不安解消と満足を求めるのであれば、こまめな連絡を取りましょう。

3. 仕事以外の話題が豊富な人(多趣味な人)

Sponsored Links

営業マンとして成果を上げたい人は、

不動産以外の話題もたくさん持つようにしましょう。

これは上で見た「聞き上手」と組み合わせると効果が高いです。

つまり、お客さんの趣味やプライベートで好きなことを聞き出して、

それに合わせた話題を提供するわけですね。

物件に案内する車内などは、プライベートな話がしやすい空間ですよね。

(逆にいうと、車内で仕事以外の話題がないと、なんだか張り詰めた空気になってしまいます)

案内中にずっと物件の話をしていると、

一見お客様のためになるように見えますが、実は自己満足に近い状態になってしまいます。

車でも物件の話をして、現地でも物件の話をすると、

「それ、さっきも聞いたよ…」となり、お客様のテンションも下がります。

車内でお客様の趣味や好きなことなどで、場を盛り上げ、現地で物件のことを詳しく話すと、「この営業マンの話は面白いし、物件のことも詳しいし、この人に任せたいな」となる可能性が高いです。

今回物件申込が入ることが無くても、その後も連絡は取れやすくなっているので、申込は時間の問題です。

仲良くなるきっかけにもなり、趣味仲間ができる可能性も高いです。

あなたの名前を覚えてもらえたら、仲良くなった証です。

>>高年収な不動産賃貸営業マンになりたい人が知っておくべきたった1つのこと

4. 失敗覚悟でいろんなやり方を試せる人

長いこと営業マンをやっていると、

「なんとなくこういうやり方がうまくいく」というパターンができてくるものです。

ただ、それに固執しているともう一歩の成果を出すことができません。

機械的にお客様の希望条件通りに物件を提案するだけでは、

大きな金額の動く契約をもらえる可能性は低いです。

最近ではインターネット上に物件情報がたくさんありますから、

条件通りの物件の提案なんて、

お客様からすれば「それは自分でもやれるよ」という感じなんですね。

より大きな成果につながる物件の成約を決めるためには、

お客さま自身も気づいていないようなニーズを気づかせてあげる必要があるのです。

(自分でもイメージしていなかったような物件を紹介してほしいからこそ、お客様は不動産業者に相談に来るのです)

たとえば、お客様が騒音に悩み引越しを希望していたとしましょう。

しかし、希望予算内では騒音を解決できる物件が無いとします。

このような場合は、

「家賃は少し上がりますが、この物件でしたら他の物件と比べ、騒音は和らぎます。」

という物件を紹介したら、お客様は「どれどれ?」となりますよね。

さらに「気に入っていただいたら、少しでも家賃を下げてもらえるように家賃交渉してみましょう。」と伝えてみましょう。

失敗したとしても、あなたの経験にもつながる上、お客様に一生懸命さを見せることができます。

マニュアル通りの営業をするのではなく、失敗や経験をもとに、お客様の満足を追求しましょう。

5. 知識だけでなく熱意を伝えられる人

お客様の言うこと全部に「そうですね。」や「その通りです。」だけ言うことは、

場合によってはNGです。

「お客様が考えた事を否定してはだめだ。」

という考えも分かるのですが、

会社の上司に接するようにYesマンになる必要はありません。

「良いものは良い、悪いものは悪い」とはっきり伝えましょう。

ですが、悪いものを悪いと言い続けていたら、紹介物件はなくなります。

賃貸の物件で、お客様の希望を100%叶えられる物件はごくまれです。

「ここをこのようにしたら、気になっていた内容が解決しませんか?」などの自分の考えや提案を出すといいです。

お客様は、「私のために一所懸命やってくれるな。」と思ってくれ、あなたを頼ってくれます。

【ブラックにまちがえて入ると地獄】不動産転職で気をつけるべきたった1つのこと

(不動産業界はブラックとホワイトの差がめっちゃ激しいんです)

 

不動産業界ってブラック企業とホワイト企業の差がめちゃくちゃ激しいんです。

まったく同じ仕事をしていても、

  1. ブラック企業で安い給料で搾取されてる人と、
  2. ホワイト企業で高年収を実現している人

↑この2種類に分かれてしまうのが現実なんですね。

なので、すでに不動産業界で働くことは決めている人も、

どの会社の求人に応募するか?

