転職活動のノウハウ

派遣の職場見学で落ちることはある?不採用になる理由と対策

  • 派遣で職場見学や顔合わせをした後に落ちることってあるの?
  • 社内選考みたいなのがあってそこで不採用になることもある?
  • 職場見学で言ってはいけないことって?

この記事では、派遣社員として働く上で避けられない「職場見学」で不採用とならないようにするための対策方法をお教えします。

ぜひ参考にしてみてください。

派遣で職場見学は違法?

派遣 職場見学 落ちる

(派遣で職場見学の名目で面接を行うことは本来違法ですが、普通に行われているのが実情です)

まずは原則的なルールを理解しておきましょう。

本来、派遣先の企業(実際に働く職場)が、派遣スタッフを選考することはできません。

企業側は、派遣会社が「この人を派遣します」といったら、その人を必ず受け入れないといけないということですね。

一部の例外を除いて、派遣で事前面接をすることは禁止されているのです。

派遣の場合は事前面接をすることができないため、本来であれば派遣先は、就業日当日までどんな派遣スタッフが来るのかはわからないということになります。

例外=紹介予定派遣とは?

上で「一部の例外」といったのは、「紹介予定派遣」というかたちで雇用される場合をいいます。

紹介予定派遣とは、一定期間(最大6ヶ月)派遣スタッフとして働き、その就業期間を経て双方(派遣スタッフと派遣先)が合意すれば、派遣先に直接雇用されるという採用方法です。

紹介予定派遣は、正社員として採用する前の「お試し期間」のような採用方法ですので、例外的に事前面接を行うことが法律上も認められているのです。

実際には、職場見学後に不採用になることは普通にある

ただし、これは原則的なルールであって、実際には職場見学後に不採用にしている職場もあるのが現実です。

「職場見学」や「顔合わせ」という名を借りて、事前面接をしているケースがあるということですね。

派遣スタッフとしては楽場合、事前面接に対する対策を考えておく必要があります。

以下では、事前面接で落ちてしまう理由と対策を紹介します。

派遣の職場見学で落ちる理由は?

派遣の職場見学で落ちる理由は、派遣先が派遣スタッフに求めるスキルや経験等と派遣スタッフの実際にギャップがあるからです。

アルバイトやパート等と違って、それだけ派遣スタッフに対する期待が高いといえます。

求めるものが高いことに比例して、派遣スタッフの時給は高くなるということです。

Sponsored Links

高い人件費を使ってまで、なぜ派遣スタッフを使うのかというと、派遣スタッフの専門的スキルや経験値に期待しているからです。

コストに見合うパフォーマンスを派遣スタッフに求めているということがわかります。

企業側が正社員ではなく派遣社員を使う理由を考える

「じゃあ正社員を雇えばいいのでは?」と疑問を持った人もいるかもしれませんが、それにも理由があるということです。

派遣の場合は、きちんと業務範囲を定めて仕事を任せる人を求めているためです。

「あなたの業務範囲はここからここまでなので、あなたのスキルで、この範囲内をしっかりとこなしてください」といったイメージです。

仮に、誰でもできるお茶出し等の仕事を任せるなら、派遣スタッフではなくアルバイトやパートを使いますし、

また、業務範囲を定めず仕事を任せたい場合には、正社員や契約社員を雇えばよいわけです。

つまり、派遣の職場見学を通過するためには、定められた範囲内の仕事をきっちりこなせることをアピールする必要があるということです。

具体的にアピールする方法を、次に説明していきます。

派遣の職場見学でよく聞かれる質問と解答方法

派遣の職場見学でよく聞かれる質問と、それに対する解答方法を解説します。

↓具体的には、以下のような質問が出ることが多いですね。

職場見学で多い質問

  1. 自己紹介
  2. 応募理由
  3. パソコンスキル
  4. 配属先に関する質問
  5. いわゆる「逆質問」

それぞれ具体的な質問内容と、解答するときに押さえておくべきポイントを解説いたします。

1.自己紹介

質問例

「簡単で結構ですので、過去の職歴を踏まえて、自己紹介をしてください。」

解答例

「改めまして、○○と申します。年齢は○○歳です。私のこれまでの職歴について、過去から順に説明させて頂きます。まず、2017年4月から2019年3月まで働いていた○○業界では、営業事務を担当しておりました。具体的には、エクセルでの売上管理表の作成や営業担当のフォロー等を行っておりました。次に2019年4月から…」