のしぼりこみにはくれぐれも注意して下さい。

私も経験があるんですが、

「とりあえず不動産業界に入れたらどこでもいいや…」

↑みたいな感じで転職活動すると、

ほんと地獄を見ることになりますよ。

(私はまちがえてブラックに入ってしまい、その後転職しました。

今思うと、ほんと無駄な時間と労力でした)

体験談の投稿者

不動産業界で働くなら、

仕事の成果をお給料というかたちできちんと評価してくれる会社に入らないと絶対後悔しますよ。

お金はたくさん稼げるに越したことはないですからね。

  • 未経験で転職する人も、
  • 経験者として転職する人も、

しっかりと応募求人をしぼりこんでホワイト企業に入りましょう。

不動産業界で働くなら、ここだけは絶対にこだわってください。

ブラック企業に入ってしまうと、

まじで人生の一定期間をドブに捨てることになりますんで。

不動産求人「だけ」がのってる転職サイトで情報リサーチするのがコツ

(ライバルには差をつけるべし!不動産業界専門の転職サイトを活用しましょう)

ブラック企業に絶対に入りたくない人は、

ホワイトな不動産求人だけが掲載されている転職サイト

で求人を探すのが良いです。

不動産業界専門の転職サイトなので、

↓以下のような条件の良い求人を見つけることができますよ。

(リクナビなどの一般向けサイトと比べて、

年収やワークライフバランスなどの質が高い)

(実際の不動産求人の例)

(実際の不動産求人の例)

(実際の不動産求人の例)

>>不動産専門の転職サイト!無料登録して求人を見てみる

↓この他にも、以下のような感じの不動産求人があります。

不動産業界って、どこで求人を探すか?

はめっちゃくちゃ大事なのでくれぐれも注意して下さいね。

(リクナビとかで探すとブラックに入ってしまう可能性代)

体験談の投稿者

  • 20代でも年収1000万円を狙える不動産売買営業の求人
  • ワークライフバランス重視で働ける不動産賃貸営業の求人
  • だれもが名前を聞いたことのある超大手不動産企業の求人
  • 最初から幹部候補で入社できる実務経験者むけ求人
  • 宅建士など不動産資格を活かせる不動産求人
  • 学歴不問でフリーターやニートから挑戦できる未経験OKの求人

(リアルエステートWORKSは、不動産業界専門の無料転職サイトです)

\ 不動産業界専門!ホワイト求人多数あり!/

無料登録して求人を見てみる

↑こちらは不動産業界の求人だけ

登録されている転職サイトです。

無料で使えるサイトですので、

情報リサーチに活用しましょう。

無料アカウントを作ると実際の求人で年収を見られます)

体験談の投稿者

今すぐ転職するかどうかはわからないという人も、

転職サイトの無料アカウントは作っておきましょう。

サイト内で希望年収や企業規模などを入力しておくと、

マッチする求人が出るたびに通知してもらえるので見逃しがくなります。

条件の良い求人って早い者勝ちなので、

情報リサーチでライバルに負けないようにしないとダメです。

↑こういうのって精神的に余裕のあるうちにやっとく方が良いです。

日常の疲労やストレスが限界になると、

転職サイトに登録するという簡単な作業でもやる気がなくなるからです。

(そうなるといつまで経っても苦しい状況から抜け出せなくなります)

あと、普段から転職サイトで求人情報を

こまめにチェックするくせをつけておくと、

今の環境がどうしてもしんどくなったら、別の選択肢(転職)もある

と気付けるのが重要なんですよね。

いい意味での逃げ道を普段から作っとくのが大事ですよ。

転職サイトにはいろんなところがありますが、

不動産業界はホワイトとブラックの差が激しいので、

必ず不動産業界専門の転職サイトで求人を探すようにしてください。

不動産業界は求人を探す場所をまちがえてしまうと、

地獄のような環境のブラック企業で搾取されることになります。

私も経験ありますが、まじで寿命がちぢまりますよ。

このブログを最後まで読んでくださったあなたは

ぜひ転職活動を成功させ、

ホワイトな不動産会社で

ワークライフバランスを維持しつつ高年収

になってください。

体験談の投稿者

↓まずはあせらず情報リサーチから始めましょう。

情報量でライバルに差をつけるのが大事ですよ。

(転職サイトは不動産業界専門のものを使う)

(リアルエステートWORKSは、不動産業界専門の無料転職サイトです)

\ めざせ高年収!不動産求人を見てみる/

無料登録して求人を見てみる

※転職サイトは完全無料で使えます。

あといつでも利用をやめられるのでリスクとかはゼロです。

サイト側から変な連絡が来ることもありませんよ。

>>【1分】無料アカウントを作って不動産求人を見てみる




Sponsored Links

-不動産業界の転職体験談

Copyright© 転職と副業のサザンクロス , 2022 All Rights Reserved.