Sponsored Links

この質問は、まず最初に聞かれると思っていてよいでしょう。

本来は派遣スタッフを事前に面接することは禁止ですので、個人情報に当たる質問はできません。

ただ、自己紹介をしないと話がスムーズに進みませんので、名前や年齢等の開示できる情報は伝えましょう。

派遣会社の営業担当が準備したスキルシート(派遣スタッフの職歴を簡単にまとめたもの)が派遣スタッフと派遣先に配られます。

そのスキルシートを基に、古い職歴から順に、業界と担当していた業務内容について、説明するといった流れです。

2.応募理由

質問例

「今回、当社にご応募をいただいた理由はどういった点にありますでしょうか」

解答例

「過去に就業していた○○メーカーでの営業事務経験を活かせることができるうえ、○○業界に興味をもっていたからです。」

数ある派遣先の求人の中から、なぜ当社に応募してくれたのか?は採用担当者にとって気になるポイントです。

ただし、派遣求人には、業界や業務内容、残業時間、勤務地等は公開していますが、会社名は原則非公開となっています。

具体的な会社が不明であることを前提に、質問に対して、基本的には過去の職歴を織り交ぜながら回答しましょう。

3.パソコンスキル

質問例

「エクセルやワード等のパソコンスキルはどの程度ですか。」

解答例

「これまでもパソコンを使用した仕事ばかりでしたので、エクセルのブイルックアップ等は仕事で使用したことはありませんが、エクセルやワードの基本操作は問題ないかと思います。もし必要なスキルがあれば、事前に勉強したいと思っています。」

派遣スタッフのスキル確認を行い、この求人に対応できる派遣スタッフか否かを判断します。

派遣スタッフ側からは、派遣先から良く見られたいとどうしても思ってしまいますが、絶対にスキルを盛ってはいけません。

いざ就業してから、エクセルがわからなくて困ってしまった等は、双方にとって良くはありませんし、1番困るのは派遣スタッフのあなたになってしまうからです。

4.配属先に関する質問

質問例

「配属される職場は、○○と言った職場ですが、問題ないですか。」

解答例

「前職では、○名程度の部署で勤めていましたし、部署内の人間関係に困ったことはなかったので、問題ありません。」

派遣先は、配属部署の男女比や年齢構成等を含めた人員構成を説明したうえで、派遣スタッフに気になることがないかを聞いてきます。

過去の職歴と近い職場の経験があれば、以前勤めていた会社の実例を踏まえて問題ないことをアピールしましょう。

その経験がなかったとしても、どんな職場であっても、人間関係はうまくやれることをアピールすれば大丈夫です。

後ろ向きな回答をした場合は、良い結果が出ない可能性が高くなってしまいますので、注意してください。

5.いわゆる「逆質問」

質問例

「最後に質問や聞きたいことがあればお願いします。」

解答例

  • 「仮に勤務することになった場合、就業前に勉強しておいた方がよいことはありますか?」
  • 「スキルアップをして少しでも貢献したいと考えていますが、私のスキルで不足していることはありますか?」

最後に質疑応答の時間が与えられます。

どれだけ時間が与えられるかはわかりませんが、最低でも1つ、多くて3つ程度は質問を準備しておきましょう。

「質問はありません。」等と言ってしまうと、派遣先からは興味がないのかとマイナスなイメージをもたれてしまいます。

向上心があることを思わせる質問ができると、派遣先からはプラスの印象をもたれる可能性が高いでしょう。

仕事や人間関係がしんどいブラック企業で働きたくない人へ

(ブラック企業でつらい働き方をしたくない人へ)

 

いま働いている人もこれから働く人も、ブラック企業で働きたくないなら、

情報リサーチはしっかり行うようにしてください。

具体的には、

  • いま世の中にはどういう仕事があるのか?
  • どういう仕事が年収が高いのか?
  • 今の自分にはどういう選択肢があるのか?

について、常に情報アンテナを張っておくことが大切です。

↓情報リサーチには以下のような転職サイトを使うと便利です。

無料で使えるサイトなので、活用してみてください。

管理人

リクルートエージェント

リクルートエージェント

最大手の転職サイト!25万件以上の求人あり

リクルートエージェントは業界最大手の転職エージェント会社で、25万件以上もの求人が登録されています。
未経験者OKの大手企業の求人から、
実務経験者だけが応募できる高年収な求人まで、たくさんの求人があります。
きっとあなたの希望にあった会社を見つけることができますよ。

↑転職サイトで無料アカウントを作って、

年収や職種などの希望条件を入力しておくと、マッチする最新求人が出るたびにメールで通知してもらえます。

(企業側からのオファーメール例)

↑こんな感じで企業側から

オファーメールが来たりもします。

管理人

普段からこういう転職サイトの情報を見る習慣をつけておくと、

「今の仕事がもしどうしても嫌になったら、別の仕事もある」という選択肢を持つことができます。

こういういい意味での「逃げ道」を作っておくと精神的安定につながります。

(会社の上司や先輩からどやされても「なんかせまい世界でえらそうにしてるなー」ぐらいに流せるようになりますよ)

いま失業中の人も、自分で探していたらまず気づけなかったような

意外な仕事の紹介が来たりするので、自分の可能性に気づけますよ。

まずは無料アカウントを作って、いろいろ求人検索してみましょう。

世の中には本当にいろんな仕事があるんだな…って驚かれると思いますよ。

転職の方向性が見えてきたらエージェントとの面談も使ってみよう

(転職意思が固まってきたらエージェントとの面談も検討しましょう)

 

転職サイトで日常的に情報リサーチして、ある程度転職活動の方向性が見えてきたら、

転職エージェントと無料面談してアドバイスを受けてみるのもおすすめです(無料で使えます)

転職エージェントは、実際に企業をまわって情報を集めていますので、

↓以下のように転職サイトを見ているだけではなかなかわからない情報を教えてくれます。

  • 企業の社風や職場の実際の雰囲気
  • 配属される予定の部署の男女比率や年齢構成
  • 残業時間の具体的な数字(月ごと・日ごとの時間数)
  • 過去3年間のボーナス支給額の実績値など

↑こういう情報を求人に応募する前に教えてもらえるのが大きいです。

転職サイトで見ていたら良さそうだったので面接を受けてみたけど、

実際に会社を訪問してみたらなんかちがった…ってよくありますが、

こういう時間のロスを省くことができるようになりますよ。

転職エージェントは無料で相談できますので、

ぜひ活用しましょう。

管理人

もっとも、いきなり転職エージェントと面談するのはハードルが高い…と感じる人も多いでしょう。

なので、まずは転職サイトで無料アカウントを作っておき、

いろんな求人を見てみることから始めるのがいいと思います。

なにごともまずはしっかり情報収集することから始めるのが大切です。

企業との年収交渉を自分でやってはいけない理由

(年収交渉は自分でやるよりエージェントに代行してもらう方がうまくいきます)

 

他にも、転職エージェントは企業側とあなたの間に入って、あなたが採用されやすくなるようにいろいろ調整してくれます。

(面接アポイントの調整や応募書類の添削・面接対策など)

年収交渉なんかも代わりにやってくれますので、

ちょっとでも良い条件で入社したい人はエージェントを活用しましょう。

こういうのって自分で交渉するのはとても難しいですからね。

さらにいうと、入社時にあんまり熱心に年収交渉を自力でやってしまうと、

金にがめつい人というイメージを持たれてしまう可能性もあります。

転職先の社風にもよりますが、これは基本的にマイナス評価にしかなりませんので避けておくのが無難ですね。

転職エージェントが完全無料で使える理由

なお、転職エージェントはすべて無料で使えます。

転職エージェントって企業側が支払う紹介手数料で運営されていますので、私たち求職者側は無料で使うことができるんです。

1円でもお金を請求されることはありませんので、

安心して使うことができますよ。

管理人

↓まずは無料アカウントを作って求人検索から始めてみてください。

(リクルートエージェントは最大手の転職エージェント会社です)

\ 高年収の求人多数あり!/

無料登録して求人を見てみる

※ メールアドレスがない人はこちら(GoogleのgmailYahooメール)から無料で作れます。




Sponsored Links

-転職活動のノウハウ

Copyright© 転職と副業のサザンクロス , 2021 All Rights Reserved.